FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      24,245.76(+125.72)

■東証1部出来高    12.10億株

■東証1部売買代金   2.44兆円

■日経平均先物    24,310(+180)

■TOPIX        1,817.96(+0.71)

■騰落        上昇958/下落1,079

■マザーズ指数    1,074.99(-2.56)

■日経JQ       3,851.03(+19.54)

■ドル円       113.89
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は114円台に迫る円安進行を好感し買いが優勢となりました。米国とカナダの北米自由貿易協定(NAFTA)の合意観測を背景に時間外取引の米株価指数先物が上昇。リスク選考ムードが強まり上値を追う展開となりました。
 後場は買い物がちにスタート。連日の上昇に対する利益確定売りが出て上げ幅を縮小しましたが、値がさ株を中心に根強い買いが続き高値圏を維持。終値ベースで年初来高値を更新、約27年ぶりの高値となりました。

 業種別では、値下がり上位は、陸運業、空運業、非鉄金属。一方、値上がり上位は、鉱業、卸売業、繊維製品となり、値下がり数が値上がり数を若干上回りました。

 TOPIX、ジャスダックは続伸、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎(松田)
後場も利益確定の動きは出るものの高値圏での推移となった。
ドル換算ベースは、212.97ドル +0.20%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      24,270.91(+150.87)

■日経平均先物    24,270(+140)

■TOPIX先物      1,817.00(-1.50)

■騰落        上昇910/下落1,105

■日経JQ       3,849.46(+17.97)

■マザーズ指数    1,074.81(-2.74)

■ドル円       113.92

■NYダウ夜間先物  +179

■1日(月)の中国本土市場は国慶節の連休のため休場

■指数大型      現値1,665.06  前日比+0.89

■指数中型      現値2,163.50  前日比-2.45

■指数小型      現値3,487.69  前日比-5.44



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは18件、108.15億円。
差し引き10億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      24,263.07(+143.03)

■東証1部出来高    5.92億株

■東証1部売買代金   1.14兆円

■日経平均先物    24,280(+150)

■TOPIX        1,820.67(+3.42)

■騰落        上昇1,152/下落862

■マザーズ指数    1,076.65(-0.90)

■日経JQ       3,850.70(+19.21)

■ドル円       113.91
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。1ドル=113円台後半までの円安進行を好感し買いが先行。台風被害が続々と報じられ陸運業は冴えない展開となる一方、時間外取引の米株価指数先物の上昇が支えとなり上げ幅を拡大。なお、寄り付き前に発表された9月日銀短観で大企業製造業DIが市場予想を下回る結果となりましたが、影響は限られました。
 
 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉱業、石油石炭製品、繊維製品でした。一方、値下がり上位は、陸運業、非鉄金属、空運業となりました。
 
 TOPIX、ジャスダックは続伸、マザーズ指数は反落しました。

■桃太郎(松田)
前場は、続伸。高値圏での持ち合いとなった。
ドル換算ベースは、213.18ドル +0.31%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

10月1日(月)の中国本土市場は国慶節の連休のため休場

10月1日(月)の中国本土市場は国慶節の連休のため休場。
取引は10月8日(月)から再開となります。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      24,210.44(+90.40)

■日経平均先物    24,220(+90)

■TOPIX先物      1,815.50(-3.00)

■騰落        上昇959/下落1,027

■日経JQ       3,843.97(+12.48)

■マザーズ指数    1,074.94(-2.61)

