ブログランキングが上がって行けば、公開範囲公開時間
拡大をしていこうと考えております!!
今後とも弊社「日経平均先物と釣り人と桃太郎」のブログをよろしくお願い致します。


桃太郎をクリック↑↑

デイトレの海と風←株取引をご希望の方はコチラ!    

日経平均先物と釣り人と桃太郎←先物取引をご希望の方はコチラ!   

30億の便り

しかし酷いオリンパス!
日本を代表する企業が20年間負債を隠し虚偽記載していた。
それも中身は詳しく分からないが久しぶりに「飛ばし」なんて言葉の記事も見た。
裏切り行為はライブドアに匹敵する。それも20年間とは。許し固い。
逮捕だ!そして退場処分。
私は確かに今回テクニカルリバウンド狙いを含め確かに買ってみたがあえなくロスカット。
ロスカットしておいて良かったが、
皆さんには言えない金額をドブに捨てた。
またたくさんの人から大丈夫だったと連絡を頂き心配までしてもらい負けた事実は伝えた。
確かに自己責任だから仕方がないと思っている。
これは負け惜しみに聞こえても全然構わないが、あのタイミングで買おうが売ろうが私の一存。
売り買いもしない人間に「あ~でもない。こ~でもないと言われたくない」
自己責任でしっかり損金は支払う。
これが相場でありマーケットである。私も人間負けるときもある。
でもチヨット勿体なかったかな(笑)
ただ今回のオリンパス騒動で日本企業のイメージは相当落ちた。
仮にも日経225銘柄です。
全くあり得ない。
さて過ぎた事を気にしても仕方がない。事実は事実として受け止めまた頑張ります。


本日の先物レンジ
昨日はまさかのオリンパスショックで日本企業の信用を失わされた。
この信用を取り戻せるか要注目です。オリンパス騒動がなければ日経平均も9000円に近付いただろうが・・・
まぁ昨日も日経平均は61.8水準で下げ止まった。

8○×○~8○×○円
本来なら後100円上の水準だ。
スポンサーサイト

30億の便り

少し厳しい環境になってしまった雰囲気!
イタリア国債が危険水域から先物をやる人で買いのポジションがある人なら一度手仕舞いのラインだ。危険と感じ買いポジションがあるならここは投げて当然。
イタリアがもしと考えるなら当然。
ただギリシャとは中身が少し違うのは皆さんも覚えておいてほしい。
投げさせられるだろう。
さて、私の先物の一番高いポジションは現状9650円付近が一番高いライン。
最初の目標であった9120円をたまたま政府の為替の介入にて達成したので上値で買い付けた分は大半が処分できた。
ただ終値で8500円はロスカットですから8650円付近の買いポジションは返済がベターでしょう。
夢物語が夢で終わらない事を願います!

本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円
最悪は終値で8○×○円を割れてしまうこと。
反発狙うなら今日かなと。
勇気ある投資家は今日は虎視眈々と目を光らせているだろう。

30億の便り

残念ながら。我々は先物ポジションはまた殆ど0になってしまった。
理由は当初から約束していたラインを終値で割れたから。
そう素直に判断してもらって構わない。ルールは絶対であります。
夢物語の夢を見るには早急に日経平均の回復が望まれる。
しかし、昨夕私の知り合いの外資系筋は『ジャパン裏切り者』。
オリンパスの切腹がみたい!倒産だなと笑っていた。
『そして最低な企業がよく日経225銘柄に選ばれていたものだと・・・・選出した関係者にも責任があるなど!』一応今日は最低なSQです。
来週月曜日恒例の寄り付きに期待して『夢物語の夢』をまた見たいものです。
本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円
決して強気になれない。
ただ環境は間違いなく材料株に向かうだろう。
救世主の到来!期待したいです。

■釣り人
大量の資金を動かしているヘッジファンドにおいてもルールは絶対であるということ、今更ながら確認されます。強気相場の到来そして材料株相場、日の出はやって来ます。また力強い書き込み、期待しています。

