FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      22,467.87(+148.26)

■東証1部出来高    18.82億株

■東証1部売買代金   3.31兆円

■日経平均先物    22,510(+190)

■TOPIX        1,777.23(+5.10)

■騰落        上昇983/下落1,019

■マザーズ指数    1,142.07(+1.05)

■日経JQ       3,945.57(-10.12)

■ドル円       109.24
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は買い優勢の展開。朝方は前日の米株高を好感した買いが先行しましたが、減益見通しを発表したファナック(東1:6954)の急落を受け関連銘柄などが軟調な推移に。その後持ち直すも、南北首脳会談が始まったことや、日銀金融政策決定会合の結果発表を前にこう着感を強めた動きとなりました。
 後場は買い物がちにスタート。大型連休を前に積極的な売買を見送るムードが広がるなか、決算など個別に材料が出た銘柄が物色され値を戻す展開となりました。なお、日銀金融政策決定会合は市場予想通りの結果となり、相場の反応は限られました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ガラス土石製品、不動産業、石油石炭製品でした。一方、値下がり上位は、海運業、銀行業、ゴム製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。
 
■桃太郎
後場も高値持ち合いでの推移となり、戻り高値となった。
ドル換算ベースは、205.79ドル +0.80%と切り返している。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,419.48(+99.87)

■日経平均先物    22,420(+100)

■TOPIX先物      1,772.50(-2.50)

■騰落        上昇704/下落1,315

■日経JQ       3,945.63(-10.06)

■マザーズ指数    1,140.21(-0.81)

■ドル円       109.16

■NYダウ夜間先物  -18

■上海総合指数後場の寄り付き 3,050.93 前日比-24.10 -0.78%

■指数大型      現値1,600.71  前日比+0.06

■指数中型      現値2,148.57  前日比+2.92

■指数小型      現値3,487.81  前日比-12.37



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは30件、675.29億円。
差し引き20億円の買い越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日銀、大規模緩和維持

日銀は27日の金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利をゼロ%程度に誘導する金融緩和策(長短金利操作)の現状維持を決めた。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,413.85(+94.24)

■東証1部出来高    9.23億株

■東証1部売買代金   1.58兆円

■日経平均先物    22,420(+100)

■TOPIX        1,774.58(+2.45)

■騰落        上昇896/下落1,090

■マザーズ指数    1,139.30(-1.72)

■日経JQ       3,951.37(-4.32)

■ドル円       109.15
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。朝方は、良好な決算を背景とした前日の米株高を好感し買いが先行しましたが、減益見通しを発表したファナック(東1:6954)が急落し関連銘柄へ売りが波及。その後持ち直したものの、南北首脳会談が始まり、日銀金融政策決定会合の結果発表を控えていることもあり、2万2400円近辺でもみ合う展開となりました。
 
業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、情報・通信業、石油石炭製品、不動産業でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、機械、電気機器となりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は、寄り後、トレンドレスでの推移となった。
ドル換算ベースは、続伸の205.45ドル +0.64%

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.24%

上海総合指数 3,082.41 前日比 +7.38 +0.24%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,399.92(+80.31)

■日経平均先物    22,420(+100)

■TOPIX先物      1,775.50(+0.50)

■騰落        上昇864/下落1,106

■日経JQ       3,951.33(-4.36)

■マザーズ指数    1,137.17(-3.85)

■ドル円       109.26

■NYダウ夜間先物  -10

■指数大型      現値1,602.03  前日比+1.38

■指数中型      現値2,151.24  前日比+5.59

■指数小型      現値3,498.74  前日比-1.44



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均はここでのドル高を素直に好感しているのだろう。
地味にじわじわ上昇していくことが今後のマーケットに明るい景色を持たせてくれるだろう。
そして決算発表をしっかり分析し内容を確かめ、今期の業績などポジティブな材料には素直に株価は反応してくると考えている。
さて、日本はGWとなるようだが我々には関係ない。
そして皆様にお伝えしてきたようにここまでは春先からの株価上昇より少し早かったがまぁこの程度は想定の範囲内だ。
暫くすれば、あれほど上値は重いと言っていたマーケット関係者達も不思議と強気に変わるだろう。
その起点となるのが日経平均22500円だろう。
そしてどんな状況下のもと22500円を値固めできるかが東京市場のキーとなりそうだ。
マーケットは生き物だ!
突然変異は日常茶飯事。
その中、如何にマーケットからキャピタルゲインを掴めるかが投資家としての最大の課題。



本日の先物レンジ
先ず、今日は落ち着いた相場でよいだろう。
まして東京市場は来週は2日だけの営業。
そうなると5月SQまでは材料株相場になるのでは。
〇〇~〇〇円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

3月の鉱工業生産は前月比1.2%上昇

経済産業省が27日に発表した3月の鉱工業生産指数の速報値は前月比1.2%上昇だった。
上昇は2カ月連続。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 22440円 +120円
NYCFD 24330ドル +8ドル
ドルインデックス 91.57
原油 68.15ドル
VIX 16.24

NYは、NYダウは238ドル高、ハイテク主要企業決算を好感26日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は238.51ドル高の24322.34、ナスダックは114.94ポイント高の7118.68で取引を終了した。情報漏洩問題による利用者離れが懸念されたSNSのフェイスブック(FB)が好決算を発表し、ハイテク株を中心に買いが先行。その他複数の主要企業決算も好感されたほか、長期金利の上昇が一服したことで投資家心理も改善し終日堅調となった。

