FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      22,865.15(-4.35)

■東証1部出来高    13.03億株

■東証1部売買代金   2.4兆円

■日経平均先物    22,860(-10)

■TOPIX        1,735.35(-3.79)

■騰落        上昇736/下落1,253

■マザーズ指数    1,049.13(+8.79)

■日経JQ       3,823.35(+7.28)

■ドル円       110.97
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は米中貿易摩擦懸念の再燃を背景とした米株安を嫌気し売りが優勢となりました。ただ、中小型株を中心に押し目買いがはいったほか、中国8月製造業PMI(購買担当者景気指数)が市場予想を上回ったことで下げ幅を縮小。小幅な下落にとどまりました。
 後場は買いが先行。上海株の底堅さが確認され上げ幅を広げる一方、戻り売りに押される場面もみられ前日終値近辺でのもみ合いに。週末を控え売買を見送るムードもあり小動きとなりました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、保険業、鉄鋼でした。一方、値上がり上位は、医薬品、精密機器、サービス業となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。
 
■桃太郎(松田)
後場も本日高値付近での持ち合い。しっかりで終わりました。
ドル換算ベースは、205.93ドル +0.54%と切り返しとなった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,844.32(-25.18)

■日経平均先物    22,850(-20)

■TOPIX先物      1,736.50(-3.00)

■騰落        上昇950/下落1,051

■日経JQ       3,822.25(+6.18)

■マザーズ指数    1,045.70(+5.36)

■ドル円       111.01

■NYダウ夜間先物  ±0

■上海総合指数後場の寄り付き 2,736.77 前日比-0.96 -0.04%

■指数大型      現値1,585.95  前日比-4.55

■指数中型      現値2,069.93  前日比+0.06

■指数小型      現値3,386.37  前日比+5.41



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,830.03(-39.47)

■東証1部出来高    5.43億株

■東証1部売買代金   0.92兆円

■日経平均先物    22,830(-40)

■TOPIX        1,735.60(-3.54)

■騰落        上昇867/下落1,113

■マザーズ指数    1,042.08(+1.74)

■日経JQ       3,816.08(+0.01)

■ドル円       110.97
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。米中貿易摩擦懸念の再燃を背景とした前日の米株安を嫌気し売りが先行。主力株に売りが続きましたが、中小型株を中心に物色意欲は旺盛で次第に下げ幅を縮小。中国8月製造業PMI(購買担当者景気指数)が市場予想を上回ったこともプラス視され、小安い水準まで戻し前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉄鋼、非鉄金属、銀行業でした。一方、値上がり上位は、精密機器、不動産業、倉庫運輸関連となりました。
 
 TOPIXは続落、マザーズ指数は続伸、ジャスダックは反落しました。
 
■桃太郎(松田)
前場は、下値は限定的となりよく戻ります。
ドル換算ベースは、205.64ドル +0.42%と切り返しとなった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.28%

上海総合指数 2,730.11 前日比 -7.63 -0.28%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,766.78(-102.72)

■日経平均先物    22,760(-110)

■TOPIX先物      1,731.00(-8.50)

■騰落        上昇641/下落1,306

■日経JQ       3,815.36(-0.71)

■マザーズ指数    1,039.38(-0.96)

■ドル円       110.95

■NYダウ夜間先物  -28

■指数大型      現値1,582.14  前日比-8.36

■指数中型      現値2,061.11  前日比-8.76

■指数小型      現値3,373.28  前日比-7.68



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は残念ながら23000円でまた跳ね返された!
ただこれも我々としては想定内。一気に抜けるにしては連騰し過ぎた!
少しスピード違反と警告したがここまでは秋から年末に向けての良いステップとなったのではなかろうか。
さて、ここでは強い銘柄や売り込まれ過ぎた銘柄への投資をとお伝えしたが、先日お伝えしたALBERT(東マ:3906)は10000円を突破しストップ高となってきたようで米国株のエヌビディアに似てきた。
ここでの為替はまだ右往左往しているが、原油価格を見ていると為替のドル高基調に変化はなくここで半導体セクターが見直されている東京市場は分かりやすい。半導体セクターも先日まで弱い場面があっただけに見直されているのだろう。TDK(東1:6762)、村田製作所(東1:6981)、太陽誘電(東1:6976)などのように。
そしてこの調整局面では好業績銘柄を買うことをお奨めしたい。また内需で良いのではなかろうか。
その観点から先日好業績を発表しストップ高まで買われ、その後調整している...

