FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      22,680.33(-171.42)

■東証1部出来高    13.52億株

■東証1部売買代金   2.25兆円

■日経平均先物    22,620(-210)

■TOPIX        1,771.43(-17.61)

■騰落        上昇507/下落1,518

■マザーズ指数    1,136.27(-15.58)

■日経JQ       3,961.87(-20.68)

■ドル円       110.48
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は売り優勢の展開。米中貿易摩擦への懸念の高まりを背景とした前週末の米株安を嫌気し売りが先行。時間外取引での米株価指数先物の軟調さが意識されるなか、円の強含み推移とともに下げ幅を拡大。大阪府北部の地震が投資家心理を冷やした面もあり、冴えない展開となりました。
 後場は売り物がちにスタート。その後は、地震の影響を見極めたいとして売買を見送るムードが広がり、安値圏での小幅な値動きに終始しました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、石油石炭製品、非鉄金属。一方、値上がりしたのは、建設業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。
 
■桃太郎(松田)
後場は、本日安値付近での持ち合いとなり上値重く推移した。
ドル換算ベースは、205.28ドル -0.39%と続落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓


スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,655.25(-196.50)

■日経平均先物    22,600(-230)

■TOPIX先物      1,766.00(-21.00)

■騰落        上昇469/下落1,552

■日経JQ       3,964.67(-17.88)

■マザーズ指数    1,137.14(-14.71)

■ドル円       110.49

■NYダウ夜間先物  -126

■18日(月)の中国本土市場は端午節のため休場

■指数大型      現値1,595.41  前日比-17.28

■指数中型      現値2,143.65  前日比-26.14

■指数小型      現値3,520.24  前日比-32.83



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは24件、303.78億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,662.68(-189.07)

■東証1部出来高    7.14億株

■東証1部売買代金   1.11兆円

■日経平均先物    22,610(-220)

■TOPIX        1,769.98(-19.06)

■騰落        上昇450/下落1,554

■マザーズ指数    1,129.61(-22.24)

■日経JQ       3,962.71(-19.84)

■ドル円       110.41
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。米中貿易戦争の懸念の高まりを背景とした前週末の米株安を嫌気し売りが先行。その後は、円の強含みや時間外取引で米株価指数先物が軟調であることなどが意識され下げ幅を拡大。朝方発生した大阪府北部の地震が投資家心理を冷やした面もあり、冴えない展開となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、海運業、非鉄金属。一方、値上がりしたのは、建設業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。
 
■桃太郎(松田)
前場は、地震の影響もありリスク回避の動きから630円のポイントを切った。
ドル換算ベースも205.26ドル -0.35%と続落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

6月18日(月)の中国本土市場は端午節のため休場

18日(月)の中国本土市場は端午節のため休場。
取引は6月19日(火)から再開となります。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,708.53(-143.22)

■日経平均先物    22,650(-180)

■TOPIX先物      1,770.50(-16.50)

■騰落        上昇510/下落1,478

■日経JQ       3,972.12(-10.43)

■マザーズ指数    1,138.21(-13.64)

■ドル円       110.53

■NYダウ夜間先物  -89

■指数大型      現値1,599.96  前日比-12.73

■指数中型      現値2,148.92  前日比-20.87

■指数小型      現値3,530.61  前日比-22.46



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

先週末はこちらでの仕事が忙しくお休みとさせてもらった。
また東京市場は迷子になっているようだが、日経新聞を読むと個人投資家がETFを利用して日経平均が下がったら利益がでるようなポジションが人気あるようだ。
我々からするとこの位置が高いとは予想していないので『弱気』になる場面ではないと思っている。
日経平均23000円が壁のようだが我々のように外から見る限りでは低い壁にしか思えない(笑)
ただ、ここでの米中の通商問題が荒れそうな雰囲気は否めない。貿易戦争だとマスコミは騒いでいるし、トランプ氏の発言により中国も貿易戦争を挑発していると。強力な反撃も加えざるを得ないと宣言。
それとOPEC総会の行方だ。

ここは企業業績を分析しながら押し目買いして良いものとの選別時期だろう。



本日の先物レンジ
本日はやや軟調だろう。
ただ安い場面では空売りは注意しろ。
〇〇~〇〇円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

5月の貿易収支、貿易赤字5783億円 赤字は3カ月ぶり

財務省18日発表した5月の貿易収支は5783億円の赤字となった。
貿易赤字は3カ月ぶり。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■18(月)
【国内】
5月貿易統計(8:50)

《決算発表》
ツルハHD

【海外】
米6月NAHB住宅市場指数(23:00)

