FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      22,658.16(-182.96)

■東証1部出来高    12.28億株

■東証1部売買代金   2.27兆円

■日経平均先物    22,590(-300)

■TOPIX        1,704.64(-9.23)

■騰落        上昇709/下落1,313

■マザーズ指数    987.67(-4.95)

■日経JQ       3,764.06(+5.77)

■ドル円       112.47
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は上海株安を嫌気し売りが優勢となりました。朝方は前日終値近辺でもみ合いとなりましたが、上海株の大幅下落が確認されると下げ幅を拡大。円安一服も嫌気され軟調な推移となりました。
 後場は中国・アジア株の軟調推移が相場の重しとなり一段安。内需銘柄を中心に押し目買いが入るも指数の戻りは鈍く、本日の安値圏で取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、化学でした。一方、値上がり上位は、パルプ・紙、電気・ガス業、不動産業となりました。
 
 TOPIX、マザーズ指数は反落、ジャスダックは続伸しました。

■桃太郎(松田)
後場も上値重く推移。本日安値付近となった。
ドル換算ベースは、201.12ドル -1.19%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      22,706.25(-134.87)

■日経平均先物    22,700(-190)

■TOPIX先物      1,708.00(-9.00)

■騰落        上昇934/下落1,098

■日経JQ       3,773.51(+15.22)

■マザーズ指数    991.18(-1.44)

■ドル円       112.48

■NYダウ夜間先物  -33

■上海総合指数後場の寄り付き 2,509.71 前日比-51.91 -2.03%

■指数大型      現値1,568.22  前日比-4.30

■指数中型      現値2,036.45  前日比-5.46

■指数小型      現値3,260.47  前日比-3.81



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは19件、24535億円。
差し引き30億円の買い越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      22,720.88(-120.24)

■東証1部出来高    5.92億株

■東証1部売買代金   1.02兆円

■日経平均先物    22,740(-150)

■TOPIX        1,709.69(-4.18)

■騰落        上昇991/下落1,021

■マザーズ指数    991.64(-0.98)

■日経JQ       3,773.81(+15.52)

■ドル円       112.54
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。朝方は円安ドル高進行を好感した買いが入る一方、前日の米株安などが上値を抑え前日終値近辺でのもみ合いに。上海株の大幅な下げが確認されると下げ足を速め、安値圏で前場取引を終えました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、化学でした。一方、値上がり上位は、パルプ・紙、電気・ガス業、その他金融業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数は反落、ジャスダックは続伸しました。

■桃太郎(松田)
前場は、下げ幅拡大となり推移。リスクの動きもあり上値重く推移した。
ドル換算ベースは、202.01ドル -0.75%と下落。米10年債も3.20%台とリスクの動きとなってる。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は-0.65%

上海総合指数 2,544.91 前日比 -16.70 -0.65%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      22,846.90(+5.78)

■日経平均先物    22,840(-50)

■TOPIX先物      1,716.00(-1.00)

■騰落        上昇1,329/下落674

■日経JQ       3,780.91(+22.62)

■マザーズ指数    1,001.51(+8.89)

■ドル円       112.66

■NYダウ夜間先物  -5

■指数大型      現値1,573.96  前日比+1.44

■指数中型      現値2,046.69  前日比+4.78

■指数小型      現値3,276.21  前日比+11.93



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

日経平均は弱気から中立になろうとしている。
狼狽売りをこなし先ずは23000円トライ。即ち我々が考えるスタートラインに日経平均は帰ろうとしているだけで恐れる必要はない。
また今回の日経平均は高値からら2180円幅の急落。
23000円まで回復したところで3分の1戻りの場面だ。
不思議なもので株価が回復してくるとマーケット関係者は押し目買いを告げ投資家に安心感を与えてしまう。
我々とは少し考え方は違うがこれは仕方がないし通る道だ。
結論を言うと。
とりあえず日経平均23000円を回復したら次は2分の1戻り(23350円)を試すための踊り場。
ただまた売り方からすると23000円を超えてくるとあたふたし始めて一気に買い戻し優勢となるのかもしれない。
さて、ともかく安倍政権続投によりこれまでの政策は維持だ。
その観点から
『働き方改革』により人材派遣業は今や稼ぎ時。
良い人材を確保し派遣する。
働く側も自分の商品価値を高める為にスキルをあげなくてはならない時代だ。
その両者の考えが一致しているのが○○××だ。
専門的な資格、研修などを手掛けながら優秀な人材を紹介する。
また最近では関西基盤の医療関連子会社が国民健康保険業務を受注。ある意味国家事業は安定的な収入源となりドル箱を掴んだとするならば時価は投資妙味大だ。



