ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,454.30(+295.22)

■東証1部出来高    11.40億株

■東証1部売買代金   2.14兆円

■日経平均先物    21,440(+230)

■TOPIX        1,716.30(+12.30)

■騰落        上昇1,492/下落536

■マザーズ指数    1,206.24(+20.65)

■日経JQ       3,983.97(+35.94)

■ドル円       106.16
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は買い優勢の展開。前日の米国市場でハイテク株が買い戻された流れを引き継ぎ、国内市場でも半導体関連銘柄などに買いが集まりました。ただ、今晩は主要な海外市場が休場であることから市場参加者が少なく、小幅な動きにとどまりました。
 後場は買い物がちにスタート。先物主導で上げ幅を拡大する場面もみられましたが、年度末、週末のポジション調整の動きもありもみ合いに。その後も高値圏での維持し本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、非鉄金属、ガラス土石製品。一方、値下がりしたのは、電気・ガス業、銀行業、医薬品のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。

■桃太郎
後場は、期末ということもあり寄りあたりまで戻っての推移となりました。
ドル換算ベースは、203.81ドル +2.55%と大幅上昇となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,416.68(+257.60)

■日経平均先物    21,400(+190)

■TOPIX先物      1,714.00(+7.50)

■騰落        上昇1,377/下落626

■日経JQ       3,980.21(+32.18)

■マザーズ指数    1,202.52(+16.93)

■ドル円       106.27

■NYダウ夜間先物  +24

■上海総合指数後場の寄り付き 3,165.33 前日比+4.80 +0.15%

■指数大型      現値1,547.34  前日比+8.22

■指数中型      現値2,073.19  前日比+12.95

■指数小型      現値3,407.28  前日比+27.98



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは30件、556.62億円。40億の買い越し。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,372.35(+213.27)

■東証1部出来高    4.87億株

■東証1部売買代金   0.9兆円

■日経平均先物    21,370(+160)

■TOPIX        1,712.69(+8.69)

■騰落        上昇1,389/下落604

■マザーズ指数    1,203.13(+17.54)

■日経JQ       3,982.18(+34.15)

■ドル円       106.17
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米株高を受け買いが先行。昨日より円高水準であるものの、米国市場でハイテク株が買い戻された流れを引き継ぎ、国内市場でも半導体関連銘柄などに買いが続きました。買い一巡後は、上値の重さが目立ちましたが、大きく売り込む動きも見られず小幅な動きにとどまりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、非鉄金属、不動産業でした。一方、値下がり上位は、電気・ガス業、銀行業、空運業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、高寄り後は上げ幅縮小で持ち合いとなった。
ドル換算ベースは、203.17ドル +2.25%と続伸となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.04%

上海総合指数 3,161.79 前日比 +1.26 +0.04%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は我々からすると居心地良い値段を探っているような気がする。
春先からの反転!ゴールデンウィーク明け辺りからの更なる上昇を我々は期待しており今の所は予定通りだと感じている。
そして我々に最近多くの質問がある中、一番多いのは外国人投資家が大きく売り越しているのが気になる?と。
確かに我々の本拠地は米国であり多くの投資家仲間から愚痴など多くの会話するが、我々は彼等が売っているからとか流されることはない。
我々は我々なり分析し、確率と統計から勝算があるなら突き進む。
こうして長年マーケットで戦って来た。

さて、以前『国策からの人材関連株として』LINK&M(東1:2170)を紹介しアベノミクスで大きな上昇を果たしが。
これに似たような環境が整いつつあるのが..

~以下会員ページ~



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,338.73(+179.65)

■日経平均先物    21,330(+120)

■TOPIX先物      1,711.50(+5.00)

■騰落        上昇1,224/下落736

■日経JQ       3,971.41(+23.38)

■マザーズ指数    1,195.02(+9.43)

■ドル円       106.27

■NYダウ夜間先物  +24

■指数大型      現値1,546.81  前日比+7.69

■指数中型      現値2,067.69  前日比+7.45

■指数小型      現値3,394.41  前日比+15.11



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

2月の鉱工業生産は前月比4.1%上昇

経済産業省が30日に発表した2月の鉱工業生産指数の速報値は前月比4.1%上昇だった。
上昇は2カ月ぶり。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑


ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21678円 +519円
NYCFD 24127ドル +24ドル
ドルインデックス 90.09
原油 64.96ドル
VIX 19.97

NYは、ダウ平均は254.69ドル高の24103.11、ナスダックは114.22ポイント高の7063.44で取引を終了した。欧州株がほぼ全面高となった流れを受けて買いが先行。週間新規失業保険申請件数が予想より減少した一方で、インフレ指標の一つである2月PCEコア指数が予想に一致したことから、利上げへの懸念を伴わない緩やかな景気改善が好感された。下落が続いていたハイテク株にも買い戻しが広がったほか、原油相場も上昇し、引けにかけて上げ幅を拡大した。

日経ですが、昨日も買戻しから引けにかけて値を戻す展開となった。
本日は、ドル安傾向ですが、しっかりするのか見ていきます。

想定レンジ、為替、106.45円 199ドルから203ドル

 21183円から21609円



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(30日)
都区部消費者物価指数(8:30)
2月失業率(8:30)
2月有効求人倍率(8:30)
2月鉱工業生産(8:50)

