ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,292.29(-96.29)

■東証1部出来高    13.11億株

■東証1部売買代金   2.24兆円

■日経平均先物    21,320(-110)

■TOPIX        1,703.80(-4.98)

■騰落        上昇787/下落1,220

■マザーズ指数    1,197.93(-7.34)

■日経JQ       3,999.99(-2.52)

■ドル円       105.99
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は米株安を嫌気した売りが優勢。前日の米国市場では、米中貿易摩擦への懸念が高まるなかハイテク株への売りが目立つ展開。これを受け、国内市場でも電機セクターを中心に売りが続き、下げ幅は一時300円超に。売り一巡後は、内需銘柄などに押し目買いが入り下げ渋る動きとなりました。
 後場は買い物がちにスタート。弱含む場面もみられましたが、日銀のETF買い期待を支えに下げ幅を縮小。全体に底堅い動きとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、その他製品、海運業でした。一方、値上がり上位は、水産・農林業、陸運業、小売業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
後場は、終始買い戻しが入り、切り返しとなった。
ドル換算ベースは、200.95ドル -0.11%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,301.02(-87.56)

■日経平均先物    21,280(-150)

■TOPIX先物      1,706.00(-5.50)

■騰落        上昇1,001/下落992

■日経JQ       4,001.94(-0.57)

■マザーズ指数    1,200.70(-4.57)

■ドル円       105.96

■NYダウ夜間先物  -3

■上海総合指数後場の寄り付き 3,133.82 前日比-29.36 -0.93%

■指数大型      現値1,539.77  前日比-3.21

■指数中型      現値2,063.91  前日比-0.90

■指数小型      現値3,404.83  前日比+4.93



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは29件、702.70億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,200.77(-187.81)

■東証1部出来高    5.43億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    21,200(-230)

■TOPIX        1,699.88(-8.90)

■騰落        上昇756/下落1,243

■マザーズ指数    1,193.10(-12.17)

■日経JQ       3,990.64(-11.87)

■ドル円       105.87
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。米中貿易摩擦への懸念の高まりや、アマゾンやインテルなどを中心とした米ハイテク株安を嫌気し売りが先行。1ドル=105円台後半までの円高進行もマイナス材料となり、国内市場でも電機セクターを中心に売りが続きました。売り一巡後は、ディフェンシブ銘柄などが物色され下げ幅を縮小し、前場取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、その他製品、海運業でした。一方、値上がり上位は、電気・ガス業、水産・農林業、陸運業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎
前場は、安寄り後はリバウンドとなった。
ドル換算ベースは、200.22ドル -0.48%と続落。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-1.05%

上海総合指数 3,130.01 前日比 -33.17 -1.05%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,150.43(-238.15)

■日経平均先物    21,140(-290)

■TOPIX先物      1,694.00(-17.50)

■騰落        上昇438/下落1,563

■日経JQ       3,987.53(-14.98)

■マザーズ指数    1,189.48(-15.79)

■ドル円       105.82

■NYダウ夜間先物  +24

■指数大型      現値1,529.35  前日比-13.63

■指数中型      現値2,049.82  前日比-14.99

■指数小型      現値3,375.46  前日比-24.44



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

ここ数ヵ月月初に襲う波乱劇!これを想定内とは絶対に言わないが我々としては何となくではあるが2、3、4月に襲ったこの波乱劇によりある意味5月からの奮闘劇が逆に確率は少し上がったと思っている。
今月も焦らずじっくり安いところを買う方針には変わらない。
そしてまた4月は23日の週辺りから変化が起きると思っている。
それではまた良い銘柄があったら紹介したい。


本日の先物レンジ
我々の考えとしては、ともかく押し目買いに徹するまでで流れが変わったら買い増す!
安くなるならしっかり下がれ!我々は手を差し伸べるまでだ。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21053円 -335円
NYCFD 23611ドル -37ドル
ドルインデックス 90.03
原油 63.03ドル
VIX 23.62

NYは、NYダウは458ドル安、米中貿易摩擦やハイテク株の下げを嫌気2日の米国株式相場は下落。ダウ平均は458.92ドル安の23644.19、ナスダックは193.33ポイント安の6870.12で取引を終了した。中国が米国製品130品目に対する報復関税策の実施に踏み切ったことで貿易摩擦への懸念が拡大し、売りが先行。トランプ大統領によるネット小売のアマゾン(AMZN)の納税を巡る批判にマルコ・ルビオ共和党議員が同調したほか、電気自動車のテスラ・モーターズ(TSLA)が、自動運転車を巡る死亡事故の調査内容を先行開示したことに当局が難色を示し、課税・規制強化への警戒感からハイテク企業が売り込まれ、終日大幅下落となった。

日経ですが、昨日は期待値が高く買戻しが入り戻り高値付近となったが、引けにかけて売られた。
本日は、米国市場下落からリスクオンとなり下値も限定的となるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、105.80円 197ドルから200ドル

 20842円から21160円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(3日)
3月マネタリーベース(8:50)
10年国債入札

《決算発表》
キユーピー、西松屋チェ、エスプール、アヲハタ、KTK、バイク王、ライトオン、ナガイレーベ、北恵

■海外(3日)
米3月新車販売台数

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 23,644.19 -458.92
■ナスダック
 6,870.12 -193.33
■CME225(円建て)
 21,045 -385(大証比)
■ドイツDAX
 12,096.73 +156.02
■上海総合指数
 3,163.18 -5.72
■ドル円
 105.86

 2日のNY市場は下落。中国が米国の豚肉など128品目に報復関税の実施を打ち出し、米中貿易摩擦懸念が再び強まり軟調なスタートに。こうしたなか、トランプ米大統領がツイッター上でアマゾン・ドット・コムを厳しく批難し、課税強化が意識されアマゾン株が大幅下落。また、アップルが半導体を自社製品に切り替えるとしたことでインテル株も大幅下落となるなど、ハイテク株が軒並み急落し投資家心理が悪化。リスク回避の売り優勢の展開となりました。
 セクター別では全面安となり、特に半導体・半導体製造装置や小売の下落が目立ちました。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTTドコモ<9437>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>、キヤノン<7751>、花王<4452>、コマツ<6301>、京セラ<6971>、エーザイ<4523>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル105.85円換算)で全般軟調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/4/3  7時4分現在

         10年債                      2年債
米国     2.730% (前日比-0.009%)     2.246% (前日比-0.020%)
英国     1.350% (前日比+0.000%)     0.823% (前日比+0.000%)
ドイツ     0.497% (前日比+0.000%)     -0.602% (前日比+0.000%)
ポルトガル 1.609% (前日比+0.000%)     -0.186% (前日比+0.000%)
イタリア    1.786% (前日比+0.000%)     -0.309% (前日比+0.000%)
ギリシャ   4.317% (前日比+0.000%)       -
スペイン    1.164% (前日比+0.000%)     -0.352% (前日比+0.000%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

03 ≪ 2018/04 ≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。