ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,778.74(+118.46)

■東証1部出来高    15.27億株

■東証1部売買代金   2.43兆円

■日経平均先物    21,810(+150)

■TOPIX        1,729.36(+10.84)

■騰落        上昇1,368/下落638

■マザーズ指数    1,156.39(+5.13)

■日経JQ       3,951.72(+8.97)

■ドル円       107.45
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は地政学リスクの和らぎを背景とした前日の米株高や、トランプ米大統領による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への復帰の検討指示などが好感され買いが優勢に。1ドル=107円台前半までの円安進行も追い風となりましたが、引けにかけて伸び悩みとなりました。
 後場は前引け値近辺でのもみ合った後、上げ幅を広げる場面もみられましたが、週末のポジション調整などの売りにおされ上値の重い展開。その後も、目立った動きがないまま本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、鉄鋼、銀行業でした。一方、値下がり上位は、サービス業、医薬品、小売業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに反発しました。
 
■桃太郎
後場は、持ち合いで上値重く推移。
ドル換算ベースは、202.75ドル +0.45%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,812.23(+151.95)

■日経平均先物    21,800(+140)

■TOPIX先物      1,732.00(+13.00)

■騰落        上昇1,353/下落647

■日経JQ       3,952.17(+9.42)

■マザーズ指数    1,153.97(+2.71)

■ドル円       107.36

■NYダウ夜間先物  -44

■上海総合指数後場の寄り付き 3,169.15 前日比-11.00 -0.35%

■指数大型      現値1,568.29  前日比+13.00

■指数中型      現値2,085.10  前日比+15.34

■指数小型      現値3,431.62  前日比+20.52



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,771.69(+111.41)

■東証1部出来高    8.28億株

■東証1部売買代金   1.29兆円

■日経平均先物    21,780(+120)

■TOPIX        1,725.59(+7.07)

■騰落        上昇1,150/下落848

■マザーズ指数    1,152.49(+1.23)

■日経JQ       3,951.59(+8.84)

■ドル円       107.33
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。シリア情勢への懸念後退を背景とした前日の米株高や、1ドル=107円台前半までの円安進行を好感し買いが先行。トランプ米大統領による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への復帰の検討指示もプラスとなり、先物買いを交え上げ幅は一時250円超に。引けにかけて急速に上げ幅を縮小しましたが、プラス圏を維持した推移となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、海運業、銀行業、証券商品先物でした。一方、値下がり上位は、サービス業、小売業、医薬品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数はともに反発しました。
 
■桃太郎
前場は、上昇する場面もありましたが上値重く推移。上げ幅縮小となった。
ドル換算ベースは、202.76ドル +0.10%と続伸。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.37%

上海総合指数 3,192.04 前日比 +11.88 +0.37%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,856.43(+196.15)

■日経平均先物    21,850(+190)

■TOPIX先物      1,731.50(+12.50)

■騰落        上昇1,388/下落594

■日経JQ       3,949.52(+6.77)

■マザーズ指数    1,154.31(+3.05)

■ドル円       107.32

■NYダウ夜間先物  -60

■指数大型      現値1,568.10  前日比+12.81

■指数中型      現値2,085.50  前日比+15.74

■指数小型      現値3,428.88  前日比+17.78



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

4月限SQ概算値は21,853.92円(暫定値)

4月限SQ概算値は21,853.92円(暫定値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

シリア情勢は警戒されるだろうが、東京市場からすれば遠い戦争は特段気にする必要はないだろう。
そして本日はSQであるが波乱なく通過し春先への起点数値が確立されるだろう。
一先ず日経平均は21500円値固めが成功したとするならば、本日のSQ値によってまた来週詳しく語りたい。
そして大きな変化はシリア情勢が起点となった原油価格。
WTI原油は約3年4ヶ月ぶりに67ドル台に乗せて来た!
この変化は大きな分岐点であり資源関連への物色が向かいそうだ。
また、昨日発表された4月第一週の投資主体別売買動向は、海外勢は2週連続買い越してきて定説から一度買い越しに転じると暫く継続する傾向があるだろうから、我々の投資戦術通りにいくならば春先は明るいだろう。
その結果がでるのは時間。
誰も未来は分からないがここまでは我々の想定通りに推移している。

本日の先物レンジ
SQ値が決まり!
いよいよマーケットに変化が起きる事を期待したいですね。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21784円 +124円
NYCFD 24421ドル -62ドル
ドルインデックス 89.75
原油 67.00ドル
VIX 18.49

NYは、NYダウは293ドル高、1-3月期決算への期待高まる12日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は293.60ドル高の24483.05、ナスダックは71.22ポイント高の7140.25で取引を終了した。米国によるシリアに対する軍事攻撃への警戒感が後退し、買いが先行。複数の主要企業決算や、週間新規失業保険申請件数が前週から減少したことが好感された。トランプ大統領が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への復帰を検討するよう指示したほか、大手行決算への期待感から金融各社が買われ、終日堅調推移となった

日経ですが、昨日は下値も限定的の小幅推移となった。
本日は、リスク回避が緩みドル高から持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、107.23円 202ドルから205ドル

 21660円から21982円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(13日)
オプションSQ

《決算発表》
タマホーム、SFoods、スタジオアリス、キャンドゥ、わらべや、北の達人、JINS、DCM、ドトル日レス、SFP、三栄建築、サムティ、コスモス薬品、クリレスHD、トウキョベース、串カツ田中、TSIHD、SHIFT、UUUM、ウォンテッドリ、サインポスト、ダイト、Gunosy、ベクトル、ベイカレント、リテールPT、ケーヨー、リンガハット、松竹、東宝、アークス、大庄

■海外(13日)
中国3月貿易収支

《米決算発表》
シティグループ、JPモルガン・チェース

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,483.05 +293.60
■ナスダック
 7,140.25 +71.22
■CME225(円建て)
 21,810 +150(大証比)
■ドイツDAX
 12,415.01 +121.04
■上海総合指数
 3,180.16 -27.92
■ドル円
 107.27

 12日のNY市場は上昇。トランプ米大統領がツイッターにシリア攻撃の時期について明言を避ける投稿をし、シリア情勢への懸念が後退。米長期金利の上昇を受け金融株が買われ、また米中貿易摩擦懸念から足元で大きく売り込まれていた航空機のボーイングなどに買い戻しが入り、主要3指数は揃って反発。投資家心理が改善し、堅調な推移となりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や銀行が上昇する一方で公益事業や不動産が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、三菱商<8058>、花王<4452>、三菱電<6503>、コマツ<6301>、資生堂<4911>など、対東証比較(1ドル107.3円換算)で全般堅調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/4/13  7時17分現在

         10年債                      2年債
米国     2.836% (前日比+0.055%)     2.348% (前日比+0.041%)
英国     1.456% (前日比+0.067%)     0.925% (前日比+0.035%)
ドイツ     0.515% (前日比+0.016%)     -0.577% (前日比-0.006%)
ポルトガル 1.699% (前日比-0.001%)     -0.167% (前日比+0.048%)
イタリア    1.814% (前日比+0.011%)     -0.280% (前日比+0.009%)
ギリシャ   4.016% (前日比-0.082%)       -
スペイン    1.254% (前日比-0.018%)     -0.332% (前日比-0.015%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず
カレンダー

03 ≪ 2018/04 ≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。