七夕キャンペーン


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,244.68(-137.94)

■東証1部出来高    19.62億株

■東証1部売買代金   3.71兆円

■日経平均先物    21,170(-190)

■TOPIX        1,716.78(-15.19)

■騰落        上昇629/下落1,366

■マザーズ指数    1,160.63(-31.10)

■日経JQ       3,906.18(-25.37)

■ドル円       108.29
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は前日の米株高を受け買い戻しが優勢。戻り待ちの売りに伸び悩む場面もみられましたが、日銀の黒田総裁の続投方針もプラス材料視され次第に上げ幅を広げる展開となりました。
 後場は円の強含みを受け売りが先行。時間外取引での米株価指数先物の下落も嫌気され、前場に上昇が目立っていた値がさ株が上げ幅を縮小し下げ転換。その後下げ足を速めるなど、後場は一転して売り優勢となりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、ゴム製品、空運業、海運業でした。一方、値上がり上位は、繊維製品、その他製品、鉱業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後場は、上値重く推移。リスク回避の動きも出て108円台前半の為替推移も重し。
ドル換算ベースは、196.22ドル +0.03%とほぼ変わらずとなった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,454.10(+71.48)

■日経平均先物    21,410(+50)

■TOPIX先物      1,726.50(+0.50)

■騰落        上昇922/下落1,080

■日経JQ       3,935.25(+3.70)

■マザーズ指数    1,176.59(-15.14)

■ドル円       108.36

■NYダウ夜間先物  -44

■上海総合指数後場の寄り付き 3,210.39 前日比+56.26 +1.78%

■指数大型      現値1,579.24  前日比-1.89

■指数中型      現値2,067.99  前日比-2.26

■指数小型      現値3,345.90  前日比-9.29



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは21件、283.98億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,668.05(+285.43)

■東証1部出来高    8.91億株

■東証1部売買代金   1.66兆円

■日経平均先物    21,620(+260)

■TOPIX        1,745.77(+13.80)

■騰落        上昇1,347/下落648

■マザーズ指数    1,185.69(-6.04)

■日経JQ       3,957.09(+25.54)

■ドル円       108.70
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前週日経平均が大幅下落した反動や前日の米株高を受け買いが先行。戻り待ちの売りに伸び悩む場面も見られましたが、値がさ株を中心に買いが入り次第に上げ幅を取り戻す展開となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、繊維製品、その他製品、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、空運業、ゴム製品、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄りから上げ幅縮小場面もありましたが持ち合いでの推移。上値は重く推移しているかと感じます。
ドル換算ベースは、199.24ドル +1.55%と切り返し。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

今週は日経平均ももみ合いの中の居場所探しとなるだろう。
先週にて日経平均PERは13倍台前半まで下げた。これにより投資家心理をどう穴埋めするかにかかっている。
確率と統計からでは、ここから直ぐにまた日経平均が回復することは少ない。我々としては決算を通りすぎてからでも遅くはないだろうと感じている。
即ち、ここでは銘柄探求に時間を費やしじっくり銘柄を選ぶ時間帯で良いのではなかろうか。
ここはともかく個別銘柄勝負!
この言葉しか今、東京市場に求めることはできない。
良い業績であろうが、悪い業績であろうがトレンドに逆らわずマーケットに望むこと。
焦らずじっくりいこう。


本日の先物レンジ
21600円付近でもみ合えば十分ではなかろうか。
焦らずゆっくりチャンスを待つ!


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,505.16(+122.54)

■日経平均先物    21,470(+110)

■TOPIX先物      1,734.50(+8.50)

■騰落        上昇1,381/下落635

■日経JQ       3,953.88(+22.33)

■マザーズ指数    1,189.47(-2.26)

■ドル円       108.67

■NYダウ夜間先物  -41

■指数大型      現値1,585.26  前日比+4.13

■指数中型      現値2,079.02  前日比+8.77

■指数小型      現値3,367.56  前日比+12.37



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・1月国内企業物価指数:前年比2.7%上昇 前月比0.3%上昇

