FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,507.54(-75.58)

■東証1部出来高    13.92億株

■東証1部売買代金   2.41兆円

■日経平均先物    21,520(-20)

■TOPIX        1,615.89(-9.78)

■騰落        上昇596/下落1,431

■マザーズ指数    946.97(-3.42)

■日経JQ       3,509.41(-8.37)

■ドル円       112.82
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。米国株が連日で大幅安となったことを嫌気し大幅続落でスタート、朝方の売り一巡後は米原油先物の下げ止まりや為替の落ち着きなどが支えになって下げ幅縮小し前場の取引を終えました。
 後場も引き続き、日銀によるETF買いが意識され底堅く推移。引けにかけて大きく下げ幅を縮小し、本日の取引を終えました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、証券商品先物、卸売業。一方、値上がりしたのは、電気機器、パルプ・紙、のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。

■桃太郎(松田)
後場も上昇となり、日銀の買い支えかわかりませんが買戻しとなった。
ドル換算ベースは、190.63ドル -0.61%と下落した。
スポンサーサイト

14時の概況

■日経平均      21,517.25(-65.87)

■日経平均先物    21,510(-30)

■TOPIX先物      1,616.00(-6.80)

■騰落        上昇534/下落1,502

■日経JQ       3,508.98(-8.80)

■マザーズ指数    947.71(-2.68)

■ドル円       112.90

■NYダウ夜間先物  +64

■上海総合指数後場  2,642.18 前日比-3.68 -0.14%

■指数大型      現値1,481.79  前日比-7.28

■指数中型      現値1,929.45  前日比-13.96

■指数小型      現値3,069.81  前日比-23.18

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは23件、326.70億円。
22億売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,447.53(-135.59)

■東証1部出来高    6.95億株

■東証1部売買代金   1.14兆円

■日経平均先物    21,440(-100)

■TOPIX        1,609.94(-15.73)

■騰落        上昇499/下落1,521

■マザーズ指数    956.25(+5.86)

■日経JQ       3,510.00(-7.78)

■ドル円       112.85

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。米国株が連日で大幅安となったことを嫌気し大幅続落でスタート、朝方の売り一巡後は米原油先物の下げ止まりや為替の落ち着きなどが支えになって下げ幅縮小し前場の取引を終えました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気機器、情報・通信業、パルプ・紙となりました。

 マザーズ指数は反発、TOPIX、ジャスダックは続落しました。

■桃太郎
前場は、戻りを試す展開となり推移。為替の下支えもありそうである。
ドル換算ベースは、189.99ドル -094%と下げ幅縮小となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数は-0.82%

上海総合指数 2,624.23 前日比 -21.45 -0.82%

人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時1分の概況

■日経平均      21,353.39(-229.73)

■日経平均先物    21,330(-210)

■TOPIX先物      1,602.50(-19.50)

■騰落        上昇315/下落1,713

■日経JQ       3,499.09(-18.69)

■マザーズ指数    949.33(-1.06)

■ドル円       112.81

■NYダウ夜間先物  -1

■指数大型      現値1,468.94  前日比-20.13

■指数中型      現値1,917.50  前日比-25.91

■指数小型      現値3,056.99  前日比-36.00


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

厳しい朝となりそうだ。
我々は先日の行動は皆様に!ここは焦るなとお伝えしてきた。また11月8日にこんなことをお伝えしたのを覚えているだろうか『デリバティブ取引においては一定の利益は確保できた事、特に指数銘柄に関しては時価と買値で割り負け分に関してはポジション調整を行う。即ち、安い買値だけ保有することになる。

これが我々のルールだ。
これまでこのような我々の手法をお伝えしなかったが、指数絡みの日本株投資分に関しては常に買値を下げて身動き取りやすい状況下におくこと。
更に上がるならば買い増しすれば良い。ダメならその時また考えれば良い。これをやっておかないと我々のようなプロでも負ける。不思議と思われるだろうが。少し良くなり掛けた時にポジションを調整する。』

その後株価はどちらかと言えば弱含み。
即ち、我々ですらあの状態をkeepしているとここでの下げはまともに影響していたことだろう。

さて、米国市場であるがNYダウは我々の戦略会議通り25000ドルを割り込み昨日の後半から少し買い始め2番底を確認するのかを見ていくことになった。ただ我々の宿命はある程度は買ったり売ったりと。単に裸で株を買うわけにもいかずデリバティブ商品を絡めながら個別銘柄を買う。昨日の下落では買い始めたばかりで買ったうちに入らないと報告を受けた。

