FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,374.83(-441.36)

■東証1部出来高    18.71億株

■東証1部売買代金   3.16兆円

■日経平均先物    21,300(-480)

■TOPIX        1,592.16(-24.49)

■騰落        上昇252/下落1,826

■マザーズ指数    942.01(-18.65)

■日経JQ       3,472.27(-26.71)

■ドル円       113.46
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。前場は売りが優勢となりました。日経平均の連日の上昇に対する反動で利益確定売りが先行。時間外取引の米株価指数先物に売りが強まり、上海株のマイナス推移が確認されると下げ足を速め下げ幅は一時は400円超となりました。
 後場は前引け値とほぼ変わらずのスタート。新たな買い材料に乏しく週末を控えていることから、積極的に買い進む動きは限られ前場終値近辺でもみ合う展開に。引け間際に下げ幅を広げ、本日の安値圏で取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、精密機器、機械。一方、値上がりしたのは、電気・ガス業のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。

■桃太郎(松田)
後場は持ち合いから引けに掛けて、本日安値付近となった。
ドル換算ベースは、188.27ドル -2.09%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,397.18(-419.01)

■日経平均先物    21,320(-460)

■TOPIX先物      1,588.50(-24.50)

■騰落        上昇301/下落1,759

■日経JQ       3,475.69(-23.29)

■マザーズ指数    942.95(-17.71)

■ドル円       113.44

■NYダウ夜間先物  -204

■上海総合指数後場の寄り付き 2,618.32 前日比-15.73 -0.60%

■指数大型      現値1,461.37  前日比-18.85

■指数中型      現値1,908.00  前日比-31.29

■指数小型      現値3,004.18  前日比-46.79



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは13件、206.23億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,439.16(-377.03)

■東証1部出来高    11.17億株

■東証1部売買代金   1.92兆円

■日経平均先物    21,330(-450)

■TOPIX        1,594.14(-22.51)

■騰落        上昇269/下落1,802

■マザーズ指数    943.23(-17.43)

■日経JQ       3,480.49(-18.49)

■ドル円       113.47
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。日経平均の連日の上昇に対する反動で売りが先行。時間外取引の米株価指数先物に売りが強まり、上海株のマイナス推移が確認されると下げ足を速める展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、精密機器、その他製品。一方、値上がりしたのは、電気・ガス業のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。

■桃太郎(松田)
前場は、戻る場面もありましたが、SQ値を切ると下げ幅拡大となった。調整色が濃くなるのか後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、188.41ドル -2.00%とボックスの下離れとなった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.26%

上海総合指数 2,627.28 前日比 -6.77 -0.26%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,546.12(-270.07)

■日経平均先物    21,480(-300)

■TOPIX先物      1,599.00(-14.00)

■騰落        上昇403/下落1,641

■日経JQ       3,487.17(-11.81)

■マザーズ指数    945.65(-15.01)

■ドル円       113.50

■NYダウ夜間先物  -77

■指数大型      現値1,469.93  前日比-10.29

■指数中型      現値1,922.68  前日比-16.61

■指数小型      現値3,017.79  前日比-33.18



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

昨日の日経平均は想定内の値動きとなり意外と素直ではないかと思った。
トレンドからならとお伝えした7516コジマもジリジリと上昇し高値追いとなったことから個別銘柄も素直だ。
さて、世界景気や米中貿易問題の先行き不透明感はあるが、日本の内需系については収益環境は決して悪くない。
そうなると内需系の代表格では建設セクターとなりここで十分株価は調整している。
そして公共事業を初め新規受注高は5兆円をキープしておりポジティブに考えて良いのではなかろうか。
そして、2020年のオリンピックの特需の後に2025年には大阪万博が決定しオリンピック後の後退懸念が無くなった。
また先日もお伝えしたが、「国土強靭化」は早急なる課題として日本は取り組むべきテーマであり橋梁やトンネルなどの老朽化の補修需要は社会インフラとして待ったなし!
後10数年もすれば施工後50年を超過する橋梁は日本全土で60%近くとなり、トンネルに関しては95%は予防を含めると補修が必要となっており万が一そこに大きな地震でも起これば交通網は遮断され想像しただけで大変な事になると思われる。
人間は事件が起こるとヤッパリ!だとか、何でやらなかったのかとその時にならないと騒がない。
即ち、起きてからでは遅いのである。

その観点から~以下会員ページ~


本日の先物レンジ
SQを通過し来週からは外国人投資家も参加は少なくなるだろう。
個別銘柄勝負となる東京市場となりそうだ。

今日は先物ももみ合いで良いのではないか。

~以下会員ページ~

12月限SQ概算値は21,618.88円(暫定値)

