FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,892.78(+156.34)

■東証1部出来高    11.98億株

■東証1部売買代金   2.25兆円

■日経平均先物    21,910(+250)

■TOPIX        1,760.53(+14.36)

■騰落        上昇1,562/下落455

■マザーズ指数    1,216.05(+9.74)

■日経JQ       4,093.49(+20.44)

■ドル円       106.96
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は前日の米株高を好感した買い優勢の展開。原油高を背景とした資源関連の上昇に加え、2月期末の配当権利取りなどの買いが続きましたが、円高ドル安進行が重しとなり高値もみ合いとなりました。
 後場は引き続き円高基調であるものの、買い戻しが継続。時間外取引での米株価指数先物が堅調であることも追い風になり、高値圏での推移となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、鉱業、建設業。一方、値下がりしたのは、小売業、精密機器のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■桃太郎
後場は、持ち合いから引けにかけては続伸した。
ドル換算ベースは、204.81ドル +1.26%と切り返しとなった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,846.83(+110.39)

■日経平均先物    21,820(+160)

■TOPIX先物      1,757.00(+13.00)

■騰落        上昇1,492/下落512

■日経JQ       4,088.05(+15.00)

■マザーズ指数    1,210.76(+4.45)

■ドル円       106.96

■NYダウ夜間先物  +138

■上海総合指数後場の寄り付き 3,271.70 前日比+3.14 +0.10%

■指数大型      現値1,595.42  前日比+11.07

■指数中型      現値2,108.08  前日比+11.84

■指数小型      現値3,480.21  前日比+28.31



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは18件、489.25億円。
差し引き40億円の買い越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,814.31(+77.87)

■東証1部出来高    5.72億株

■東証1部売買代金   1.08兆円

■日経平均先物    21,790(+130)

■TOPIX        1,754.78(+8.61)

■騰落        上昇1,389/下落597

■マザーズ指数    1,208.26(+1.95)

■日経JQ       4,081.07(+8.02)

■ドル円       106.89
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米株高を好感し買いが先行。その後は2月期末の配当権利取りなどの買いが入る一方で、円高ドル安進行が重しとなり小高い水準でのもみ合いに。引けにかけて上げ幅を取り戻し、前場取引を終えました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、鉱業、建設業でした。一方、値下がり上位は、小売業、精密機器、保険業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■桃太郎
前場は、切り返しで持ち合いでの推移となった。上値は現在重そうなイメージ。
ドル換算ベースは、切り返しの204.29ドル +1.00%となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.21%

上海総合指数 3,275.43 前日比 +6.87 +0.21%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,796.63(+60.19)

■日経平均先物    21,780(+120)

■TOPIX先物      1,752.00(+8.00)

■騰落        上昇1,390/下落568

■日経JQ       4,087.92(+14.87)

■マザーズ指数    1,212.51(+6.20)

■ドル円       106.88

■NYダウ夜間先物  +140

■指数大型      現値1,590.00  前日比+5.65

■指数中型      現値2,104.13  前日比+7.89

■指数小型      現値3,469.69  前日比+17.79



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は為替を横目に右往左往するのかもしれない。
ただここから我々としては、そこまで大きな下げを想定していない。
しかし、ここは時間軸からも方向感に欠ける相場展開が続きそうなので、ここは連日お伝えしているようにともかく個別銘柄勝負!
そこで今朝は、明豊エンタ(JQ:8927)、日本エスコン(東1:8892)、最近ではフージャース(東1:3284)などの不動産株が順調に上昇しているが、我が社のボスが日本株会議の中で彼の友人から〇×〇〇がこれから伸びそうな会社だと。
同社は最高益更新中で、最近になって大手金融機関との新規取り引き開始、エスクロー事業を全国展開してきそうだ。
また、米国のテック企業と提携したことにより不動産データの分析、解析サービスを開始。
また今後、日本に中古住宅の流通拡大。これにより中古住宅の診断機能は重要となる。
これにより不動産事業者や金融機関だけでなく建設事業者へのエスクローサービス拡充が見込まれるとのことだ。



本日の先物レンジ
我々の分析からだと。
そこまで下がる心配はしていない。
21800円前後でもみ合えば十分だ。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21730円 -6円
NYCFD 25024ドル +61ドル
ドルインデックス 89.71
原油 62.64ドル
VIX 18.72

NYは、NYダウは164ドル高、エネルギー株主導も金融株が上値抑える22日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は164.70ドル高の24962.48、ナスダックは8.14ポイント安の7210.09で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、株価下落を受けた買い戻しが広がり買いが先行。1月景気先行指数が予想を上振れたほか、原油相場の上昇が好感され上げ幅を拡大したものの、長期金利の下落で金融セクターに売りが広がり、上値の重い展開となった。

日経ですが、昨日は下落傾向となり推移、上値の重い展開となった。
本日は、ドル円もドル安傾向となり106円台中盤。
上値の重い展開となるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、106.68円 202ドルから205ドル

 21549円から21869円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(23日)
1月消費者物価指数(8:30)
1月企業向けサービス価格指数(8:50)

《決算発表》
キタック

■海外(23日)
《米決算発表》
パブリック・サービス・エレクトリック・アンド・ガス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,962.48 +164.70
■ナスダック
 7,210.09 -8.14
■CME225(円建て)
 21,710 +50(大証比)
■ドイツDAX
 12,461.91 -8.58
■上海総合指数
 3,268.56 +69.40
■ドル円
 106.74

 22日のNY市場はまちまち。連日の下落を受け自律反発狙いの買いが先行。米新規失業保険申請件数など発表された経済指標が市場予想を上回る結果となったほか、米長期金利の低下も買い安心感となりました。一方で、利ざや縮小への警戒感から金融株が下落し、取引終盤は上値の重さが目立つ展開となりました。
 セクター別では、不動産やエネルギーが上昇する一方で銀行や保険が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>が冴えない。半面、ファナック<6954>、花王<4452>、HOYA<7741>、オムロン<6645>、TDK<6762>が小じっかりなど、対東証比較(1ドル106.75円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/2/23  7時9分現在

         10年債                      2年債
米国     2.921% (前日比-0.029%)     2.246% (前日比-0.020%)
英国     1.546% (前日比-0.009%)     0.686% (前日比+0.010%)
ドイツ     0.706% (前日比-0.015%)     -0.522% (前日比-0.010%)
ポルトガル 2.027% (前日比+0.031%)     -0.042% (前日比-0.003%)
イタリア    2.075% (前日比+0.026%)     -0.170% (前日比+0.007%)
ギリシャ   4.372% (前日比-0.070%)       -
スペイン    1.518% (前日比+0.005%)     -0.187% (前日比-0.004%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

01 ≪ 2018/02 ≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。