ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      19,943.26(+111.44)

■東証1部出来高    22.85億株

■東証1部売買代金   3.19兆円

■日経平均先物    19,940(+130)

■TOPIX        1,596.04(+7.95)

■騰落        上昇1,237/下落652

■マザーズ指数    1,147.96(+8.31)

■日経JQ       3,220.50(+0.67)

■ドル円       111.19

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は円相場が1ドル111円台と円安に振れたことから輸出関連株を中心に買い先行。その後は円安一服とともに小動きとなりました。
 後場は日銀が金融政策決定会合で「金融緩和策の現状維持を決定」したとの発表から上げ幅を拡大しスタート、寄り付き直後に2万円を上回りました。しかし市場予想通りの結果に加え、引け後には黒田日銀総裁の会見が控えているのもあり上値は重く、引き続き様子見ムードのまま本日の取り引きを終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、証券商品先物、情報・通信業でした。一方、値下がり上位は、電気・ガス業、水産・農林業、小売業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は大きく切り返す場面もありましたが、上値が重く引けにかけて利益確定の動きとなった。
ドル換算ベースは、179.42ドル -0.83%と下落した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      19,977.51(+145.69)

■日経平均先物    19,940(+130)

■TOPIX先物      1,596.00(+9.00)

■騰落        上昇1,306/下落583

■日経JQ       3,217.20(-2.63)

■マザーズ指数    1,149.91(+10.26)

■ドル円       111.21

■NYダウ夜間先物  +35

■上海総合指数後場の寄り付き 3,124.36 前日比-8.13 -0.26%

■指数大型      現値1,457.51  前日比+11.50

■指数中型      現値1,934.53  前日比+7.75

■指数小型      現値2,993.86  前日比+9.85



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは29件、235.59億円。
差引き40億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日銀、現状維持を決定

日銀、現状維持を決定

日銀は同日、金融政策決定会合で現状維持を決定。年間80兆円程度としている資産購入ペースも維持した。

前引け概況

■日経平均      19,937.15(+105.33)

■東証1部出来高    8.57億株

■東証1部売買代金   1.11兆円

■日経平均先物    19,900(+90)

■TOPIX        1,596.32(+8.23)

■騰落        上昇1,257/下落609

■マザーズ指数    1,150.50(+10.85)

■日経JQ       3,218.88(-0.95)

■ドル円       111.14

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。英ポンドの急伸や米国の利上げ継続の見通しから円相場が1ドル111円台と円安に振れ、輸出関連株を中心に買いが先行、その後は円安一服とともに膠着感が強まりました。本日は日銀の金融政策発表日で、引け後には黒田日銀総裁の会見が控えているもあり様子見となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、証券商品先物、海運業、情報・通信業でした。一方、値下がり上位は、水産・農林業、電気・ガス業、小売業となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は為替の下支えから買戻しも入り、切り返しの動きとなった。
決定会合後の動きを見ていきます。
ドル換算ベースは、179.36ドル -0.86%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。
FOMCに対する評価が二分しているが。
FOMCだって一企業でありどこかで回収作業に入る。また経済情勢は彼等が語ることにより世の中の人々は錯覚を起こし誘導される(笑)
我々の日経平均の高値の予想は先日もお伝えしたが、現状は●●○○×円前後を予想しており、そこからどうなるか?はまたその値段になったら考えようと思っている。
ともかくここはまだまだ新興市場第2幕。
第2幕ようやく3号目あたりまで登ってきた。
即ち、今年はますます個別銘柄物色の展開であろう。


本日の先物レンジ
○○××○~○×○○○円
焦らずいこう。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は-0.20%

上海総合指数 3,126.37 前日比 -6.12 -0.20%



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      19,914.19(+82.37)

■日経平均先物    19,880(+70)

■TOPIX先物      1,592.50(+5.50)

■騰落        上昇1,356/下落504

■日経JQ       3,220.61(+0.78)

