FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      22,298.08(-300.31)

■東証1部出来高    15.07億株

■東証1部売買代金   2.61兆円

■日経平均先物    22,300(-300)

■TOPIX        1,720.16(-20.00)

■騰落        上昇491/下落1,541

■マザーズ指数    1,003.98(-24.42)

■日経JQ       3,745.27(-14.53)

■ドル円       111.00
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場はダウ平均の続落や円高進行を嫌気し売りが優勢となりました。4-6月期の国内総生産(GDP)は市場予想を上回る成長率となり、上海株がプラスに転じると下げ幅を縮小する場面もみられましたが、10日も継続協議となった日米の閣僚級貿易協議(FFR)の結果を見極めたいとの思惑もあり戻りは限定的となりました。
 後場は売りが先行。新規の買い材料に乏しいなか、円の強含みもありお盆休暇前にポジションを手仕舞う動きが広がり一段安。その後も先物売りを交えて下げ幅を広げ、本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、海運業、不動産業。一方、値上がりしたのは、石油石炭製品のみとなりました。
 
 TOPIX、ジャスダックは続落、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎(松田)
後場は、SQが終わりやっとトレンドが出始め下落となりました。値幅では久しぶりに290円幅取れたので良かったです。
ドル換算ベースは、為替リンク度なく下落。ポイントの202ドルを大きく下回り200.88ドル-1.38%と大きく下落となりました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,445.42(-152.97)

■日経平均先物    22,410(-190)

■TOPIX先物      1,729.00(-12.50)

■騰落        上昇672/下落1,333

■日経JQ       3,744.58(-15.22)

■マザーズ指数    1,010.48(-17.92)

■ドル円       110.77

■NYダウ夜間先物  -45

■上海総合指数後場の寄り付き 2,789.11 前日比-5.27 -0.19%

■指数大型      現値1,584.53  前日比-10.65

■指数中型      現値2,050.20  前日比-8.18

■指数小型      現値3,371.78  前日比-28.23



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・6月第三次産業活動指数:前月比0.5%低下

10日発表された6月の第三次産業活動指数は前月比0.5%低下の105.6だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは26件、552.74億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,494.33(-104.06)

■東証1部出来高    6.56億株

■東証1部売買代金   1.06兆円

■日経平均先物    22,450(-150)

■TOPIX        1,730.39(-9.77)

■騰落        上昇645/下落1,368

■マザーズ指数    1,011.15(-17.25)

■日経JQ       3,750.17(-9.63)

■ドル円       110.95
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米国市場ではダウ平均が続落し投資家心理が悪化。寄り付き前に発表された4-6月期の国内総生産(GDP)は市場予想を上回る成長率となりましたが、円が強含むと売りに押され下げ幅を拡大しました。
 上海株がプラスに転じると下げ幅を縮小する場面もみられましたが戻りは限定され、日米の閣僚級貿易協議(FFR)は10日も継続協議となり様子見ムードが広がるなか、軟調な推移が継続しました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、不動産業、保険業でした。一方、値上がり上位は、石油石炭製品、水産・農林業、ゴム製品となりました。

 TOPIX、ジャスダックは続落、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎(松田)
前場は、ボックス内の動きですが寄り後は下落。持ち合いは続いている。
ドル換算ベースは、202.64ドル -0.48%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.11%

上海総合指数 2,791.40 前日比 -2.98 -0.11%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,466.87(-131.52)

■日経平均先物    22,440(-160)

■TOPIX先物      1,725.00(-16.50)

■騰落        上昇538/下落1,458

■日経JQ       3,757.17(-2.63)

■マザーズ指数    1,015.81(-12.59)

■ドル円       110.85

■NYダウ夜間先物  -58

■指数大型      現値1,582.12  前日比-13.06

■指数中型      現値2,044.88  前日比-13.50

■指数小型      現値3,370.13  前日比-29.88



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は日米貿易協議を控えて様子見ムード。
ただここは決算シーズンでもあり個別銘柄物色となっているようだ。
しかし日経平均もトレンド的には上がりそうで上がらない。されど深押しもない環境に株式投資するにはやりにくい環境に見える。
油断せず押し目買いに徹していきたい。


