ブログランキングが上がって行けば、公開範囲公開時間
拡大をしていこうと考えております!!
今後とも弊社「ミニ日経225先物&FX 桃太郎」のブログをよろしくお願い致します。


桃太郎をクリック↑↑

ミニ日経225先物&FX 桃太郎←先物取引をご希望の方はコチラ!   

デイトレの海と風←株取引をご希望の方はコチラ!    

ミニ日経225先物&FX 桃太郎←先物取引をご希望の方はコチラ!   

大引け概況

■日経平均      19,895.70(+450.00)

■東証1部出来高    24.08億株

■東証1部売買代金   3.44兆円

■日経平均先物    19,870(+390)

■TOPIX        1,585.86(+35.56)

■騰落        上昇1,875/下落108

■マザーズ指数    1,059.86(+18.32)

■日経JQ       3,054.60(+42.18)

■ドル円       112.72
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。円安進行や前日の欧米株高を好感し、朝方は買いが先行。また、仏大統領選の決選投票でマクロン氏が大勝したことも買い安心感に繋がり、上げ幅を拡大しました。
 後場は、前場の好地合いを引き継ぎ、買い先行でスタート。その後は、先物主導で上げ幅を広げ、一段高に。そのまま高値圏で堅調に推移して本日の取引を終えました。

 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、空運業、化学、鉱業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、続伸となり一時、19900円台となった。
為替推移は、動きは緩慢ですので、指数は買戻しかもしれません。
ドル換算ベースは、176.39ドル +1.59%と大幅高となった。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の釣り人と桃太郎が、日経平均先物の動きとオプションについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      19,882.85(+437.15)

■日経平均先物    19,890(+410)

■TOPIX先物      1,585.50(+31.00)

■騰落        上昇1,859/下落114

■日経JQ       3,051.30(+38.88)

■マザーズ指数    1,058.87(+17.33)

■ドル円       112.72

■NYダウ夜間先物  -10

■上海総合指数後場の寄り付き 3,073.91 前日比-29.13 -0.94%

■指数大型      現値1,448.15  前日比+30.91

■指数中型      現値1,913.02  前日比+39.97

■指数小型      現値2,946.54  前日比+60.69




人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは48件、461.98億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      19,795.19(+349.49)

■東証1部出来高    11.82億株

■東証1部売買代金   1.62兆円

■日経平均先物    19,800(+320)

■TOPIX        1,579.11(+28.81)

■騰落        上昇1,835/下落128

■マザーズ指数    1,055.93(+14.39)

■日経JQ       3,047.55(+35.13)

■ドル円       112.75
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。円安進行や前日の欧米株高を好感し、朝方は買いが先行。また、仏大統領選の決選投票の結果、EU中道系独立候補のマクロン氏が大勝したことも買い安心感に繋がり、上げ幅を拡大。取引時間中の年初来高値を大きく更新して前場取引を終えました。

 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、空運業、保険業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、リスクオン継続となり高値付近での持ち合いとなった。
後場も見ていきます。
ドル換算ベースは、175.55ドル +1.11%となった。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の釣り人と桃太郎が、日経平均先物の動きとオプションについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓




上海総合指数の現在の気配は-0.42%

上海総合指数 3,090.07 前日比 -12.97 -0.42%




人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      19,785.21(+339.51)

■日経平均先物    19,780(+300)

■TOPIX先物      1,579.50(+25.00)

■騰落        上昇1,831/下落120

■日経JQ       3,042.63(+30.21)

■マザーズ指数    1,050.37(+8.83)

■ドル円       112.74

■NYダウ夜間先物  +4

■指数大型      現値1,443.50  前日比+26.26

■指数中型      現値1,907.00  前日比+33.95

■指数小型      現値2,935.47  前日比+49.62




人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

皆さんはGWをしっかり楽しんだか!
我々は残念ながら通常通り仕事だった。
ただマーケットは想定の範囲内で推移しており、予想通りGWは心配なく通過したのではなかろうか。
そこで日経平均はトレンドからだと20300円が弾き出され良好な外部環境が壊れない限り堅調な展開が見込まれそうだ。
さて、4月26日に我々は新興市場の第2幕をお伝えしているが、現状は全体相場の回復とともにジリジリ温まりつつある。
そこで日本を分析するなかで、「働き方改革」を安倍内閣は推進しているが、これからの世代を担う若手はまだまだ認知不足。
自分には関係無いと思っている若者が多いようにおもわれるが現状の環境を考えると、ネットで若年層の拡大を図っており、近年同社の業績を見ていると増収増益傾向を見ると・・・。

~以下会員ページ~

本日の先物レンジ
売り方を嘲笑うのは失礼だろうが実に愉快な朝を迎えそうだ。

×××××円~×××××円
サポートラインを上方修正の朝をむかえた!
また明日にでも詳しく。
新興市場はこれから面白くなるだろう。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑


