FC2ブログ

新春キャンペーン


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      22,052.18(+264.04)

■東証1部出来高    12.20億株

■東証1部売買代金   2.04兆円

■日経平均先物    22,070(+270)

■TOPIX        1,711.79(+20.25)

■騰落        上昇1,649/下落390

■マザーズ指数    1,048.63(+23.39)

■日経JQ       3,786.09(+59.44)

■ドル円       110.44
-------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は前週末の米株高を好感した買い優勢の展開となりました。先物主導で上げ幅を拡大し2万2000円台を回復。中国・アジア株や時間外取引の米株価指数先物が堅調であることもプラスとなり、勢いは衰えずじり高となりました。
 後場は買い物がちにスタート。前場同様にアジア株の堅調推移などが支えとなり、小動きながらも高値圏を維持した動きとなりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他金融業、金属製品、医薬品。一方、値下がりしたのは、繊維製品、水産・農林業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。
 
■桃太郎(松田)
後場もリスクオンから戻り高値付近の持ち合いとなった。現物はポイントの050円での引けとなった。
ドル換算ベースは、続伸の199.75ドル +1.53%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

6月景気ウォッチャー調査-現状判断DIは1.0ポイント上昇

9日に内閣府は6月の景気ウォッチャー調査を発表した。現状判断DIは48.1で、前の月に比べて1.0ポイント上昇。
上昇は2カ月ぶり。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

14時の概況

■日経平均      22,065.92(+277.78)

■日経平均先物    22,040(+240)

■TOPIX先物      1,711.00(+21.00)

■騰落        上昇1,616/下落408

■日経JQ       3,785.10(+58.45)

■マザーズ指数    1,048.57(+23.33)

■ドル円       110.44

■NYダウ夜間先物  +139

■上海総合指数後場の寄り付き 2,794.30 前日比+47.07 +1.71%

■指数大型      現値1,552.97  前日比+18.69

■指数中型      現値2,062.67  前日比+24.04

■指数小型      現値3,353.25  前日比+40.61



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは33件、365.63億円。
差し引き10億円の買い越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,063.74(+275.60)

■東証1部出来高    6.04億株

■東証1部売買代金   0.99兆円

■日経平均先物    22,040(+240)

■TOPIX        1,709.26(+17.72)

■騰落        上昇1,464/下落549

■マザーズ指数    1,042.21(+16.97)

■日経JQ       3,773.23(+46.58)

■ドル円       110.48
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前週末の米国株は6月雇用統計で米経済の堅調さが確認され続伸。これを受け国内市場でも買いが先行し、先物主導で上げ幅を拡大。中国・アジア株や時間外取引の米株価指数先物が堅調であることもプラスとなり2万2000円台を回復し、その後も勢いは衰えず上値追いの流れの継続となりました。
 
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、医薬品、鉱業、電気・ガス業。一方、値下がりしたのは、海運業のみとなりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。
 
■桃太郎(松田)
前場は切り返しから続伸となった。22000円を越えた。
ドル換算ベースは、199.75ドル +1.54%と切り返しも大きくなった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.19%

上海総合指数 2,752.45 前日比 +5.22 +0.19%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,955.43(+167.29)

■日経平均先物    21,930(+130)

■TOPIX先物      1,700.00(+10.00)

■騰落        上昇1,181/下落802

■日経JQ       3,764.94(+38.29)

■マザーズ指数    1,037.68(+12.44)

■ドル円       110.42

■NYダウ夜間先物  +97

■指数大型      現値1,543.33  前日比+9.05

■指数中型      現値2,051.32  前日比+12.69

■指数小型      現値3,321.55  前日比+8.91



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

先ず、西日本豪雨によって被害にあった方々には早期復旧できることを願いたい。
さて、先週末まで話題となっていた米中貿易摩擦であるが予定とおりに発動されたようだ!これによりどの位の影響が出てくるのか?恐らく値上げが予想されるが値上げされることによりどの位影響があるのかはまだ誰も予想はつかない。
しかし、ここまで市場心理を冷やしていた米中貿易摩擦!
これをネタに売り優勢であったが一先ず落ち着くだろう。
また今週末のSQまでは様子見かな?と予想していたが、マーケット分析や我々の友人達の運用者の話を聞くとここはSQから流れが変わるのではなくSQに向けて流れが変わると!
即ち、目先買い戻し優勢からSQ値は日経平均22000円を越えているのではないかと。
そうなるとここは日本株も売り込まれた銘柄で業績進捗率の高い銘柄がいち早く戻る可能性はある。
今朝はその観点や西日本を襲った豪雨で家屋補修関連から○〇〇××を取り上げておく。


本日の先物レンジ
反発が期待できる。
売り方もここからまた売り込むにはまだ早い。
売り方からすればここまでの真逆の展開が恐怖となるだろう。
21760~22140円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

5月国際収支―1兆9383億円の黒字 黒字は47カ月連続

財務省が9日発表した国際収支状況(速報)によると、経常収支は1兆9383億円の黒字だった。黒字は47カ月連続。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■9(月)
【国内】
5月経常収支(8:50)
6月景気ウォッチャー調査
黒田日銀総裁が挨拶(支店長会議)
さくらレポート

