FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

第8回「七夕キャンペーン」実施中!

第8回「七夕キャンペーン」実施中!7月9日(月)の大引値を当てよう!
毎年多くの方に申し込んで頂いております(^^♪
弊社の夏祭り!ページ上部のバナーからご応募ください!


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
スポンサーサイト

大引け概況

■日経平均      22,338.15(-178.68)

■東証1部出来高    11.96億株

■東証1部売買代金   1.99兆円

■日経平均先物    22,300(-160)

■TOPIX        1,728.27(-16.56)

■騰落        上昇298/下落1,740

■マザーズ指数    1,073.06(-33.15)

■日経JQ       3,879.36(-36.42)

■ドル円       109.41
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は売り優勢の展開となりました。前週末のNYダウの反発を好感し買いが先行したものの、米中貿易摩擦を巡る懸念などが上値を抑え下げ転換。時間外取引での米株価指数先物の軟調推移や、円高進行など外部環境を嫌気した売りに押され前場取引を終えました。
 後場は売りが先行。日銀によるETF買い期待などを支えに下げ幅を縮小する場面がみられましたが、上値は重く、前場同様に次第に下げ幅を拡大。冴えない動きとなりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、陸運業、金属製品、輸送用機器でした。一方、値上がり上位は、鉱業、パルプ・紙、石油石炭製品となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。
 
■桃太郎(松田)
後場は、下げ幅拡大となり推移した。
ドル換算ベースは、下落の204.19ドル -0.27%となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,413.04(-103.79)

■日経平均先物    22,370(-90)

■TOPIX先物      1,729.50(-12.50)

■騰落        上昇434/下落1,590

■日経JQ       3,901.88(-13.90)

■マザーズ指数    1,083.75(-22.46)

■ドル円       109.47

■NYダウ夜間先物  -89

■上海総合指数後場の寄り付き 2,895.43 前日比+5.67 +0.20%

■指数大型      現値1,564.38  前日比-9.35

■指数中型      現値2,098.82  前日比-11.57

■指数小型      現値3,436.47  前日比-45.77



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,434.06(-82.77)

■東証1部出来高    6.06億株

■東証1部売買代金   0.94兆円

■日経平均先物    22,390(-70)

■TOPIX        1,737.12(-7.71)

■騰落        上昇581/下落1,440

■マザーズ指数    1,095.30(-10.91)

■日経JQ       3,911.90(-3.88)

■ドル円       109.51
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前週末のNYダウの反発を好感し買いが先行したものの、米中貿易摩擦を巡る懸念などが上値を抑え下げ転換。米メディアが「トランプ大統領が中国企業による米ハイテク企業への投資を制限することを検討している」と報じたことも相場の重しとなりました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、陸運業、金属製品、空運業でした。一方、値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、海運業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。
 
■桃太郎(松田)
前場は、安値持ち合いとなり上値は重い展開。
ドル換算ベースは、続伸の204.81ドル +0.04%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.47%

上海総合指数 2,903.45 前日比 +13.69 +0.47%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

我々が皆様にここで重要だとお伝えしていたOPEC総会!
結果的に協調減産の一部緩和が決定したが増産幅は大きくなく原油価格への影響は軽微。
またここでは米中通商問題の貿易摩擦!
これだけはトランプ氏がどう対応するかに委ねられ、もう少しマーケットへの影響を見ていかねばならないようだ。
ただ我々の分析からだと企業業績を考えたり、大きな資金の流れを考慮するとマーケットは下げにくい環境にいそうだ。
ここは焦らずマーケットと向き合いたいし、好業績銘柄の押し目買い好機となることだろう。


本日の先物レンジ
ともかく焦らないことだ。
必ずチャンスは来る。
今は我慢の相場なのかもしれない。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,431.89(-84.94)

■日経平均先物    22,380(-80)

■TOPIX先物      1,734.00(-8.00)

■騰落        上昇634/下落1,361

■日経JQ       3,919.84(+4.06)

■マザーズ指数    1,101.82(-4.39)

■ドル円       109.63

■NYダウ夜間先物  -83

■指数大型      現値1,568.28  前日比-5.45

■指数中型      現値2,101.35  前日比-9.04

■指数小型      現値3,457.11  前日比-25.13



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/6/25  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.895% (前日比-0.002%)     2.541% (前日比+0.004%)
英国     1.319% (前日比+0.042%)     0.766% (前日比+0.036%)
ドイツ     0.337% (前日比+0.002%)     -0.665% (前日比+0.002%)
ポルトガル 1.820% (前日比-0.025%)     -0.126% (前日比-0.023%)
イタリア    2.694% (前日比-0.038%)     0.884% (前日比+0.023%)
ギリシャ   4.148% (前日比-0.168%)       -
スペイン    1.353% (前日比+0.017%)     -0.212% (前日比-0.011%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 22517円 変わらず。
NYCFD 24587ドル +6ドル
ドルインデックス 94.47
原油 68.78ドル
VIX 13.77
米10年債、2.8949% - 0.06%