外資系の注文動向

 8日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1270万株、買い1410万株で、差し引き140万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、食品、不動産、自動車、小売、化学、機械、空運、電機、建設、銀行など。
 買いセクターに、電機、小売、機械、その他金融、サービス、輸送用機器、陸運、建設、食品など」(外資系証券)という。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■8(月)
【国内】
4月消費者態度指数(14:00)
衆院予算委員会で安部首相が出席し集中審議

《決算発表》
LIXIL G、リンテック、スターツ、マルハニチロ、アース製薬、ニチアス、ホトニクス、全国保証、三菱食品、ドンキホーテH、Uアローズ、ケーズHD、東建物、ベネ・ワン、扶桑化学、パイロット、OBARA-G

【海外】
中国4月貿易収支
米4月労働市場情勢指数(23:00)

《米決算発表》
シスコ、マリオット・インターナショナル、AES、テソロ

休場:ロシア(~5/9)


■9(火)
【国内】
3月毎月勤労統計調査(9:00)
10年国債入札
参院予算委員会で安部首相が出席し集中審議

《決算発表》
リンナイ、帝人、ALSOK、三菱重、三井物、三菱商、日通、ニチレイ、IHI、丸紅、住友商、特殊陶、コムシスHD、協エクシオ、日本ハム、トレンド、ライオン、タカラバイオ、住友重、ブラザー、ミネベアミツミ、三菱自、アシックス、テレ朝HD、ベネッセHD、宝HD、スクリン、静岡銀、旭硝子、SUBARU

【海外】
韓国次期大統領選挙の投開票日
米3月卸売在庫(23:00)
米3月卸売売上高(23:00)
米3年国債入札

《米決算発表》
ウォルト・ディズニー、マイクロチップ・テクノロジー、エレクトロニック・アーツ、プライスライン・グループ、エヌビディア、デューク・エナジー、ペリゴ、センプラ・エナジー

休場:韓国


■10(水)
【国内】
3月景気動向指数(14:00)
日銀政策委員会・金融政策決定会合の主な意見(4/26~27 開催分)
統合型リゾート施設(IR)業界のフォーラム「第2回ジャパン・ゲーミング・コングレス」(~5/11)

《決算発表》
エーザイ、ミツコシイセタン、東レ、塩野義、東ソー、三菱ガス、田辺三菱、大林組、ミクシィ、マクドナルド、JT、昭電工、大陽日酸、武田、参天薬、テルモ、ディスコ、クボタ、日精工、TDK、横河電、シスメックス、カシオ、トヨタ、アコム、菱地所、京急、NTTデータ、ソフトバンクG、ダイキン

【海外】
中国4月消費者物価・生産者物価(10:30)
米4月輸入物価(21:30)
米4月財政収支(5/11 3:00)
米10年国債入札

《米決算発表》
21世紀フォックス、シマンテック、バルカン・マテリアルズ、ホールフーズ・マーケット、コティ

休場:シンガポール、マレーシア、タイ


■11(木)
【国内】
3月国際収支(8:50)
4月都心オフィス空室率(11:00)
4月景気ウォッチャー調査
30年国債入札

《決算発表》
日揮、雪印メグ、日清紡HD、コナミHD、小野薬、クラレ、旭化成、大日住薬、第一三共、HOYA、清水建、大和ハウス、フジHD、DeNA、SUMCO、日立化成、日本新薬、楽天、コニカミノルタ、ブリヂストン、太平洋セメ、三菱マ、住友鉱、日産自、島津製、ニコン、イオンFS、住友不、西武HD、JR九州、KDDI、セコム、サンドラッグ、ミスミG、ユー・エス・エス、パナソニック、スクエニHD

【海外】
BOE金融政策委員会
G7財務相・中央銀行総裁会議(~5/13 イタリア)
欧州委員会(EU)が春の経済見通し公表(18:00)
米4月生産者物価(21:30)
米30年国債入札

《米決算発表》
メーシーズ、コールズ、ノードストロム

休場:インドネシア


■12(金)
【国内】
4月マネーストック(8:50)
東京ディズニーシーに新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」オープン
オプションSQ

《決算発表》
ユニチャーム、鹿島、王子HD、大塚HD、JXTG、大成建、ヤクルト、三菱ケミHD、SMC、ルネサス、東急、阪急阪神、国際帝石、カルビー、明治HD、博報堂DY、日清食HD、ネクソン、日ペイントH、関西ペ、資生堂、昭和シェル、住友電、リクルートHD、アマダHD、日立、コンコルディア、いすゞ、スズキ、ヤマハ発、大日印、りそなHD、三井不

【海外】
米4月小売売上高(21:30)
米4月消費者物価(21:30)
米3月企業在庫(23:00)
米5月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)