休場:中国、香港、台湾(端午節)

■19(火)
【国内】
6月月例経済報告
30年国債入札

《決算発表》
アークランド、サンオータス

【海外】
米5月住宅着工件数(21:30)

《米決算発表》
フェデックス、オラクル

■20(水)
【国内】
日銀金融政策決定会合議事要旨(4/26-27開催)
5月訪日外客数(16:00)

【海外】
米1-3月期経常収支(21:30)
米5月中古住宅販売(23:00)
パウエルFRB議長がECBフォーラムで講演

《米決算発表》
マイクロン・テクノロジ

■21(木)
【国内】
5年国債入札

《決算発表》
オプトエレクト

【海外】
米6月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)
米4月FHFA住宅価格指数(22:00)
米5月景気先行指数(23:00)

《米決算発表》
クローガー、レッドハット

■22(金)
【国内】
5月消費者物価指数(8:30)
4月全産業活動指数(13:30)

《決算発表》
サツドラHD

【海外】
OPEC総会

《米決算発表》
カーマックス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 25,090.48 -84.83
■ナスダック
 7,746.38 -14.66
■CME225(円建て)
 22,765 -65(大証比)
■ドイツDAX
 13,010.55 -96.55
■上海総合指数
 3,021.90 -22.26
■ドル円
 110.63

 15日のNY市場は下落。トランプ米政権が中国製品に対し25%の追加関税を課すと表明。これを受け中国も同規模の報復措置の実施を表明するなど、米中貿易戦争の懸念が高まり売り優勢の展開となりました。足元で上昇が目立っていたハイテク株が売られ、また原油安を受けエネルギー株が軟調であったことも相場の重しとなりました。
 セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や食品・飲料・タバコが上昇する一方でエネルギーやテクノロジー・ハード・機器が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、NTT<9432>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、キヤノン<7751>、ブリヂストン<5108>、コマツ<6301>、エーザイ<4523>、日東電<6988>、東レ<3402>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル110.66円換算)で全般冴えない展開でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(6/17)

先週末の米国市場は、ダウ平均は4日続落。トランプ大統領が500億ドル規模の中国からの輸入品への制裁関税措置を承認した。事前に伝わっていた内容ではあったものの、中国が報復した場合には追加するとも付け加えている。その中国は早速、同規模の報復関税を課すと表明した。

■ 発動までに3週間あり、交渉の余地はあるがネガティブな反応をしている。来週のOPEC総会を控え、原油安が止まらず。ファンドの決済が続いてることも個人的にはこちらが気になる。前記はわかってることであるからである。

IMM通貨先物6月12日主要国通貨
円 5052枚の買い越し 8489枚増加し買い越しに転じる
ユーロ 88225枚の買い越し 1011枚の買い越し減
ポンド 10969枚の買い越し 3624枚の買い越し増

■ 米10年債、2.9205% - 0.50%や原油安であるが、ユーロ安からのドル高で、ドルインデックス一時、95台となり、円は売られて、ドル円維持である(ただ、先週予想外にECB理事会で政策金利を延長となり、ドル円のショートポジションを普通なら組んでいたと個人的にも思うし、ショートして踏む展開となった。その解消が週後半は入ったとも感じる)それに。週末の決定会合で、CPIを下方修正したのも円売りとなった。、リスク回避の動きがあるものの110円台キープとなっている。解消が起これば、伸び悩み、今週は動きが出そうにない、解消の進み具合では、109円台前半もあるかもしれない。

さて、日経ですが重要イベントが先週おわり、今週は、来週のメリカり上場から1300億円市場から調達される。人気株なので、市場のマインドが上昇してくれることを期待したい。
指数は、リスクの度合いなのか押し幅は狭く、週末も5月SQ値、6月SQ値の間での狭いレンジとなった。上値重く、日々見ていくこととなりそうである。
ドル換算ベースも現在は上抜けそうで出来ず、ボックス内の戻ってしまった。

今週もよろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/6/18  6時58分現在

         10年債                      2年債
米国     2.921% (前日比-0.015%)     2.547% (前日比-0.016%)
英国     1.328% (前日比-0.006%)     0.723% (前日比-0.012%)
ドイツ     0.403% (前日比-0.023%)     -0.618% (前日比+0.006%)
ポルトガル 1.822% (前日比-0.093%)     -0.126% (前日比-0.027%)
イタリア    2.609% (前日比-0.128%)     0.656% (前日比-0.123%)
ギリシャ   4.496% (前日比-0.100%)       -
スペイン    1.297% (前日比-0.052%)     -0.233% (前日比-0.037%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

05 ≪ 2018/06 ≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。