ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      22,450.79(+13.78)

■東証1部出来高    13.33億株

■東証1部売買代金   2.29兆円

■日経平均先物    22,440(+30)

■TOPIX        1,771.70(-3.95)

■騰落        上昇600/下落1,390

■マザーズ指数    1,158.73(-8.04)

■日経JQ       3,962.87(-11.72)

■ドル円       109.56
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場はトランプ米大統領が、米朝首脳会談の中止を表明したことを受け売りが先行したものの、円安進行などを支えに値を戻す展開。ただ、自動車の追加関税の導入の可能性など意識され、買いの勢いは限定的となりました。
 後場は買い物がちにスタート。引き続き外部環境の先行き不透明感が重しとなり弱含む場面もみられ、また週末を前に積極的な売買を見送るムードが広がり小幅な値動きとなりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、海運業、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、空運業、陸運業、食料品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎(松田)
後場は、小幅推移となり持ち合いとなった。
ドル換算ベースは、205.00ドル +0.001%と変わらずである。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓


スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,437.62(+0.61)

■日経平均先物    22,430(+20)

■TOPIX先物      1,770.50(-4.00)

■騰落        上昇523/下落1,471

■日経JQ       3,969.99(-4.60)

■マザーズ指数    1,157.20(-9.57)

■ドル円       109.54

■NYダウ夜間先物  +70

■上海総合指数後場の寄り付き 3,152.37 前日比-2.28 -0.07%

■指数大型      現値1,592.96  前日比-4.84

■指数中型      現値2,151.42  前日比-2.84

■指数小型      現値3,531.64  前日比-23.50



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは30件、661.95億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,457.20(+20.19)

■東証1部出来高    6.90億株

■東証1部売買代金   1.15兆円

■日経平均先物    22,450(+40)

■TOPIX        1,771.99(-3.66)

■騰落        上昇664/下落1,303

■マザーズ指数    1,161.65(-5.12)

■日経JQ       3,975.63(+1.04)

■ドル円       109.56
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を表明し、北朝鮮情勢に対する警戒感が高まり売りが先行。売り一巡後は、北朝鮮の金桂官第一外務次官の米朝交渉継続についての談話の発表や、円の弱含み推移などを支えにいったん持ち直し。ただ、自動車の追加関税の導入の可能性が嫌気され、自動車株が連日軟調な推移となるなど買いの勢いは限られました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、海運業、石油石炭製品でした。一方、値上がり上位は、空運業、陸運業、食料品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎(松田)
前場は、安寄り後は戻す展開となったが、25MAあたりまでの戻りでの推移。
ドル換算ベースは、204.91ドル -0.01%と小幅続落。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.20%

上海総合指数 3,148.41 前日比 -6.24 -0.20%



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,404.77(-32.24)

■日経平均先物    22,410(±0)

■TOPIX先物      1,770.00(-4.50)

■騰落        上昇656/下落1,314

■日経JQ       3,976.92(+2.33)

■マザーズ指数    1,161.35(-5.42)

■ドル円       109.50

■NYダウ夜間先物  +35

■指数大型      現値1,591.24  前日比-6.56

■指数中型      現値2,151.96  前日比-2.30

■指数小型      現値3,542.56  前日比-12.58



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

今朝は非常に残念な報道があった。
トランプ大統領より。
6月12日シンガポールで開催予定だった『米朝首脳会談』の中止。
これにより皆様に強気姿勢とお伝えしていたが残念であるが『中立』の位置に戻さざる負えなくなった。
我々の投資戦略も残念ながら歴史的な会談が中止となり期待していた上昇幅のヘッジ作業を行わざるえない。
ただ大きい流れからだと新興市場へのシフトは変わらない。
日経平均はここからどんな展開となるのか?失望売りとなるのか?それとも今回の『米朝会談中止』が丁度良い押し目となるなるのか?
正に!ターニングポイントとなりそうだ。
そして、この便りを読まれている方々に強気姿勢継続に変更がある状況が起きてしまったことにお詫びしたい。
ただ益々!個別銘柄勝負となることは間違いない。

先日お伝えしたファイナンス銘柄の...

~以下会員ページ~


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 22299円 -138円
NYCFD 24821ドル +10ドル
ドルインデックス 93.79
原油 70.74ドル
VIX 12.53
米10年債、2.9770 - 0.55%

NYは、NYダウは75ドル安、地政学リスクや貿易戦争への懸念広がる24日の米国株式相場は下落。ダウ平均は75.05ドル安の24811.76、ナスダックは1.53ポイント安の7424.43で取引を終了した。トランプ大統領が米朝会談の中止を表明し、地政学リスクへの警戒感から売りが先行。またトランプ政権が自動車・自動車部品に最大25%の関税導入を検討していることが報じられ、貿易戦争への懸念が強まった。ただし、昨日のFOMC議事録を受けた長期金利の下落により、引けにかけて下げ幅を縮小した。

日経は、続落となった。
本日もリスク回避の動きや貿易摩擦から下値模索となるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.29円 203ドルから206ドル

 22185円から22513円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(25日)
5月都区部消費者物価指数(8:30)

《決算発表》
オンキヨー、ウチダエスコ

■海外(25日)
独5月Ifo景況感指数(17:00)
米4月耐久財受注(21:30)

《米決算発表》
フット・ロッカー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,811.76 -75.05
■ナスダック
 7,424.43 -1.53
■CME225(円建て)
 22,315 -95(大証比)
■ドイツDAX
 12,855.09 -121.75
■上海総合指数
 3,154.65 -14.31
■ドル円
 109.21

