ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      19,545.77(+270.95)

■東証1部出来高    14.98億株

■東証1部売買代金   1.98兆円

■日経平均先物    19,410(+270)

■TOPIX        1,612.26(+18.72)

■騰落        上昇1,617/下落331

■マザーズ指数    1,030.15(+16.29)

■日経JQ       3,421.90(+46.55)

■ドル円       108.40
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前場は警戒されていた北朝鮮による挑発行動が確認されなかったことから、買いが先行。円安進行も支援材料となり幅広い銘柄が上昇。堅調な推移となりました。
 後場も高値圏での推移となりました。根強い買いが続くものの前場ほどの勢いはなく、また国連安全保障理事会の北朝鮮に対する追加制裁の採決を見極めたいとの思惑などから、わずかな値幅での動きとなりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、電気機器、医薬品。一方、値下がりしたのは、鉱業、倉庫運輸関連のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■桃太郎
後場は、高値持ち合いでの推移となった。
明日の展開も見ていきます。

ドル換算ベースは、180.10ドル +0.86%と3日続伸となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      19,539.27(+264.45)

■日経平均先物    19,400(+260)

■TOPIX先物      1,600.50(+20.00)

■騰落        上昇1,635/下落303

■日経JQ       3,415.39(+40.04)

■マザーズ指数    1,027.51(+13.65)

■ドル円       108.37

■NYダウ夜間先物  +131

■上海総合指数後場の寄り付き 3,369.05 前日比+3.81 +0.11%

■指数大型      現値1,458.91  前日比+18.94

■指数中型      現値1,960.95  前日比+25.02

■指数小型      現値3,139.34  前日比+31.99



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・7月第三次産業活動指数:前月比0.1%上昇

11日発表された7月の第三次産業活動指数は前月比0.1%の上昇の104.9だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは29件、351.08億円。
差し引き80億円の売り越しとの観測。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      19,541.36(+266.54)

■東証1部出来高    7.59億株

■東証1部売買代金   0.98兆円

■日経平均先物    19,390(+250)

■TOPIX        1,615.18(+21.64)

■騰落        上昇1,756/下落215

■マザーズ指数    1,028.11(+14.25)

■日経JQ       3,410.87(+35.52)

■ドル円       108.37
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。朝方は、9日・10日に北朝鮮によるミサイル発射が確認されなかったことから、地政学リスクへの警戒感が後退し、買いが先行。また、円相場が1ドル=108円台半ばに下落しているのを受け、これまで円高進行が嫌気されていた電機株や機械株、北朝鮮リスクへの警戒から下げていた証券株や保険株に買いが入り、上げ幅を拡大。そのまま高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気機器、保険業、金属製品。一方、値下がりしたのは、倉庫運輸関連のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に反発しました。
 
■桃太郎
前場は、25MAあたりまで戻す展開となった。
為替の下支えもあるが、ドル換算ベースは、3日続伸となった。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.00%

上海総合指数 3,365.35 前日比 +0.11 +0.00%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

先週末の日経平均であるが、地政学的リスクなどを背景に皆様にお伝えしていた日銀短観からの対外為替レート!
108.31を割り込み、残念ながらトレンドからだと。ただこのキーである108.31を回復してくればマーケットは少し落ち着きを取り戻すだろう。
このような環境ならばともかく材料株相場となりどんな材料株がマーケットを支えてくるのか?
非常に興味深い。
我々がまた気になるのが資源価格の高騰が目につく。
これは今後の何を理由としているのか?
そこで気になるのが..

~以下会員ページ~

本日の先物レンジ
〇〇~〇〇円



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      19,518.53(+243.71)

■日経平均先物    19,370(+230)

■TOPIX先物      1,602.00(+21.50)

■騰落        上昇1,830/下落121

■日経JQ       3,412.18(+36.83)

■マザーズ指数    1,036.49(+22.63)

■ドル円       108.43

■NYダウ夜間先物  +110

■指数大型      現値1,458.88  前日比+18.91

■指数中型      現値1,962.90  前日比+26.97

■指数小型      現値3,149.45  前日比+42.10



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD 19413円 +138円
NYCFD 21887ドル +89ドル
ドルインデックス 91.46
VIX 12.12
原油 47.68ドル

朝の為替状況は、108円台前半まで戻り、一旦は、リスク回避は緩んでるイメージ。
上値が重いのか見ていきます。

想定レンジ、為替、108.29円 177ドルから180ドル

 19167円から19492円(現物)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

7月機械受注:前月比8.0%増

内閣府が11日発表した7月の機械受注統計(船舶、電力を除く民需)は前月比8.0%増の8533億円となった。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

 11日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り1030万株、買い1450万株で、差し引き420万株の買い越し。買い越しは2営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、食品、商社、銀行、証券、化学、情報通信、不動産、REITなど。
 買いセクターに、化学、銀行、サービス、空運、電機、小売など」(外資系証券)という。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■11(月)
【国内】
7月機械受注(8:50)
8月マネーストック(8:50)
7月第三次産業活動指数(13:30)
8月工作機械受注(15:00)
《決算発表》
シーズHD、正栄食、日本ロジ、gumi、シーイーシー

【海外】
国連安全保障理事会、北朝鮮に対する制裁決議案を採決の見通し
米3年国債入札


■12(火)
【国内】
7月産業機械受注統計
5年国債入札
《決算発表》
神戸物産、イオンリート、サンバイオ

【海外】
米10年国債入札
第72回国連総会(~9/25 NY)
フランクフルト国際自動車ショー(~9/24)


