七夕キャンペーン


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      23,002.37(+72.01)

■東証1部出来高    12.93億株

■東証1部売買代金   2.12兆円

■日経平均先物    23,010(+80)

■TOPIX        1,813.75(-1.50)

■騰落        上昇1,068/下落933

■マザーズ指数    1,170.62(+16.21)

■日経JQ       3,989.12(+33.98)

■ドル円       111.33
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は米中貿易摩擦への過度な懸念の後退や円安基調の継続など、外部環境を好感した買いが優勢に。時間外取引での米株価指数先物の堅調推移もプラスとなり、日経平均は2万3000円台を回復しました。
 後場に入ると、引き続き円安傾向であるものの、心理的節目の2万3000円を回復したことで利益確定売りが出て上げ幅を縮小。ただ、為替の安定推移が支えとなり下値は限られ、日経平均は2万3000円台を維持した推移となりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、保険業、その他製品、海運業でした。一方、値上がり上位は、ガラス土石製品、機械、空運業となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続伸しました。
 
■桃太郎(松田)
後場は、持ち合いとなり推移。上値追いとはならずでした。
ドル換算ベースは、下落の206.71ドル -0.07%と3日続落。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      23,027.93(+97.57)

■日経平均先物    23,020(+90)

■TOPIX先物      1,816.00(-0.50)

■騰落        上昇980/下落1,000

■日経JQ       3,989.97(+34.83)

■マザーズ指数    1,171.41(+17.00)

■ドル円       111.22

■NYダウ夜間先物  +222

■上海総合指数後場の寄り付き 3,219.16 前日比+25.86 +0.81%

■指数大型      現値1,637.46  前日比-1.10

■指数中型      現値2,198.83  前日比+0.42

■指数小型      現値3,599.12  前日比+4.52


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

2018年4月首都圏マンション発売戸数、14.6%減 4カ月ぶりの減少

不動産経済研究所(東京・新宿)が21日発表した2018年4月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比14.6%減の2342戸だった。4カ月ぶりの減少。
契約戸数は1475戸で、月間契約率は11.7ポイント低下の63.0%だった。18年5月の発売戸数は3000戸前後の見通し。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは25件、230.60億円。
差し引き50億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      23,042.54(+112.18)

■東証1部出来高    6.71億株

■東証1部売買代金   0.1兆円

■日経平均先物    23,040(+110)

■TOPIX        1,818.84(+3.59)

■騰落        上昇1,112/下落862

■マザーズ指数    1,166.20(+11.79)

■日経JQ       3,982.00(+26.86)

■ドル円       110.99
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。米中貿易協議で、米国製品の輸入を拡大するなど中国側が歩み寄る姿勢を見せたことで貿易摩擦への過度な懸念が後退。円安基調の継続も追い風となり買い優勢となりました。時間外取引での米株価指数先物の堅調推移も買い安心感となり、上げ幅を拡大し前場取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ガラス土石製品、機械、パルプ・紙でした。一方、値下がり上位は、保険業、海運業、その他製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数ともに続伸しました。
 
■桃太郎(松田)
前場は、先週末の高値あたりで寄り後じり高となった。リスクオンとなり続伸した。
ドル換算ベースは、207.62ドル +0.37%と3日続落とならず、切り返しの動きとなったがボックス内の動きとなっている。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.40%

上海総合指数 3,206.18 前日比 +12.88 +0.40%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,978.87(+48.51)

■日経平均先物    22,970(+40)

■TOPIX先物      1,816.50(+0.00)

■騰落        上昇1,052/下落903

■日経JQ       3,980.26(+25.12)

■マザーズ指数    1,166.70(+12.29)

■ドル円       111.02

■NYダウ夜間先物  +208

■指数大型      現値1,637.80  前日比-0.76

■指数中型      現値2,199.00  前日比+0.59

■指数小型      現値3,601.52  前日比+6.92



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は週間ベースで8週続伸。
ドル高円安基調継続が日経平均の追い風となっている。
この為替のトレンドを考えると我々の投資戦略に変更はない。
今週から新興市場などに資金が流入してくれば夏には日経平均24000円に近付く可能性は高い。
そして、わが社の若手が日本株を決算発表を分析し気になるのは自動車関連だそうだ。
現状の為替水準。これを考えると下期は上方修正は必至と。
またここでは小型株など恩恵企業が出てくるだろう。
その観点と日産が4割でミッションなどを手掛ける〇〇××辺りは今後増益基調となるだろう。


本日の先物レンジ
23000円を超えることに関してだが特に問題はない。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

4月の貿易収支、貿易黒字6260億円 黒字は3カ月連続

財務省21日発表した4月の貿易収支は6260億円の黒字となった。
貿易黒字は3カ月連続。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 松田(5/20)

週末の米国市場は、ダウ平均は前日終値を挟んでの振幅に終始した。米国債利回りが低下していることから銀行株が下げたほか、決算を受けて半導体関連の一角やエネルギー株が軟調。米中の通商協議進展への期待もあるが、動き出ずとなった。