08:50発表の1月の国内企業物価指数は100.3で前年同月比で2.7%上昇、前月比で0.3%上昇した。
市場予想の中心は前年比で2.7%上昇だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(2/12)

先週末の米国市場は、前半は下値模索が続き一時500ドル安まで急落。ただ、午後になって急速に買い戻されている。今度は521ドル高まで急上昇。特に株買戻しの材料は見当たらないが、週末とあって短期筋のショートカバーが出ていたものと見られる。S&P500株価指数が200日線に到達したことも買戻しを誘発していた模様。
ただ、株式市場でVIX指数は30を超える高水準で推移しており、依然として不安定な相場展開は続いている。これが少なくとも20ポイントより下で安定しなければ、今回の大調整の底値は確認できない。

■ 日経CFDも20575円まで急落。ドル換算ベースもほぼ行ってこいの190ドルまで下落と大きな下げとなったが、米国引けにかけて戻してくれたので、
現在、21403円 +17円 ドル換算ベースも 197.13ドル +0.48%まで回復。
今晩の米国次第ですが、為替推移は、108円台中盤なので、大きな回復が望めるか今週は見ていく段階。日経も高値から8%安まで先週は下落と11年ぶりの急落。

IMM通貨先物2月6日主要国通貨
円 112876枚の売り越し 1820枚の売り越し減
ユーロ 140823枚の買い越し 7919枚の買い越し減
ポンド 27867枚の買い越し 3874枚の買い越し減

■、為替・商品とファンド系の投げが始まってるイメージであり、止まるところを今週は探すイメージとなってしまいました。

主な予定
12日(月)米2019年度予算教書 
14日(水)日本GDP速報値(第4四半期)米小売売上高(1月) 米消費者物価指数(1月)米財務長官、上院財務委員会で2019会計年度予算案について証言

先週の日経ですが、米国に左右され、大きく1000円幅の乱高下となり推移。
一回目の急落で何とかなるかと思ってしまい脇が甘かったです。
為替推移は、大きな変化なくリスク回避の動きも出ましたが踏ん張ってたイメージとなってました。

今週の展開ですが、1月の上昇で脇が甘くなって今回の急落ではよいアドバイスができませんでした、申し訳なく思ってます。理由は、為替の安定でした。
多少、ミニバブルが崩壊してしまったのか見ていかねばならなくなってしまいました。
先週末の原油下落・金先の下落で下支えがなくなってきたイメージとなってます。
今週も落ち着き場所を見ながら行きましょう。

個別株は、適正価格を見つけながらコメントして行きます。
自動運転・バイオ・eコマース関連は材料視されると思いますので、個別株では中心に置きながら攻めていきましょう。今回の相場でも分割銘柄を紹介銘柄で多く出ましたので、利益は大きいと思います。今後も日々見ていきます。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/2/13  7時7分現在

         10年債                      2年債
米国     2.859% (前日比+0.007%)     2.075% (前日比+0.002%)
英国     1.601% (前日比+0.031%)     0.686% (前日比+0.030%)
ドイツ     0.757% (前日比+0.012%)     -0.576% (前日比-0.009%)
ポルトガル 2.076% (前日比-0.025%)     -0.083% (前日比-0.003%)
イタリア    2.037% (前日比-0.012%)     -0.318% (前日比-0.017%)
ギリシャ   4.285% (前日比+0.176%)       -
スペイン    1.481% (前日比+0.001%)     -0.211% (前日比-0.016%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21720円 +337円
NYCFD 24639ドル +37ドル
ドルインデックス 90.12
原油 59.38ドル
VIX 25.61

NYは、NYダウは410ドル高、調整局面が一服したとの見方12日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は410.37ドル高の24601.27、ナスダックは107.47ポイント高の6981.96で取引を終了した。欧州株が全面高となったほか、先週金曜日に引けにかけて上昇した流れを受け買いが先行。トランプ大統領がインフラ投資計画を発表し、関連銘柄が物色されたほか、先週2年ぶりの週間下落率となったことで株式市場の調整局面が一服したとの見方から買い戻しが広がり、終日堅調推移となった。ダウは400ドルを上回る上昇となった。

