七夕キャンペーン


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      23,098.29(-193.68)

■東証1部出来高    18.20億株

■東証1部売買代金   3.63兆円

■日経平均先物    23,090(-170)

■TOPIX        1,836.71(-21.42)

■騰落        上昇388/下落1,619

■マザーズ指数    1,313.38(-5.54)

■日経JQ       4,239.85(-12.51)

■ドル円       108.69
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は米長期金利の上昇を背景とした米株安を嫌気した売り優勢の展開。好業績銘柄を中心に押し目買いが入り持ち直す場面も見られましたが、トランプ米大統領の一般教書演説を前に様子見姿勢が強まり、小安い水準でもみ合う展開となりました。
 後場は再びプラス圏に浮上しスタート。トランプ米大統領の演説中に米株価指数先物が上昇し上げ幅を広げましたが、その後戻り売りなどから急速に上げ幅を縮小。下げに転じ、本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他金融業、鉱業、鉄鋼。一方、値上がりしたのは、その他製品、ガラス土石製品のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後場は切り返す場面もありましたが、引けにかけてはポジション整理の売りもあり下落となった。
ドル換算ベースは、212.92ドル -0.64%と大きく下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      23,337.12(+45.15)

■日経平均先物    23,320(+60)

■TOPIX先物      1,855.00(-0.50)

■騰落        上昇813/下落1,151

■日経JQ       4,261.72(+9.36)

■マザーズ指数    1,323.67(+4.75)

■ドル円       108.84

■NYダウ夜間先物  +83

■上海総合指数後場の寄り付き 3,494.24 前日比+6.23 +0.18%

■指数大型      現値1,682.11  前日比-1.01

■指数中型      現値2,239.49  前日比-4.23

■指数小型      現値3,642.63  前日比-0.99



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは28件、943.32億円。
差し引き70億円の買い越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      23,267.22(-24.75)

■東証1部出来高    7.56億株

■東証1部売買代金   1.49兆円

■日経平均先物    23,220(-40)

■TOPIX        1,855.19(-2.94)

■騰落        上昇1,053/下落921

■マザーズ指数    1,316.98(-1.94)

■日経JQ       4,250.46(-1.90)

■ドル円       108.93
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は米長期金利の上昇を背景とした前日の米株安を受け売りが先行。下げた場面では好業績銘柄を中心に押し目を拾う動きが広がりましたが、買いの勢いは限られ再び軟化。取引時間中にトランプ米大統領の一般教書演説が始まりましたが、現段階で目立った動きはなく、小安い水準でのもみ合いとなりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他金融業、鉄鋼、不動産業でした。一方、値上がり上位は、その他製品、水産・農林業、食料品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
前場は持ち合いでの推移。下値は限定的となっている。
ドル換算ベースは、213.49ドル -0.38%と続落。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.50%

上海総合指数 3,470.51 前日比 -17.50 -0.50%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      23,259.40(-32.57)

■日経平均先物    23,240(-20)

■TOPIX先物      1,853.50(-2.00)

■騰落        上昇942/下落1,007

■日経JQ       4,242.67(-9.69)

■マザーズ指数    1,314.23(-4.69)

■ドル円       108.78

■NYダウ夜間先物  +7

■指数大型      現値1,678.14  前日比-4.98

■指数中型      現値2,240.53  前日比-3.19

■指数小型      現値3,644.98  前日比+1.36



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

残念ながら日銀短観にも掲載されていた大企業、製造業の下期想定為替レート!
対ドル109.66円を割り込んだところから日経平均は調整を余儀無くされた展開となった。
そして我が本拠地NY市場も昨日は一時400ドル安を超えたがこちらのマーケット関係者からは調整するときは必ず来ると楽観的なマーケット関係者が多い(笑)
我が社のボスも少し調子に乗らずしっかりヤレとお灸をすえたようだ。
さて日経平均であるが、テクニカルでは12月7日以来の25日線割れとなり短期的にはヤレヤレの売りも出てくるだろうが長期トレンドが崩れた訳ではないし決算発表の時間軸とも重なっていることから、ここでは好業績銘柄はしっかり買われるのか?
そして買われる銘柄はどんな業種、内容、進捗率などしっかり分析するには丁度良いタイミングではなかろうか。
本日で1月も終わるが今年も始まったばかりである。
今年も皆様!頑張って大きなキャピタルゲインを掴んで欲しい。