30億の便り

テクニカルではギリギリ水準で止まった日経平均。
8500円を割れてしまうと8300円かなと思うのは普通。
我々はルールで殆ど先物のポジションは落としたが落とす勇気、落とせばまたいくらでも参加できる。
これが我々の先物投資戦略です。
さて、今朝のSQ後の寄り付きは現段階だと割勝ちとなりそうだ。
これは毎回言い続けていること。
非常に喜ばしく先物のポジションは殆どないが現物はまだまだ基本的に保有しているので復活の最低条件である8800円台回復を祈る。
そして月末高に向かってほしいものです。
さて我々の投資戦略の中に先物と現物の違いがあります。
よく先物を外したのに現物は外さないのかと言われます。
これに関しては我々の内部事情なので詳しくは語れないが、先物と現物は商品が違うと思って頂ければ良いと思います。
先物は実体がない。所詮先物は先物だと我々は考えている。
しかしここで夜間の先物が人気がでているようだが先物本来の上か下だけ投資。
ファンダメンタルがない先物が人気化するのも分からなくもない。
個別銘柄は業績、テクニカルなど様々な余計な発想が絡む。
先物主導と言う言葉が近年ずっと言われているが現物あっての先物であり、先物あっての現物ではない。
まして現物で勝てない投資家が先物で勝てる訳がない。
中には先物だけは勝てる人もいるようだが(笑)
これは先物は単純、現物は神経質な商品だと思って投資すれば勝率は上がるのではないかと私は思います。

本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円にしておく。
オリンパスや大王製紙の日経平均への影響は○×○円前後と試算。

30億の便り

しかしこの環境には笑ってしまう。
日本マーケットの衰退すら感じてしまう。
衰退は言い過ぎだろうが、間違いなく投資家の関心が薄れてしまっているのだろう。
それもそのはず。結果的に上がりそうになると聞いたことある内容を蒸し返しそれをネタに売られてしまう。
ここで決算発表も相次いでいるが、数日前にある程度の予想を元なのか新聞各社のリークなのか詳しく分からないが決算予想が出てそれに応じてマーケットは推移しているにも関わらず、いざ決算発表すると株価は事実を受け止め反応する。
噂で売り買いして事実でも売り買い。何を根拠に売り買いしたいのか意味が分からない。
『減益』、『増益』と云う言葉に反応しているだけなのかもしれない。
そう考えると株は・・・・・。

本日の先物レンジ
今は先物を買うには少し勇気がいります。
株も昨日拝見すると材料株だけは元気であるが他はパッとしない。
年末に向けて材料株祭で良いのではなかろうか。
8○×○~8○×○円

■釣り人
私と同じ様な感覚を持って市場を30億の便りは見ているみたいです。材料株、弊社の得意とするところです。探していくこととなります。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

30億の便り

しかし閑散に売りなしの相場格言はあるが日本市場に関しては『閑散にキャッシュ』。
マーケットの機能が働いていないような気がしてなりません。また本来の投資の価値すら薄れてなりません、
大体、昨日の売買代金は今年最低と・・・・。本当に困った話です。
しかし日経平均も8500円スレスレでは話しにならない。トレンド形成の最低条件がここ最近の下げで8900円台の回復になってしまった。
そこで素直な気持ちからマーケットを見てみよう。
まず円高、債券高、欧州問題、TPP、などを分析すると株を買うなら今!
割り切りと云うか消去法でアメリカ株なのかもしれない。
そして日本市場はオリンパス騒動から日本市場の信用度を落としたことにより外国人からのリスク管理の下での見切り売りもまち間違いなく発生していると思う。
そうなるととりあえずオリンパス騒動が治まる12月14日の決算報告書提出期限までは凪ぎ相場になりそうな予感がする。
そうなるのを予想するのであれば日本市場は『材料株祭り』。
何やら往年の仕手筋の復活の声も聞こえているからには久しぶりに彼等の活躍に影ながら期待しています。
今の日本市場には彼等のようなカリスマ性のある人物の登場はプラス材料ではなかろうか。

本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円売り買いするには考えものかなと。

30億の便り

とうとう日本市場は時価総額が250兆円。
前日は出来高、売買代金と今年最低。そして昨日は挙げ句の果てが時価総額!笑えないけど笑ってしまった。
しかし随分売られてしまったものだ。変な話、日本が250兆円位で買えるなら。アブダビなら全部買ってしまうぞ(笑)
しかし我々の『夢物語投資戦略』は最初の目標である日経平均9120円を達成しその後撃沈。一度先物は大半を外したとご報告したが現物に関しても今週は一部少し整理しました。
何故ならアメリカ株が好調な為合い切りが可能だったので少し実行しました。
全部は売りませんが高い買値を切り捨て安い買値は残し、ここからまた下がるようなら単価を下げる為にも一度売却。また下がるようなら買いたいなと考えている次第であります。
ともかく我々の投資戦略は間違った投資は絶対にしないように細心の注意を払っています。
とくに先物はトレンドは絶対。ルールはオーナーからの指示以外は絶対であります。