~以下会員ページ~


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

7月の鉱工業生産は前月比0.1%低下

経済産業省が31日に発表した7月の鉱工業生産指数の速報値は前月比0.1%低下の102.4だった。
低下は3カ月連続。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 22710円 -159円
NYCFD 25962ドル -25ドル
ドルインデックス 94.72
原油 70.07ドル
VIX 13.53
米10年債 2.8550 - 1.01%

NYは、ダウは137ドル安、対中貿易摩擦への懸念強まる米国株式相場は下落。ダウ平均は137.65ドル安の25986.92、ナスダックは21.32ポイント安の8088.36で取引を終了した。連日の株価上昇を受けた利益確定の動きが広がり、売りが先行。カナダとの通商交渉の行方が注目される中、トランプ大統領が、来週にも中国からの輸入品2000億ドルに対する関税引き上げを実施する意向が伝わり、貿易摩擦が一段と激しさを増すとの懸念から下げ幅を拡大し軟調推移となった。

日経ですが、昨日も23000円が壁となり上げ幅縮小となった。
本日は、新興国通貨下落からユーロが売られリスク回避の動きも見られることから
為替分下落から下値も限定的なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.03円 203ドルから205ドル

 22547円から22769円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(31日)
各府省の19年度予算の概算要求締め切り
日中財務対話(北京)
7月有効求人倍率(8:30)
7月完全失業率(8:30)
8月都区部消費者物価指数(8:30)
7月鉱工業生産(8:50)

《決算発表》
ザッパラス、大和コン、トリケミカル、ナトコ、ACCESS、共和工業、巴工業、ピープル、内田洋

■海外(31日)
中国8月製造業PMI(10:00)
米8月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)

休場:マレーシア

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 25,986.92 -137.65
■ナスダック
 8,088.36 -21.32
■CME225(円建て)
 22,735 -135(大証比)
■ドイツDAX
 12,494.24 -67.44
■上海総合指数
 2,737.74 -31.56
■ドル円
 111.02

 30日のNY市場は下落しました。連日の上昇で高値警戒感が強まり軟調なスタート。午後に入りトランプ米大統領が、中国からの輸入品2000億ドルに対し関税の引き上げを指示したと伝わると貿易摩擦懸念が再燃。キャタピラーなど中国売上比率が高い銘柄に売りが続き下げ幅を拡大しました。
 セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や食品・生活必需品小売が上昇する一方で自動車・自動車部品や耐久消費財・アパレルが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、NTT<9432>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、ブリヂストン<5108>、エーザイ<4523>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル111.04円換算)で全般軟調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/8/31  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.855% (前日比-0.029%)     2.649% (前日比-0.026%)
英国     1.455% (前日比-0.034%)     0.745% (前日比-0.018%)
ドイツ     0.346% (前日比-0.058%)     -0.600% (前日比-0.028%)
ポルトガル 1.920% (前日比+0.019%)     -0.122% (前日比+0.013%)
イタリア    3.215% (前日比+0.090%)     1.357% (前日比+0.163%)
ギリシャ   4.370% (前日比+0.147%)       -
スペイン    1.470% (前日比+0.006%)     -0.279% (前日比+0.022%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      22,869.50(+21.28)

■東証1部出来高    13.99億株

■東証1部売買代金   2.63兆円

■日経平均先物    22,870(+20)

■TOPIX        1,739.14(-0.46)

■騰落        上昇1,167/下落844

■マザーズ指数    1,040.34(+10.73)

■日経JQ       3,816.07(+19.61)

■ドル円       111.64
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は前日の米株高を好感し買いが優勢となりました。ただ、2万3000円近辺では主力株を中心に利益確定売りが出て伸び悩み、円の強含みを受け一時はマイナス圏入りする場面もみられました。
 後場は売りが先行。先物買いを交えて持ち直すも、上海株の軟調推移が重しとなり戻りは限定的。そのまま小幅高で取引を終えました。

 業種別では、値下がり上位は、精密機器、輸送用機器、電気・ガス業。一方、値上がり上位は、その他製品、鉱業、水産・農林業となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。
 
