ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      20,347.48(+37.02)

■東証1部出来高    19.73億株

■東証1部売買代金   2.82兆円

■日経平均先物    20,220(+80)

■TOPIX        1,668.74(+0.82)

■騰落        上昇945/下落974

■マザーズ指数    1,071.42(+11.45)

■日経JQ       3,533.37(+6.61)

■ドル円       112.38
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は米連邦公開市場委員会(FOMC)後の円安進行を好感し、買いが先行。幅広い銘柄に買いが入り年初来高値を更新。戻り待ちの売りに押される場面もありましたが、その後も高値圏での推移となりました。
 後場は前引け値から下落してスタート。日銀が金融政策決定会合において「金融政策の現状維持を決定した」との発表から、イベント通過で利益を確定する動き広がりました。またこれまでに急ピッチで日経平均が上昇したことから、高値警戒感もあり後場は上げ幅を縮小する展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、不動産業、海運業でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、その他製品、非鉄金属となりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎
後場は、利益確定の動きもあり上げ幅縮小となった。
目先、現物20480円は良い水準なのかもしれません。

ドル換算ベースは、181.00ドル -0.69%と3日続伸後の下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

本日の先物上値・下値

本日の先物上値・下値

上値目処、290・380・480

下値目処、110・060・980


※下記クリックしてもらえると喜びます!!



ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      20,377.73(+67.27)

■日経平均先物    20,250(+110)

■TOPIX先物      1,659.00(+7.50)

■騰落        上昇915/下落964

■日経JQ       3,534.77(+8.01)

■マザーズ指数    1,070.41(+10.44)

■ドル円       112.43

■NYダウ夜間先物  -1

■上海総合指数後場の寄り付き 3,374.12 前日比+8.13 +0.24%

■指数大型      現値1,519.71  前日比+4.51

■指数中型      現値2,012.86  前日比+2.70

■指数小型      現値3,233.24  前日比-4.45



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは31件、779.96億円。
差し引き40億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      20,479.88(+169.42)

■東証1部出来高    9.74億株

■東証1部売買代金   1.35兆円

■日経平均先物    20,350(+210)

■TOPIX        1,679.77(+11.85)

■騰落        上昇1,218/下落661

■マザーズ指数    1,073.51(+13.54)

■日経JQ       3,543.08(+16.32)

■ドル円       112.54
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方から米連邦公開市場委員会(FOMC)後の円安進行を好感した買いが先行。主力株を中心に幅広い銘柄に買いが入り、連日で年初来高値を更新しました。その後利益確定売りや戻り待ちの売りに押される場面も見られましたが、買い気は根強く、堅調な推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、不動産業、海運業でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、小売業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後は持ち合い。
戻り高値を付けている。 

ドル加算ベースは、181.90ドル -0.19%と下落となった。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓


上海総合指数の現在の気配は-0.04%

上海総合指数 3,364.70 前日比 -1.30 -0.04%



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日銀、大規模緩和を維持

日銀は21日開いた決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導するいまの金融緩和策(長短金利操作)を維持する見通しを発表。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      20,430.29(+119.83)

■日経平均先物    20,290(+150)

■TOPIX先物      1,664.00(+12.50)

■騰落        上昇1,082/下落786

■日経JQ       3,540.37(+13.61)

■マザーズ指数    1,068.49(+8.52)

■ドル円       112.47

■NYダウ夜間先物  -3

■指数大型      現値1,524.63  前日比+9.43

■指数中型      現値2,016.94  前日比+6.78

■指数小型      現値3,241.64  前日比+3.95




人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD 20417円 +107円
NYCFD 22416ドル +3ドル
ドルインデックス 92.57
VIX 9.78
原油 50.75ドル

