ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

本日の先物上値・下値

本日の先物上値・下値

上値目処、980・2040・110

下値目処、890・810・720


※下記クリックしてもらえると喜びます!!



スポンサーサイト

大引け概況

■日経平均      20,299.38(+389.88)

■東証1部出来高    20.44億株

■東証1部売買代金   3.1兆円

■日経平均先物    20,150(+360)

■TOPIX        1,667.88(+28.94)

■騰落        上昇1,679/下落279

■マザーズ指数    1,065.32(+18.12)

■日経JQ       3,536.92(+39.77)

■ドル円       111.81
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続伸しました。前場は、前日の米国株高や米長期金利上昇に伴う円安・ドル高を好感し、2万円台を回復してスタート。先物主導で上げ幅を拡大し、高値圏で堅調に推移しました。
 後場は、前場の好地合いを引き継ぎ買いが先行。円安・ドル高進行で、今期業績予想の上方修正への期待から自動車株やハイテク株に買いが入り、上げ幅を拡大。一時上げ幅は400円を超える場面も見られました。そのまま本日の高値水準で推移し本日の取引を終えました。

 業種別では、全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、銀行業、保険業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数も共に続伸しました。
 
■桃太郎
後場も買戻しから続伸となり、現物戻り高値付近となった。
明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、181.50ドル +0.67%と続伸となった。



*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      20,264.07(+354.57)

■日経平均先物    20,130(+340)

■TOPIX先物      1,653.00(+25.00)

■騰落        上昇1,644/下落313

■日経JQ       3,534.77(+37.62)

■マザーズ指数    1,066.93(+19.73)

■ドル円       111.63

■NYダウ夜間先物  -54

■上海総合指数後場の寄り付き 3,353.50 前日比-9.36 -0.28%

■指数大型      現値1,510.35  前日比+28.59

■指数中型      現値2,010.19  前日比+23.19

■指数小型      現値3,242.42  前日比+36.21



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは40件、606.16億円。
差し引き40億円の売り越しとの観測。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      20,197.56(+288.06)

■東証1部出来高    9.65億株

■東証1部売買代金   1.41兆円

■日経平均先物    20,060(+270)

■TOPIX        1,660.70(+21.76)

■騰落        上昇1,573/下落371

■マザーズ指数    1,064.81(+17.61)

■日経JQ       3,532.75(+35.60)

■ドル円       111.57

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、前日の米国株高や米長期金利上昇に伴う円安・ドル高を好感し、買いが先行。先物主導で上げ幅を拡大し、取引時間中としては8月8日以来およそ1カ月ぶりに一時2万200円台を回復する場面も見られました。その後も高値圏で堅調に推移して前場取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、保険業、海運業。一方、値下がりしたのは、水産・農林業、パルプ・紙のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数もともに続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、円安傾向もあり高寄りから上値持ち合いとなった。後場も見ていきます
ドル換算ベースは、181.02ドル +0.38%と続伸した。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓



上海総合指数の現在の気配は+0.08%

上海総合指数 3,365.53 前日比 +2.67 +0.08%





人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      20,173.27(+263.77)

■日経平均先物    20,030(+240)

■TOPIX先物      1,645.50(+17.50)

■騰落        上昇1,557/下落369

■日経JQ       3,532.76(+35.61)

■マザーズ指数    1,060.28(+13.08)

■ドル円       111.44

■NYダウ夜間先物  -54

■指数大型      現値1,503.13  前日比+21.37

■指数中型      現値2,003.47  前日比+16.47

■指数小型      現値3,230.23  前日比+24.02




人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

先週末は仕事の都合で便りを送れず申し訳なかった。
ただここでの日経平均上昇は外部環境の好転などが支援材料であることは言うまでもない。
また日経平均のドルベースや9月末の中間配当取りを考えると「持たざるリスク」発生しそうだ。
まして今月の東京市場は地政学的リスクの発生により空売り比率が高まり需給を改善させたこともマーケットには好材料だ。
そしてここでの企業業績であるが日本企業の業績は予想より意外と成績が良い。
日経平均20000円でも買えるイメージが出てきたことが外国人投資家に浸透してきそうだ。
また我が社の分析からだとここで意外と5401新日鉄住金の業績が良く鉄鋼株も買える銘柄となりそうだ。
そこで鉄鋼株でもあり自動車に必要不可欠な自動車部材、部品でサスペンションやスタビライザー、携帯電話の部材、部品。
そして建設、産業機械用のバネは世界シェアの○○××は業績進捗率からもまだまだ上値余地がありここからも買えそうだ。



本日の先物レンジ
○○円~○○円



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 20112円 +203円
NYCFD 22277ドル -54ドル
VIX 10.15
原油 50.41ドル
ドルインデックス 91.95

NYは、ダウ63ドル高、FOMC控え上値限られるも最高値更新18日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は63.01ドル高の22331.35、ナスダックは6.17ポイント高の6454.64で取引を終了した。北朝鮮を巡る地政学リスクへの警戒感が後退し、アジア・欧州株が概ね全面高となり、米国株も買いが先行。金融やハイテクセクターが選好されたものの、19-20日にかけて開催される連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を見極めたいとの思惑もあり、上値は限られた。ダウとS&Pは最高値を更新した

