ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,480.90(-195.61)

■東証1部出来高    12.06億株

■東証1部売買代金   2.16兆円

■日経平均先物    21,270(-170)

■TOPIX        1,719.97(-16.66)

■騰落        上昇311/下落1,710

■マザーズ指数    1,198.83(-35.81)

■日経JQ       4,046.36(-53.22)

■ドル円       105.74
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。森友学園への国有地売却問題を巡り安倍政権の支持率が急落。前場は政治情勢不安の高まりを嫌気し売り優勢となりました。一時持ち直す場面が見られたものの、円の高止まりなどが重しとなり軟調な推移となりました。
 後場は下げ幅を縮小してスタートし、日銀のETF買い期待を支えに下げ渋りの動きに。その後は、新たな手掛かり材料に欠けることから様子見姿勢が強まり、目立った動きのない相場となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、精密機器、証券商品先物。一方、値上がりしたのは、鉱業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後場は、本日安値持ち合いとなり推移、上値の重い展開は続きました。
ドル換算ベースは、203.30ドル -0.69%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,489.77(-186.74)

■日経平均先物    21,290(-150)

■TOPIX先物      1,702.50(-13.50)

■騰落        上昇323/下落1,694

■日経JQ       4,057.53(-42.05)

■マザーズ指数    1,204.16(-30.48)

■ドル円       105.70

■NYダウ夜間先物  -71

■上海総合指数後場の寄り付き 3,276.22 前日比+6.34 +0.19%

■指数大型      現値1,557.37  前日比-13.31

■指数中型      現値2,075.09  前日比-21.22

■指数小型      現値3,393.89  前日比-42.17



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは29件、227.79億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,483.22(-193.29)

■東証1部出来高    6.05億株

■東証1部売買代金   1.08兆円

■日経平均先物    21,310(-130)

■TOPIX        1,721.82(-14.81)

■騰落        上昇313/下落1,704

■マザーズ指数    1,202.37(-32.27)

■日経JQ       4,046.47(-53.11)

■ドル円       105.84
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。森友学園への国有地売却問題をきっかけとした政治情勢不安や円の高止まりを嫌気し売りが先行。寄り付き後持ち直す場面も見られましたが、売り圧力は強く先物売りを交え下げ幅を拡大。加えて時間外取引での米株価指数先物が軟調であることも意識され、安値圏での推移となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、パルプ・紙、精密機器、電気機器。一方、値上がりしたのは、鉱業、電気・ガス業、石油石炭製品のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
前場は、下げ幅拡大場面もありましたが、引けにかけては、200MAを維持する形となった。
ドル換算ベースは、203.30ドル -0.69%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.15%

上海総合指数 3,264.93 前日比 -4.95 -0.15%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,464.71(-211.80)

■日経平均先物    21,270(-170)

■TOPIX先物      1,703.00(-13.00)

■騰落        上昇212/下落1,797

■日経JQ       4,042.44(-57.14)

■マザーズ指数    1,192.27(-42.37)

■ドル円       105.89

■NYダウ夜間先物  -63

■指数大型      現値1,559.38  前日比-11.30

■指数中型      現値2,073.56  前日比-22.75

■指数小型      現値3,384.84  前日比-51.22



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

東京市場は政治不安がマーケットの方向性を右往左往させるだろう。
我々的にはここから大きく下げるならば更なる買い増しを予定しており、戦略的な変更は今のところ考えていない。
確かに政治不安は投資家のポテンシャルを下げ、マーケットに参加することすら見送りを考えるだろうが我々的には良い銘柄が需給だけで下がるチャンスだと思っている。
ただ皆様に勘違いされても困るので念のためにお伝えしておくが、現状どんどん買っておけとは言わない。
何故ならここからアベノミクスが終わり日本株の上昇トレンドが終了したらどんなに良い業績、進捗率だろうが下がってしまう時は無条件で下落するからだ。
よって皆様には、ここでは個別銘柄で強い銘柄や材料株に参加すべきだと再三お伝えしておりテクニカルでマーケットに参加することを心掛けて欲しい。



本日の先物レンジ
政治不安だとマーケット関係者が騒いでいるようだ!
ただ季節要因的にはここから大きく下がるには政治不安だけでは・・・・・
〇〇~〇〇円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

2月の貿易収支、貿易黒字34億円 黒字は2カ月ぶり

財務省が19日発表した2月の貿易収支は34億円の黒字となった。
貿易黒字は2カ月ぶり。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■19(月)
【国内】
2月貿易統計(8:50)
日銀政策委員会・金融政策決定会合の主な意見(3/8~9開催分)
岩田日銀副総裁・中曽日銀副総裁任期満了

《決算発表》
システムディ

【海外】
G20財務大臣・中央銀行総裁会議(~3/20)

《米決算発表》
オラクル

休場:メキシコ

■20(火)
【国内】
2月コンビニエンスストア売上高(16:00)
2月訪日外客数(16:00)

【海外】
独3月ZEW景況感指数(19:00)
FOMC(~3/21)

《米決算発表》
フェデックス

■21(水)
【国内】
春分の日

【海外】
米10-12月期経常収支(21:30)
パウエルFRB議長記者会見
米2月中古住宅販売(23:00)