NYは、国株式相場はまちまち。ダウ平均は41.79ドル高の22412.59、ナスダックは5.28ポイント安の6456.04で取引を終了した。朝方はFOMCの発表を午後に控えて、小動き。注目のFOMCでは大方の予想通り、バランスシート縮小を10月から開始しする方針を示した。また、ハリケーンによる経済への影響は一時的との見方から年内残り1回の利上げ見通しは据え置いた。発表後に下落したが、引けにかけて下げ幅を縮小し前日終値を挟んで揉み合う展開となった。

日経ですが、買戻しが続き昨日は戻り高値を取った。
本日は、米国12月利上げとのことで、ドルが反発、ドル高から112円台中盤。
為替分までの上昇ではないですが、ギャップアップから買戻しが続くか見ていきます。
日銀決定会合となる。

想定レンジ、為替、112.50円 180ドルから182ドル

 20250円から20475円(現物)



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

 21日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り760万株、買い1190万株で、差し引き430万株の買い越し。買い越しは5営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、証券、銀行、鉄鋼、電機、通信、小売、サービスなど。
 買いセクターに、小売、陸運、REIT、食品、情報通信など」(外資系証券)という。




人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(21日)
黒田日銀総裁会見
7月全産業活動指数(13:30)
東京ゲームショウ2017(~9/24)

■海外(21日)
米9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米7月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月CB景気先行総合指数(23:00)
米10年インフレ連動国債入札

休場:インドネシア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 22,412.59 +41.79
■ナスダック
 6,456.04 -5.28
■CME225(円建て)
 20,285 +145(大証比)
■ドイツDAX
 12,569.17 +7.38
■上海総合指数
 3,366.00 +9.16
■ドル円
 112.36

 20日のNY市場はまちまち。朝方はFOMCの発表を控え、小動きでスタート。FOMCでは、政策金利の据え置きと保有資産の10月からの縮小開始が決定。これを受けて年内の利上げ観測が一段と高まり、金利上昇の恩恵を受けるとの見方から金融株が買われ相場の下支えとなりました。ただ一方で、利益確定も出やすく前日終値を挟んで揉み合う展開となりました。
 セクター別では、運輸や消費者・サービスが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や食品・飲料・タバコが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>が小安い他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、日産自<7201>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>、京セラ<6971>、日東電<6988>など対東証比較(1ドル112.29円換算)で全般堅調となりました。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/9/21  6時47分現在

         10年債                      2年債
米国     2.268% (前日比+0.023%)     1.438% (前日比+0.037%)
英国     1.342% (前日比+0.013%)     0.445% (前日比+0.031%)
ドイツ     0.443% (前日比-0.009%)     -0.688% (前日比-0.002%)
ポルトガル 2.383% (前日比-0.039%)     -0.012% (前日比+0.020%)
イタリア    2.071% (前日比+0.023%)     -0.211% (前日比+0.005%)
ギリシャ   5.573% (前日比+0.031%)       -
スペイン    1.582% (前日比+0.026%)     -0.313% (前日比-0.012%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      20,310.46(+11.08)

■東証1部出来高    17.56億株

■東証1部売買代金   2.77兆円

■日経平均先物    20,140(-10)

■TOPIX        1,667.92(+0.04)

■騰落        上昇854/下落1,051

■マザーズ指数    1,059.97(-5.35)

■日経JQ       3,526.76(-10.16)

■ドル円       111.39
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は前日の米国株高や円安進行など良好な外部環境を好感した買いが先行。その後は前日に400円近く上昇した反動からの利益確定売りや、個別物色などから売り買いの交錯する展開となりました。
 後場は上昇してスタート。年初来高値を更新したものの、まもなく前日終値近辺でのもみ合いとなりました。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの思惑から積極的な売買は手控えられ、本日の取引を終えました。

 業種別では、値上がり上位は、その他製品、鉱業、石油石炭製品。一方、値下がり上位は、医薬品、電気・ガス業、化学となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎
後場も持ち合いとなりトレンドレス。
明日の展開を見ていきます。

ドル換算ベースは、182.25ドル +0.29%と続伸した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。