日経ですが、昨日は休場。
本日は、米国市場もある程度、落ち着いたのか2日連続高となり、本日は買戻しから始まりそうである。下値も限定的に推移するのか見ながらであろう。

想定レンジ、為替、108.78円 195ドルから200ドル

 21212円から21756円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■13(火)
【国内】
1月企業物価指数(8:50)

《決算発表》
鹿島、近鉄GHD、ホシザキ、マクドナルド、マツモトキヨシ、電通、楽天、三菱マ、DMG森精、アルバック、堀場製、シマノ、大日印、クレセゾン、住友不、飯田GHD、ユー・エス・エス、コカコーラBJH、ペプチド、東海カ、ヤマハ発

【海外】
《米決算発表》
アンダーアーマー、メットライフ、ウエスタンユニオン、オクシデンタル・ペトロリウム、ダヴィータ・ヘルスケア・パートナーズ

休場:台湾(~2/20)、インド

■14(水)
【国内】
10-12月期GDP(8:50)
1月首都圏マンション発売(13:00)
5年国債入札

《決算発表》
クラレ、光通信、大塚HD、パーソルHD、キリンHD、日ペイントH、ポーラオルHD、昭和シェル、出光興産、住友ゴム、リクルートHD、日本郵政、クボタ、ダイキン、THK、かんぽ、ゆうちょ、ソニーFH、T&DHD、アサヒインテック、第一生命、東京海上、東芝、SOMPOHD、MS&AD

【海外】
米1月小売売上高(22:30)
米1月消費者物価(22:30)
米12月企業在庫・売上高(2/15 0:00)

《米決算発表》
ドクターペッパー・スナップル・グループ、ヒルトン、ウィンダムワールドワイド、ネットアップ、シスコシステムズ、アプライド・マテリアルズ

休場:ベトナム(~2/20)

■15(木)
【国内】
12月機械受注(8:50)

《決算発表》
洋ゴム、ジーエヌアイ、サッポロHD、アサヒ、サントリーBF、トレンド、富士ソフト、ホットランド、HANATOUR

【海外】
米1月生産者物価指数(22:30)
米1月鉱工業生産(23:15)
米1月設備稼働率(23:15)
米2月ニューヨーク連銀景気指数(22:30)
米2月フィラデルフィア連銀景況感指数(22:30)
米2月NAHB住宅市場指数(2/16 0:00)
米30年インフレ連動国債入札
中国春節(旧正月)休み(~2/21)

《米決算発表》
ウェイスト・マネジメント、ハンティントン・インガルス・インダストリーズ、フローサーブ、CBSコーポレーション

休場:中国(~2/21)、韓国(~2/16)

■16(金)
【国内】
高齢社会対策大綱を政府が閣議決定

《決算発表》
ユニチャーム、佐渡汽、木徳神糧、ニッパンR、ピーエイ、ブリヂストン、ハマイ、清和中央、JHD

【海外】
米1月住宅着工件数(22:30)
米1月建設許可件数(22:30)
米1月輸出入物価指数(22:30)

《米決算発表》
ニューウェル・ラバーメイド、キャンベル・スープ・カンパニー、アイアン・マウンテン、コカ・コーラ、DTEエナジー、クラフト・ハインツ・カンパニー

休場:香港(~2/19)、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,601.27 +410.37
■ナスダック
 6,981.96 +107.47
■CME225(円建て)
 21,635 +275(大証比)
■ドイツDAX
 12,282.77 +175.29
■上海総合指数
 3,154.13 +24.28
■ドル円
 108.69

 12日のNY市場は上昇。前日の大幅下落を受け買い戻し優勢の展開となりました。なかでもアップルやボーイングなどの好業績銘柄を中心に買いが入り指数を押し上げ、終日堅調な推移となりました。
 S&P業種別・騰落率ランキングのセクター別では全面高となり、特に素材、IT、エネルギーの上昇が目立ちました。
 ADRの日本株はソニー<6758>、LINE<3938>、オリックス<8591>、ホンダ<7267>、京セラ<6971>などが堅調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

01 ≪ 2018/02 ≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。