ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      20,098.38(-97.10)

■東証1部出来高    14.80億株

■東証1部売買代金   1.98兆円

■日経平均先物    20,060(-120)

■TOPIX        1,619.34(-7.80)

■騰落        上昇570/下落1,306

■マザーズ指数    1,183.60(-2.17)

■日経JQ       3,294.53(+3.94)

■ドル円       113.45
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は円相場が1ドル=113円台半ばと円高に振れたことから、輸出関連銘柄を中心とした利益確定売りに押される展開となりました。その後の戻りも鈍く安値圏での推移となりました。
 後場は前場同様に円高に振れた円相場を意識し売り優勢に。本日は日銀のETF買いが入っていないとの観測もあり、また米連邦準備理事会のイエレン議長の議会証言など重要イベントを前に積極的な売買を手控える動きが広がりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、銀行業、石油石炭製品、その他金融業。一方、値上がりしたのは、ゴム製品、金属製品、鉱業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■桃太郎
後場はリスク回避の流れの継続からじり安となったが、ポイントの040円まで為替推移にリンクしない状態は続いてます。
明日も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.05ドル +0.25%と続伸となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      20,087.05(-108.43)

■日経平均先物    20,070(-110)

■TOPIX先物      1,618.50(-9.50)

■騰落        上昇576/下落1,292

■日経JQ       3,292.30(+1.71)

■マザーズ指数    1,182.81(-2.96)

■ドル円       113.41

■NYダウ夜間先物  +12

■上海総合指数後場の寄り付き 3,195.87 前日比-7.17 -0.22%

■指数大型      現値1,474.36  前日比-7.53

■指数中型      現値1,957.72  前日比-10.95

■指数小型      現値3,066.23  前日比-13.29



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・5月第三次産業活動指数:前月比0.1%低下

12日発表された5月の第三次産業活動指数は前月比0.1%低下の104.9だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは34件、243.13億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      20,132.38(-63.10)

■東証1部出来高    7.23億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    20,120(-60)

■TOPIX        1,622.25(-4.89)

■騰落        上昇726/下落1,136

■マザーズ指数    1,188.64(+2.87)

■日経JQ       3,295.96(+5.37)

■ドル円       113.58
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落。トランプ大統領とロシアとの不透明な関係を巡る問題から円相場が1ドル=113円台半ばとなり、それまでに上昇していた輸出関連銘柄を中心に利益確定売りが目立ちました。本日寄り付き前に発表された6月の国内企業物価指数は前年比で2.1%の上昇(6ヶ月連続の上昇)となりましたが株価への影響は限定的。日経平均は安値圏で軟調に推移し前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、銀行業、その他金融業、石油石炭製品でした。一方、値上がり上位は、鉱業、金属製品、海運業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は下値も限定的に推移。
買い支えもありそうです。後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.31ドル +0.40%と続伸。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.03%

上海総合指数 3,201.93 前日比 -1.11 -0.03%



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      20,116.52(-78.96)

■日経平均先物    20,090(-90)

■TOPIX先物      1,620.00(-8.00)

■騰落        上昇714/下落1,135

■日経JQ       3,296.01(+5.42)

■マザーズ指数    1,190.11(+4.34)

■ドル円       113.68

■NYダウ夜間先物  +8

■指数大型      現値1,475.51  前日比-6.38

■指数中型      現値1,961.48  前日比-7.19

■指数小型      現値3,074.86  前日比-4.66



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。
日経平均は調整局面に入り3ヶ月が経過しようとしている。これが何を意味するのか?
ここから上値は買えないのか?それともアベノミクスが始まり5年が経ち、その時間軸から考えれば調整があっても当然。
さて、NYダウは米国大統領選でのロシア干渉問題で、トランプ大統領の長男が仲介者とのメールを公表。これがクリントン陣営に不利となる情報だったのかは定かではないが、昨夜のNYダウは一時急落したが一番影響が出てしまったのは為替で対ドル。
ただドル円に関してはここ最近建て玉が積み上がっていただけに丁度良い調整。