《決算発表》
ネクステージ、エムビーエス、ファーストコポ、クリエイトSDH、エスクローAJ、コジマ、シグマ光機、トランザクショ、ヨンドシーHD、フジ

【海外】
米5月消費者信用残高(7/10 4:00)

■10(火)
【国内】
6月マネーストック(8:50)
6月工作機械受注(15:00)
5年国債入札

《決算発表》
OSG、アイケイ、スタジオアリス、パルGHD、ハニーズHLD、ビックカメラ、キリン堂HD、アズ企画、ダイユーリック、リソー教育、北興化、MORESCO、デザインワン、ローツェ、竹内製作、コーナン商事、サイゼリヤ、MrMaxHD、プレナス

【海外】
中国6月生産者物価(10:30)
中国6月消費者物価(10:30)
独7月ZEW景況感指数(18:00)

■11(水)
【国内】
6月企業物価指数(8:50)
5月機械受注(8:50)
5月第3次産業活動指数(13:30)
日本とEUが経済連携協定に署名

《決算発表》
サカタのタネ、コシダカHD、柿安本店、ローソン、スタジオアタオ、明光ネット、ベル24HD、GameWith、スター精、ライフコーポ、イズミ、東武ストア、毎コムネット、モリト

【海外】
北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(~7/12 ブリュッセル)
米6月生産者物価指数(21:30)

■12(木)
【国内】
6月都心オフィス空室率
20年国債入札

《決算発表》
ファーストリテイ、ユニー・ファミマ、S Foods、いちご、ディップ、大黒天、JINS、黒谷、フィルカンパニ、コスモス薬品、No.1、SHIFT、PRTIMES、三協立山、Gunosy、安川電、IDOM、リテールPT、島忠、リンガハット、松屋、歌舞伎、CSP、オオバ

【海外】
米6月消費者物価指数(21:30)
米6月財政収支(7/13 3:00)

■13(金)
【国内】
オプションSQ

《決算発表》
パソナ、ブロンコB、タマホーム、ライク、キャンドゥ、ヨシムラフード、北の達人、DDHD、ドトル日レス、SFP、三栄建築、サムティ、クリレスHD、トウキョベース、串カツ田中、ほぼ日、テラスカイ、UUUM、ウォンテッドリ、サインポスト、ダイト、ベクトル、ベイカレント、RPA、CSランバー、SOU、松竹、東宝

【海外】
中国6月貿易収支
米6月輸出入物価指数(21:30)
米7月ミシガン大学消費者マインド指数(23:00)

《米決算発表》
JPモルガン・チェース、PNC フィナンシャル・サービシズ・グループ、シティグループ

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,456.48 +99.74
■ナスダック
 7,688.39 +101.96
■CME225(円建て)
 21,795 -5(大証比)
■ドイツDAX
 12,496.17 +31.88
■上海総合指数
 2,747.23 +13.35
■ドル円
 110.45

 6日のNY市場は上昇。6月米雇用統計は非農業部門雇用者数が市場予想を上回る強い結果となる一方で、求職者が増えたことで失業率は上昇し平均時給の伸びは低下。利上げペースの加速にはつながらないとの見方が広がり買いが優勢となりました。また、来週から相次ぐ主要企業の決算発表を見越した買いも続き指数を押し上げました。
 セクター別では全面高となり、医薬品・バイオテクノロジーやソフトウェア・サービスの上昇が目立ちました。
 ADRの日本株はNTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、資生堂<4911>、ブリヂストン<5108>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>など、対東証比較(1ドル110.47円換算)で全般しっかりでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21847円 +59円
NYCFD 24499ドル +42ドル
ドルインデックス 93.95
原油 73.89
VIX 13.37
米10年債、2.8217 - 0.26%

NYは、ダウは99.74ドル高、雇用統計を好感6日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は99.74ドル高の24456.48、ナスダックは101.96ポイント高の7688.39で取引を終了した。6月雇用統計で非農業雇用者数が前月比21万3千人増と予想を大幅に上振れ、買いが先行。アルツハイマー治療薬に対する良好な治験結果を受けて医薬品・バイオセクターに買いが広がったほか、米中貿易摩擦に関する材料出尽くし感もあり、堅調推移となった。

日経ですが、朝の為替状況は変わらず。
リスクは感じませんせんので、持ち合いとなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替。110.44円 196ドルから198ドル

 21646円から21867円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/7/9  6時28分現在

         10年債                      2年債
米国     2.822% (前日比-0.007%)     2.537% (前日比-0.014%)
英国     1.267% (前日比+0.009%)     0.749% (前日比+0.020%)
ドイツ     0.292% (前日比-0.007%)     -0.657% (前日比-0.009%)
ポルトガル 1.804% (前日比+0.003%)     -0.090% (前日比-0.009%)
イタリア    2.715% (前日比-0.015%)     0.832% (前日比-0.025%)
ギリシャ   3.967% (前日比-0.066%)       -
スペイン    1.309% (前日比-0.020%)     -0.234% (前日比-0.008%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

06 ≪ 2018/07 ≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。