ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

本日の先物上値・下値

本日の先物上値・下値

12月限 上値目処 340・380・430

12月限 下値目処 140・100・030


※下記クリックしてもらえると喜びます!!



スポンサーサイト

大引け概況

■日経平均      19,274.82(-121.70)

■東証1部出来高    18.60億株

■東証1部売買代金   2.71兆円

■日経平均先物    19,140(-110)

■TOPIX        1,593.54(-4.70)

■騰落        上昇678/下落1,247

■マザーズ指数    1,013.86(-1.02)

■日経JQ       3,375.35(-9.35)

■ドル円       107.76
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は円高傾向の円相場を嫌気した売りが先行。SQ算出に伴う売買が一巡した後は、安値圏でのもみ合いとなりました。
 後場は前引け値とほぼ変わらずのスタート。その後は9日に北朝鮮の建国記念日を控えていることから、地政学リスクを警戒しポジションを調整する売りが続きました。14時頃に円が急伸すると下げ幅を拡大。終日軟調な推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、鉄鋼、食料品でした。一方、値上がり上位は、その他製品、サービス業、空運業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
後場は、安値付近までリスク回避動きで下落。
14時ちょうどの空母出航と同時に売られた。

ドル換算ベースは、上昇の178.87ドル +0.53%と続伸となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      19,301.07(-95.45)

■日経平均先物    19,150(-100)

■TOPIX先物      1,582.50(-4.00)

■騰落        上昇872/下落1,019

■日経JQ       3,381.08(-3.62)

■マザーズ指数    1,012.71(-2.17)

■ドル円       107.90

■NYダウ夜間先物  -3

■上海総合指数後場の寄り付き 3,375.02 前日比+9.53 +0.28%

■指数大型      現値1,441.84  前日比-2.71

■指数中型      現値1,939.71  前日比-1.51

■指数小型      現値3,115.92  前日比+1.39



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは21件、198.09億円。
差引き50億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      19,322.74(-73.78)

■東証1部出来高    10.89億株

■東証1部売買代金   1.68兆円

■日経平均先物    19,170(-80)

■TOPIX        1,597.87(-0.37)

■騰落        上昇893/下落957

■マザーズ指数    1,016.73(+1.85)

■日経JQ       3,389.20(+4.50)

■ドル円       108.21
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。1ドル=108円前半と円高に振れた為替相場を嫌気した売りが先行。取引開始後はSQ算出に伴う売買が膨らみ、売買が一巡すると、依然として続く北朝鮮情勢を巡る警戒感などから様子見ムードが強まり、安値圏でのもみ合いとなりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、食料品、鉄鋼、不動産業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、サービス業、医薬品となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は反発しました。
 
■桃太郎
前場は、リスク回避の動きから下落となった。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、178.44ドル +0.30%と続伸となっている。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.03%

上海総合指数 3,364.43 前日比 -1.07 -0.03%



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      19,313.88(-82.64)

■日経平均先物    19,160(-90)

■TOPIX先物      1,583.50(-3.00)

■騰落        上昇832/下落1,031

■日経JQ       3,385.28(+0.58)

■マザーズ指数    1,016.38(+1.50)

■ドル円       108.32

■NYダウ夜間先物  -15

■指数大型      現値1,442.04  前日比-2.51

■指数中型      現値1,940.04  前日比-1.18

■指数小型      現値3,118.37  前日比+3.84



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

9月限SQ概算値は19,278.13円(暫定値)

9月限SQ概算値は19,278.13円(暫定値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。
ECB理事会の内容を見ると欧州経済は暫く安定しそうだ。
これにより世界的に北朝鮮問題はあるものの、相場の格言ではないが「近くの戦争は売り、遠くの戦争は買い」場面となってしまうのか?
仮にここで北朝鮮の建国記念日だか何だか知らないが、また理解出来ない態度を更に示すとこれに関わるマーケット!即ち、アジア地域、米国市場はやや軟調地合いとなりそうだ。
それらを含めユーロ高となるのは必然。
その観点から、為替はここでお伝えしてきた日銀短観からの対外為替レート108.31円を割れる場面となった。
これにより先日もお伝えしたが東京市場も「黄色信号」を出さざるをえない。
確かに業績からだとここから大きく下げればファンダメンタルからだと割安と思われる数字が発信されるだろう。
そうなると我々のようなある意味ロングで物事を考える投資家は少しずつ買い始めたくなる数字が出てくるだろう。
しかし、今朝は目先的にリスク回避するならば指数銘柄に関しては1度撤収し、相場環境が回復するのを待つことも大切なのかもしれない。
ただこの北朝鮮問題!
仮に戦争が始まり下げれば買い場はくるだろう。
ただこの状況が続くとなると厄介だ。いつまた始まるのか?常に地政学的リスクを頭の片隅に入れての投資となると・・・・・
そうなればここは材料株などの個別銘柄物色の相場となるだろう。
全体相場が弱い時に強い銘柄は絶対に空売りなど考えず、逆に買いにいく位の投資戦術が必要で、そこは勇気と根性(笑)
ともかく空売りするならば普通に下がっている銘柄を売れば良い。