■桃太郎(松田)
後場は持ち合いとなり推移。下値も限定的。
ドル換算ベースは、下落の204.90ドル -0.30%となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,893.69(+45.47)

■日経平均先物    22,900(+50)

■TOPIX先物      1,741.00(+2.50)

■騰落        上昇1,208/下落785

■日経JQ       3,818.13(+21.67)

■マザーズ指数    1,041.32(+11.71)

■ドル円       111.65

■NYダウ夜間先物  -33

■上海総合指数後場の寄り付き 2,744.80 前日比-24.49 -0.88%

■指数大型      現値1,592.43  前日比-1.88

■指数中型      現値2,073.21  前日比+7.02

■指数小型      現値3,384.69  前日比+21.20



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,883.64(+35.42)

■東証1部出来高    6.06億株

■東証1部売買代金   1.09兆円

■日経平均先物    22,890(+40)

■TOPIX        1,740.73(+1.13)

■騰落        上昇1,109/下落875

■マザーズ指数    1,033.30(+3.69)

■日経JQ       3,811.45(+14.99)

■ドル円       111.62
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国市場はS&P500とナスダック総合指数が過去最高値を更新。加えてダウ平均株価が最高値に迫る水準であることや円安ドル高進行が好感され買いが先行。ただ、2万3000円近辺では上値が重く次第に売りに押され、その後切り返すも円の強含み推移とともに軟化。一時はマイナス圏入りする場面もみられましたが、小高い水準に戻し前場取引を終えました。

 業種別では、値上がり上位は、鉱業、パルプ・紙、水産・農林業。一方、値下がり上位は、精密機器、銀行業、輸送用機器となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続伸しました。

■桃太郎(松田)
前場は、23000円もありましたが同じように失速。上値の重さを感じる相場展開となった。
ドル換算ベースは、205.13ドル -0.19%と下落転換した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.00%

上海総合指数 2,769.33 前日比 +0.04 +0.00%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,965.92(+117.70)

■日経平均先物    22,970(+120)

■TOPIX先物      1,745.00(+6.50)

■騰落        上昇1,389/下落561

■日経JQ       3,812.74(+16.28)

■マザーズ指数    1,041.89(+12.28)

■ドル円       111.68

■NYダウ夜間先物  +2

■指数大型      現値1,597.87  前日比+3.56

■指数中型      現値2,075.51  前日比+9.32

■指数小型      現値3,381.80  前日比+18.31



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は23000円をどう意識しているのか?
個人的には時間軸からだと少しスピード違反にも見えるが(笑)
トレンド的には日本株特有のチャートだ!
そろそろ先日まで弱気だったマーケット関係者がファンダメンタルズを語っては割安とか言い始めるに違いない。
実際にアベノミクス平均のEPSからだと現状の日経平均は高いのか安いのか?
とりあえず安い位置にはいる。
されどこんなものは安いと思えば買えば良いし、高いと思えば売れば良い。まさに個人的な主観が強い。
マーケットは不思議なもので皆が安いと思っていても買い切ってしまえば株価は上がらないし、これ凄く上がってるなと感じ怖いから買わないとそこから更に上昇する。
それがマーケットだ(笑)
さて、東京市場を見ると強い銘柄には更なる上昇を遂げているのが分かり、例えば...

~以下会員ページ~


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 23083円 +235円
NYCFD 26139ドル +14ドル
ドルインデックス 94.54
原油 69.68ドル
VIX 12.25
米10年債 2.8840 + 0.12%

NYは、ダウは60ドル高、米経済の堅調さを好感米国株式相場は上昇。ダウ平均は60.55ドル高の26124.57、ナスダックは79.65ポイント高の8109.69で取引を終了した。朝方は、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を見極めたいとの思惑から、小動きとなったものの、4-6月期GDP改定値が予想を上振れたほか、主要ハイテク株が選好され、終日堅調推移となった。S&P500及びナスダック総合指数は最高値を更新した。

日経ですが、連騰もあり引けにかけては昨日も上げ幅縮小で終わった。
本日は、米経済指標が良く米金利は小幅高ですがドルは反応してドル高・ユーロ高から
ドル円も反応、23000円台で始まり買い進まれるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.71円 205ドルから208ドル

 22900円から23235円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

07 ≪ 2018/08 ≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。