本日の先物レンジ
今日は多少反発するだろう。
焦る必要はない。
個別銘柄勝負!この地合いは変わらないだろう。
23120~23360円

■釣り人
本日の日経新聞で米国ヘッジファンドの運用成績が少し解説されておりました。
インデックスファンドと違い相場感で市場に向かうのがヘッジファンド。つまり私たち個人投資家と同じであります。
全世界の株が昨年上昇した為インデックスファンドが花盛りとなった昨年でしたが、それとは違うおもしろい個別株。そして相場を見ていく力。スタッフ一同頑張っていきます。
毎日米国のヘッジファンドの考えが送られてくる弊社のページをどうぞご覧ください。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

12月の鉱工業生産は前月比2.7%上昇

経済産業省が31日に発表した12月の鉱工業生産指数の速報値は前月比2.7%上昇の106.3だった。
上昇は3ヵ月連続。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■NYダウ
 26,076.89 -362.59
■ナスダック
 7,402.48 -64.02
■CME225(円建て)
 23,190 -70(大証比)
■ドイツDAX
 13,197.71 -126.77
■上海総合指数
 3,488.01 -34.99
■ドル円
 108.76

 30日のNY市場は下落。米長期金利が2014年4月以来の高水準に上昇したことを受け、売り優勢の展開となりました。また原油安も嫌気されエネルギー株が軟調な推移。新たな買い材料に欠け利益確定売りが続き、終日軟調な推移となりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や公益事業が上昇する一方で食品・生活必需品小売やヘルスケア機器・サービスが下落。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、キヤノン<7751>、伊藤忠<8001>、三井物<8031>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>、LINE<3938>が軟調など、対東証比較(1ドル108.79円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 23250円 -39円
NYCFD 26082ドル +5ドル
ドルインデックス 89.19
原油 63.76ドル

NYは、NYダウは362ドル安、世界的な金利上昇を受けた利益確定の動き30日の米国株式相場は下落。ダウ平均は362.59ドル安の26076.89、ナスダックは64.02ポイント安の7402.48で取引を終了した。世界的な金利上昇への警戒感からアジア・欧州株が全面安となり、米国株にも売りが先行。先行き不透明感からポジションを手仕舞う動きが散見され、終日軟調推移となった。原油相場の下落が嫌気されたほか、今晩のトランプ大統領による一般教書演説の内容を見極めたいとの思惑も広がった。

日経ですが、昨日はリスク回避の動きがでて、下げ幅拡大となった。
本日は、下値が限定的となるのか見ていきます。
トランプ大統領による一般教書演説も日本時間内の発言となり、北朝鮮に対する強硬な発言が出るのかが注目されている。

想定レンジ、為替、108.79円 212ドルから215ドル

 23063円から23389円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 26,076.89 -362.59
■ナスダック
 7,402.48 -64.02
■CME225(円建て)
 23,190 -70(大証比)
■ドイツDAX
 13,197.71 -126.77
■上海総合指数
 3,488.01 -34.99
■ドル円
 108.76

 30日のNY市場は下落。米長期金利が2014年4月以来の高水準に上昇したことを受け、売り優勢の展開となりました。また原油安も嫌気されエネルギー株が軟調な推移。新たな買い材料に欠け、利益確定売りが続き、終日軟調な推移となりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や公益事業が上昇する一方で食品・生活必需品小売やヘルスケア機器・サービスが下落。
 ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、キヤノン<7751>、伊藤忠<8001>、三井物<8031>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、コマツ<6301>、LINE<3938>が軟調など、対東証比較(1ドル108.79円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/1/31  7時19分現在

