ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      19,729.74(-8.97)

■東証1部出来高    19.64億株

■東証1部売買代金   2.53兆円

■日経平均先物    19,710(-20)

■TOPIX        1,617.25(-0.65)

■騰落        上昇975/下落935

■マザーズ指数    1,078.19(-11.81)

■日経JQ       3,306.54(-18.06)

■ドル円       109.99
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は前日に大幅安となった反動で自律反発狙いの買いが先行。しかし北朝鮮情勢への警戒感や連休前の持ち高調整の売りなどから徐々に上げ幅を縮小し、引け間際にはマイナスへ転じました。
 後場は下げ幅を拡大してスタート。円相場は1ドル=110円近辺での小動きが続き、日経平均もまた安値圏での小動きとなりました。前場同様にポジション調整の動きや様子見姿勢が強まり、目立った動きのないまま本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、証券商品先物、銀行業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、非鉄金属、倉庫運輸関連となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後場は、本日の安値圏での持ち合いとなった。
連休となりますので、動きは出ませんでした。
今週もお疲れさまでした。

ドル換算ベースは、179.33ドル -0.06%と続落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      19,716.50(-22.21)

■日経平均先物    19,700(-30)

■TOPIX先物      1,615.50(-2.00)

■騰落        上昇789/下落1,117

■日経JQ       3,303.01(-21.59)

■マザーズ指数    1,078.42(-11.58)

■ドル円       110.02

■NYダウ夜間先物  -34

■上海総合指数後場の寄り付き 3,238.31 前日比-37.26 -1.14%

■指数大型      現値1,469.29  前日比-2.61

■指数中型      現値1,948.91  前日比-1.76

■指数小型      現値3,109.40  前日比-3.04



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・6月第三次産業活動指数:前月比横ばい

10日発表された6月の第三次産業活動指数は前月比0.0%の横ばいの104.9だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは20件、724.29億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      19,736.72(-1.99)

■東証1部出来高    9.90億株

■東証1部売買代金   1.23兆円

■日経平均先物    19,710(-20)

■TOPIX        1,615.86(-2.04)

■騰落        上昇826/下落1,050

■マザーズ指数    1,081.12(-8.88)

■日経JQ       3,312.70(-11.90)

■ドル円       110.00

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は前日に大幅安となった反動で自律反発狙いの買いが入り小幅高でスタート。好業績銘柄を中心とした個別物色が続くものの、北朝鮮情勢への警戒感やお盆休み前とあって持ち高調整の売りも出やすく、徐々に上げ幅を縮小し午前の取引を終えました。また寄り付き前に発表された6月機械受注や、7月国内企業物価指数に対する反応は限定的となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、銀行業、建設業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、非鉄金属、化学となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後ほどコメント致します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.18%

上海総合指数 3,269.73 前日比 -5.84 -0.18%



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

8月限SQ概算値は19,825.92円(暫定値)

8月限SQ概算値は19,825.92円(暫定値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      19,765.87(+27.16)

■日経平均先物    19,730(±0)

■TOPIX先物      1,617.00(-0.50)

■騰落        上昇1,071/下落814

■日経JQ       3,317.34(-7.26)

■マザーズ指数    1,089.41(-0.59)

■ドル円       110.12

■NYダウ夜間先物  -7

■指数大型      現値1,472.18  前日比+0.28

■指数中型      現値1,952.92  前日比+2.25

■指数小型      現値3,121.15  前日比+8.71



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。
しかし昨日の東京市場は北朝鮮リスク!をまともに影響受けてしまったようだ。
そして米国株もと言うマーケット関係者も多くなりそうだ。現状、米国株と日本株を一緒に考える投資家は少し疑問が残るし、理由がないからこじつけているように思われてならない。
ハッキリ言って!今の日本株と米国株とではレベルが違い過ぎる。
我々は米国株と伴に長年生活していると言っても過言ではあるまい。その観点から日本株を見るとまだまだ・・・・・
確かに立派な企業は多いし、魅力ある企業もあるがマーケット規模が。
ともかく日経平均は昨日の地政学的リスクから発生してしまったトレンド悪をどんな形で巻き返すかが焦点となりそうだ。
本日も東京市場は3連休前とあって閑散、様子見相場となりそうだが、ともかくここは好業績銘柄の押し目買い好機を待ってみよう。

しかし、日本も北朝鮮からの圧力に負けず頑張ってもらいたい。
またトランプ氏はやる時はやりそうな奴だから今後どんなドラマが待っているか分からないが。
ここは極端な話、経済的な観点から北朝鮮への輸出入完全禁止くらいしてお仕置きするべきだ。


