ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,252.72(-165.04)

■東証1部出来高    14.67億株

■東証1部売買代金   2.73兆円

■日経平均先物    21,200(-250)

■TOPIX        1,703.96(-12.34)

■騰落        上昇617/下落1,368

■マザーズ指数    1,181.35(-5.27)

■日経JQ       4,020.02(-10.20)

■ドル円       105.62
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。米国家経済会議(NEC)のコーン委員長が辞任を表明。これを受け円高ドル安が進行、加えて米株価指数先物の急落も重しとなり前場は売りが優勢に。為替の弱含み推移とともにプラス圏に浮上したものの、再度軟化し前場取り引きを終えました。
 後場は下げ幅を広げてスタート。引き続き軟調な米株価指数先物が嫌気され、また前場が小幅安であった為日銀のETF買いが見込めないとの見方が広がり、安値圏での推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、電気・ガス業、その他製品でした。一方、値上がり上位は、証券商品先物、精密機器、その他金融業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■桃太郎
後場は、本日安値付近の持ち合いとなり推移。明日の展開も見ていきます。
ドル換算ベースは、201.27ドル -0.19%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

日本1月-景気動向指数:一致指数は5.7ポイント低下

1月の景気動向指数(速報値)は、景気の現状を示す一致指数が前月比5.7ポイント低下の114.0だった。
数カ月先の景気を示す先行指数は1.8ポイント低下の104.8。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

14時の概況

■日経平均      21,299.87(-117.89)

■日経平均先物    21,300(-150)

■TOPIX先物      1,707.40(-8.60)

■騰落        上昇792/下落1,183

■日経JQ       4,031.12(+0.90)

■マザーズ指数    1,185.24(-1.38)

■ドル円       105.68

■NYダウ夜間先物  -348

■上海総合指数後場の寄り付き 3,294.42 前日比+4.78 +0.15%

■指数大型      現値1,545.04  前日比-9.79

■指数中型      現値2,057.41  前日比-7.63

■指数小型      現値3,389.53  前日比-9.13



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは41件、725.97億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,377.07(-40.69)

■東証1部出来高    6.78億株

■東証1部売買代金   1.24兆円

■日経平均先物    21,340(-110)

■TOPIX        1,715.30(-1.00)

■騰落        上昇1,118/下落859

■マザーズ指数    1,193.08(+6.46)

■日経JQ       4,040.88(+10.66)

■ドル円       105.72
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。寄り付き前に米国家経済会議(NEC)のコーン委員長の辞任が伝わると、円高ドル安が進み、時間外取引での米株価指数先物が急落。米政策運営の先行き不透明感が強まり売り先行のスタートとなりました。売り一巡後は、為替の弱含み推移とともに下げ幅を縮小しプラス圏に浮上。ただ、売り圧力は強く、再度下げに転じ前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、石油石炭製品、その他製品でした。一方、値上がり上位は、証券商品先物、精密機器、その他金融業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反落しました。
 
■桃太郎
前場は、寄り付きから下げ幅縮小場面もありましたが、ボラが高い展開となった。
ドル換算ベースは、202.50ドル +0.43%となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.02%

上海総合指数 3,288.86 前日比 -0.78 -0.02%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,255.80(-161.96)

■日経平均先物    21,260(-190)

■TOPIX先物      1,708.00(-8.00)

■騰落        上昇528/下落1,452

■日経JQ       4,011.16(-19.06)

■マザーズ指数    1,174.78(-11.84)