12月限SQ概算値は21,618.88円(暫定値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

12月の日銀短観、大企業製造業DIはプラス19

日銀が14日に発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は大企業・製造業がプラス19。前回の9月調査から横ばいだった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21725円 -91円
NYCFD 24567ドル -31ドル
ドルインデックス 97.11
原油 52.84ドル
金先 1242.10ドル
VIX 20.65
米10年債 2.9131 + 0.12%

NYはまちまち。ダウ平均は70.11ドル高の24597.38、ナスダックは27.98ポイント安の7070.34で取引を終了した。英国のメイ首相が党内の信任投票に勝利し、同国の欧州連合(EU)離脱交渉を巡る先行き不透明感がやや払拭されたほか、週間新規失業保険申請件数が予想よりも減少し、米景気減速懸念が後退したことから買いが先行。しかし、米中通商協議の進展に懐疑的な見方も広がるなか、トランプ大統領が来週のFOMCでの利上げを牽制すると、上げ幅を縮小しもみ合う展開となった。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や公益事業が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや自動車・自動車部品が下落した。

日経ですが、昨日は買戻しから続伸。21800円台まで戻る展開となった。
本日は、メジャーSQとなります。短観もありSQ後の展開を見ていきます。
持ち合いとなるのか見ながら行きます。

想定レンジ 為替 113.59円 190ドルから193ドル

 21576円から21917円(現物)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(14日)
日銀短観(8:50)
メジャーSQ

《決算発表》
ベルグアース、土屋HD、日ハウスHD、フルスピード、アイ・ケイ・ケイ、ブラス、新都HD、神戸物産、ジェネパ、クロスプラス、リーガル不、バロック、モルフォ、エニグモ、フリービット、バリュゴルフ、ジャストプラ、ロングライフ、Mマート、サンバイオ、クミアイ化、HyAS&Co.、ウインテスト、MSOL、ハイレックス、フジコーポ、プリントネット、クロスフォー、オービス、ウイルコHD、総合商研、MICS化学、原弘産、ファースト住、アルデプロ、明豊エンター、ギフト、OS映、理研グリン

■海外(14日)
中国11月鉱工業生産(11:00)
中国11月小売売上高(11:00)
中国11月固定資産投資(11:00)
米11月小売売上高(22:30)
米11月鉱工業生産(23:15)
米11月設備稼働率(23:15)
米10月企業在庫(12/15 0:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,597.38 +70.11
■ナスダック
 7,070.33 -27.98
■CME225(円建て)
 21,635
■ドイツDAX
 10,924.70 -4.73
■上海総合指数
 2,634.05 +31.90
■ドル円
 113.60

 13日のNY市場はまちまち。米中貿易交渉進展を期待した買いが継続する一方で、英国の欧州連合(EU)離脱交渉の先行き不透明感などが重しとなり終日もみ合う展開となりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や公益事業が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや自動車・自動車部品が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、エーザイ<4523>など、対東証比較(1ドル113.61円換算)で全般冴えませんでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/12/14  7時30分現在

         10年債                      2年債
米国     2.913% (前日比+0.003%)     2.762% (前日比-0.010%)
英国     1.289% (前日比+0.010%)     0.773% (前日比+0.023%)
ドイツ     0.285% (前日比+0.006%)     -0.582% (前日比-0.017%)
ポルトガル 1.676% (前日比-0.046%)     -0.306% (前日比-0.005%)
イタリア    2.956% (前日比-0.044%)     0.545% (前日比-0.034%)
ギリシャ   4.240% (前日比-0.031%)       -
スペイン    1.424% (前日比-0.005%)     -0.183% (前日比-0.009%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      21,816.19(+213.44)

■東証1部出来高    13.32億株

■東証1部売買代金   2.39兆円

■日経平均先物    21,850(+190)

■TOPIX        1,616.65(+10.04)

■騰落        上昇1,583/下落482

■マザーズ指数    960.66(+3.41)

■日経JQ       3,498.98(+14.72)

■ドル円       113.45
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は買いが優勢となりました。前日の米株高を好感し買いが先行。戻り売りに押される場面がありましたが、中国・アジア株や時間外取引の米株価指数先物のプラス推移、円安ドル高進行が支えとなり堅調な推移となりました。
 後場は、昼休みの時間帯の上海株の強含み推移などが好感され買いが先行。買い一巡後は、明日のSQを前に思惑的な買いが入る一方、戻り待ちの売りが上値を抑えこう着感を強めた動きとなりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、海運業、金属製品でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、電気・ガス業、ゴム製品となりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。

■桃太郎(松田)
後場は、高値持ち合いで動きませんでした。
ドル換算ベースは、192.19ドル +0.92%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

カレンダー

11 ≪ 2018/12 ≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。