FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      23,869.93(+195.00)

■東証1部出来高    20.78億株

■東証1部売買代金   3.96兆円

■日経平均先物    23,750(+290)

■TOPIX        1,804.02(+16.42)

■騰落        上昇1,591/下落456

■マザーズ指数    1,040.43(+14.38)

■日経JQ       3,803.19(+28.31)

■ドル円       112.74
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は買いが優勢となりました。前日の米国市場でNYダウが過去最高値を更新する大幅な上昇となったことに加え、円安ドル高進行が好感され幅広い銘柄が上昇。一方で、日米閣僚級貿易協議や、3連休を控え様子見姿勢が強まるなか、連日の上昇に対する利益確定売りに伸び悩む場面もみられました。
 後場は円の弱含みを受け一段高。中国・アジア株高や、時間外取引の米株価指数先物の堅調推移もプラスとなり緩やかな上値追いに。引けにかけては上げ幅を縮小し本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、海運業、保険業。一方、値下がりしたのは、その他製品、金属製品、医薬品のみとなりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■桃太郎(松田)
後場は、続伸。現物の24000円付近までつける場面となった。
ドル換算ベースは、211.79ドル +0.32%と小幅続伸した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

14時の概況

■日経平均      23,914.52(+239.59)

■日経平均先物    23,760(+300)

■TOPIX先物      1,792.00(+22.50)

■騰落        上昇1,622/下落422

■日経JQ       3,799.49(+24.61)

■マザーズ指数    1,037.11(+11.06)

■ドル円       112.72

■NYダウ夜間先物  +73

■上海総合指数後場の寄り付き 2,759.75 前日比+30.51 +1.12%

■指数大型      現値1,655.54  前日比+14.89

■指数中型      現値2,148.73  前日比+21.64

■指数小型      現値3,449.52  前日比+37.70



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは31件、304.12億円。
差し引き70億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      23,793.35(+118.42)

■東証1部出来高    7.89億株

■東証1部売買代金   1.43兆円

■日経平均先物    23,660(+200)

■TOPIX        1,797.09(+9.49)

■騰落        上昇1,524/下落488

■マザーズ指数    1,035.90(+9.85)

■日経JQ       3,797.76(+22.88)

■ドル円       112.57
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国市場でダウ平均株価が過去最高値を更新する大幅な上昇となったことに加え、円安ドル高進行が好感され買いが先行。買い一巡後は、連日の上昇に対する利益確定売りに伸び悩みましたが、大きな崩れに至らずもみ合いに。日米閣僚級貿易協議や、3連休を控え様子見姿勢が強いなかプラス圏での推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、保険業、水産・農林業、海運業でした。一方、値下がり上位は、金属製品、その他製品、ゴム製品となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数、ジャスダックは反発しました。

■桃太郎(松田)
前場は、高値持ち合いとなりトレンドレス。
ドル換算ベースは、211.47ドル +0.18%と続伸となった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は+0.17%

上海総合指数 2,733.87 前日比 +4.63 +0.17%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      23,812.51(+137.58)

■日経平均先物    23,660(+200)

■TOPIX先物      1,785.50(+16.00)

■騰落        上昇1,585/下落433

■日経JQ       3,798.70(+23.82)

■マザーズ指数    1,039.44(+13.39)

■ドル円       112.51

■NYダウ夜間先物  +67

■指数大型      現値1,650.83  前日比+10.18

■指数中型      現値2,138.48  前日比+11.39

■指数小型      現値3,442.61  前日比+30.79



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

我が本拠地米国市場は8ヶ月ぶりにNYダウ最高値!
実に愉快であり素晴らしい日を遂げている。
トランプ大統領はお騒がせな人物であるがマーケット史においては最高値においての大統領と名を刻んだこととなり米国に見習えではないが、安倍政権の元次なるステージへ東京市場も向かって欲しい。
安倍政権の国策としてこれまで色々な政策が出てきた!
マーケットにおいても『国土強靭化』や『働き方改革』など発表されその後その関連銘柄はそれなりに『国策は買い』に伴い株価も上昇。
そこで、世界的な観点からや国策級のテーマとなっているのが『QR決済関連』で。
このQR決済とは、キャツシュレスに値する。キャツシュレスとはクレジットカードやスマホのQR決済など会計時に現金を使わないこと。消費者は現金を持ち歩く必要がなく店側も現金管理の手間が省け双方にメリットがある。
その観点から今朝は...