日経ですが、休場。
為替推移も先週末からは、円安・ドル安での推移。

想定レンジ、為替、111.47円 179ドルから181ドル

 19953円から20176円(現物)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(9/18)

先週末米国市場は、ダウ平均は最高値更新が続いている。朝方発表になった米小売売上高や鉱工業生産は予想を下回ったものの、市場は景気の先行きに悲観的なムードにはなっていない。ハリケーン「ハービー」の影響が出ており、その点は割り切っているようだ。北朝鮮が再び大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行ったが、市場全体がこれまでの様な動揺は見せていないことも米株式市場に安心感をもたらした模様。
週末は、SQでもあり堅調に推移した。

IMM通貨先物9月12日主要国通貨 

円 57297枚の売り越し 15648枚の売り越し減
ユーロ 86058枚の買い越し 10251枚の買い越し減
ポンド 46085枚の売り越し 6842枚の売り越し減

主な予定 FOMC、イエレン会見、日銀会合に独NZ選挙も

19日(火) 独ZEW景況感指数(9月) 米住宅着工件数(8月) 国連総会の一般討論演説(トランプ米大統領初出席)20日(水) 日本貿易統計(8月) 米中古住宅販売件数(8月) 米FOMC声明、経済予測公表、イエレンFRB議長会見 21日(木) 日銀会合結果公表、黒田日銀総裁会見 NZGDP(第2四半期)ドラギECB総裁、講演 ECB経済報告発表 米フィラデルフィア連銀景況指数(9月) 米新規失業保険申請件数(16日までの週)22日(金) 独・ユーロ圏製造業PMI速報値(9月)メイ英首相、EU離脱巡り演説
ダラス連銀総裁、講演 サンフランシスコ連銀総裁、講演 カンザスシティー連銀総裁、講演

■ FOMC・日銀決定会合・要人発言多く、週末は、独連邦議会選挙と為替推移のボラは高そうである。

日経ですが、北朝鮮リスクもある中、戻りを試す展開となり、先週の展開のコメント通り、20000円に接近した。
今週は、本日休場の中、加計問題を嫌い、冒頭解散となりそうであり早期解散となる新聞発表から現在は、多少円が売られています。今晩の米国次第ですが、指数は20000円前後で始まりそうであります。
FOMC後は、ドル高もピークを打つであろうとイメージしてましたが、解散総選挙の発表は、方向性をまた見えずらい展開となりそうなイメージであります。

株式は、早くから電気自動車関連銘柄を見極めてコメントしたので良かったと思います。二極化は進みますので、次のテーマを見つけながらコメントします。

日々見ていきましょう。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

 19日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り500万株、買い630万株で、差し引き130万株の買い越し。買い越しは3営業日連続。金額(5社ベース)も買い越し。
 売りセクターに、不動産、薬品、電機、サービス、不動産など。
 買いセクターに、通信、サービス、薬品、自動車、電機、機械、石油など」(外資系証券)という。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■19(火)
【国内】
基準地価

《決算発表》
ツルハHD、アークランド

【海外】
独9月ZEW景況感指数(18:00)
FOMC(~9/20)
米8月住宅着工件数(21:30)
米4-6月期経常収支(21:30)
米8月輸出入物価(21:30)
米8月建設許可件数(21:30)
国連総会一般討論演説(トランプ米大統領やマクロン仏大統領など)(~9/25 NY)


■20(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~9/21)
8月貿易統計(8:50)
8月訪日外客数(16:00)
8月日本製半導体製造装置BBレシオ

《決算発表》
クスリのアオキ

【海外】
イエレンFRB議長会見(景気見通し改定)
米8月中古住宅販売件数(23:00)
国連総会一般討論演説(安部首相やメイ英首相など)
国連核兵器禁止条約署名式

《米決算発表》
フェデックス、アビドシステムズ


■21(木)
【国内】
黒田日銀総裁会見
7月全産業活動指数(13:30)
米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)署名11カ国の主席交渉官会合(~9/22)
東京ゲームショウ2017(~9/24)
ツーリズムEXPOジャパン2017(~9/24)

【海外】
米9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米7月FHFA住宅価格指数(22:00)
米8月CB景気先行総合指数(23:00)
米10年インフレ連動国債入札
国連総会一般討論演説(文韓国大統領や王中国外相など)

休場:インドネシア


■22(金)
【海外】
国連総会一般討論演説(李北朝鮮外相など)
メイ英首相が欧州連合(EU)離脱で重要演説
産油国閣僚会合(ウィーン)

《米決算発表》
カーマックス

休場:マレーシア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 22,331.35 +63.01
■ナスダック
 6,454.64 +6.17
■CME225(円建て)
 19,990 +200(大証比)
■ドイツDAX
 12,559.39 +40.58
■上海総合指数
 3,362.86 +9.24
■ドル円
 111.47

 18日のNY市場は上昇。北朝鮮情勢を巡る過度の警戒が和らぎ、アジア・欧州株が概ね全面高となった流れを受け、米国株も買いが先行。米金利上昇で金融株が買われたほかハイテクセクターにも買いが入り上げ幅を拡大。ダウは5日続けて過去最高値を更新しました。
 セクター別では、銀行や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で公益事業や運輸が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>、コマツ<6301>など、対東証比較(1ドル111.55円換算)で全般堅調となりました。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

08 ≪ 2017/09 ≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。