■ドル円       113.84

■NYダウ夜間先物  +132

■指数大型      現値1,662.63  前日比-1.54

■指数中型      現値2,164.06  前日比-1.89

■指数小型      現値3,490.79  前日比-2.34



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

『日経平均。頑張ってます!』。今月も楽しみですと日本にいる投資家仲間からメールをもらった。
ただ台風が接近していると記載されていたのが気になるが。皆様は大丈夫だっただろうか?十分気をつけて欲しい。
私もこちらで1度ハリケーンを経験したことがあるが恐ろしいと言うか破壊的な風には2度と遭遇したくないと思っている。
さてさて、先週までの日経平均であるが一気に駆け上がった!慌ててはいないが売り方の胸中を察する値動きは仕方がない。
それに乗り遅れるなと買い方だって・・・。しかし、こう一気に駆け上がられると乗り遅れたと不安になるのは面白いもので、双方の考えが一気に日経平均を押し上げた!
そんなイメージである。
ただ今回はタイミング良く為替の援軍も訪れた。
ドル高円安となり我々が想定している対ドル115円方向への兆しが。
さぁここから年末に向けどんなマーケットとなるのか?
アベノミクス集大成となるのか?それとも未だに日銀の目標には届かない日本経済!
投資家と世の中の日本国民との乖離が狭まる事を期待したい。
さて、今朝はその中。
5Gが1年前倒しとなりそうだとのこと。
高速通信が世の中で大きく変化するときが来た!
その観点から銘柄探検が上手い友人から世界中の流れが日々変化する中、5Gの移行により『マルチCDN』サービスに注目だと。
既にテレビ朝日、フジテレビなどに採用され動画配信基盤に導入された○○××は面白そうな会社になってきたと。
テクニカルでも日足、週足、月足ともに移動平均線が上向きに変化してきたことから面白そうだ。
また先日、ウィザス(JQ:9696)が学研HDと業務資本提携を果たしたと。



本日の先物レンジ
流れ的には買わざるリスクとなりそうだ。
24080~24370円

今日強く終わるようならば、下値支持線が23700円台になりそうだ。
押しは浅い形が形成されそうだ。
後は為替だ。
焦る投資家が出てきそうだ。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

9月の日銀短観、大企業製造業DIはプラス19

日銀が1日に発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は大企業・製造業がプラス19。前回の6月調査のプラス21から悪化した。悪化は3四半期連続。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(9/30)

先週末の米国市場は底堅さを見せている。イタリアの財政赤字への懸念がリスクを高め、寄り付きは売りが先行して始まった。イタリア政府はきのう、来年の予算案に基づく財政赤字をGDP比2.4%の水準を目指すことで合意した。EU規則である3%以内には収まってはいるものの、市場は不安感を高めている。きょうのイタリア債は売りが強まり利回りは急上昇。この状況を受けてイタリアの株式市場では銀行株が急落し、その余波で米株式市場でも銀行株が下げを先導した。

■ ダウは、3日連続安後は、高値持ち合い。ナスは、高値圏での持ち合い。S&P500も高値圏持ち合い。先週もFOMC後も堅調に推移した。10年債も過度な動き無く、3%前半での持ち合いも下支えなイメージに個人的には思う。先週末はユーロがイタリア財政不安から売られ、ドルインデックスは上昇したのが少し気がかりであり、96台は黄色かなと思うあたりである。原油の75ドル以上も黄色。(個人的な意見である)フィラデルフィア半導体指数は、鳴かず飛ばずで、不安は残る。

IMM通貨先物9月25日主要国通貨
円 84719枚の売り越し 20964枚の売り越し増
ユーロ 3696枚の買い越し 2030枚の買い越し増
ポンド 67078枚の売り越し 12180枚の売り越し減

■ 先週末の朝の段階でイタリア財政問題は出ていたが、ドル円にはリスクの動き見られず、113円台中盤まであり株式市場も高値更新となった。欧州市場が始まり多少のリスクの動きは見られたが、米国市場からは、ドル高傾向が強まった。今週は、米国雇用統計・日銀短観となる。ドル高傾向が強まり、113円台後半からは昨年安値の114円台中盤まで上昇するのか見ていく段階かとイメージしている。

先週の指数は、8連騰後は、初押しとなったが、週末は高値を抜ける上昇となった。
コメント的には、強気が高まることや割安感から買戻しとは出ているが、株式は個別の動きとなっている。
今週は、リスクはあると思うがその事例は否定され、続伸となるのか、移動平均線と乖離も開きから持ち合いとなるのか見ていく週とはなりそうである。
為替リンク度薄く、先行指数が見当たらず、AI相場の一方通行が目立つ相場かとイメージできる。日々見ていきます。

よろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 24175円 +55円
NYCFD 26565ドル +107ドル
ドルインデックス 95.13
原油 73.40ドル
VIX 12.12
米10年債、3.0612 + 0.31%

NYは、ダウは18.38ドル高、半導体株が上昇28日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は18.38ドル高の26458.31、ナスダックは4.38ポイント高の8046.35で取引を終了した。イタリアの19年予算で財政赤字が前政権から拡大し、欧州株がほぼ全面安、米国株も売りが先行した。その後、上昇に転じたものの、今月末が期限となる米国・カナダの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が合意に至らず、投資家心理の悪化から上値の重い展開となった。