本日の先物レンジ
さて8○×○円台突入してしまうのか?
8○×○~8○×○円にしておく。
決して無理しないことですね。

30億の便り

マーケットは先日少しお話しした往年の仕手筋の復活が話題となっているようだ!
そして、日本市場は往年の仕手筋復活が相場全体の流れを変えてくれとも訴えているかのようにも感じる。
ますます相場は膠着状態が続くのであれば連日お伝えしているように『材料株』マークで楽しんで頂きたい。

本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円としておく

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

30億の便り

さてこの相場環境をどう考えるかだ。私もこの世界に入り数十年経過したがしかし酷いの一言に尽きる。
私は日経平均38000円から現在の8000円台まで全て見てきた。
バブル全盛期それはそれは賑やかだった。株は買えば儲かる時代もあった。しかしふと頭をよぎるのが日経平均は30000円下がったと言う事実。
30000円ですよ!酷いですよね。
バブル弾けてから右肩下がりが20年も続いていることになる。途中少し楽しかった『IT相場』を除けば後は大した相場も続かない。
結果的に『株は安くなって買って高くなったら必ず売る』これは絶対条件だと認識してます。
日経平均8000円台か。日本市場への投資家は30000円下がった現実をどう受け止めているのだろう?
私は今ここから更なる欧州問題などから世界恐慌が起ころうと恐さを感じない。
何故なら私は日経平均が30000円下がっても投資家として戦ってきたし、仮に日経平均が5000円なるとしても後3000円しか下がらない。
30000円下がってきたのを考えたら3000円なんて誤差ですよ(笑)
日経平均5000円が安値になるか分からないし、万が一5000円になったら笑えないと語る人もいるだろうが、もし今5000円になったことを考えたら夢物語投資どころか積極的に買っている自分が想像できる。
ならばこの書き込みを読まれている投資家の皆さん諦めずチャンスは近いと考え時を過ごそう。

本日の先物レンジ
本日から30分前場の取引が拡大する。延長がどうなるかは分からないがともかく頑張ってこの相場を乗り越えよう。
8○×○~8○×○円としておく。

30億の便り

おはようございます。
我々は昨日からシンガポールに。
観光ではなくビジネスで3日間の滞在予定であります。
その為今日の書き込みはこれにて終わらせていただきます。
暇ができたら休み明けも書き込みしますが基本的にはまた来週から。


本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円
期待されるのは日銀の買い支えか(笑)
ともかく身軽にしておきましょう。
我々の8○×○円撤収の指示は間違いなかった。
安く買うタイミングを待つ。

30億の便り

本日はお休みのようです。
来週からだと思われます。

30億の便り

ビジネスでシンガポールに行って来たが。皆さんに報告することは1つ!
ビックリするほどこの世の中は『金余り』が起きている。
有り得ない運用金額の依頼。
扱いたくない金額の依頼がどんどん商談にのぼる。
本当に世界的な金融不安は起きているのか?
世界経済は大丈夫なのか?と心配する傍らで余った金額(金余り)にビックリ!欧州問題なんて全く怖くなくなりました。投資チャンスを逃さす相場の反転に期待しましょう。


本日の先物レンジ
先週のお休みにて情報不十分。
明日からのレンジ報告とします。
ただ先週も弱かったね(笑)

30億の便り

先週我々はシンガポールにビジネスで訪問したが、感想はともかく金余り、金余りと世間のメディアは語るが実際の大口投資家は今!
どうしているのか?
個人的には昨日のコメントが正直な感想で。
実際、金余り商談を目にすると現在の金融環境とはかけ離れた本当の金融が垣間見えたような気がした。
今回、我々は顧客の紹介でとある顧客にお会いしたが彼の話によれば我々の仲間は投資機会はうかがっている『今チャンスを待っているだけだが、今日お会いできたのも縁!手ぶらで帰国も悪いからと少し預けて頂いた。
現顧客の紹介もあってからか少し運用してみてくれと預けられた金額は・・・・。
ともかくなかなかの金額だった。
こんな環境ならもう少し相場が良くなってもとその席の笑い話ではあったが彼からのメッセージ
マーケットは今世界的な経済不安からお金を少し休ませているだけ。しかしあの世にはお金は持っていけないなら皆さんのためにも有意義に使用してもらいたい。
我々は莫大な利益は追求しない。多少厳しい評価はするが投資する側にとっては当たり前の範囲と語っていた。

本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円としておく。
来週まではジリ高となり年末にどうなるか?
また来年に向けた相場如何なるものか注目である。