さてこの局面。

こうなってくるとマーケット関係者は「弱気相場入り」と言い始め割高感や業績先行き懸念を伝え投資家を困惑させるだろう。とりあえずこの環境下からだと皆様には買うならば内需株だろうとお伝えしてきたが。株価をみると正に鉄道・電力・ガスは逆行高。その観点から・・・

~以下会員ページ~

本日の先物レンジ
今日はある程度仕方がないのかもしれないが。
マーケットは夜明け前が一番暗い。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(21日)

9月全産業活動指数(13:30)
10月訪日外客数(16:00)

■海外(21日)
米10月耐久財受注(22:30)
米10月景気先行指数(11/22 0:00)
米10月中古住宅販売(11/22 0:00)

《米決算発表》
ディア・アンド・カンパニー

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 24,465.64 -551.80
■ナスダック
 6,908.82 -119.65
■CME225(円建て)
 21,220 -320(大証比)
■ドイツDAX
 11,066.41 -178.13
■上海総合指数
 2,645.85 -57.66
■ドル円
 112.73

 20日のNY市場は下落。アジアや欧州株式相場の流れを受け、引き続きハイテク大手を中心に売りが先行。10月住宅着工件数が予想を下回ったほか、小売大手の冴えない決算を受けて終日軟調推移となりました。S&P500も1.82%安と続落し、ダウ平均とともに昨年末水準を下回りました。
 セクター別でもテクノロジー・ハード・機器や運輸、エネルギーを中心に全面安となった。
 ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、NTT<9432>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、資生堂<4911>、富士フイルム<4901>、富士通<6702>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル112.76円換算)で全般軟調。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21220円 -363円
NYCFD 24405ドル -61ドル
ドルインデックス 96.80
原油 53.49ドル
金先 1222.20ドル
VIX 22.48
米10年債、3.0628 0.00%

NYは下落。ダウ平均は551.80ドル安の24465.64、ナスダックは119.65ポイント安の6908.82で取引を終了した。アジアや欧州株式相場の流れを受け、引き続きハイテク大手を中心に売りが先行。10月住宅着工件数が予想を下回ったほか、小売大手の冴えない決算を受けて終日軟調推移となった。ダウ平均は一時600ドルを超す下落となり、年初来の上昇分を全て打ち消した。

昨日の日経ですが、買い支えもありましたが、上値重く推移。
本日は、米国今年マイナ圏となり世界経済不安から日経も下落して始まります。
下値模索となるのか見ていきます。

想定レンジ 為替 112.70円 186ドルから190ドル

 20962円から21413円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り一覧

2018/11/21  7時10分現在

         10年債                      2年債
米国     3.063% (前日比+0.000%)     2.804% (前日比+0.014%)
英国     1.383% (前日比+0.005%)     0.709% (前日比+0.011%)
ドイツ     0.350% (前日比-0.023%)     -0.592% (前日比-0.008%)
ポルトガル 1.984% (前日比-0.002%)     -0.153% (前日比+0.002%)
イタリア    3.617% (前日比+0.020%)     1.365% (前日比-0.020%)
ギリシャ   4.690% (前日比+0.117%)       -
スペイン    1.647% (前日比-0.003%)     -0.116% (前日比+0.003%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      21,583.12(-238.04)

■東証1部出来高    14.30億株

■東証1部売買代金   2.33兆円

■日経平均先物    21,540(-300)

■TOPIX        1,625.67(-11.94)

■騰落        上昇734/下落1,294

■マザーズ指数    950.64(-26.26)

■日経JQ       3,519.14(-6.18)

■ドル円       112.53
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は売りが優勢となりました。前日の米ハイテク株安を嫌気し売りが先行。下げた場面では内需銘柄を中心に押し目を拾う動きがみられましたが、やや円高基調であることが上値を抑え、買いの勢いは限られました。
 後場は売りが先行。中国・アジア株安が投資家心理を弱気に傾け下げ幅を拡大。前場に続き内需銘柄への物色は旺盛なものの相場を押し上げるには至らず、その後も安値圏での推移となりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他製品、石油石炭製品、鉱業でした。一方、値上がり上位は、陸運業、電気・ガス業、卸売業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。

