ブログランキングが上がって行けば、公開範囲公開時間
拡大をしていこうと考えております!!
今後とも弊社「日経平均先物と釣り人と桃太郎」のブログをよろしくお願い致します。


桃太郎をクリック↑↑

デイトレの海と風←株取引をご希望の方はコチラ!    

日経平均先物と釣り人と桃太郎←先物取引をご希望の方はコチラ!   

大引け概況

■日経平均      18,983.23(+73.97)

■東証1部出来高    20.15億株

■東証1部売買代金   2.26兆円

■日経平均先物    19,050(+140)

■TOPIX        1,517.03(+4.43)

■騰落        上昇1,087/下落804

■マザーズ指数    1,063.28(-7.61)

■日経JQ       3,038.44(-7.40)

■ドル円       111.39
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は、前週末の続落に対する自律反発の動きから買いが先行。買い一巡後は、円強含みや3月日銀短観が市場予想を下回ったことも重しとなり、18900円台でもみ合う展開となりました。
 後場は、売りが先行。新規の手掛かり材料に乏しいことで様子見ムードが強く、売り一巡後の戻りも限定的に。ただ取引終盤には先物買いを交えて一段高し、一時19000円台をつける場面も見られました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、食料品、水産・農林業でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、非鉄金属、鉄鋼となりました。
 
 TOPIXはも反発、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は、下値も限定的に推移して引けにかけては戻す展開となった。
明日も見ていきます。
ドル換算ベースは、終始170ドル台となり切り返した。
引けは、170.44ドル +0.84%でした。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の釣り人と桃太郎が、日経平均先物の動きとオプションについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      18,954.21(+44.95)

■日経平均先物    18,960(+50)

■TOPIX先物      1,513.50(+3.50)

■騰落        上昇1,095/下落808

■日経JQ       3,034.05(-11.79)

■マザーズ指数    1,059.65(-11.24)

■ドル円       111.33

■NYダウ夜間先物  +13

■中国本土市場は清明節の祝日につき休場

■指数大型      現値1,386.61  前日比-1.51

■指数中型      現値1,823.71  前日比+8.32

■指数小型      現値2,819.70  前日比+8.05



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは12件、258.46億円。
差引き30億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      18,977.37(+68.11)

■東証1部出来高    9.73億株

■東証1部売買代金   0.98兆円

■日経平均先物    18,980(+70)

■TOPIX        1,516.98(+4.38)

■騰落        上昇1,169/下落719

■マザーズ指数    1,063.75(-7.14)

■日経JQ       3,042.85(-2.99)

■ドル円       111.34
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は、前週末の続落に対する自律反発の動きから買いが先行。買い一巡後は、円強含みや3月日銀短観が市場予想を下回ったことも重しとなり、19000円を前に伸び悩み、18900円台でもみ合う展開となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、食料品、サービス業でした。一方、値下がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、銀行業となりました。

 TOPIXも反発、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後、小動きでの推移。下値も限定的となった。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、170.45ドル +0.84%と切り返しとなった。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の釣り人と桃太郎が、日経平均先物の動きとオプションについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

4月3日(月)の中国本土市場は清明節の祝日につき休場

3日(月)の中国本土市場は清明節の祝日につき休場。
取引は5日(水)から再開となります。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      18,956.63(+47.37)

■日経平均先物    18,970(+60)

■TOPIX先物      1,514.50(+2.50)

■騰落        上昇972/下落873

■日経JQ       3,048.32(+2.48)

■マザーズ指数    1,068.20(-2.69)

■ドル円       111.32

■NYダウ夜間先物  +13

■指数大型      現値1,389.37  前日比+1.25

■指数中型      現値1,819.82  前日比+4.43

■指数小型      現値2,812.73  前日比+1.08



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

本日から4月!先週末の流れを気にする投資家が出てきそうであるが、今月の我々の予想は本格的な材料株相場の到来を予想する。
しかし冒頭でお伝えしたように「本格的な材料株相場」であるが何を狙うか!だ。
そこで今朝は1月にもお伝えした〇〇×××を再度取り上げたい。

その理由に現実的に米国テスラもGoogleなども自動運転技術を日本の技術に頼らざる終えないと我々は予想している。
そう考えると同社の技術をもしテスラでも頼ってくればとんでもない株価になるし、為替設定も同社は対ドル100円水準ならば利益は安定感あるし、実際に現状の業績、成長性などを分析すると株価は将来的に2000円を目指すのではないかと思っており時価は非常に魅力的に見える。

またここからの東京市場で買っておきたいセクターは建設セクター。
大手建設は最高益水準が多いが・・・。

~以下会員ページ~


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD、18947円 +38円

朝の為替状況は、先週末と変わらず当たりでの推移。
本日も下値は限定的なのか調整色が出るのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.38円 167ドルから171ドル

 18600円から19045円



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

 4月3日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り510万株、買い610万株で、差し引き100万株の買い越し。買い越しは4営業日連続。金額(5社ベース)は売り越し。
 売りセクターに、化学、紙パ、不動産、銀行、情報通信、通信、機械、サービスなど。
 買いセクターに、サービス、電機、建設、食品、その他製品、小売など」(外資系証券)という。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■3(月)
【国内】
3月調査日銀短観(8:50)
3月自動車販売台数(14:00)

