ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      19,508.25(-183.22)

■東証1部出来高    15.95億株

■東証1部売買代金   1.73兆円

■日経平均先物    19,470(-220)

■TOPIX        1,603.55(-16.04)

■騰落        上昇153/下落1,824

■マザーズ指数    1,075.46(-32.36)

■日経JQ       3,418.74(-34.74)

■ドル円       109.48
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は北朝鮮が核実験を強行したことを受け、地政学リスクの高まりが意識され売りが先行。その後も円高水準にある為替相場が嫌気され、米朝の軍事衝突を懸念した売りが続きました。
 後場は前引け値とほぼ変わらずのスタート。引き続き売り優勢の流れのなか日銀のETF買い期待を支えに下げ渋り、1万9500円を挟んでのもみ合いとなりました。なお本日は米国市場が休場の為売買を手控える動きもみられ、後場は目立った動きのない相場となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、ガラス土石製品、繊維製品、海運業。一方、値上がりしたのは、空運業、石油石炭製品、保険業のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。

■桃太郎
後場は、動きが出ませんでした。
明日の展開を見ていきます。

ドル換算ベースは、177.70ドル -0.64%と下落した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      19,509.80(-181.67)

■日経平均先物    19,500(-190)

■TOPIX先物      1,603.00(-17.50)

■騰落        上昇130/下落1,852

■日経JQ       3,414.71(-38.77)

■マザーズ指数    1,077.40(-30.42)

■ドル円       109.80

■NYダウ夜間先物  -53

■上海総合指数後場の寄り付き 3,372.42 前日比+5.30 +0.16%

■指数大型      現値1,452.81  前日比-11.59

■指数中型      現値1,939.61  前日比-21.78

■指数小型      現値3,127.21  前日比-49.82



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは36件、262.81億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      19,521.44(-170.03)

■東証1部出来高    8.44億株

■東証1部売買代金   0.87兆円

■日経平均先物    19,500(-190)

■TOPIX        1,605.01(-14.58)

■騰落        上昇166/下落1,816

■マザーズ指数    1,081.31(-26.51)

■日経JQ       3,419.21(-34.27)

■ドル円       109.77
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。3日に北朝鮮が核実験を強行したことから、地政学リスクの高まりが意識され売りが先行。為替相場が円高に振れていることも重しとなり、輸出関連銘柄を中心に売りが広がりました。一時は1万9500円を割り込む場面も見られ、米朝の緊迫化を警戒する売りが続き午前の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、倉庫運輸関連、海運業、繊維製品。一方、値上がりしたのは、空運業、保険業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■桃太郎
前場は、北朝鮮リスクから下落傾向となった。
為替推移をみると思いのほか109円台後半でしっかりなイメージとなっている。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、177.81ドル -0.58%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ます ↑

上海総合指数の現在の気配は+0.08%

上海総合指数 3,369.72 前日比 +2.60 +0.08%



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      19,546.27(-145.20)

■日経平均先物    19,540(-150)

■TOPIX先物      1,607.50(-13.00)

■騰落        上昇196/下落1,750

■日経JQ       3,428.21(-25.27)

■マザーズ指数    1,083.98(-23.84)

■ドル円       109.77

■NYダウ夜間先物  -76

■指数大型      現値1,457.04  前日比-7.36

■指数中型      現値1,944.30  前日比-17.09

■指数小型      現値3,137.21  前日比-39.82



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。
週末に北朝鮮が核実験!
地政学的リスクがとマーケット関係者は言うだろう。
しかし、逆に我々が考えるにこれ以上のことを北朝鮮がするようならば恐らく世界から更なる「四面楚歌」となるだろう。
ならばここからは北朝鮮も・・・・
即ち、我々の単なる予想であるが北朝鮮もここからは暫くは身動きできないのではなかろうか。
ともかくここからは上昇している銘柄に目を向けるべきだろう。
必ず何か理由がありそうだ。

これは1つの例であるが、〇〇×△であるが、同社は健保など保険事業を手掛けるが電通の問題以後メンタルヘルスケアが殺到しており、まだまだ業績はこれから伸びる可能性は高そうだ。
長い目で見れば本日みたいな安くなりそうな日に買い始めるのは良さそうだ。


本日の先物レンジ
〇〇~〇〇円
あまりに気にすることはなさそうな気がするが。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

桃太郎さん、本日朝から利益確定

◆ 桃太郎
2017/08/31(木) 20:49

指数、700円で、5枚、新規に売り指値入れときます。
------------------------------------------------------------
◆ 桃太郎
2017/08/31(木) 21:27

700円出来てます。
------------------------------------------------------------
◆桃太郎 2017/09/04(月) 08:26

700円 5枚 新規に売り持ち。
------------------------------------------------------------
◆ 桃太郎 2017/09/04(月) 08:33

590円で、2枚だけ決済指値入れときます。

後は、様子見します。
------------------------------------------------------------
◆ 桃太郎
2017/09/04(月) 08:56

590円出来ました。

+44円

610円で、5枚新規に〇〇指値入れときます
------------------------------------------------------------

桃太郎さん、本日朝から利確です!!
そして新たに指値を入れていますね~^^





人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/9/4  6時59分現在

         10年債                      2年債
米国     2.166% (前日比+0.049%)     1.342% (前日比+0.017%)
英国     1.057% (前日比+0.023%)     0.185% (前日比+0.009%)
ドイツ     0.379% (前日比+0.018%)     -0.726% (前日比+0.001%)
ポルトガル 2.841% (前日比+0.009%)     0.010% (前日比+0.006%)
イタリア    2.077% (前日比+0.032%)     -0.182% (前日比+0.001%)
ギリシャ   5.530% (前日比-0.011%)       -
スペイン    1.599% (前日比+0.037%)     -0.361% (前日比-0.017%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