~以下会員ページ~


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 23853円 +178円
NYCFD 26699ドル +42ドル
ドルインデックス 93.88
原油 70.18
VIX 11.80
米10年債、3.0626 0.00%

NYは、ダウは251ドル高、投資家のリスク選好姿勢が改善米国株式相場は上昇。ダウ平均は251.22ドル高の26656.98、ナスダックは78.19ポイント高の8028.23で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数が予想を上振れるなど、米経済の堅調さが示され、買いが先行。米中貿易摩擦の懸念後退により投資家心理がやや改善したことから、終日上昇となった。S&P500及びダウは史上最高値を更新した。

日経ですが、昨日は続伸もあり総裁選後は不安定な動きとなり上げ幅縮小となったが続伸した。
本日は海外動向高、為替推移もユーロ高でドル高でのあり丁度良い環境となり四条貴音となった。30銘柄中28枚柄が高く推移した。
日経も高寄り後為替推移も112円台中盤から続伸できるのか見ていきたい。
貸し株返済からの買戻しはピークは過ぎそろそろ落ちくかとは思います。

想定レンジ、為替、112.45円 210ドルから213ドル

 23615円から23951円(現物)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(21日)
8月消費者物価指数(8:30)
7月全産業活動指数(13:30)

《決算発表》
サツドラHD

■海外(21日)
予定はありません。

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 26,656.98 +251.22
■ナスダック
 8,028.23 +78.19
■CME225(円建て)
 23,680 +220(大証比)
■ドイツDAX
 12,326.48 +107.46
■上海総合指数
 2,729.24 -1.61
■ドル円
 112.47

 20日のNY市場は上昇。米中貿易摩擦への警戒感が後退し投資家心理が改善。中国売上比率が高い銘柄が買われたほか、米長期金利の上昇を背景に金融株が上昇。週間新規失業保険申請件数など経済指標の改善も好感され、幅広い銘柄に買いが続きダウ平均株価、S&P500は過去最高値を更新しました。
 セクター別ではエネルギーを除いて全面高となり、特に家庭用品・パーソナル用品やソフトウェア・サービスの上昇が目立ちました。
 ADRも日本株は任天堂<7974>が冴えない他は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、デンソー<6902>、エーザイ<4523>、富士フイルム<4901>、日鉄住金<5401>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル112.49円換算)で全般堅調でした。

各国債券利回り

2018/9/21  7時38分現在

         10年債                      2年債
米国     3.063% (前日比+0.008%)     2.791% (前日比-0.008%)
英国     1.608% (前日比+0.040%)     0.844% (前日比+0.024%)
ドイツ     0.487% (前日比+0.007%)     -0.525% (前日比-0.004%)
ポルトガル 1.892% (前日比+0.038%)     -0.090% (前日比+0.011%)
イタリア    2.852% (前日比+0.062%)     0.737% (前日比+0.107%)
ギリシャ   4.106% (前日比+0.027%)       -
スペイン    1.527% (前日比+0.022%)     -0.202% (前日比+0.001%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      23,674.93(+2.41)

■東証1部出来高    16.73億株

■東証1部売買代金   2.98兆円

■日経平均先物    23,460(-60)

■TOPIX        1,787.60(+1.94)

■騰落        上昇1,090/下落932

■マザーズ指数    1,026.56(-3.82)

■日経JQ       3,776.52(-2.73)

■ドル円       112.14
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は前日の米株高や円安基調の継続を好感し買いが優勢となりました。自民党総裁選の結果を見極めたいとして様子見ムードが広がるなか、前日までの大幅な上昇に対する利益確定売りが上値を抑える一方、押し目買いが入りもみ合う展開となりました。
 後場は引き続きもみ合う展開に。自民党総裁選の結果を受け下げに転じる場面もみられましたが、プラス圏で本日の取引を終えました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、銀行業、鉄鋼でした。一方、値下がり上位は、パルプ・紙、空運業、金属製品となりました。

