FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      22,307.06(-180.88)

■東証1部出来高    13.09億株

■東証1部売買代金   2.26兆円

■日経平均先物    22,380(-100)

■TOPIX        1,684.31(-8.10)

■騰落        上昇673/下落1,343

■マザーズ指数    1,008.62(-1.33)

■日経JQ       3,733.61(-15.11)

■ドル円       110.58
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は前日の米ハイテク株安を嫌気し売りが優勢となりました。日米貿易摩擦問題を巡る報道を受け円高ドル安が進行し、相次ぐ災害による経済への影響が懸念され軟調な展開。ただ、上海株の上昇を受け下げ幅を縮小する場面もみられました。
 上海株が下げに転じ後場は売りが先行。下げ幅は一時300円超となりましたが、日銀によるETF買い観測を支えに下げ幅を縮小。その後は2万2300円近辺での持ち合いとなりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、電気機器、金属製品でした。一方、値上がり上位は、電気・ガス業、陸運業、パルプ・紙となりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。
 
■桃太郎(松田)
後場は、下げ幅縮小とすっきり感が出ない相場展開。
ドル換算ベースは、201.93ドル 後場変わらずとなった。管理相場は続く。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

日本7月-景気動向指数:一致指数は0.6ポイント低下

7月の景気動向指数(速報値)は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.6ポイント低下の116.3となった。
数カ月先の景気を示す先行指数は1.1ポイント低下の103.5。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

14時の概況

■日経平均      22,274.48(-213.46)

■日経平均先物    22,270(-210)

■TOPIX先物      1,682.00(-9.50)

■騰落        上昇582/下落1,440

■日経JQ       3,728.74(-19.98)

■マザーズ指数    1,007.16(-2.79)

■ドル円       110.56

■NYダウ夜間先物  -33

■上海総合指数後場の寄り付き 2,684.21 前日比-7.38 -0.27%

■指数大型      現値1,536.77  前日比-8.29

■指数中型      現値2,007.83  前日比-13.57

■指数小型      現値3,258.42  前日比-28.69



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは15件、397.07億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,264.11(-223.83)

■東証1部出来高    6.11億株

■東証1部売買代金   1.01兆円

■日経平均先物    22,270(-210)

■TOPIX        1,679.90(-12.51)

■騰落        上昇510/下落1,500

■マザーズ指数    1,004.55(-5.40)

■日経JQ       3,730.27(-18.45)

■ドル円       110.59
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前日の米ハイテク株安を嫌気し売りが先行。日米貿易摩擦問題を巡る報道を受け、1ドル=110円台半ばまで円高ドル安が進行したこともマイナス材料となりました。上海株の上昇はプラスであるものの、相次ぐ災害による経済への影響が懸念され軟調な推移となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、建設業でした。一方、値上がり上位は、電気・ガス業、陸運業、その他金融業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。
 
■桃太郎(松田)
前場は、対日貿易摩擦懸念もあり下げ幅拡大。
ドル換算ベースは、201.28ドル -0.35%と続落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.19%

上海総合指数 2,696.68 前日比 +5.09 +0.19%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,254.96(-232.98)

■日経平均先物    22,260(-220)

■TOPIX先物      1,678.00(-13.50)

■騰落        上昇367/下落1,653

■日経JQ       3,723.55(-25.17)

■マザーズ指数    996.15(-13.80)

■ドル円       110.48

■NYダウ夜間先物  -49

■指数大型      現値1,533.71  前日比-11.35

■指数中型      現値2,003.68  前日比-17.72

■指数小型      現値3,250.22  前日比-36.89



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は22500円を値固めする時間軸と予想しているが、日本を襲った台風、地震と相次ぐ天災を理由に投資家はまた一気にリスク回避。
頭では分かっているのだろうが少し残念なトレンドとなっている。
また、米中貿易問題や新興国不安は警戒しているものの、ある程度理解してきたマーケット関係者。そうなればここは既にマーケットは織り込んでいるように思われる。
しかしマーケットは下がれば不安となりしっかり上昇してこないとこの不安は消せないのが事実を理解するに値する。
さて、その中でもマーケットは様々な観点、角度からテーマ株物色は静かに盛り上がりを見せている。
平成最後の2018年を見据えここからどんな銘柄が賑わってくるのか!
そこで今朝はこの相場の中、5日続伸を果たしている...

~以下会員ページ~


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 22392円 -96円
NYCFD 25987ドル -9ドル
ドルインデックス 95.03
原油 67.92ドル
VIX 14.85
米10年債 2.8731 - 1.00%

NYは、ダウは20ドル高、ハイテク株には売りが広がる米国株式相場はまちまち。ダウ平均は20.88ドル高の25995.87、ナスダックは72.45ポイント安の7922.73で取引を終了した。朝方は、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を見極めたいとの思惑から小動き。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、堅調な8月ISM非製造業景況指数が好感されたものの、中国からの輸入品2000億ドルに対する関税引き上げへの警戒感が根強いほか、ハイテク株への売りも継続した。

昨日の日経ですが、3回目の買い支えが入り下値も限定的に推移した。
本日は、トランプ大統領が日本との貿易論争の可能性をほのめかしたため、リスクの動きから買いとなり、110円台中盤、当然買い支えも入ると思うが下値も限定的となるのか調整色が濃くなるのか見ていきます。

想定レンジ、為替、110.58円 200ドルから203ドル

 22116円から22447円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(7日)
7月家計調査(8:30)
7月毎月勤労統計調査(9:00)
7月景気動向指数(14:00)

《決算発表》
ゼネパッカー、べステラ、フルスピード、アルトナー、日駐、ケア21、ストリーム、ポールHD、エイチーム、ソフトウェアサー、フリービット、アイル、gumi、アイリッジ、ミライアル、ユークス、クミアイ化、日本スキー、イトクロ、インスペック、トミタ電機、ハイレックス、マツモト、ファースト住、カナモト、精養軒、丹青社、理研グリン

■海外(7日)
米8月雇用統計

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 25,995.87 +20.88
■ナスダック
 7,922.73 -72.45
■CME225(円建て)
 22,405 -75(大証比)
■ドイツDAX
 11,955.25 -85.21
■上海総合指数
 2,691.59 -12.74
■ドル円
 110.67

 6日のNY市場はまちまち。米中貿易摩擦の激化が懸念されるなか、仏エンジン大手サフランが出荷を加速する見通しが伝わると、ボーイングの出荷増の思惑が高まり上昇。一方で、前日急落したツイッターとフェイスブックなどハイテク株への売りが継続。ナスダック総合指数は連日大幅な下落となりました。
 セクター別では、電気通信サービスや食品・飲料・タバコが上昇する一方で半導体・半導体製造装置やエネルギーが下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、伊藤忠<8001>、エーザイ<4523>、積水ハウス<1928>、LINE<3938>など対東証比較(1ドル110.71円換算)で全般軟調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/9/7  7時20分現在

         10年債                      2年債
米国     2.873% (前日比-0.029%)     2.633% (前日比-0.016%)
英国     1.416% (前日比-0.026%)     0.738% (前日比-0.002%)
ドイツ     0.355% (前日比-0.025%)     -0.573% (前日比-0.015%)
ポルトガル 1.881% (前日比+0.007%)     -0.117% (前日比+0.005%)
イタリア    3.058% (前日比+0.123%)     0.954% (前日比-0.078%)
ギリシャ   4.413% (前日比-0.142%)       -
スペイン    1.449% (前日比+0.000%)     -0.262% (前日比+0.010%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

08 ≪ 2018/09 ≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。