またここで皆様に謝らねばならい新興市場の買い発令。
7月末に発令したが残念ながら結果はNG。
大変申し訳なかった。
この借りはどこかで返したい。

本日の先物レンジ
〇〇~〇〇円
今日は様子見だろう。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

8日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り600万株、買い325万株で、差し引き275万株の売り越し。売り越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)は買い越し。
売りセクターに、建設、陸運、電気機器、機械、情報通信など。
買いセクターに、情報通信、化学、輸送用機器、機械、銀行、サービスなど」(外資系証券)という。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(8日)
4-6月期GDP改定値(8:50)
8月景気ウォッチャー調査
8月企業倒産件数(13:30)
メジャーSQ算出日

《決算発表》
日本駐車場、エイチーム、イトクロ、コーセル、カナモト、丹青社

■海外(8日)
中国8月貿易収支
米7月消費者信用残高(9/9 4:00)

《米決算発表》
クローガー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD 19400円 +3円
NYCFD 21794ドル +9ドル
ドルインデックス 91.49
VIX 11.55
原油 49.12ドル

NYは、ダウ22ドル安、地政学リスクやハリケーン被害が重し7日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は22.86ドル安の21784.78、ナスダックは4.55ポイント高の6397.87で取引を終了した。欧州中央銀行(ECB)が金融政策の据え置きを決定し、買いが先行。債務上限引き上げ・政府運営資金を抱き合わせたハリケーン被害救済法案が上院で可決された一方で、ハリケーン「イルマ」による被害や北朝鮮建国記念日を9日に控えた地政学リスクへの警戒感が根強く、S&P500やダウは上げ幅を縮小し下落に転じた。

日経ですが、昨日も上値が重く高寄り後は上げ幅縮小となった。
本日もドル安から108円台前半での推移からSQ後の動きを見ていきます。

想定レンジ、為替、108.35円 177ドルから180ドル
 19177円から19503円(現物)



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 21,784.78 -22.86
■ナスダック
 6,397.87 +4.56
■CME225(円建て)
 19,270 +20(大証比)
■ドイツDAX
 12,296.63 +82.09
■上海総合指数
 3,365.50 -19.89
■ドル円
 108.31

 7日のNY市場はまちまち。買い優勢でスタートしましたが、長期金利の低下が嫌気され、金融株や保険株を中心に売りが続き下げに転換。またフロリダ州へ向かっているハリケーン・イルマへの警戒感や、9日に北朝鮮の建国記念日を控えていることから地政学リスクが意識され軟調な推移となりました。
 セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやソフトウェア・サービスが上昇する一方でメディアや電気通信サービスが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、花王<4452>、京セラ<6971>が小じっかりな半面、トヨタ<7203>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、日東電<6988>が冴えないなど、対東証比較(1ドル108.42円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/9/8  7時13分現在

         10年債                      2年債
米国     2.039% (前日比-0.066%)     1.262% (前日比-0.040%)
英国     0.972% (前日比-0.033%)     0.158% (前日比-0.014%)
ドイツ     0.307% (前日比-0.040%)     -0.758% (前日比-0.031%)
ポルトガル 2.748% (前日比-0.098%)     -0.017% (前日比-0.067%)
イタリア    1.924% (前日比-0.103%)     -0.234% (前日比-0.049%)
ギリシャ   5.467% (前日比-0.005%)       -
スペイン    1.495% (前日比-0.072%)     -0.357% (前日比-0.029%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

08 ≪ 2017/09 ≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。