■桃太郎(松田)
後場は、安値持ち合いとなり推移。ボックス内の動きで本日もトレンド出ずとなった。
ドル換算ベースは、191.50ドル  -1.00%と下落した。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑


ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,549.16(-272.00)

■日経平均先物    21,540(-300)

■TOPIX先物      1,622.00(-16.50)

■騰落        上昇566/下落1,464

■日経JQ       3,517.78(-7.54)

■マザーズ指数    951.48(-25.42)

■ドル円       112.49

■NYダウ夜間先物  -59

■上海総合指数後場の寄り付き 2,658.68 前日比-44.83 -1.66%

■指数大型      現値1,487.16  前日比-12.93

■指数中型      現値1,939.10  前日比-18.32

■指数小型      現値3,084.12  前日比-31.88



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは22件、382.29億円。
差し引き売り買い均衡との観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,633.64(-187.52)

■東証1部出来高    7.21億株

■東証1部売買代金   1.11兆円

■日経平均先物    21,630(-210)

■TOPIX        1,627.61(-10.00)

■騰落        上昇706/下落1,287

■マザーズ指数    958.55(-18.35)

■日経JQ       3,533.32(+8.00)

■ドル円       112.57
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米ハイテク株安を嫌気し売りが先行。アップル株の急落を受け電子部品株の下落が目立ちました。下げた場面では内需銘柄を中心に押し目買いが入り下げ幅を縮小しましたが、やや円高基調であることなどが上値を抑え、買いの勢いは限られました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、その他製品、鉱業、電気機器でした。一方、値上がり上位は、電気・ガス業、陸運業、海運業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数は反落、ジャスダックは続伸しました。

■桃太郎(松田)
前場は、ポイントの630円の持ち合いでの推移となった。ボックス内の動きでトレンド出ず。
ドル換算ベースは、192.13ドル -0.67%と下落となった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は-0.71%

上海総合指数 2,684.29 前日比 -19.22 -0.71%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,624.02(-197.14)

■日経平均先物    21,630(-210)

■TOPIX先物      1,626.00(-12.50)

■騰落        上昇571/下落1,429

■日経JQ       3,531.71(+6.39)

■マザーズ指数    958.51(-18.39)

■ドル円       112.58

■NYダウ夜間先物  -21

■指数大型      現値1,490.33  前日比-9.76

■指数中型      現値1,944.92  前日比-12.50

■指数小型      現値3,091.83  前日比-24.17



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

突然の報道となった日産会長ゴーン氏の逮捕。
マーケット的には日産・三菱自など関連企業への影響は避けられないが・・・・
相場全体への影響は限られそうだが、結果的に『ゴーンショック』は否めないマーケットとなりそうだ。
それとしかし今年はあまりにも日本企業の不祥事が多すぎる。こんな事が頻繁に発生するようでは投資家への裏切り!から投資家がいなくなる。
まぁ今回の日産自動車(東1:7201)も仏ルノーを助けてきた。
ここでゴーン氏は引退となるだろうが彼が日産から離れ日産自が独立すれば日産は立ち直れるだろうが。

さて、こうなるとますます内需株となるだろうし。
来年の消費増税を日本は控え政府は公共投資などそれなりの景気対策は打たざる得ないだろう。
また近年、日本は自然災害が多く『国土強靭化』を急ぐ必要がある。起きてからでは遅い!起きてしまうことも自然相手だからある程度は仕方がないが、その前にある程度災害を小さく為の行動を取らねばならない。
その観点から調査していくなかで〇〇××であるが、決算発表の内容から国土強靭化に伴い『緊急遮断弁の需要』が発生し受注額が68%増えているようだ。
日本の安全を守る『国策』としても同社の力は必要だ。



本日の先物レンジ
確かに日産の不祥事はマーケットには軽微だろう。
しかし不祥事が多すぎる。

とりあえず月末までの方針に変更はない。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(20日)
20年国債入札

■海外(20日)
米10月住宅着工件数(22:30)
米10月建設許可件数(22:30)

《米決算発表》
キャンベル・スープ、ロス・ストアーズ、メドトロニック、コールズ、ジェイコブズ・エンジニアリング・グループ、ターゲット、ベスト・バイ、ロウズ、フット・ロッカー、オートデスク

休場:ブラジル

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

10 ≪ 2018/11 ≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。