《決算発表》
タキヒヨー、トライステージ、シベール、安川情報、トシンG、パレモ・HD、テクノアルファ、ミタチ、クラウディアH、ニイタカ、日本エンタ、ERI HD、ストライク、マルマエ、宝印刷、ヤマシタヘルケア、キユソー流通、日プロセス、ジャステック、アルテック

■海外(30日)
Good Friday
休場:米、英、香港

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,103.11 +254.69
■ナスダック
 7,063.44 +114.22
■CME225(円建て)
 21,475 +265(大証比)
■ドイツDAX
 12,096.73 +156.02
■上海総合指数
 3,160.53 +38.24
■ドル円
 106.49

 29日のNY市場は上昇しました。連日大きく下げたハイテク株を中心に自律反発狙いの買いが先行。四半期末、月末、3連休を控えた取引となりました。週間新規失業保険申請件数など発表された経済指標はまちまちの結果となりましたが、割安感が強まった銘柄が物色され終日堅調な推移となりました。
 セクター別では不動産を除いて全面高となり、特に半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスの上昇が目立ちました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル106.48円換算)で全般堅調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/3/30  6時49分現在

         10年債                      2年債
米国     2.739% (前日比-0.042%)     2.266% (前日比-0.018%)
英国     1.350% (前日比-0.016%)     0.823% (前日比-0.008%)
ドイツ     0.497% (前日比-0.006%)     -0.602% (前日比+0.001%)
ポルトガル 1.609% (前日比-0.032%)     -0.186% (前日比-0.016%)
イタリア    1.786% (前日比-0.055%)     -0.309% (前日比+0.000%)
ギリシャ   4.317% (前日比-0.041%)       -
スペイン    1.164% (前日比-0.049%)     -0.352% (前日比-0.023%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      21,159.08(+127.77)

■東証1部出来高    13.24億株

■東証1部売買代金   2.55兆円

■日経平均先物    21,210(+180)

■TOPIX        1,704.00(+4.44)

■騰落        上昇1,328/下落669

■マザーズ指数    1,185.59(+13.46)

■日経JQ       3,948.03(+19.52)

■ドル円       106.47
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は北朝鮮情勢に対する警戒感の和らぎを背景とした円安ドル高進行を好感した買いが優勢。これまでに下げが目立っていた主力株を中心に買い戻しが入り、一時は200円超の上げ幅に。買い一巡後は、円の強含み推移とともに上げ幅を縮小する展開となりました。
 後場は前引け値とほぼ変わらずのスタート。その後、先物主導で急速に弱含む場面もみられましたが持ち直し、プラス圏を維持した推移となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、サービス業、食料品、水産・農林業でした。一方、値下がり上位は、鉱業、医薬品、鉄鋼となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場は、マイナス圏まで下落場面もありましたが、引けにかけては上昇となった。
ドル換算ベースは、200.75ドル +0.82%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,007.07(-24.24)

■日経平均先物    20,990(-40)

■TOPIX先物      1,689.00(-13.50)

■騰落        上昇704/下落1,302

■日経JQ       3,943.25(+14.74)

■マザーズ指数    1,179.15(+7.02)

■ドル円       106.46

■NYダウ夜間先物  +1

■上海総合指数後場の寄り付き 3,126.92 前日比+4.63 +0.15%

■指数大型      現値1,526.83  前日比-12.90

■指数中型      現値2,042.86  前日比-3.34

■指数小型      現値3,345.59  前日比-12.99


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは21件、381.04億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,153.97(+122.66)

■東証1部出来高    5.87億株

■東証1部売買代金   1.12兆円

■日経平均先物    21,140(+110)

■TOPIX        1,701.81(+2.25)

■騰落        上昇1,175/下落810

■マザーズ指数    1,187.58(+15.45)

■日経JQ       3,954.33(+25.82)

■ドル円       106.56
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。1ドル=106円台後半までの円安進行を好感し買いが先行。前日の米国市場はハイテク株を中心に続落したものの、値幅は落ち着きをみせたこともプラスとなりました。これまでに下げが目立っていた銘柄を中心に買い戻しが続きましたが、円の強含み推移とともに上げ幅を縮小し前場取引を終えました。

 業種別では、値上がり上位は、サービス業、石油石炭製品、食料品。一方、値下がり上位は、鉄鋼、保険業、陸運業となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
前場は、為替分、高寄りから小幅推移で上げ幅縮小となった。
ドル換算ベースは、200.41ドル +0.64%で推移。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

ここまでは我々の想定内で動いている東京市場!
ここで半年ぶりに変化があった『為替』であるが、もしかすると大きな変化日になった可能性がある。
そして皆様に昨日お伝えしたように春先からの上昇への切っ掛けになるかもしれない。
悪材料を背景に辛い場面で買う事はなかなか我慢したりとメンタル面で難しいとは思うが安く買うにはその時にしか買えないのも事実。
そしてマーケットは不思議と仮にこのままジリジリとマーケットに明るい兆しが起これば辛い場面は消される!
まぁこの結果がでるのは時間軸しかないが良い結果になることを我々も期待している。


さて、我が社の優秀な若手が個別銘柄で気になるのは..

~以下会員ページ~


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は+0.16%

上海総合指数 3,127.26 前日比 +4.97 +0.16%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

02 ≪ 2018/03 ≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。