《米決算発表》
ゼネラル・ミルズ

■22(木)
【国内】
1月全産業活動指数(13:30)

《決算発表》
石井表記、オプトエレクト

【海外】
独3月Ifo景況感指数(18:00)
米1月FHFA住宅価格指数(22:00)
米2月景気先行指数(23:00)
米10年インフレ連動国債入札
米州開発銀行(IDB)年次総会(アルゼンチン・メンドーサ、~3/25)

《米決算発表》
アクセンチュア、マイクロン・テクノロジー、ナイキ

■23(金)
【国内】
2月消費者物価指数(8:30)

《決算発表》
サツドラHD

【海外】
米2月耐久財受注(21:30)
米2月新築住宅販売(23:00)
米の鉄鋼・アルミ輸入制限発動

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,946.51 +72.85
■ナスダック
 7,481.99 +0.25
■CME225(円建て)
 21,415 -25(大証比)
■ドイツDAX
 12,389.58 +44.02
■上海総合指数
 3,269.88 -21.23
■ドル円
 105.99

 16日のNY市場は上昇。2月住宅着工件数など発表された経済指標が概ね良好な結果となり、また週前半の下落に対し戻りを期待した買いが先行。ただ、米政治情勢の不透明感は強く、上値の重さが目立つ展開となりました。
 セクター別では、公益事業やエネルギーが上昇する一方で食品・飲料・タバコやメディアが下落。
 ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、キヤノン<7751>、TDK<6762>が小じっかり。半面、任天堂<7974>、デンソー<6902>、ファーストリテ<9983>、エーザイ<4523>、日東電<6988>が小安いなど、対東証比較(1ドル106.01円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21593円 -84円
NYCFD 24925ドル -21ドル
ドルインデックス 90.20
原油 62.24ドル
VIX 15.80

NYは、NYダウは72ドル高、堅調な経済指標を好感16日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は72.85ドル高の24946.51、ナスダックは0.25ポイント高の7481.99で取引を終了した。2月の住宅着工件数が概ね良好となったほか、鉱工業生産指数やミシガン大学消費者マインド指数が予想を上振れ、買いが先行。マクマスター大統領補佐官の解任の意向が報じられ、急速な重要閣僚の刷新で政権運営への先行き不透明感が強まったほか、オプションや先物の決済日が重なるクアドルプル・ウィッチングで出来高が膨らみ、上値の重い展開となった。

日経ですが、上値の重い展開が続いている。
本日も為替推移は、106円台前後の動きとなり、下値模索が続くのか見ていきます。

想定レンジ、為替 105.97円 202ドルから205ドル

 21405円から21723円(現物)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/3/19  7時2分現在

         10年債                      2年債
米国     2.845% (前日比+0.017%)     2.291% (前日比+0.006%)
英国     1.429% (前日比-0.009%)     0.805% (前日比-0.003%)
ドイツ     0.571% (前日比-0.005%)     -0.591% (前日比-0.011%)
ポルトガル 1.755% (前日比-0.034%)     -0.120% (前日比-0.013%)
イタリア    1.983% (前日比-0.004%)     -0.211% (前日比+0.008%)
ギリシャ   4.184% (前日比-0.030%)       -
スペイン    1.375% (前日比-0.007%)     -0.262% (前日比-0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず

展開 桃太郎(3/18)

先週末の米国市場は、経済指標が良く金利上から金融株が下支えとなり上昇。
ナスダックは小幅高であった。ダウ平均は心理的節目の2万5千ドルを一時回復したものの、その水準に入ると戻り売り圧力も出て上値も重い。トランプ大統領の政権運営や中国との貿易摩擦などトランプリスクが躊躇させているようだ。
今週はFOMCとなる。

■ 先週末のドル円もトランプリスクから一時、105円台中盤まで買われたが、経済指標や原油上昇からドル高となった。FOMCは織り込み済みもあり、ドル円は米国・日本の政治リスクから上値は重く推移しそうである。

IMM通貨先物3月13日主要国通貨
円 79539枚の売り越し 7306枚の売り越し減
ユーロ 146380枚の買い越し 13408枚の買い越し増
ポンド 8027枚の買い越し 2763枚の買い越し増

■ 貿易戦争や政治リスクもあり、FOMC後は再び円高となりそうである。
先週末は、金先も下落と雰囲気は良いのですが、上値が重いのか確認週となりそうではある。

日経ですが、先週はもう少し頑張れる環境となりそうでしたが、週末は、隠していた自殺者も二人目が発覚したこともあり、外から見ていましたが、政治リスクが大きくなりつつある雰囲気となり残念な感じを受けました。早期解決するのか長引くのかで、変わりそうである。崩れ始めてからは日柄は満了となってはいると感じます。
好転を望みたいところである。
為替推移は、以前から明記してる通りにリスクが入らなければ、リンク度はかなり薄いです。ドル換算ベースを見れば、一目瞭然である。
今週は、小幅ボックスとなりそうである。
日々見ていきます。個別株での二極化は続くと思う。

今週もよろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

02 ≪ 2018/03 ≫ 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。