日経ですが、本日は、1日商いとなり初日高のアノマリーとなるのか見ていきます。
為替推移も113円台後半での持ち合いでの推移。
本日より全銘柄が100株単位となり個人は買いやすく、出来高が増えるのか見ていきましょう。

想定レンジ、為替、113.81円 211ドルから214ドル

 24013円から24355円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■1(月)
【国内】
9月日銀短観(8:50)
9月新車販売台数(14:00)
9月軽自動車新車販売台数(14:00)
日経平均株価の定期銘柄入れ替え実施・新構成銘柄で算出開始
上場企業の株式の売買単位が100株に統一

《決算発表》
しまむら、象印、クリエイトSDH、ダイセキソリュ、ダイセキ、メディカネット、日フイルコン、オークワ、キユソー流通

【海外】
米8月建設支出(23:00)
米9月ISM製造業景況指数(23:00)
ノーベル医学生理学賞発表

休場:中国(~10/5)、香港

■2(火)
【国内】
内閣改造・自民党役員人事
9月マネタリーベース(8:50)
9月消費動向調査(14:00)
10年利付国債入札

《決算発表》
キユーピー、アヲハタ、KTK、カネコ種、瑞光、放電精密、ニューテック、ライトオン、平和堂、北恵

【海外】
パウエルFRB議長が講演(全米企業エコノミスト協会会議)
ノーベル物理学賞発表

《米決算発表》
ペイチェックス

休場:インド

■3(水)
【国内】
《決算発表》
良品計画、ウエルシアHD、エスプール、バイク王、川口化、東京個別、WNIウェザー、マルカキカイ、タカキュー

【海外】
米9月ADP雇用統計(21:15)
米9月ISM非製造業景況指数(23:00)
ノーベル化学賞発表

《米決算発表》
レナー

休場:韓国

■4(木)
【国内】
投資の日

《決算発表》
クリーク&リバ、三協立山、不二越、佐鳥電機、ナガイレーベ、毎コムネット、アオキスーパー

【海外】
米8月製造業受注(23:00)

《米決算発表》
コストコ、コンステレーションブランズ

■5(金)
【国内】
8月家計調査(8:30)
8月毎月勤労統計(9:00)
8月景気動向指数(14:00)

《決算発表》
壱番屋、サカタのタネ、パソナ、サンエー、サーラ、わらべや、薬王堂、フェリシモ、TSIHD、システムインテ、シリコンスタシオ、大有機、トーセ、マルゼン、キャリアリンク、エスクローAJ、フロイント、シグマ光機、オンワードHD、ワキタ、パルコ、東武ストア、トーセイ、日本BS放、レノバ、ベルク

【海外】
米8月貿易収支(21:30)
米9月雇用統計(21:30)
米8月消費者信用残高(10/6 4:00)
ノーベル平和賞発表

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 26,458.31 +18.38
■ナスダック
 8,046.35 +4.38
■CME225(円建て)
 24,150 +20(大証比)
■ドイツDAX
 12,246.73 -188.86
■上海総合指数
 2,821.35 +29.58
■ドル円
 113.79

 28日のNY市場は上昇。貿易摩擦問題の長期化が意識されるなか、半導体のインテルなど個別に材料が出た銘柄を中心とした売買となりました。米長期金利の上昇一服を好感し公益事業株や不動産株が上昇しましたが、イタリア財政を巡る不透明感が重しとなり小幅な上昇にとどまりました。
 セクター別では、半導体・半導体製造装置や公益事業が上昇する一方で各種金融や銀行が下落。
 ADRの日本株はエーザイ<4523>、富士フイルム<4901>、HOYA<7741>が堅調な他は、トヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、NTT<9432>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、SUBARU<7270>などが、対東証比較(1ドル113.7円換算)で全般軟調でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/10/1  7時30分現在

         10年債                      2年債
米国     3.061% (前日比+0.009%)     2.819% (前日比-0.008%)
英国     1.573% (前日比-0.025%)     0.824% (前日比-0.008%)
ドイツ     0.470% (前日比-0.059%)     -0.523% (前日比-0.029%)
ポルトガル 1.878% (前日比+0.010%)     -0.085% (前日比+0.023%)
イタリア    3.147% (前日比+0.259%)     1.033% (前日比+0.256%)
ギリシャ   4.184% (前日比+0.140%)       -
スペイン    1.500% (前日比-0.005%)     -0.187% (前日比+0.043%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

09 ≪ 2018/10 ≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。