本日の先物レンジ
23000円付近を試しながら。
もみ合いで良いのでは。
22800~23060円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

9月の貿易収支、貿易黒字1396億円 黒字は3カ月ぶり

財務省が18日発表した9月の貿易収支は1396億円の黒字となった。
貿易黒字は3カ月ぶり。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(18日)
黒田日銀総裁が挨拶(支店長会議)
さくらレポート
9月貿易収支(8:50)
20年国債入札

《決算発表》
ゲンキードラ

■海外(18日)
米10月フィラデルフィア連銀景況感指数(21:30)
米9月景気先行指数(23:00)

《米決算発表》
フィリップモリス、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、スナップオン、テキストロン、PPGインダストリーズ、ニューコア、BB&T、トラベラーズ、PayPal、イー・トレード、ピープルズ・ユナイテッド・バンク、アメリカン・エキスプレス、インテュイティヴ・サージカル

休場:インド

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 22899円 +58円
NYCFD 25708ドル +2ドル
ドルインデックス 95.64
原油 69.90ドル
VIX 17.40
米10年債 3.2050 + 1.32%

NYは、ダウ平均は91.74ドル安の25706.68、ナスダックは2.79ポイント安の7642.70で取引を終了した。昨日の株価上昇を受けて利益確定の動きが広がり、売りが先行したものの、FOMC議事録の内容を見極めたいとの思惑から下げ幅を縮小した。FOMC議事録では、当局の大半が中立的水準を超えた金利引き上げを支持したことが明らかとなり、利上げへの警戒感から発表後は小幅下落となった。

日経ですが、昨日は戻りを試し大幅上昇となった。
本日は、米10年債は再び3.20%台となり円安傾向から上昇できるのか見ていきます。

想定レンジ 為替、112.64円 202ドルから205ドル

 22753円から23091円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 25,706.68 -91.74
■ナスダック
 7,642.70 -2.79
■CME225(円建て)
 22,870 -20(大証比)
■ドイツDAX
 11,715.03 -61.52
■上海総合指数
 2,561.61 +15.28
■ドル円
 112.62

 17日のNY市場は下落。前日の大幅上昇に対する反動で利益確定売りが先行。午後に公表された9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、政策金利を中立金利を上回る水準に引き上げる姿勢が明らかになり、これを受け米10年債利回りが上昇。金融株が買われる一方で、利上げへの警戒感から再び売りが強まる展開となりました。
 セクター別では、銀行や保険が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや小売が下落。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、資生堂<4911>が小じっかり。半面、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、エーザイ<4523>が冴えないなど、対東証比較(1ドル112.66円換算)で高安まちまちでした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2018/10/18  7時15分現在

         10年債                      2年債
米国     3.205% (前日比+0.042%)     2.889% (前日比+0.023%)
英国     1.575% (前日比-0.034%)     0.803% (前日比-0.014%)
ドイツ     0.461% (前日比-0.030%)     -0.577% (前日比-0.014%)
ポルトガル 1.948% (前日比+0.008%)     -0.112% (前日比-0.006%)
イタリア    3.548% (前日比+0.095%)     1.348% (前日比+0.049%)
ギリシャ   4.325% (前日比+0.043%)       -
スペイン    1.649% (前日比+0.006%)     -0.150% (前日比-0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

09 ≪ 2018/10 ≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。