ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      19,521.59(-68.55)

■東証1部出来高    20.13億株

■東証1部売買代金   2.45兆円

■日経平均先物    19,350(-90)

■TOPIX        1,565.85(-6.84)

■騰落        上昇742/下落1,116

■マザーズ指数    1,034.62(-17.22)

■日経JQ       3,027.55(-4.60)

■ドル円       113.38
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。3連休前とあって朝方は利益確定売りが先行。下げ幅は一時100円を超える場面も見られました。その後は、円高・ドル安の進行が一服し、下げ渋る展開となりました。
 後場は、売り物がちでスタート。売り一巡後は、日銀のETF買い期待が下支えとなり、前場終値近辺でもみ合う展開となりました。新規の手掛かり材料に乏しいことに加え、週末・3連休を控えて終日積極的な売買は手控えられました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、石油石炭製品、電気・ガス業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、パルプ・紙、証券商品先物となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反落しました。
 
■桃太郎
後場も持合いが続き小幅推移となった。
連休までの模様眺めとなり推移。
ドル換算ベースは、172.17ドル -0.41%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の釣り人と桃太郎が、日経平均先物の動きとオプションについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      19,520.27(-69.87)

■日経平均先物    19,380(-60)

■TOPIX先物      1,552.50(-4.50)

■騰落        上昇604/下落1,230

■日経JQ       3,024.18(-7.97)

■マザーズ指数    1,032.64(-19.20)

■ドル円       113.42

■NYダウ夜間先物  -9

■上海総合指数後場の寄り付き 3,261.27 前日比-7.67 -0.23%

■指数大型      現値1,437.82  前日比-7.31

■指数中型      現値1,878.99  前日比-8.70

■指数小型      現値2,896.22  前日比-4.86



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは30件、210.86億円。
差引き210億円の売り買い均衡との観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      19,523.27(-66.87)

■東証1部出来高    8.31億株

■東証1部売買代金   0.91兆円

■日経平均先物    19,400(-40)

■TOPIX        1,565.24(-7.45)

■騰落        上昇533/下落1,321

■マザーズ指数    1,035.27(-16.57)

■日経JQ       3,029.20(-2.95)

■ドル円       113.46
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。手掛かり材料に乏しいことに加え、3連休前とあって利益確定売りが先行。下げ幅は一時100円を超える場面も見られました。その後は、円高・ドル安の進行が一服し、下げ渋る展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、電気・ガス業、医薬品。一方、値上がりしたのは、証券商品先物、パルプ・紙のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反落しました。
 
■桃太郎
前場は、安寄りから持合いでの推移となった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、172.07ドル -0.48%でした。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の釣り人と桃太郎が、日経平均先物の動きとオプションについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.09%

上海総合指数 3,271.87 前日比 +2.93 +0.09%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      19,537.10(-53.04)

■日経平均先物    19,410(-30)

■TOPIX先物      1,553.50(-3.50)

■騰落        上昇567/下落1,233

■日経JQ       3,036.28(+4.13)

■マザーズ指数    1,048.86(-2.98)

■ドル円       113.42

■NYダウ夜間先物  +6

■指数大型      現値1,438.88  前日比-6.25

■指数中型      現値1,880.03  前日比-7.66

■指数小型      現値2,897.30  前日比-3.78


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り(ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

昨日の日経平均は小反発。
イベント通過から安心感。
最近の東京市場はイベントを糧に意外と強い展開。
ただ為替であるが、米国から通過安競争の回避を盛り込むよう強く主張しているもようなのか為替は小動き。ただこの為替水準は問題ない。
そして東京市場であるが個別銘柄はここから益々な発展が期待できると我々は考えており材料性高い銘柄は今後も投資家が驚く株価となる銘柄が出てくるだろうし、先日も我が社の若手が今後成長株として6772コスモス電機を紹介したが、同社はトヨタ自動車から車載フィルムヒーターを受注し予防安全支援装置に装着。運転席のカメラの曇り止めや凍結を防ぐ。
これにより視野を十分に確保し衝突防止ブレーキシステムを正確に補助する。
同社にトヨタが興味を持ったことは大きく、先日お伝えした時株価は230円であったがここで375円まであり我が社の若手の分析によると

~以下会員ページ~

本日の先物レンジ
19280~19470円
焦らずいこう。
個別銘柄で強い銘柄は更に進化するだろう。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

釣り人

日経平均先物の現在の気配は19320、前日比120円安のところ。
ドル円113.32
米国雇用統計が発表され、ストンと115円前後から1円70銭程円高の局面にありますが、その後市場の動きはありません。私はかねてから円安に向かうとお伝えしてましたが、このあたりが踏ん張りどころとなっています。
間近高値と安値の中値あたりでの推移です。
NYダウ15ドル安。特別思うことはありません。
本日も安寄り後、毎度のことながら切り返すだろうと考えております。ただその切り返す幅がいかほどのものなのか?為替の動きで大きく変わってきます。
昨日もETFの買い付けは予想通り行われています。本日もそうでしょう。
このように海外勢の売りは吸収されています。
需給の観点から見ても良好になりつつあると考えております。
それでは3連休前の週末です。納得の1日にするように頑張りましょう。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

 17日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1030万株、買い1140万株で、差し引き110万株の買い越し。買い越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、陸運、サービス、不動産、保険、ガラス、電機、通信、情報通信、薬品など。
 買いセクターに、その他金融、商社、自動車、電機、銀行、建設、通信など」(外資系証券)という。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(17日)
《決算発表》
ベステラ、カイカ、サンバイオ、オハラ、TASAKI、アルデプロ

■海外(17日)
G20財務相・中央銀行総裁会議(~3/18 ドイツ)
米2月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米2月CB景気先行総合指数(23:00)
米3月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)

《米決算発表》
ティファニー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 20,934.55 -15.55
■ナスダック
 5,900.76 +0.71
■CME225(円建て)
 19,340 -100(大証比)
■ドイツDAX
 12,083.18 +73.31
■上海総合指数
 3,268.94 +27.18
■ドル円
 113.33

 16日のNY市場はまちまち。昨日のFOMC結果発表を受けて買いが先行。その後は、新たな材料を欠くなか、前日に大きく上げた反動で利益確定を目的とした売りが優勢となりました。ただ、日銀や英イングランド銀行が政策金利を据え置いたほか、オランダ下院選で中道右派の自由民主党が第1党を維持したことで、アジア・欧州株がほぼ全面高となったことから下値は限定的となりました。
 セクター別では、各種金融や銀行が上昇する一方で公益事業や医薬品・バイオテクノロジーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、富士重<7270>など対東証比較(1ドル113.29円換算)で全般冴えない展開となりました。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

02 ≪ 2017/03 ≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。