 TOPIXは続伸、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。

■桃太郎(松田)
後場は、総裁選後、出尽くし感から売られましたが、引けにかけては戻す展開。
トレンドレスとなりました。
ドル換算ベースは、210.94ドル +0.05%と小幅続伸。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      23,735.12(+62.60)

■日経平均先物    23,580(+60)

■TOPIX先物      1,777.50(+7.00)

■騰落        上昇1,105/下落894

■日経JQ       3,777.87(-1.38)

■マザーズ指数    1,025.69(-4.69)

■ドル円       112.18

■NYダウ夜間先物  +31

■上海総合指数後場の寄り付き 2,727.71 前日比-3.14 -0.11%

■指数大型      現値1,644.17  前日比+6.36

■指数中型      現値2,130.75  前日比+3.77

■指数小型      現値3,415.49  前日比+5.74



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケッット取引

ランチバスケットは25件、278.24億円。
差し引き30億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      23,672.91(+0.39)

■東証1部出来高    7.53億株

■東証1部売買代金   1.27兆円

■日経平均先物    23,550(+30)

■TOPIX        1,784.40(-1.26)

■騰落        上昇843/下落1,151

■マザーズ指数    1,024.43(-5.95)

■日経JQ       3,781.00(+1.75)

■ドル円       112.14
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国市場では米中貿易摩擦への過度な警戒感が後退しダウ平均株価が続伸。1ドル=112円台前半で比較的安定した推移をみせる為替も支えとなり買いが先行しました。その後は、自民党総裁選の結果を見極めたいとの思惑などから小高い水準でのもみ合いに。ただ、前日までの大幅な上昇に対する利益確定売りに押され下げに転じる場面もみられました。
 
 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、金属製品、パルプ・紙でした。一方、値上がり上位は、銀行業、非鉄金属、証券商品先物となりました。

 TOPIX、マザーズ指数は反落、ジャスダックは続伸しました。

■桃太郎(松田)
前場は、総裁選もあり、下値は限定的の持ち合いとなった。
ドル換算ベースは、211.37ドル +0.25%と続伸。現物はなんと変わらずである。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は+0.05%

上海総合指数 2,732.17 前日比 +1.32 +0.05%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は予想通りの展開。
売り方は目先の建て玉分析からだと資金に余裕がなければギブアップだ。
またトレンド的にもここは素直になるところだ。
ただ少し値幅が出過ぎた感あったかな?
まぁ指数はここで落ち着いて貰って次なるステージへの調整局面だと思えば普通だ。
歪なNT倍率は上昇気流の兆しだったようだが、ここで少し歪も解消傾向。
そうなるとここから今月末から来月のSQまでは個別材料株相場となるだろう。
その間、日経平均は上がったり下がったりともみ合っていれば十分。
そこで今朝は...

~以下会員ページ~


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 23763円 +91円
NYCFD 26444ドル +38ドル
ドルインデックス 94.56
原油 70.88ドル
VIX 11.75
米10年債 3.0626 + 0.25%

NYは、ダウは158ドル高、貿易摩擦の過度な警戒感が一服米国株式相場はまちまち。ダウ平均は158.80ドル高の26405.76、ナスダックは6.07ポイント安の7950.04で取引を終了した。米中貿易摩擦の過度な警戒感が一服し、アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。中国の李克強首相が輸出競争力を向上させるために人民元切り下げを行わないと発言し、貿易摩擦への懸念が後退した。S&P500やダウは上昇したものの、主要ハイテク株には売りが広がった。

日経ですが、昨日も下値は限定的となり続伸。引け際は益出しも見られた。
本日もリスクオンから米国高、米金利も高く、ドル円も安定から続伸局面ですが下値も限定的なのか見ていきます。総裁選となる。

想定レンジ、為替、112.30円 210ドルから213ドル

 23583円から23919円(現物)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(20日)
20年国債入札
自民党総裁選挙投開票
東京ゲームショウ2018(~9/23)

《決算発表》
クスリのアオキ

■海外(20日)
米9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数(21:30)
米8月中古住宅販売件数(23:00)
米8月CB景気先行総合指数(23:00)
米10年インフレ連動国債入札

《米決算発表》
マイクロン・テクノロジー、ダーデン・レストランツ

休場:インド

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

08 ≪ 2018/09 ≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。