         10年債                      2年債
米国     2.720% (前日比+0.026%)     2.124% (前日比+0.008%)
英国     1.460% (前日比+0.007%)     0.608% (前日比-0.011%)
ドイツ     0.683% (前日比-0.011%)     -0.530% (前日比-0.005%)
ポルトガル 1.957% (前日比+0.014%)     -0.094% (前日比-0.018%)
イタリア    2.030% (前日比+0.004%)     -0.299% (前日比-0.009%)
ギリシャ   3.679% (前日比+0.021%)       -
スペイン    1.409% (前日比-0.010%)     -0.357% (前日比-0.006%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      23,291.97(-337.37)

■東証1部出来高    17.02億株

■東証1部売買代金   3.32兆円

■日経平均先物    23,260(-350)

■TOPIX        1,858.13(-22.32)

■騰落        上昇255/下落1,760

■マザーズ指数    1,318.92(-15.43)

■日経JQ       4,252.36(-43.29)

■ドル円       108.67
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は朝方、前日の米株安や円高基調を嫌気した売りが先行。なかでも米アップルの「iPhone X」減産報道を受け関連銘柄が軟調な推移に。売り一巡後は、押し目買いが入り下げ幅を縮小する場面も見られましたが、戻りは鈍く安値圏での推移となりました。
 後場に入ると先物売りを交え一段安。時間外取引での米株価指数先物の大幅下落を受け、その後も下げ幅を拡大。終日軟調な展開となりました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、その他金融業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
後場はリスク回避の動きも出て、下げ幅拡大となった。
ドル換算ベースは、214.66ドル -1.16%と下落した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      23,287.45(-341.89)

■日経平均先物    23,270(-340)

■TOPIX先物      1,856.50(-24.00)

■騰落        上昇235/下落1,777

■日経JQ       4,240.72(-54.93)

■マザーズ指数    1,309.51(-24.84)

■ドル円       108.74

■NYダウ夜間先物  -187

■上海総合指数後場の寄り付き 3,494.71 前日比-28.29 -0.80%

■指数大型      現値1,683.00  前日比-20.43

■指数中型      現値2,242.29  前日比-28.40

■指数小型      現値3,640.18  前日比-46.03



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは29件、256.88億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      23,477.26(-152.08)

■東証1部出来高    7.01億株

■東証1部売買代金   1.31兆円

■日経平均先物    23,460(-150)

■TOPIX        1,870.23(-10.22)

■騰落        上昇474/下落1,499

■マザーズ指数    1,322.83(-11.52)

■日経JQ       4,266.15(-29.50)

■ドル円       109.08
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。朝方は、前日の米株安や円高基調を嫌気した売りが先行。米アップルの「iPhone X」減産報道を受け、ハイテク株を中心に売りがかさみ下げ幅を拡大。その後の戻りも鈍く、安値圏での推移となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、石油石炭製品、その他金融業。一方、値上がりしたのは、パルプ・紙、機械、輸送用機器のみとなりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎
前場は上値重く推移。下落幅拡大となった。
ドル換算ベースは、215.41ドル -0.81%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.33%

上海総合指数 3,511.50 前日比 -11.50 -0.33%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      23,535.77(-93.57)

■日経平均先物    23,510(-100)

■TOPIX先物      1,874.50(-6.00)

■騰落        上昇797/下落1,121

■日経JQ       4,285.79(-9.86)

■マザーズ指数    1,336.64(+2.29)

■ドル円       108.94

■NYダウ夜間先物  +30

■指数大型      現値1,698.06  前日比-5.37

■指数中型      現値2,267.31  前日比-3.38

■指数小型      現値3,683.40  前日比-2.81



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。