30億の便り

世の中って本当何が起こるか分からない。
だから面白い!
マーケットも駄目だと思えば救世主が現れたり。駄目だと思えば本当ダメ!これって摩訶不思議。
しかしこれだけは私から言っておくが『決して初めからダメだと思わないこと。絶対にどんな事でも(仕事、友人関係、恋愛など)試練と言う登り坂が来る!登れは必ず下り坂があり楽になる。諦めるのは簡単。しかし坂にはマサカもありマサカが起きた時その後の進展が予測不能となりドラマが始まる。
そしてそれが肌で誰でも感じ取れるのがマーケットである。
私がこの日本市場に参加してバブル絶頂期日経平均は100000円になると騒いでいた。だから4万円から3万円付近何かどこでも買い。
それが今リーマンショックなどはあったがまた8000円台。
先日も少しお伝えしたが8000円が万が一6000,5000,4000円になろうともこんなの誤差です。
怖い事はない。
今から買い下がれと言いたいくらいです(笑)


本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円
11月のSQ値を越えてくるようなら非常に面白いマサカの展開が期待できる。

30億の便り

さぁ始まるか?マサカの旅!
坂には登り坂、下り坂!そしてマサカがあるがここにて起死回生のマサカが起きるのかに注目。
少し位上がったて少しもバチは当たらないし、気分的にはいい加減下降トレンドの終焉といきたいものだ。
また上がったら何事もなく下がってしまうのか?
それだけが気掛かりでならないが、一応テクニカルなら日足の新値三本足は陽転。11月SQ値回復、日経平均8500円回復など我々が再度『夢物語』を描く最低ラインの復活が始まろうとしている。
そして今回もし日経平均が9000円突破となれば次なる波動が相当期待できると我々は考えている。
『夢物語再生案』8500円を終値で割らないを前提で再度強気転換と現段階ではお伝えしたい。
ただ我々も大したポジションもない。先日買った現物株で我々の投資ルールでロスカットにならなかった銘柄しかない。
さぁ今回の『ドル資金供給協調対応』はカンフル剤ではあろうがどうなるか?
時間稼ぎではあろうが、この時間稼ぎの間に欧州問題早期解決を急ぐ。
そしてドイツよ!
君に掛かっている。

本日の先物レンジ
テクニカルなら
8○×○~8○×○円
押し目買いで対処したい。

30億の便り

今朝は面白い話を少し書き込みしておく。
シンガポールから帰ってきた翌日。
数日前大手証券、準大手証券の営業マンの方と食事をする機会があり『最近どうだ!厳しいだろと問い掛けると』ノルマが死にそうな位大変です!
投信、外債、債券など様々な商品が毎月毎月・・・・。
しかも顧客の持つ投信は『為替』で大半が負けていてなかなか乗換えの紹介すらできない。
ならばと上司は『突然、少し株をヤレ』と急かすし。
散々、今まで『それ投信だ!投信売ってこい』としか言わなかった上司。
やればこのご時世!挙げ句の果て顧客は全滅。
冬眠状態。
それは上司も顧客の預かりみたら負けてるなと感じて次は『株をヤレ』。
上司が部下の尻を叩くのは分かるが教育も大事だと私は感じていますと語っていた。

だから株式投資も同じで投資をするなら『自分にとって良い師を見付ける』ことも大切。
今マーケットは7割近くテクニカルでうごいているしまだまだ未だに。
これは非常に大事かなと思います。
ただ大半の師は、『口だけ』。
また曖昧!何か100%の結果を求めうとする人が多い。
私は逆に当たりもあればハズレもあって当然だと思っているしそれが人間。
ただ大半の師はどうも・・・・。
買ってみて上がらなかったり、空売りして下がらなかったら敗けを認める。これが良い師であり曖昧な発言をして当たった時だけ自慢。
それではただの競馬、競輪、オートの予想屋と同じ。
この書き込みを読まれてる方々。
年齢、経験は関係ない。時代は今!一秒一秒動いている。
そして最低限の努力は自分で行い。
夢物語の扉が開くことを信じてマーケットに望んで欲しい。


本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円としておく。
8○×○円以下がザラ場あるなら買ってみたい。

■釣り人
現役証券マンの苦悩は想像に難くないところです。多くの証券マンが上げ相場を知らない年代の方達となってきました。
証券会社は投資信託を売るところではありません。日本の上場企業に資金を供給し経済が活性化する血流を促す仕事が、最も大事な仕事です。良い会社を応援し、多くの投資家に説明をしていってください。いつか市場は活性化してくるでしょう。