 24日のNY市場は下落。トランプ米大統領の米朝首脳会談の中止表明を受け、北朝鮮情勢に対する警戒感が高まり売りが広がりました。また、原油安でエネルギー株が下落。売り一巡後は、長期金利の低下を受け押し目買いが優勢に。自動車の追加関税の導入を材料に自動車株が上昇するなど、下げ幅を縮小し取引終了となりました。
 セクター別では、運輸や自動車・自動車部品が上昇する一方でエネルギーや銀行が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、日東電<6988>が小じっかりな他は、NTT<9432>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、ブリヂストン<5108>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル109.29円換算)で全般冴えない展開でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/5/25  7時5分現在

         10年債                      2年債
米国     2.977% (前日比-0.017%)     2.508% (前日比-0.020%)
英国     1.401% (前日比-0.038%)     0.752% (前日比-0.025%)
ドイツ     0.472% (前日比-0.035%)     -0.594% (前日比-0.016%)
ポルトガル 1.904% (前日比-0.052%)     -0.039% (前日比-0.008%)
イタリア    2.399% (前日比-0.002%)     0.270% (前日比-0.017%)
ギリシャ   4.264% (前日比-0.108%)       -
スペイン    1.392% (前日比-0.052%)     -0.300% (前日比-0.014%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      22,437.01(-252.73)

■東証1部出来高    15.39億株

■東証1部売買代金   2.6兆円

■日経平均先物    22,410(-310)

■TOPIX        1,775.65(-21.66)

■騰落        上昇445/下落1,568

■マザーズ指数    1,166.77(-3.97)

■日経JQ       3,974.59(-15.29)

■ドル円       109.45
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は外部環境の悪化を嫌気した売りが優勢に。米政権が自動車関税の引き上げを検討しているとの報道や、円安一服。加えて米朝首脳会談中止の可能性などが相場の重しとなり、先物主導で下げ幅を広げる展開となりました。
 後場は安値圏での小動き。日銀がETF買いに動くとの見方がある一方で、新たな買い材料に乏しく、こう着感を強めた動きとなりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、輸送用機器、海運業、非鉄金属。一方、値上がりしたのは、医薬品、陸運業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎(松田)
後場は、持ち合いでの推移となった。
ドル換算ベースは、204.97ドル -0.15%と小幅下落に転じた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,409.68(-280.06)

■日経平均先物    22,410(-310)

■TOPIX先物      1,774.50(-26.50)

■騰落        上昇406/下落1,614

■日経JQ       3,975.88(-14.00)

■マザーズ指数    1,166.39(-4.35)

■ドル円       109.47

■NYダウ夜間先物  -81

■上海総合指数後場の寄り付き 3,168.50 前日比-0.46 -0.01%

■指数大型      現値1,596.42  前日比-22.90

■指数中型      現値2,154.23  前日比-23.87

■指数小型      現値3,552.16  前日比-34.91



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは23件、429.83億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,439.54(-250.20)

■東証1部出来高    7.59億株

■東証1部売買代金   1.24兆円

■日経平均先物    22,450(-270)

■TOPIX        1,778.58(-18.73)

■騰落        上昇446/下落1,536

■マザーズ指数    1,163.72(-7.02)

■日経JQ       3,973.28(-16.60)

■ドル円       109.53
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。円高進行を嫌気し売りが先行。米政権が自動車関税の引き上げを検討しているとの報道を受け、自動車株に売りが目立ちました。その後も円の強含み推移とともに下げ幅を拡大。国内では森友・加計問題を巡る政治不安が、また海外では米朝首脳会談の延期の可能性などが相場の重しとなり、冴えない展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、輸送用機器、海運業、非鉄金属。一方、値上がりしたのは、陸運業、医薬品のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続落しました。
 
■桃太郎(松田)
前場は、ポイントの630円あたりで寄りましたが、売り仕掛けから25MAを割れる展開となった。
ドル換算ベースは、204.81ドル -0.24%と下落に転じ、ボックスの半値割れとなった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.03%

上海総合指数 3,167.94 前日比 -1.02 -0.03%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,547.60(-142.14)

■日経平均先物    22,540(-180)

■TOPIX先物      1,783.00(-18.00)

■騰落        上昇534/下落1,419

■日経JQ       3,977.71(-12.17)

■マザーズ指数    1,166.57(-4.17)

■ドル円       109.66

■NYダウ夜間先物  -62

■指数大型      現値1,604.50  前日比-14.82

■指数中型      現値2,164.27  前日比-13.83

■指数小型      現値3,567.32  前日比-19.75



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

昨日の日経平均は久しぶりに下げた!そんなイメージ。
まぁ23000円という達成感もあったのかもしれないが。
大きな要因は、皆様に強気になった理由に6月12日にシンガポールにて米朝首脳会談を実施するとの報道があったからで。
それが行われないかも?となればやはり話は別。ただ現状はまだ中止とも言われておらず予定通りに行われれば株価はトレンドを回復するだろう。
そして、ここでは新興市場だとお伝えしているが、その考えに変更はない。
そこで今朝は、先日も報道があったがマレーシアの有料衛星最大手アストン・マレーシアHDと協力することになった〇〇××だ。
今回の提携で業績への貢献は期待できる。

これと人材関連銘柄でもある広済堂(東1:7868)であるが面白いテクニカル展開となるだろう。

本日の先物レンジ
焦る必要はないが。
押し目買いで良いのではなかろうか。
我々の投資戦略に変更はない。
22500~22690円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

04 ≪ 2018/05 ≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。