IMM通貨先物5月15日主要国通貨
円 3680枚の買い越し 9142枚増加し買い越しに転じる
ユーロ 115114枚の買い越し 5391枚の買い越し減
ポンド 5621枚の買い越し 3367枚の買い越し減

■ 先週末は、指摘した、111.07円を一時クリアしたが、米国金利下落から110円台中盤となった。個人的には、タッチしてくれたので良かった。
今週も過熱感はあると思うが、各国で第1四半期の成長が鈍化している、日本に至ってはマイナス成長なども下支え、FOMC議事録などもあり、底堅い動きとイメージしてます。

日経ですが、先週も下値は限定的の上昇基調が続きポイントの22930円は付けた。
流石に週末の動きは過熱感もあり上値は重い展開となった。
ドル換算ベースも208ドルを明確に上抜けるかと思ったが、米国の下落もありボックス内の動きとなってしまっている。
今週も下値が限定的に推移するとイメージしてますので、上値を追えるのか持ち合いとなるのか見ていく段階と感じる。

個別株は、米国は小型株(ラッセル2000)が堅調に推移しているが、日本市場は内需の買戻しや売られていたトヨタ(7203)の買戻しなどでの推移となり、新興市場はリバランスの売り買い止まり、今後も流れが来るのを期待しながら慎重に見ていきます。

今週もよろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 22898円 +33円
NYCFD 24918ドル +203ドル
ドルインデックス 93.70
原油 71.76ドル
VIX 13.42
米10年債 3.055%

NYは、NYダウは1ドル高、米中交渉を注視18日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は1.11ドル高の24715.09、ナスダックは28.13ポイント安の7354.34で取引を終了した。貿易摩擦を巡る米中交渉の結果を見極めたいとの思惑から、寄付き後から揉み合う展開となった。長期金利が高止まりしていることも嫌気され、ハイテク株を中心に上値の重い展開となった。

日経ですが、朝の状況はリスクオンから先週末よりはドル高傾向。
本日も下値は限定的で持ち合うのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.88円 205ドルから208ドル

 22730円から23063円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■21(月)
【国内】
4月貿易統計(8:50)
4月首都圏新規マンション発売(13:00)

《決算発表》
光通信、紙パル商、アジア開発

【海外】
米4月シカゴ連銀活動指数(21:30)

■22(火)
【国内】
20年国債入札

【海外】
米韓首脳会議
米2年国債入札

《米決算発表》
オートゾーン、コールズ、アドバンス・オート・パーツ、イントゥイット、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、TJX

休場:香港、韓国

■23(水)
【国内】
5月の月例経済報告
3月全産業活動指数(13:30)

【海外】
米4月新築住宅販売(23:00)
5/1-2開催のFOMC議事録
米5年国債入札
北朝鮮が核実験場を廃棄(~5/25)

《米決算発表》
ティファニー、ラルフローレン・コーポレーション、ロウズ、ターゲット・コーポレーション、ネットアップ、シノプシス

■24(木)
【海外】
米3月FHFA住宅価格指数(22:00)
米4月中古住宅販売(23:00)
米7年国債入札

《米決算発表》
メドトロニック、ベスト・バイ、オートデスク、ロス・ストアーズ、DXCテクノロジー、ギャップ

■25(金)
【国内】
5月都区部消費者物価指数(8:30)

《決算発表》
オンキヨー、ウチダエスコ

【海外】
独5月Ifo景況感指数(17:00)
米4月耐久財受注(21:30)

《米決算発表》
フット・ロッカー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,715.09 +1.11
■ナスダック
 7,354.34 -28.13
■CME225(円建て)
 22,840 -90(大証比)
■ドイツDAX
 13,077.72 -36.89
■上海総合指数
 3,193.30 +39.02
■ドル円
 110.89

 18日のNY市場はまちまち。米中貿易交渉を巡る不透明感が重しとなり上値の重い展開に。好決算を手掛かりに物色される銘柄がある一方で、米長期金利が依然として高水準であることを嫌気した売りが続きもみ合いとなりました。
 セクター別では、資本財や医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や銀行が下落。
 ADRの日本株はNTT<9432>、三井物<8031>、エーザイ<4523>が小じっかりな他は、トヨタ自動車<7203>、ソニー<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、京セラ<6971>、日東電<6988>がさえないなど、対東証比較(1ドル110.78円換算)で全般軟調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/5/21  6時58分現在

         10年債                      2年債
米国     3.056% (前日比-0.055%)     2.547% (前日比-0.018%)
英国     1.500% (前日比-0.063%)     0.822% (前日比-0.041%)
ドイツ     0.579% (前日比-0.061%)     -0.584% (前日比-0.022%)
ポルトガル 1.868% (前日比+0.065%)     -0.144% (前日比+0.009%)
イタリア    2.229% (前日比+0.114%)     0.092% (前日比+0.072%)
ギリシャ   4.542% (前日比+0.098%)       -
スペイン    1.443% (前日比+0.035%)     -0.301% (前日比-0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

04 ≪ 2018/05 ≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。