※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD、19775円

現在は、フランス大統領が決まりリスクオン継続からユーロドル高く、ドル円は安定から112円台後半での推移。本日も寄り後も買い戻されるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、112.83円 172ドルから176ドル

 19406円から19858円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 21,006.94 +55.47
■ナスダック
 6,100.76 +25.42
■CME225(円建て)
 19,705 +225(大証比)
■ドイツDAX
 12,716.89 +69.11
■上海総合指数
 3,103.04 -24.33
■ドル円
 112.91

 5日のNY市場は上昇。4月雇用統計で非農業部門雇用者数が21.1万人増と予想を大きく上振れたほか、失業率が約10年ぶりの低水準に改善したことから、買いが先行。原油など商品先物相場の持ち直しを受けて石油や素材株が買われ相場を押し上げ、取引終了にかけて上げ幅拡大。この日の高値で取引を終えました。
 セクター別では、エネルギーや電気通信サービスが上昇する一方で銀行や医薬品・バイオテクノロジーが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、SUBARU<7270>、オリンパス<7733>が冴えない他は、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、キヤノン<7751>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル112.94円換算)で全般堅調となりました。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/5/8  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.349% (前日比-0.005%)     1.310% (前日比+0.004%)
英国     1.117% (前日比+0.001%)     0.135% (前日比+0.029%)
ドイツ     0.418% (前日比+0.024%)     -0.676% (前日比+0.023%)
ポルトガル 3.390% (前日比-0.033%)     0.439% (前日比+0.065%)
イタリア    2.165% (前日比-0.088%)     -0.126% (前日比-0.020%)
ギリシャ   5.838% (前日比-0.130%)       -
スペイン    1.558% (前日比-0.042%)     -0.287% (前日比-0.002%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

週間展望 釣り人(5/7)

連休も終わり明日から休養十分で市場に向かうことになるわけですが、警戒を伝えこの連休を見てしまったことを反省します。

さて連休中NYダウ下振れをほとんど起こさず週末高値引けの21006ドル・ナスダックにおいても堅調 雇用統計も市場予想を上回り米国の景気腰折れの警戒感が和らぎドル高・円安の動きが顕著に表れ113台に乗る場面もありました。6月の米国利上げがまずあるだろうとの見方で・・それで明日先物は買い気配で来るでしょう・・・

4月半ばの下落時においては、18500円がおそらく下げのメドだと伝え、さらに下がった場面では苦しい状況でしたが日足で連続陰線9本目と18300円を割る場面でもリバウンドするはずだ・・と伝えましたがここまで速いピッチで戻りが続くのは予想外でした。去年の暮れからの19000円前後での持ち合い(4か月)その後の下落そして今回の急騰劇・・為替がある程度動いたからという理由以上に驚きの値動きであります。

さて明日日経平均は年初来高値を抜く寄り付きとなりそうです。為替次第となるでしょうが節々をすんなり抜けていく強さを否定できません。
きちんとロスカットを決めて持ちを減らした個別株買いを増していきます。(個別株の解説は「海と風」のみ)株と言えば日経で有名な投資信託社長の見方が解説されていました。内容は急落に備えてキャシュポジションを高めたが、もう一つ大型株がぐんぐん上がるようになれば、小型株専門では運用成績が振るわなくなるので備えた意味もあるとのことであります。私も中・大型が上がると考えれば注力するつもりです。

後気になるところは本日のフランス選挙・今回はマサかはないと思いますが・あとVIX指数(恐怖指数)が10年ぶりの10.11という低水準10年ぶりということはその後リーマンショックが起きたということも頭の片隅に置いておきます。

弊社は株と先物のページを運営していますが、この二つについて投資することに対して私が思うことを一言書きます。

株は絶対的に上げ相場が有利であります。先物は上げも下げも関係なく先の読み勝負であります。特に万馬券は下げ相場で当たることが多いです。
特にオプションの買いは大穴狙いとなります。あっという間に2倍3倍どころではありません、何十倍にもなったりします。
今回を見てみましょう~

5月限ですが190プット4月の下げで何とか2倍・・下げた値幅は1000円幅でまずまずでしたが期間が少し長めでありました・・変わって190コール4月半ばの安値で買うことができたら5倍になっています。
いままで株と違う税金の関係もありなじみずらいという読者の方もいたと思いますがこちらにも少し力を入れていきます。
中長期な見方は桃太郎の「日経先物&FX 桃太郎」
殆ど当日決済の「日経225先物と釣り人」(しばらく無料でページ公開)となります。勿論株情報も今まで以上にしっかりと書いていきます。

「上げ相場は株で取れ!下げ相場は先物の売りで取れ!」こんな感じです。相場は簡単ではありませんがどうぞ私たちの解説ご覧ください。
今週もよろしくお願いします。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

04 ≪ 2017/05 ≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
RSS / QRコード
RSS
QR
リンク
日経平均先物
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

釣り人

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。

無料メルマガ購読・解除