NYは、ダウは119ドル高、原油相場の上昇を好感22日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は119.19ドル高の24580.89、ナスダックは20.14ポイント安の7692.82で取引を終了した。石油輸出国機構(OPEC)で協調減産が緩和されたものの、想定内の増産に留まったことで原油相場が上昇し、S&P500とダウが上昇。しかし、米国と中国及び欧州連合(EU)との貿易摩擦への懸念が強まっており、上値は限られた。

日経指数は持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、109.85円 203ドルから206ドル

 22299円から22629円(現物)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■25(月)
【国内】
日銀政策委員会・金融政策決定会合の主な意見(6/14~15開催分)

《決算発表》
壱番屋、オークワ、しまむら、高島屋、タキヒヨー

【海外】
独6月Ifo景況感指数(17:00)
米5月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)
米5月新築住宅販売(23:00)

■26(火)
【国内】
5月企業向けサービス価格指数(8:50)
20年国債入札

《決算発表》
パレモ・HD、ピックルス、ハピネス&D、瑞光、ライトオン

【海外】
米4月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米6月消費者信頼感指数(23:00)

《米決算発表》
IHSマークイット、レナー

■27(水)
【国内】
《決算発表》
安川情報、夢の街、ハイデ日高、NaITO、パルコ

【海外】
米5月耐久財受注(21:30)
米5月NAR仮契約住宅販売指数(23:00)
米5年国債入札

《米決算発表》
ゼネラル・ミルズ

■28(木)
【国内】
5月商業動態統計(8:50)
2年国債入札

《決算発表》
ニトリHD、Jフロント、象印、ハローズ、銚子丸、スター・マイカ、ストライク、ナガイレーベ、ヒマラヤ

【海外】
米1-3月期GDP確定値(21:30)
EU首脳会議(ブリュッセル ~6/29)

《米決算発表》
ナイキ、アクセンチュア、マコーミック

■29(金)
【国内】
6月都区部消費者物価指数(8:30)
5月完全失業率(8:30)
5月有効求人倍率(8:30)
5月鉱工業生産(8:50)
6月消費動向調査(14:00)
5月住宅着工統計(14:00)

《決算発表》
ダイセキソリュ、トライステージ、ソーバル、アダストリア、トシンG、DCM、WNIウェザー、マルマエ、スギHD、ケーヨー、ジャステック、ダイセキ

【海外】
米5月個人所得(21:30)
米5月個人消費支出(21:30)
米6月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,580.89 +119.19
■ナスダック
 7,692.82 -20.13
■CME225(円建て)
 22,500 +40(大証比)
■ドイツDAX
 12,579.72 +67.81
■上海総合指数
 2,889.76 +13.95
■ドル円
 109.92

 22日のNY市場はまちまち。注目された石油輸出国機構(OPEC)総会では7月から協調減産を緩和することで合意し、これを受け原油相場が急伸。エネルギー株が軒並み上昇し指数を押し上げました。一方で、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は、主力ハイテク株に売りが続き軟調な展開となりました。
 セクター別では、エネルギーやメディアが上昇する一方で、銀行や小売が下落。
ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、三菱商<8058>、資生堂<4911>、HOYA<7741>、TDK<6762>がしっかり。半面、任天堂<7974>、SUBARU<7270>、京セラ<6971>、ANA<9202>、シャープ<6753>はさえないなど、対東証比較(1ドル109.97円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(6/24)

先週末の米国市場は、貿易問題への懸念は根強く、OPEC総会で減産合意となったが予想値より良く、原油反発からエネルギー株に買戻しが入り9日連続安とはならなかった。
ナスダックは下落。IT・ハイテク株は売りが優勢となり下落となった。

■ 個人的には、ダウの採用銘柄入れ替えなどもあり、下落となったイメージはある。
9日連続なら40年ぶりとなった。GEは、最初のダウの12銘柄から入っていたが、一時採用されず再度入りであるが時代の流れなのでしょう。エジソンが造った会社である。
日本も早川電機(シャープ)。松田電機(東芝)なども業績不振に追いやられたので、時代の流れなのでしょう。

IMM通貨先物6月19日主要国通貨
円 35562枚の売り越し 40614枚減少し売り越しに転じる
ユーロ 36118枚の買い越し 52107枚の買い越し減
ポンド 19206枚の売り越し 30175枚減少し売り越しに転じる

■ 先週は、原油の波乱でのリスク回避の動きとコメントしましたが、大きな波乱なく
貿易戦争の拡大からリスク回避の動きとなり、ドル安でなく円が買われ下落となった。
今週も引き続き、米10年債、フラット化もありリスクの動きが出れば、109円台前半はありそうである。109円前半から110円台中盤のボックスを越えることは、もう一歩材料が必要なイメージである。

日経ですが、先週、5日立会中、4日下支えが入るなど下支えが大きかった。
うねりの減少から個別株もしっかり業績の付いてきた株のみ買われる展開は今週も続きそうで、材料株のマインドも低そうである。

指数は、材料不足から上値重く推移となりそうであるが、大きなリスク回避の動きが出ない限り下値も先週同様にある程度抑えられそうである。
ボラの低い展開なのかもしれません。動くことを期待したい。

今週もよろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

05 ≪ 2018/06 ≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。