■13(水)
【国内】
8月国内企業物価指数(8:50)
7-9月期法人企業景気予測調査(8:50)
《決算発表》
鳥貴族、産業ファ、ケネディレジ、スターアジア、三井不LP、JPNミート、エニグモ、クミアイ化、ヤーマン、東急RE、アインHD

【海外】
英8月失業率(17:30)
米8月生産者物価指数(21:30)
米8月財政収支(9/14 3:00)
米30年国債入札


■14(木)
【国内】
8月首都圏新規マンション発売(13:00)
20年国債入札
《決算発表》
アスクル、丸善CHI、森ヒルズ、バロック、オハラ、アルデプロ、ドーム

【海外】
中国8月小売売上高(11:00)
中国8月都市部固定資産投資(11:00)
中国8月鉱工業生産(11:00)
英国金融政策発表
米8月消費者物価指数(21:30)
《米決算発表》
オラクル゛


■15(金)
【国内】
《決算発表》
コンフォリア

【海外】
米8月小売売上高(21:30)
米9月NY 連銀製造業景気指数(21:30)
米8月鉱工業生産・設備稼働率(22:15)
米7月企業在庫(23:00)
米9月ミシガン大学消費者信頼感指数(23:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 21,797.79 +13.01
■ナスダック
 6,360.19 -37.68
■CME225(円建て)
 19,150 +10(大証比)
■ドイツDAX
 12,303.98 +7.35
■上海総合指数
 3,365.24 -0.26
■ドル円
 108.27

 8日のNY市場はまちまち。ハリケーン「イルマ」による米経済への影響を見極めたいとの思惑や北朝鮮情勢の緊迫化から、売りが先行。売り一巡後、長期金利の低下一服による金融株への買い戻しや持ち高を整理する目的の買いが入ったものの米株を買い上げる材料には乏しく、上値の重い展開となりました。
 セクター別では、保険やヘルスケア機器・サービスが上昇する一方でテクノロジー・ハード・機器や食品・生活必需品小売が下落。
 ADRの日本株は三井住友<8316>、花王<4452>、コマツ<6301>、三井物<8031>、京セラ<6971>、ファナック<6954>がしっかり。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、シャープ<6753>、旭硝子<5201>が冴えないなど、対東証比較(1ドル107.84円換算)で高安まちまちとなりました。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/9/11  6時48分現在

         10年債                      2年債
米国     2.051% (前日比+0.012%)     1.262% (前日比+0.000%)
英国     0.990% (前日比+0.018%)     0.170% (前日比+0.012%)
ドイツ     0.312% (前日比+0.005%)     -0.759% (前日比-0.001%)
ポルトガル 2.799% (前日比+0.051%)     0.003% (前日比+0.020%)
イタリア    1.959% (前日比+0.035%)     -0.221% (前日比+0.013%)
ギリシャ   5.456% (前日比-0.011%)       -
スペイン    1.544% (前日比+0.049%)     -0.323% (前日比+0.034%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず




人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(9/10)

先週末の米国市場は、ダウ平均は小反発。寄り付きは下げて始まったものの、その後は買い戻しも入りプラスに転じている。ただ、ハリケーン「イルマ」が週末にフロリダ半島に上陸しそうな中、今回のハリケーンの経済的影響を懸念する声も多い。
一部からは第3四半期のGDP見通しを下方修正する動きも出ており株式市場も上値が重い。イルマが週末に通過し、その被害の状況を確認したい意向も市場は強いものと思われる。また、土曜日は北朝鮮の建国記念日でもあり大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射への懸念も根強い。週末リスクを警戒し上値には慎重になっていたものと思われる。

■ リスク回避動きもあるが、債務上限問題も米下院は可決。今週は、SQとなりますので、リスク回避の動きが強まらなければ、下値は限定的とは思う。

IMM通貨先物9月5日主要国通貨 

円 72945枚の売り越し 4421枚の売り越し増
ユーロ 96309枚の買い越し 9790枚の買い越し増
ポンド 52927枚の売り越し 1372枚の売り越し増

主な予定。
11日(月) 日・機械受注(7月)クーレECB専務理事、講演 12日(火) 英消費者物価指数(8月) 英生産者物価指数(8月)OPEC月報 アップル新製品発表イベント
13日(水) 米生産者物価指数(8月)ユンケル欧州委員長、所信表明14日(木) 豪雇用統計(8月) 中国小売売上高(8月) 中国鉱工業生産(8月) 英中銀政策金利 米消費者物価指数(8月) 米新規失業保険申請件数(9日までの週)15日(金) 米小売売上高(8月) 米鉱工業生産(8月) 米NY連銀製造業景況指数(9月)ユーロ圏財務相会合 EU財務相理事会(非公式)

■、北朝鮮制裁可決の11日、

日経ですが、先週もリスク回避の動きが強まり下落となった。為替の円買いの仕掛け的なイメージは、あったが(コメントしていながら・・・)、うまくリードできずに先週は、反省の週となった。

今週もと言うより新聞紙上も弱気が多くなっている。交戦となれば、為替、100円割れ、指数は、18000円割れととなっている。仕掛け的な円買いも入り、そうなればとは思うが、外人にとっては変わりはない。ドル換算ベースでも上記は180ドルだからである。自分の周りを見ても(この世界で生きてる方や、相場で年収を稼いでいる方)弱気派は、なぜか少ない。交戦があれば、ラッキーと思っていると感じる。
これは、何とも言えないので、様子見が本筋なのかも知れません。

日々見ていくこととします。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

08 ≪ 2017/09 ≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。