本日の先物レンジ
19680~19870円
焦らずいこう。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・7月国内企業物価指数:前年比2.6%上昇 前月比0.3%上昇

08:50発表の7月の国内企業物価指数は98.8で、前月比は0.3%上昇。前年同月比で2.6%上昇した。市場予想の中心は前年比で2.3%上昇だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

6月機械受注:前月比1.9%減

内閣府が10日発表した6月機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比1.9%減の7900億円だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD 19790円 +51円
NYCFD 22036ドル -13ドル
ドルインデックス、93.50
VIX 11.11
原油 49.60ドル

NYは、ダウ36ドル安、北朝鮮情勢の緊迫で投資家心理が悪化9日の米国株式相場は下落。ダウ平均は36.64ドル安の22048.70、ナスダックは18.13ポイント安の6352.33で取引を終了した。北朝鮮情勢を巡る地政学リスクへの警戒感からアジア・欧州株が概ね全面安となり、米国株にも売りが先行。複数の主要企業の決算内容も嫌気され、終日軟調推移となった。

昨日は、リスク回避の動きもあり下落した。
本日も為替推移には大きな変化なく、戻ることができるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.96円 178ドルから181ドル

 19572円から19902円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

10日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1210万株、買い1160万株で、差し引き50万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も売り越し。
売りセクターに、自動車、薬品、銀行、保険、電機、精密、金属、機械、卸売など。
買いセクターに、サービス、石油、電機、銀行など」(外資系証券)という。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(10日)
6月機械受注(8:50)
7月国内企業物価指数(8:50)
7月都心オフィス空室率(11:00)
6月第三次産業活動指数(13:30)
オプションSQ

《決算発表》
洋ゴム、洋エンジ、ユニチャーム、日道路、サカタインクス、浜ゴム、阪和興、シークス、東映、三機工、大気社、LINK&M、パーソルHD、ナフコ、ネクソン、特種東海、北越紀州、アカツキ、関電化、エア・ウォーター、DNC、ケネディクス、そーせい、大平金、ノーリツ、リクルートHD、フジキカイ、ソディック、日本郵政、やまびこ、平田機工、井関農、TPR、日電子、かんぽ、ゆうちょ、タチエス、ナカニシ、Vテクノロジー、東京精、メディキット、シチズン、エイベックス、ニプロ、モスフード、青山商、ヤオコー、大垣銀、宮崎銀、アイフル、トモニHD、セイノーHD、JR九州、上組、アサツーDK、アサヒインテック、K&Oエナジー、トリドールHD、リケン、VTHD、Jトラスト、TKC、LIFULL、Dガレージ、コスモエネHD、マブチ、SOMPOHD、鴻池運輸、カドカワ

■海外(10日)
NZ準備銀行金融政策決定会合
米7月生産者物価(21:30)
米7月財政収支(8/11 3:00)
米30年国債入札

《米決算発表》
メーシーズ、コールズ、ニューズ・コーポレーション、ノードストローム、エヌビディア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 22,048.70 -36.64
■ナスダック
 6,352.33 -18.13
■CME225(円建て)
 19,755 +25(大証比)
■ドイツDAX
 12,154.00 -138.05
■上海総合指数
 3,275.57 -6.30
■ドル円
 109.96

 9日のNY市場は下落しました。北朝鮮情勢を巡る地政学リスクの高まりから投資家心理が悪化し、売り先行。決算内容が嫌気されたウォルト・ディズニーなど複数の主要企業の下落も相場を押し下げ、軟調な推移となりました。なお北朝鮮と米国の軍事衝突に対する警戒感から防衛関連株が堅調。安全資産とされる金、円などが買われました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で小売や公益事業が下落。
 ADRの日本株は資生堂<4911>、ルネサス<6723>、三井住友<8316>、ブリヂストン<5108>が堅調。半面、トヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>が冴えないなど、対東証比較(1ドル109.98円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/8/10  7時10分現在

         10年債                      2年債
米国     2.248% (前日比-0.014%)     1.339% (前日比-0.012%)
英国     1.109% (前日比-0.048%)     0.221% (前日比-0.015%)
ドイツ     0.428% (前日比-0.046%)     -0.684% (前日比-0.021%)
ポルトガル 2.842% (前日比-0.020%)     0.045% (前日比+0.004%)
イタリア    2.013% (前日比+0.008%)     -0.228% (前日比-0.006%)
ギリシャ   5.509% (前日比+0.059%)       -
スペイン    1.430% (前日比-0.024%)     -0.320% (前日比-0.021%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。