■ドル円       105.63

■NYダウ夜間先物  -426

■指数大型      現値1,546.94  前日比-7.89

■指数中型      現値2,055.97  前日比-9.07

■指数小型      現値3,372.13  前日比-26.53



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

東京市場も少し落ち着きを取り戻せるか?
南北朝鮮の融和ムードから北朝鮮リスクはやや後退。
ただ、ここは我々的にまだまだ油断を許さない場面であろうと考えている。
ともかくここは春先に期待だ!
明らかに東京市場は外国人売りと裁定買残の需給から売りが売りをよんでいるが、売り終われば次は買うしかない(笑)
そんな簡単な・・・・と思われるかもしれないが。
我々のような運用者の立場を考えるとこれ普通!
昨日も少しお伝えしたが、下がっている時に保有していたでは説明がつかず、上がってきているのに保有していないではこれまた理由つかない。
我々も常日頃なかなか厳しい環境で戦っていることは間違いない。
     投資戦略
昨日の会議にて、我々も来週辺りから少しずつ日本株を買い始めるつもりでいる。
また19日以降から更に日本株を買う予定だ。
3月は満遍なく少し買い始める月にしていく予定である。
変更があればまた皆様にお伝えしたい。
3月5日!段階での予定だ!


本日の先物レンジ
焦る必要はない!
バーゲンセールでお買い物をするのを待つ(笑)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21300円 -118円
NYCFD 24526ドル -359ドル
ドルインデックス 89.50
原油 62.04ドル
VIX 18.36

NYは、NYダウは9ドル高、政権運営への先行き懸念が重し6日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は9.36ドル高の24884.12、ナスダックは41.30ポイント高の7372.01で取引を終了した。韓国と北朝鮮が4月末の首脳会談開催に合意し、地政学リスクの後退で買いが先行した。しかし、トランプ大統領が鉄鋼・アルミニウムへの関税導入を強行した場合、コーン国家経済会議委員長が辞任するとの思惑が報じられ下落に転じた。その後ハイテク株を中心に再び上昇したが、関税への警戒感から上値の重い展開となった。

日経ですが、昨日も買戻しとなりましたが上値重く推移。
本日朝方、コーン米国家経済会議委員長が辞任のニュースからリスク回避の動きとなり105円台中盤まで下落。
下値も限定的に推移するのか見ていきます。

想定レンジ、為替、105.59円 200ドルから203ドル

 21118円から21434円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(7日)
1月景気動向指数(14:00)

■海外(7日)
米2月ADP雇用統計(22:15)
米1月貿易収支(22:30)
ベージュブック
米1月消費者信用残高(3/8 5:00)
IoT見本市「インターネット・オブ・シングス・インディア・エクスポ2018」(ニューデリー、~3/9)

《米決算発表》
コストコ、ダラー・ツリー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,884.12 +9.36
■ナスダック
 7,372.01 +41.30
■CME225(円建て)
 21,635 +185(大証比)
■ドイツDAX
 12,113.87 +23.00
■上海総合指数
 3,289.64 +32.72
■ドル円
 105.5

 6日のNY市場は上昇。北朝鮮が非核化について米国と協議する意向を示したことで地政学リスクが後退。弱含む場面もみられましたが、プラス圏に浮上し取引を終えました。ただ、輸入関税問題などの米政策運営の先行き不透明感は根強く、上値は限られました。
 S&P業種別・騰落率ランキングのセクター別では、素材、一般消費財、工業などが上昇する一方、公益、ヘルスケアが下落。
 ADRの日本株は京セラ<6971>、LINE<3938>、ホンダ<7267>、トヨタ<7203>などが上昇。野村<8604>、NTTドコモ<9437>が下落、高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/3/7  7時20分現在

         10年債                      2年債
米国     2.886% (前日比+0.006%)     2.250% (前日比+0.012%)
英国     1.521% (前日比+0.026%)     0.815% (前日比+0.011%)
ドイツ     0.675% (前日比+0.032%)     -0.546% (前日比+0.008%)
ポルトガル 1.917% (前日比-0.035%)     -0.114% (前日比-0.036%)
イタリア    1.997% (前日比-0.006%)     -0.185% (前日比-0.019%)
ギリシャ   4.321% (前日比-0.043%)       -
スペイン    1.491% (前日比-0.007%)     -0.221% (前日比-0.020%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

02 ≪ 2018/03 ≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。