本日の先物レンジ
日経平均は22500円を値固めに入っているように思われる。
22000円を割れないならばトレンドは上向きだ。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

8月限SQ概算値は22,655.70円(暫定値)

8月限SQ概算値は22,655.70円(暫定値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・7月国内企業物価指数:前年比3.1%上昇 前月比0.5%上昇

08:50発表の日・7月国内企業物価指数は101.8と前年同月比で3.1%上昇、前月比で0.5%上昇だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

4-6月期実質GDP(速報値)年率1.9%増

内閣府が10日発表した2018年4-6月期の国内総生産(GDP)速報値は、物価変動の影響を除く実質で前期比0.5%増、年率換算では1.9%増だった。プラスは2四半期ぶり。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 22563円 -36円
NYCFD 25487ドル -23ドル
ドルインデックス 95.64
原油 66.75ドル
VIX 11.27
米10年債 2.9258 - 1.16%

NYは、ダウは74ドル安、米中関係の悪化が相場の重し米国株式相場はまちまち。ダウ平均は74.52ドル安の25509.23、ナスダックは3.46ポイント高の7891.78で取引を終了した。米中貿易摩擦への懸念から寄付き後はもみ合う展開となったが、4-6月期決算で市場予想を上振れた企業数が2009年第3四半期以来の最多を更新したほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少し、下値を支えた。

日経ですが、昨日は小幅持ち合いとなり推移。トレンド出ずでした。
本日は、SQ後の動きを見ていきますが、トレンドが出にくいのか夏枯なのか見ていきます。

想定レンジ、為替、111.15円 201ドルから204ドル

 22341円から22674円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(10日)
4-6月期GDP(8:50)
7月国内企業物価指数(8:50)
6月第3次産業活動指数(13:30)
オプションSQ

《決算発表》
リクルートHD、東京海上、戸田建、前田建、浜ゴム、レオパレス21、近鉄GHD、東映、ショーボンド、前田道、パーソルHD、エア・ウォーター、ケネディクス、三井金、東プレ、アマダHD、日本郵政、栗田工、かんぽ、ゆうちょ、ドンキホーテH、ナカニシ、凸版印、青山商、ヤオコー、イオンFS、リログループ、SGHD、セコム、アサヒインテック、セイノーHD、コカコーラBJH、Dガレージ、マブチ、SOMPOHD

■海外(10日)
米7月消費者物価指数(21:30)
米7月財政収支(8/11 3:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 25,509.23 -74.52
■ナスダック
 7,891.78 +3.46
■CME225(円建て)
 22,560 -40(大証比)
■ドイツDAX
 12,676.11 +42.57
■上海総合指数
 2,794.38 +50.31
■ドル円
 111.11

 9日のNY市場はまちまち。好決算銘柄への買いが相場を支える一方、米中貿易摩擦を巡る懸念が重しとなり前日の終値近辺でもみ合いに。原油安を受けエネルギー株が売られ、米長期金利の低下で金融株が下落するなど、取引終盤にかけて売りが勝る展開となりました。
 セクター別では、電気通信サービスやメディアが上昇する一方で食品・生活必需品小売や家庭用品・パーソナル用品が下落。
 ADRの日本株はファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、資生堂<4911>、富士フイルム<4901>が堅調な半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、任天堂<7974>、コマツ<6301>、エーザイ<4523>が冴えないなど、対東証比較(1ドル111.08円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/8/10  7時15分現在

         10年債                      2年債
米国     2.926% (前日比-0.034%)     2.645% (前日比-0.023%)
英国     1.296% (前日比-0.017%)     0.735% (前日比-0.003%)
ドイツ     0.375% (前日比-0.023%)     -0.613% (前日比-0.018%)
ポルトガル 1.767% (前日比-0.004%)     -0.171% (前日比-0.014%)
イタリア    2.898% (前日比-0.016%)     0.997% (前日比+0.014%)
ギリシャ   4.114% (前日比+0.119%)       -
スペイン    1.394% (前日比-0.013%)     -0.290% (前日比+0.001%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

07 ≪ 2018/08 ≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。