30億の便り

やや落ち着きを取り戻して来ている世界マーケット。
確かに欧州問題の不安は隠せないが、あらゆる対策、対処 を取っている。
先日の『ドル資金供給!協調対応』。これは少しサプライズだったが裏を返せばこれ位の事をしないとマーケットが機能しなかった証なのかもしれない。
そして今!最大の不安である欧州問題は直ぐには解決しない。時間稼ぎをしながらどう乗り越えるか見極めたいと云う投資家の心理を考えれば来年に向けた素晴らしい買い場が今訪れているのかもしれない。


本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円と少し強気にレンジを考えています。

30億の便り

さて我々の投資戦略の1つに時間軸が存在する。
マーケットは不思議なもので歴史が繰り返えされたり、真似た動きをするなどいつでも昔話が話題にあがる。
確かに経験則や記憶は大切な部分ではあるが、その時その時の時代の流れを詠めない人間はいずれ消えていく。
『時間と共に時代は変わっていく』
事実をしっかり受け止める。
これが歳を重ねるとなかなか・・・自我が強くなり素直な気持ちが薄くなる。
これがマーケットにおいて一番大切な『心理でもあり時間軸』でもある。
我々と同じように我々の仲間には世界中で戦っている沢山のヘッジファンド仲間がいる。
彼等の動きが今どうなっているか手に取るように分かる。
現状は、我々と少し違うボジションを取っている。
このタイミングでまだまだ売りポジションの比重が高い現状。
確かに欧州問題が解決するにはまだまだ暫く時間が掛かるだろう。
しかし解決する為にはここまできたら手段を選ばずドンドン一気に解決に向かうかもしれない。
これは不思議な経験則だが周りのヘッジファンド組が同じようなポジションを取っている時。得てして反対に向かう。
結論!『年末に向けて相場は少し良さそうな気がしてならない』


本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円にしておく。

30億の便り

しかし我が国の株。日本に投資する投資家、それに母国の日本人投資家は可哀想でならない。
自国通貨が今や世界で最高に強いつう。
このことすら感じていない。
感じるのは海外旅行に行きお目当ての商品が安く買えた時のショッピングくらいの感覚。
故に世界最強のマネー大国にも関わらずアッチに振らされ、少しおとなしくなればまたコッチと・・・・。
私も日本人であり自国を貶すのも恥ずかしいが情けない。
今朝は我々は目を瞑り少し先物を買ってみたいと考えている。
ただ上値は買わずじっくり拾う。
ロスカットは単純に8○×○円とする。

本日の先物レンジ
8○×○~8○×○円とする。
まずは味付け程度に。

30億の便り

少し売り圧力が引いている。
その表現も正しくない。売り方も万が一週末のEU決定会合でサプライズが起きたら大変。
12月でもあり来年はまた来年。今年の分は利益確定のロングの売りポジションを買い戻しておこうと判断している雰囲気を感じる。
我々は昨日少し味付け程度に先物を買ってみたがここからは売り方が辛い局面であることを皆さんには知って貰いたい。
確か2、3日前我々のヘッジファンド組である仲間のポジションがまだまだ売りポジションの比重が高いと紹介したが、昨日の何で上がるか理由が分からない状態で上がられた彼等は一番辛い。下手すると年末に向け9120円再度狙ってくるかも?
そして万が一ですよ!このまま上昇トレンドの可能性も無きにしも有らず。『我々の夢物語』がまた初められる可能性が出てきた。
確認はする。
基本的に日経平均8500円割れは撤収ラインと位置付け。ロスカットは8420円。
またテクニカルで8780~8810円で終値が終わったら買い増し準備と。現状最低ラインに立て直すことができたと考えておこう。
さぁミラクルは上か?下か?
我々はテクニカルなら上と判断できる値段になったかなと感じている。
ましてここ最近かなり売買代金も減少していたことがかえって我々は良かったと思っている。
しかし皆さんお忘れなく。上がってくると皆買いたくなる。
これがマーケット!

本日の先物レンジ
我々は安く買いたいと思っているが。売り方が許してくれるか?
8○×○~8○×○円としておく。
カレンダー

03 ≪ 2017/04 ≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
RSS / QRコード
RSS
QR
リンク
日経平均先物
ブログランキング
日経平均先物と釣り人と桃太郎とは

釣り人

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。



釣り人画像

【釣り人】原徳久

証券会社歴20年。1984年三洋証券入社。その後泉証券、光世証券、室清証券、平岡証券(現あいざわ証券)。元・日経平均先物のディーラー。株式新聞講師をつとめた過去も。仕手材料株が得意。

無料メルマガ購読・解除