ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,042.09(-139.55)

■東証1部出来高    15.10億株

■東証1部売買代金   2.76兆円

■日経平均先物    20,990(-140)

■TOPIX        1,694.79(-13.55)

■騰落        上昇482/下落1,532

■マザーズ指数    1,152.84(-60.81)

■日経JQ       3,964.74(-101.82)

■ドル円       105.55
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場はトランプ米大統領の保護主義的な発言をきっかけとした米株安や、1ドル=105円台半ばへの円高ドル安進行が嫌気され売りが優勢。内需銘柄が物色され下げ渋りましたが、買いは続かずもみ合いとなりました。
 後場は小幅に下げてスタートし、時間外取引での米株価指数先物の軟調推移とともに下げ幅を拡大。一時は2万1000円を割り込む場面も見られましたが、引けにかけて下げ幅を縮小し本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他製品、非鉄金属、海運業でした。一方、値上がり上位は、ゴム製品、食料品、陸運業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後場は、持ち合いでの推移。上値は重く推移した。
ドル換算ベースは、199.28ドル -0.47%と5日下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      20,952.78(-228.86)

■日経平均先物    20,940(-190)

■TOPIX先物      1,687.50(-17.50)

■騰落        上昇296/下落1,712

■日経JQ       3,974.47(-92.09)

■マザーズ指数    1,150.38(-63.27)

■ドル円       105.49

■NYダウ夜間先物  -125

■上海総合指数後場の寄り付き 3,250.21 前日比-4.32 -0.13%

■指数大型      現値1,532.86  前日比-17.03

■指数中型      現値2,025.74  前日比-21.75

■指数小型      現値3,329.85  前日比-64.69



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは22件、287.34億円。
差し引き50億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,043.61(-138.03)

■東証1部出来高    6.52億株

■東証1部売買代金   1.13兆円

■日経平均先物    21,030(-100)

■TOPIX        1,696.49(-11.85)

■騰落        上昇511/下落1,488

■マザーズ指数    1,169.36(-44.29)

■日経JQ       4,000.57(-65.99)

■ドル円       105.47
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。トランプ米大統領が鉄鋼とアルミに追加輸入関税を課す方針を表明したことで、前週末の米国市場は続落。加えて1ドル=105円台半ばへの円高ドル安進行も嫌気され、国内市場は売りが先行しました。売り一巡後は、内需銘柄が物色されるものの、買いの勢いは限られ安値圏でもみ合いとなりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、非鉄金属、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、ゴム製品、食料品、水産・農林業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.04%

上海総合指数 3,255.87 前日比 +1.34 +0.04%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均だけでなく、欧州株もまだまだテクニカル的には買い辛い場面。
ここは皆様には何度もお伝えしているが完璧に銘柄選別の時期、素直に個別銘柄相場。
即ち、こんな波乱場面こそしっかり銘柄分析することだ。
まして、こんなこんな雰囲気になると優良株的な銘柄も更なる下落が起きるかもを想定してしまうとリスクOFFから売り込まれる可能性はある。
我々も一番難しいのが『もし?万が一』に巻き込まれてしまうことが一番運用者として色々言われ、されどここからまた突然株価が回復に向かった時保有していなかったでは許されない世界で戦っているので、皆様の投資に対する、メンタル、投資戦略は分からなくもない。
ましてこの環境下!多くの投資家の収益はやや辛い場面であろう。
しかしマーケットは下がれば必ず反発し、上がればまた反落する。
ただ1つ言えることは何事にも諦めないことだ。
マーケットは良いときもあれば悪い時もある。
焦らずここはしっかり銘柄分析をする時間軸だろう。


本日の先物レンジ
まだまだ油断できない。
〇〇~〇〇円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,036.22(-145.42)

■日経平均先物    21,020(-110)

■TOPIX先物      1,694.50(-10.50)

■騰落        上昇498/下落1,502

■日経JQ       4,028.93(-37.63)

■マザーズ指数    1,183.55(-30.10)

■ドル円       105.46

■NYダウ夜間先物  -28

■指数大型      現値1,537.85  前日比-12.04

■指数中型      現値2,033.15  前日比-14.34

■指数小型      現値3,357.76  前日比-36.78



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21118円 -64円
NYCFD 24487ドル -51ドル
ドルインデックス 89.94
原油 61.69
VIX 19.59

NYは、NYダウは70ドル安、貿易戦争の懸念が広がる2日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は70.92ドル安の24538.06、ナスダックは77.31ポイント高の7257.87で取引を終了した。昨日にトランプ大統領による鉄鋼・アルミニウム輸入に関税を課す方針が発表され、主要貿易相手国による報復措置や、製造業のコスト増への懸念から売りが先行。午後にかけて下げ幅を縮小したものの、上値の重い展開となった。

日経ですが、為替推移は、105円台中盤に戻り推移。
本日は、下値も限定的に推移するのか見ていきます。

想定レンジ、為替、105.65円 198ドルから201ドル

 20918円から21235円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■5(月)
【国内】
《決算発表》
ゼネパッカー、日ハウスHD、くらコーポ、ティーライフ、エイケン工業、タカショー、フジコーポ、ピープル、ピジョン、泉州電