昨日は、上値も重く持ち合いとなった。
本日は、決定会合もありますがサプライズもないと思うことから高値持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.33円 203ドルから206ドル

 22193円から22521円



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/4/27  6時39分現在

         10年債                      2年債
米国     2.981% (前日比-0.045%)     2.482% (前日比-0.006%)
英国     1.504% (前日比-0.035%)     0.889% (前日比+0.002%)
ドイツ     0.593% (前日比-0.041%)     -0.564% (前日比-0.011%)
ポルトガル 1.685% (前日比-0.027%)     -0.174% (前日比-0.018%)
イタリア    1.747% (前日比-0.030%)     -0.315% (前日比-0.014%)
ギリシャ   3.944% (前日比-0.031%)       -
スペイン    1.270% (前日比-0.032%)     -0.334% (前日比-0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(27日)
日銀総裁会見
日銀「展望レポート」公表
3月有効求人倍率(8:30)
3月完全失業率(8:30)
3月商業動態統計(8:50)
3月鉱工業生産(8:50)
3月住宅着工統計(14:00)

《決算発表》
豊田織機、デンソー、JPX、第一三共、三菱電、アイシン精、豊通商、東ガス、信越化、花王、ヤフー、大塚商、コーセー、TOTO、日立、NEC、エプソン、ソニー、TDK、村田製、マツダ、ホンダ、大和証G、JR東日本、JR西日本、JAL、ANA、NTTドコモ、関西電、リコー、日東電、小糸製、スタートトゥ、富士通

■海外(27日)
南北首脳会談
米独首脳会議
米1-3月期GDP(21:30)

《米決算発表》
エクソンモービル、ムーディーズ、コルゲート・パーモリーブ、インターパブリック・グループ・オブ・カンパニーズ、シェブロン

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,322.34 +238.51
■ナスダック
 7,118.68 +114.94
■CME225(円建て)
 22,435 +115(大証比)
■ドイツDAX
 12,500.47 +78.17
■上海総合指数
 3,075.03 -42.94
■ドル円
 109.34

 26日のNY市場は上昇。増収増益決算を発表したフェイスブックが急伸し、IT関連株などに買いが波及。また、米長期金利が心理的節目の3%を下回ったことも安心感を広げ、良好な決算を背景に買いが続く展開となりました。
 セクター別では、小売やソフトウェア・サービスが上昇する一方で電気通信サービスやメディアが下落。
 ADRの日本株はファナック<6954>、任天堂<7974>、キヤノン<7751>が軟調な他は、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>、コマツ<6301>、資生堂<4911>、京セラ<6971>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル109.32円換算)で全般堅調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      22,319.61(+104.29)

■東証1部出来高    15.20億株

■東証1部売買代金   2.78兆円

■日経平均先物    22,320(+100)

■TOPIX        1,772.13(+4.40)

■騰落        上昇1,243/下落765

■マザーズ指数    1,141.02(+0.32)

■日経JQ       3,955.69(+1.78)

■ドル円       109.32
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は1ドル=109円台半ばまでの円安進行を好感した買いが優勢。良好な決算を手掛かりに東京エレクトロン(東1:8035)が急伸し、半導体関連株などに買いが波及。その後は、引けにかけて利益確定売りに伸び悩む展開となりました。
 後場に入るとこう着感を強めた動きに。引き続き半導体関連株に買いが入る一方で、大型連休を前にポジションを調整する動きもあり、また今後発表される決算内容を見極めたいとの思惑も相俟って、小幅な動きに終始しました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気機器、食料品、倉庫運輸関連でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、鉄鋼、その他製品となりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎
後場も小動きとなった。出来高も少なく方向感なく推移。
ドル換算ベースは、204.18ドル +0.24%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,314.61(+99.29)

■日経平均先物    22,310(+90)

■TOPIX先物      1,771.50(+2.50)

■騰落        上昇1,131/下落854

■日経JQ       3,955.29(+1.38)

■マザーズ指数    1,143.46(+2.76)

■ドル円       109.33

■NYダウ夜間先物  +52

■上海総合指数後場の寄り付き 3,088.77 前日比-29.20 -0.94%

■指数大型      現値1,600.48  前日比+2.65

■指数中型      現値2,141.04  前日比+2.27

■指数小型      現値3,496.86  前日比+11.27



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは19件、260.74億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,346.24(+130.92)

■東証1部出来高    7.33億株

■東証1部売買代金   1.26兆円

■日経平均先物    22,340(+120)

■TOPIX        1,771.98(+4.25)

■騰落        上昇1,188/下落775

■マザーズ指数    1,140.55(-0.15)

■日経JQ       3,959.62(+5.71)

■ドル円       109.34
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。朝方は1ドル=109円台半ばまでの円安進行や、良好な決算を手掛かりに半導体関連株などに買いが先行。その後、利益確定売りに伸び悩む場面も見られましたが、円安基調が継続したことを支援材料に高値圏での推移となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、電気機器、機械、金属製品でした。一方、値下がり上位は、石油石炭製品、その他製品、鉄鋼となりました。
 
 TOPIXは反発、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
前場は、小動きの高値持ち合いでの推移となった。
ドル換算ベースは、204.25ドル +0.27%と6日ぶりの切り返しとなった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は+0.05%

上海総合指数 3,119.50 前日比 +1.53 +0.05%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

03 ≪ 2018/04 ≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。