《決算発表》
キユーピー、アヲハタ、クリエイトSDH、あさひ、WNIウェザー、オークワ、しまむら

【海外】
中国財新3月製造業PMI(10:45)
ユーロ圏2月失業率(18:00)
米3月ISM製造業景況指数(23:00)
米2月建設支出(23:00)
米3月新車販売台数

休場:中国、台湾(~4/4)


■4(火)
【国内】
3月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札
日銀量的・質的金融緩和導入から4年
政府のIR整備推進本部の初会合

《決算発表》
アダストリア、三協立山、不二越、ナガイレーベ、西松屋チェ、平和堂

【海外】
米2月貿易収支(21:30)
米2月製造業受注(23:00)

休場:香港、インド


■5(水)
【国内】
日経日本PMIサービス業(9:30)

《決算発表》
東京個別、瑞光、フロイント、マルカキカイ、ハイデ日高、トーセイ、BS11

【海外】
米3月ADP雇用統計(21:15)
米3月ISM非製造業景況指数(23:00)
3月14・15日開催のFOMC議事録(3/6 3:00)

《米決算発表》
モンサント、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンズ


■6(木)
【国内】
3月消費動向調査(14:00)

《決算発表》
ダイセキ、ダイセキソリュ、カネコ種、サンエー、7&I-HD、メディアドゥ、クリーク&リバ、技研製、佐鳥電機、壱番屋、マニー、パルコ

【海外】
米中首脳会議

《米決算発表》
コンステレーション・ブランズ、カーマックス

休場:タイ、ベトナム


■7(金)
【国内】
2月毎月勤労統計調査(9:00)
2月景気動向指数(14:00)

《決算発表》
パソナ、サカタのタネ、ブロッコリー、サーラ、ネクステージ、サムティ、薬王堂、創通、シリコンスタシオ、久光薬、マルゼン、デザインワン、エスクローAJ、オンワードHD、島忠、高島屋、UCS、レノバ

【海外】
中国3月外貨準備高
ユーロ圏財務相会合
米3月雇用統計(21:30)
米2月卸売在庫(23:00)
米2月消費者信用残高(4/8 4:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 20,663.22 -65.27
■ナスダック
 5,911.74 -2.60
■CME225(円建て)
 18,960 +50(大証比)
■ドイツDAX
 12,312.87 +56.44
■上海総合指数
 3,222.51 +12.27
■ドル円
 111.38

 31日のNY市場は下落。新規の取引材料が乏しい中、四半期末でポジション調整の動きや利益確定の売りが上値を抑える展開となりました。2月個人所得やインフレ指標の一つであるPCEコア指数が予想と一致したものの、2月個人支出が予想を下回るなど指標は強弱まちまちとあって、相場への影響は限定的となりました。
 セクター別では、不動産や商業・専門サービスが上昇する一方で銀行や運輸が下落。
 ADRの日本株はNTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、三菱商<8058>、花王<4452>、京セラ<6971>が小じっかり。半面、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、ルネサス<6723>が小安いなど、対東証比較(1ドル111.39円換算)で高安まちまちとなりました。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/4/3  6時30分現在

         10年債                      2年債
米国     2.387% (前日比-0.032%)     1.254% (前日比-0.028%)
英国     1.139% (前日比+0.018%)     0.125% (前日比+0.017%)
ドイツ     0.328% (前日比-0.005%)     -0.740% (前日比-0.005%)
ポルトガル 3.978% (前日比+0.028%)     0.621% (前日比+0.008%)
イタリア    2.318% (前日比+0.170%)     -0.030% (前日比+0.033%)
ギリシャ   6.986% (前日比+0.032%)       -
スペイン    1.667% (前日比+0.018%)     -0.165% (前日比+0.026%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

週間展望 釣り人(4/2)

先週末のNYダウは65ドル安・ナスダック2ポント安・ドル円111.38 CME225 18960+50
予測しずらい為替でありNYダウではありますが、トランプ大統領の政策が前へ進まない状況においても、経済指標は堅調でありNYの崩れは無いとの見方が多くあります。例えば韓国指数・大統領不在という混迷の極みでありながら指数は高値維持・・・そうゆうこともあるのだろうとの思いはありますが、まず米国金利が上げどまっています。10年国債2・3%あたりそれで為替は円高局面オバマケヤはともかく法人減税も小幅にとどまるとの考えが大勢を占めてきています。内需拡大ということなんですが、怪しくなり日本のセメント株も調整となっています。そして米国銀行株もお辞儀をし始め、日本の金融株もストンと下落が目につきます。おそらく更なる下落となれば年金の買いが入り始めるでしょう・・現在信託銀行は8週連続売り越し。

それで下値はそれほどないだろうと考えていますが、これはあくまで長期投資の話で、1割でも保有株が下がったらたまりません・・それでどう動くべきか?先物の200円幅はどうすれば取れるのか?となります。

    ~会員ページ  ~

それでは今週もよろしくお願いします。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

03 ≪ 2017/04 ≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
RSS / QRコード
RSS
QR
リンク
日経平均先物
ブログランキング
日経平均先物と釣り人と桃太郎とは

釣り人

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。



釣り人画像

【釣り人】原徳久

証券会社歴20年。1984年三洋証券入社。その後泉証券、光世証券、室清証券、平岡証券(現あいざわ証券)。元・日経平均先物のディーラー。株式新聞講師をつとめた過去も。仕手材料株が得意。

無料メルマガ購読・解除