■マザーズ指数    1,146.45(+6.80)

■ドル円       111.05

■NYダウ夜間先物  +21

■指数大型      現値1,452.81  前日比+6.80

■指数中型      現値1,933.56  前日比+6.78

■指数小型      現値2,994.99  前日比+10.98



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

16日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1830万株、買い680万株で、差し引き1150万株の大幅売り越し。売り越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
売りセクターに、薬品、電機、食品、情報通信、通信、不動産、銀行、サービス、REIT、鉱業など。
買いセクターに、サービス、精密、小売、石油、化学、その他製品、空運など」(外資系証券)という。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

釣り人

日経平均先物の現在の気配は19890
前日比80円高のところです。

ドル円110.88
昨晩大きな円安となりました。
1円強の円安からのスタートです。
会員ページでは円安の可能性のチャートを週始めに掲載していましたが、一昨日の円高はイレギュラーな瞬間円高だったのではなかろうかと考えます。

ニューヨークダウ14ドル安。
一時100ドル近く安い場面がありましたが切り返して終わっています。
ナスダックも少し安いところがありましたが29ポイント安でとりあえずになりました。

個別株の物色、根強いです。
しっかりと見極め、アドバイザー4人で提案していきます。
それではよろしくお願い致します。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD 19920円 +88円

NYは、ダウ平均は14.66ドル安の21359.90、ナスダックは29.39ポイント安の6165.50で取引を終了した。欧州株の下落を受けて売りが先行。また一部でインフレ低下のリスクが指摘される中、昨日連銀が利上げを実施し、年内の利上げ見通しやインフレ目標を据え置いたことも警戒された。上昇の目立っていた大型ハイテク株に再び売りが広がったほか、原油価格の低下でエネルギー関連も軟調推移となったが、引けにかけては下げ幅をやや縮小した。

昨日の日経ですが、下支えも入り下値は限定的となった。
ドル高傾向となり本日は、決定会合、下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.90円 179ドルから182ドル

 19851円から20183円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(16日)
黒田日銀総裁会見

《決算発表》
西松屋チェ-ン

■海外(16日)
AIIB 年次総会(~6/18韓国)
米5月住宅着工件数(21:30)
米5月建設許可件数(21:30)
米6月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)

休場:南ア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 21,359.90 -14.66
■ナスダック
 6,165.50 -29.39
■CME225(円建て)
 19,870 +60(大証比)
■ドイツDAX
 12,691.81 -114.14
■上海総合指数
 3,132.49 +1.82
■ドル円
 110.88

 15日のNY市場は下落しました。欧州株の下落を受け売り先行。予想よりややタカ派的となったFOMCの結果を受け、市場への資金流入が細るとの警戒感がやや強まったことも株売りにつながり、上昇の目立っていたアップルなど主力のハイテク株へ再び売りが広がりました。原油安を嫌気したエネルギー・資源株の下落が重しとなり、ロシアゲート疑惑が再び高まったこともセンチメントの悪化につながりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や資本財が上昇する一方で食品・生活必需品小売や耐久消費財・アパレルが下落。
 ADRの日本株は任天堂<7974>が冴えないほかは、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、SUBARU<7270>、資生堂<4911>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル110.9円換)で全般堅調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/6/16  7時1分現在

         10年債                      2年債
米国     2.164% (前日比+0.038%)     1.351% (前日比+0.020%)
英国     1.031% (前日比+0.104%)     0.174% (前日比+0.083%)
ドイツ     0.282% (前日比+0.056%)     -0.653% (前日比+0.037%)
ポルトガル 2.862% (前日比+0.016%)     0.052% (前日比-0.018%)
イタリア    1.967% (前日比+0.028%)     -0.191% (前日比+0.080%)
ギリシャ   5.875% (前日比+0.076%)       -
スペイン    1.416% (前日比+0.034%)     -0.279% (前日比+0.014%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。