さて、今朝はこれからどんな銘柄が株価に反映されるのか?だが。
まず先日フランス政府から、2040年までにガソリンとディーゼル車の販売を廃止するとの発表。これは意味深い内容で、自動運転車を初めとしたEV車への移行が加速する兆し。
自動運転車やEV車が出回るとスマホの高性能化や自動車電装化関連は必要不可欠となるだろう。

~以下会員ページ~


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・6月国内企業物価指数:前年比2.1%上昇 前月比は横ばい

08:50発表の6月の国内企業物価指数は98.4で、前月比は横ばい、前年同月比で2.1%上昇した。市場予想の中心は前年比で2.1%上昇だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

12日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り540万株、買い350万株で、差し引き190万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)も売り越し。
売りセクターに、機械、食品、不動産、サービス、情報通信、電機、銀行、ゴム、輸送用機器、陸運など。
買いセクターに、不動産、機械、サービス、非鉄、化学など」(外資系証券)という。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD 20133円 -62円

NYは、ダウ0.55ドル高、オバマケア代替法案成立への期待が高まる11日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は0.55ドル高の21409.07、ナスダックは16.91ポイント高の6193.30で取引を終了した。朝方はイエレン議長の議会証言や4-6月期決算を控えて、もみ合う展開となった。トランプ大統領の長男が、大統領選挙期間中にヒラリー陣営に不利となる情報を巡りロシア人弁護士と接触していた事実を公表し政権運営への懸念から一時売られる場面もあったが、米上院が夏季休会を8月下旬に延期たことで、オバマケア代替法案の成立期待が高まり、上昇に転じた。

日経ですが、昨日も為替の下支えもあり戻り高値あたりまで、じり高となった。
以前、為替リンク度は薄く、持ち合い傾向となっている。
本日は、多少リスク回避の動きからドル円下落から買い支えが入るのか見ていきます。

想定レンジ、為替、113.83円 174ドルから178ドル

 19920円から20261円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(12日)
6月国内企業物価指数(8:50)
5月第三次産業活動指数(13:30)

《決算発表》OSG、ヤマダSXL、ワッツ、ラクトJPN、ニッケ、API、TKP、農総研、コメダ、SHIFT、日本エンタ、三協立山、ベル24HD、津田駒、IDOM、進和、リンガハット、近鉄百、イズミ、CSP

■海外(12日)
ベージュブック
イエレンFRB議長が米議会下院の金融委員会で半年に1度の議会証言
米10年国債入札

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 21,409.07 +0.55
■ナスダック
 6,193.30 +16.91
■CME225(円建て)
 20,120 -60.00(大証比)
■ドイツDAX
 12,437.02 -8.90
■上海総合指数
 3,203.04 -9.59
■ドル円
 113.89

 11日のNY市場は上昇。米連邦準備理事会でのイエレン議長の議会証言や注目度の高い経済指標の発表を控え、もみ合いとなりました。
 米大統領選でのロシアとの不透明な関係を巡る問題が再燃し、政局不安が意識され一時売られる場面もありましたが、売り一巡後は上昇に転じました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置やエネルギーが上昇する一方で耐久消費財・アパレルや運輸が下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、キヤノン<7751>、花王<4452>、HOYA<7741>、LINE<3938>が堅調な半面、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、TDK<6762>が冴えないなど、対東証比較(1ドル113.96円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/7/12  7時19分現在

         10年債                      2年債
米国     2.361% (前日比-0.013%)     1.375% (前日比-0.008%)
英国     1.275% (前日比+0.007%)     0.298% (前日比+0.003%)
ドイツ     0.550% (前日比+0.010%)     -0.598% (前日比+0.010%)
ポルトガル 3.150% (前日比+0.024%)     0.119% (前日比+0.036%)
イタリア    2.325% (前日比+0.045%)     -0.116% (前日比+0.007%)
ギリシャ   5.382% (前日比+0.002%)       -
スペイン    1.693% (前日比+0.022%)     -0.213% (前日比-0.017%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

06 ≪ 2017/07 ≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。