4日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り760万株、買い570万株で、差し引き190万株の売り越し。売り越しは2営業日連続。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、陸運、銀行、鉄鋼、機械、その他製品、REITなど。
買いセクターに、情報通信、電気機器、医薬品、サービス、機械、精密機器など」(外資系証券)という。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■4(月)
【国内】
8月マネタリーベース(8:50)

《決算発表》
ピジョン

【海外】
米レーバーデー
東南アジア諸国連合(ASEAN)経済閣僚会合(~9/11 マニラ)

休場:米、カナダ、トルコ

■5(火)
【国内】
10年国債入札

【海外】
中国財新8月PMIサービス業(10:45)
豪州準備銀行理事会
米7月製造業受注(23:00)

《米決算発表》
ヒュ-レット・パッカード・エンタープライズ

■6(水)
【国内】
7月毎月勤労統計調査(9:00)

《決算発表》
三井ハイテク、R-ADR

【海外】
豪4-6月期GDP(10:30)
米7月貿易収支(21:30)
米8月ISM非製造業景況指数(23:00)
米地区連銀経済報告(ベージュブック)

■7(木)
【国内】
8月都心オフィス空室率(11:00)
7月景気動向指数(14:00)
30年国債入札

《決算発表》
積水ハウス、くらコーポ

【海外】
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)

■8(金)
【国内】
4-6月期GDP改定値(8:50)
8月景気ウォッチャー調査
8月企業倒産件数(13:30)
メジャーSQ算出日

《決算発表》
日本駐車場、エイチーム、イトクロ、コーセル、カナモト、丹青社

【海外】
中国8月貿易収支
米7月消費者信用残高(9/9 4:00)

《米決算発表》
クローガー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 21,987.56 +39.46
■ナスダック
 6,435.33 +6.67
■CME225(円建て)
 19,690 ±0(大証比)
■ドイツDAX
 12,142.64 +86.80
■上海総合指数
 3,367.12 +6.31
■ドル円
 109.82

 1日のNY市場は上昇。米8月雇用統計が市場予想を下回る結果となったことから、追加利上げは緩やかなペースになるとの見方が広がり、また8月ISM製造業景況指数が強い結果となり買い優勢の展開となりました。ただ3連休前とあって、引けにかけて伸び悩みとなりました。
 セクター別では、自動車・自動車部品や耐久消費財・アパレルが上昇する一方で公益事業やソフトウェア・サービスが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、任天堂<7974>が堅調。半面、NTTドコモ<9437>、日産自<7201>、ファーストリテ<9983>が小安いなど、対東証比較(1ドル110.25円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD 19553円 -139円
NYCFD 21920ドル -68ドル
ドルインデックス 92.65
VIX 10.13
原油 47.37ドル

朝の為替状況は、北朝鮮リスクから円が買われ、109円台後半での推移。
先週末、高値付近となっている。ドル換算ベースは、現在も178ドルだいであり、本日は米国休場から上値は重いと思うが下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.80円 176ドルから179ドル

 19324円から19652円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(9/3)

先週末の米国市場は、ダウ平均は一時2万2千ドル台を回復した。この日の米雇用統計が予想を下回ったことでFRBは利上げを急がないとの期待に繋がっている。予想を下回ったとは言え、労働市場の力強さは示されており景気の底堅さを示している。

 ただ、賃金の上昇が依然として鈍くインフレ期待を高める内容ではない。一方、ECBが12月まで出口戦略を決めないのではとの観測報道が流れたこともフォローした可能性がある。市場は来週は無いにしても10月には、来年からの資産購入ペースの縮小を打ち出すと見られていた。

■ 為替推移は、賃金の伸びが悪く一時、ドル安進行となったがユーロ安から下値が限定的となり持ち直した面が強いとイメージできる。ダウは、陳儀の伸びが悪い面は注視しておくべきであり、債務上限問題がこれから重しとなりそうである。

IMM通貨先物8月29日主要国通貨
円 68524枚の売り越し 5562枚の売り越し減
ユーロ 86519枚の買い越し 1457枚の買い越し減
ポンド 51555枚の売り越し 5655枚の売り越し増

来週の主な予定 ECB会合に米要人発言、北朝鮮建国記念日
4日(月) 米国はレーバーデー祝日で為替・株式・債券市場は休場 5日(火) 豪中銀政策金利 米製造業新規受注(7月)ブレイナードFRB理事、講演 ダラス連銀総裁、講演 ミネアポリス連銀総裁、講演 6日(水) 豪GDP(第2四半期) 米ISM非製造業景況指数(8月) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)7日(木)ECB政策金利 米新規失業保険申請件数(2日までの週)NY連銀総裁、講演 アトランタ連銀総裁、講演 クリーブランド連銀総裁、講演 8日(金) 日本GDP改定値(第2四半期) 中国貿易統計(8月)フィラデルフィア連銀総裁、講演 9日(土) 中国消費者物価指数(8月)
中国生産者物価指数(8月) 北朝鮮建国記念日

日経ですが、先週は、為替の下支えもあり、500円弱戻る展開となった。
本日、北朝鮮が核実験を実施したことで、明日の朝の為替状況が変わるか見ていきたい。米国は休場ですが、リスク回避の動きが強まれば、上値は重く推移するであろう。
指数は、25MAあたりが重い展開は続きそうである。
ただ、ドル換算ベースは持ち直し、178ドル台となっていることで、下値も限定的なのかもしれません。日々見ていきます。
株式は、個別株での推移には変わりはないであろう。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

08 ≪ 2017/09 ≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。