ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      19,646.24(+139.70)

■東証1部出来高    17.70億株

■東証1部売買代金   2.28兆円

■日経平均先物    19,690(+170)

■TOPIX        1,617.41(+9.76)

■騰落        上昇1,198/下落723

■マザーズ指数    1,100.80(+4.73)

■日経JQ       3,447.28(+33.57)

■ドル円       110.55
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は30日の米国株高や、1ドル=110円台半ばと円安に振れた為替相場を好感した買いが先行。輸出関連銘柄などを中心に買いが広がりました。
 後場も安定した円相場が支援材料となり、先物買いを交え上げ幅を拡大。その後上値では利益を確定する動きも見られ、引けにかけて伸び悩む展開となりましたが、終日高値圏での推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、銀行業、鉄鋼、卸売業でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、倉庫運輸関連、水産・農林業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。
 
■桃太郎
後場は持ち合いとなり推移。明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.79ドル +0.07%と小幅高となった

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      19,655.11(+148.57)

■日経平均先物    19,660(+140)

■TOPIX先物      1,618.50(+9.50)

■騰落        上昇1,158/下落729

■日経JQ       3,443.71(+30.00)

■マザーズ指数    1,098.61(+2.54)

■ドル円       110.47

■NYダウ夜間先物  +10

■上海総合指数後場の寄り付き 3,342.66 前日比-20.96 -0.62%

■指数大型      現値1,466.20  前日比+11.99

■指数中型      現値1,955.28  前日比+8.82




人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは9件、191.18億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      19,642.76(+136.22)

■東証1部出来高    7.80億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    19,640(+120)

■TOPIX        1,616.78(+9.13)

■騰落        上昇1,194/下落684

■マザーズ指数    1,099.16(+3.09)

■日経JQ       3,441.13(+27.42)

■ドル円       110.51
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。発表された経済指標が良好な結果となり上昇した米国市場や、前日よりも更に円安に振れた為替相場を好感し、買いが先行。輸出関連銘柄や「資源価格が当面安定しそう」だと報道があった鉄鋼株などを中心に、幅広い銘柄に買いが集まりました。その後も堅調に推移し午前の取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、銀行業、鉄鋼、ガラス土石製品でした。一方、値下がり上位は、海運業、石油石炭製品、空運業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。
 
■桃太郎
前場は買戻しから続伸となった。後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.79ドル +0.07%と小幅高となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.06%

上海総合指数 3,361.46 前日比 -2.17 -0.06%



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

中国8月製造業PMI 51. 7

中国8月製造業PMIは51.7
市場予想の51.3を上回る。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      19,621.84(+115.30)

■日経平均先物    19,620(+100)

■TOPIX先物      1,616.00(+7.00)

■騰落        上昇1,155/下落690

■日経JQ       3,435.29(+21.58)

■マザーズ指数    1,099.49(+3.42)

■ドル円       110.40

■NYダウ夜間先物  +16

■指数大型      現値1,463.20  前日比+8.99

■指数中型      現値1,954.25  前日比+7.79

■指数小型      現値3,156.80  前日比+7.83



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
下線文

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。
日経平均は明らかに現状為替に救われた!日銀短観の対外為替レート108.31円が目先のキーとなったのは明確。
ただ日本経済を考えると日経平均は確かに上昇しているが、アベノミクスの効果は未だに予想を下回っている。
アベノミクスの効果が明確に現れるには、このままならば日経平均が30000円に向かうような勢いがないとポテンシャルは変わらない。
そうなると、現状日本からのニュースを見ていると、北朝鮮に対する地政学的リスクばかり耳に届くようでは明るい日本経済はまだまだ先!
ならばここまでの金融政策を見直すなり新しい活路を見いだす時が来たのではなかろうか。
また、我々の来月からの相場予想は本日行われるミーティングでまた皆様に報告したい。
ともかくここはデリバティブ組の買い戻しが優勢となることだろう。
また強い銘柄に理由はあるし、現段階で空売りが入っているような銘柄はますますの上値余地があるだろう。
そこで気になる銘柄では..

~以下会員ページ~



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

7月の鉱工業生産は前月比0.8%低下

経済産業省が31日に発表した7月の鉱工業生産指数の速報値は前月比0.8%低下の101.5だった。
低下は2ヵ月ぶり。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

31日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「米国系証券、欧州系証券ともに買い越し。5社ベースで売り600万株、買い610万株、差し引き10万株の買い越し。金額(5社ベース)は売り越し。売りセクターに商社・食品・機械など。買いセクターにその他金融・サービス・精密・陸運など」(外資系証券)という。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(31日)
7月鉱工業生産(8:50)
7月住宅着工件数(14:00)
2年国債入札

《決算発表》
パーク24、菱洋エレク

■海外(31日)
中国8月製造業PMI(10:00)
中国8月非製造業PMI(10:00)
ユーロ圏7月失業率(18:00)
米7月個人所得・個人支出(21:30)
米8月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)
米7月中古住宅販売仮契約(23:00)

《米決算発表》
ダラー・ゼネラル

休場:マレーシア(~9/1)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 21,892.43 +27.06
■ナスダック
 6,368.31 +66.42
■CME225(円建て)
 19,565 +45(大証比)
■ドイツDAX
 12,002.47 +56.59
■上海総合指数
 3,363.63 -1.60
■ドル円
 110.3

 30日のNY市場は上昇。朝方は北朝鮮情勢への警戒感から安く始まりましたが、発表された経済指標が市場予想を上回る結果となり、これまでに下げていたハイテク株や金融株を中心に買いが広がり上昇に転じました。またトランプ大統領はミズーリ州で税制改革に取り組む意向を表明しましたが、具体的な政策について発表はなく、相場への影響は限定的となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や医薬品・バイオテクノロジーが上昇。一方で電気通信サービスや公益事業が下落。
 ADRの日本株はファーストリテ<9983>、オリンパス<7733>が小安い他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、SUBARU<7270>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、日東電<6988>など対東証比較(1ドル110.24円換算)で全般堅調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD 19575円 +69円
NYCFD 21891ドル -1ドル
ドルインデックス 92.87
VIX 11.22
原油 45.76ドル

NYは、ダウ27ドル高、堅調な経済指標を好感30日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は27.06ドル高の21892.43、ナスダックは66.42ポイント高の6368.31で取引を終了した。朝方は北朝鮮情勢への警戒感から小動き。9月ADP雇用統計や4-6月期GDP改定値が予想を上振れたほか、ハイテク株が選好され上昇した。トランプ大統領による税制改革を巡る演説では、具体的な政策についての発表はなく、引けにかけて伸び悩む展開となった。

日経ですが、昨日はリスク回避の動きが緩み買戻しからじり高となった。
本日は、為替安定から買戻しが入るか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.34円 176ドルから179ドル

 19419円から19750円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/8/31  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.131% (前日比+0.002%)     1.326% (前日比+0.010%)
英国     1.030% (前日比+0.030%)     0.175% (前日比+0.010%)
ドイツ     0.359% (前日比+0.017%)     -0.722% (前日比-0.003%)
ポルトガル 2.860% (前日比+0.010%)     0.023% (前日比+0.004%)
イタリア    2.078% (前日比+0.012%)     -0.153% (前日比-0.003%)
ギリシャ   5.539% (前日比+0.008%)       -
スペイン    1.580% (前日比+0.018%)     -0.343% (前日比-0.002%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。