【海外】
中国全国人民代表会議(全人代)開幕
米2月ISM非製造業指数(3/6 0:00)

■6(火)
【国内】
30年国債入札

《決算発表》
アスカネット、アイル

【海外】
米1月製造業受注(3/7 0:00)

《米決算発表》
ターゲット・コーポレーション、ロス・ストアーズ

■7(水)
【国内】
1月景気動向指数(14:00)

【海外】
米2月ADP雇用統計(22:15)
米1月貿易収支(22:30)
ベージュブック
米1月消費者信用残高(3/8 5:00)
IoT見本市「インターネット・オブ・シングス・インディア・エクスポ2018」(ニューデリー、~3/9)

《米決算発表》
コストコ、ダラー・ツリー

■8(木)
【国内】
日銀金融政策決定会合(~3/9)
10-12月期GDP改定値(8:50)
1月国際収支(8:50)
2月都心オフィス空室率
2月景気ウォッチャー調査

《決算発表》
積水ハウス、クミアイ化、鎌倉新書、アイモバイル、不二電機、トップカルチャ

【海外】
中国2月貿易収支
ECB理事会(ドラギ総裁会見)
TPP参加11カ国の署名式

《米決算発表》
クローガー、クーパー

休場:ロシア

■9(金)
【国内】
黒田日銀総裁会見
1月家計調査(8:30)
2月マネーストック(8:50)
1月毎月勤労統計(9:00)
メジャーSQ

《決算発表》
エイチーム、フルスピード、日駐、テンポスHD、サトウ食品、鳥貴族、モルフォ、ソフトウェアサー、フリービット、gumi、アイリッジ、ミライアル、日本スキー、イトクロ、日ビュホテル、サムコ、コーセル、ファースト住、カナモト

【海外】
米2月雇用統計(22:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,538.06 -70.92
■ナスダック
 7,257.87 +77.31
■CME225(円建て)
 21,125 -5(大証比)
■ドイツDAX
 11,913.71 -277.23
■上海総合指数
 3,254.53 -19.22
■ドル円
 105.61

 2日のNY市場はまちまち。前日にトランプ米大統領が鉄鋼とアルミに追加輸入関税を課す方針を表明したことを受け、貿易戦争が激化するとの懸念から売りが先行。下げた場面では押し目買いが入ったものの、先行き不透明感は強く、上値の重い展開となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で消費者・サービスや不動産が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、シャープ<6753>が下落。半面、ソニー<6758>、デンソー<6902>、ファーストリテ<9983>、三井トラスト<8309>が小じっかりなど、対東証比較(1ドル105.75円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開(3/4)

NYの先週末は、NY株式市場でダウ平均は4日続落。トランプ大統領の鉄鋼やアルミの輸入への関税措置による保護主義への懸念が高まる中、大統領からのツイッターが雰囲気を更に掻き回した。大統領は「貿易戦争は良いものだ。勝つのは簡単」とツイートした。ダウ平均は一時391ドル安まで下落したものの、その後はIT・ハイテク株中心に買い戻しも入り、引けにかけて急速に下げ渋った。

 EUも対抗措置を検討しており、一部からは35億ドル相当の米国からの輸入に25%の関税を課す計画も検討しているとの報道も伝わっている。ここ数日、引けにかけて売りが強まる展開が続いていたが、きょうは逆に買い戻しが強まった。VIX指数も20ポイントを再び下回っている。

■ 急速に半導体指数の割安感がでて、ナスダックの戻りからダウも大幅安から下げ幅縮小となった。

IMM通貨先物2月27日主要国通貨
円 96651枚の売り越し 11687枚の売り越し減
ユーロ 137977枚の買い越し 11851枚の買い越し増
ポンド 12687枚の買い越し 4884枚の買い越し増

■ 黒田総裁の出口発言から105円台前半となってしまい。今週の3/09金曜日の決定会合は注目されそうである。前半は戻しがあっても円高基調が続くのか見ていく段階化と思う。ECB理事会(木曜日3/08)もあるので、過激なドル安とはならないであろうが、あることとなれば、ドルインデックスの86台も見えてくる。今週はイベントが多い。週末は、米国雇用統計も重なる。注目に値する(今後を左右する)一週間になりそうである。

本日は、イタリア総選挙、ドイツの連理協定について党員投票の結果公表
明日の何もなければよいが、連立が決まるかも重要となっている。

日経ですが、先週は、711円下落となり行ってこい。先週末のイブニングも20700円割れまであり、米国の戻しから21000円台となった。
トランプ大統領の関税措置から荒れてますが、米国債の上昇を抑えるための措置とも言えて、中国などは米国債を売ると脅して反発している。
日本法人も米国債の負債を3末なので、株式売却での相殺も出ているのかと思う。

今週は、前半どこまで戻すのかはあるかも知れませんが、一喜一憂する相場展開なのか見ていく週となりそうである。安定は難しいのかもしれません。
重要なところは日柄がかかるかと思います。
今週もよろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

02 ≪ 2018/03 ≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。