FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      20,977.11(-650.23)

■東証1部出来高    13.27億株

■東証1部売買代金   2.39兆円

■日経平均先物    20,740(-600)

■TOPIX        1,577.41(-39.70)

■騰落        上昇104/下落2,014

■マザーズ指数    926.22(-13.71)

■日経JQ       3,432.98(-26.60)

■ドル円       109.95
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。前場は全面安となりました。欧米の経済指標の悪化や、景気後退のシグナルとなる長短金利の逆転が意識され前週末の米国株が急落したことに加え、1ドル=109円台後半までの円高ドル安進行が嫌気され、リスク回避の売りが続く展開となりました。
 後場は売りが先行。日銀によるETFの買い入れが期待される一方、今晩の米国市場の動向を見極めたいとの思惑もあり戻りは限られ、安値圏での推移の継続となりました。

 業種別では全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、医薬品、鉱業となりました。

 TOPIX、ジャスダックは反落。マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎(松田)
後場は、相変わらず動き無く買い支えから下値は限定的となった。
ドル換算ベースは、190.63ドル -2.32%と下落した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト



ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      20,970.37(-656.97)

■日経平均先物    20,750(-590)

■TOPIX先物      1,556.00(-40.50)

■騰落        上昇87/下落2,036

■日経JQ       3,432.15(-27.43)

■マザーズ指数    925.77(-14.16)

■ドル円       109.98

■NYダウ夜間先物  -65

■上海総合指数後場の寄り付き 3,059.37 前日比-44.78 -1.44%

■指数大型      現値1,448.50  前日比-36.49

■指数中型      現値1,889.95  前日比-50.76

■指数小型      現値2,921.30  前日比-79.03



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      20,930.27(-697.07)

■東証1部出来高    6.80億株

■東証1部売買代金   1.21兆円

■日経平均先物    20,730(-610)

■TOPIX        1,573.10(-44.01)

■騰落        上昇79/下落2,033

■マザーズ指数    926.23(-13.70)

■日経JQ       3,431.45(-28.13)

■ドル円       109.79
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。欧米の経済指標の悪化や、景気後退のシグナルとなる長短金利の逆転が意識され前週末の米国株は急落。1ドル=109円台後半までの円高ドル安進行も嫌気され大幅安でスタート。その後、下げ幅は一時700円超となるなど、幅拾い銘柄にリスク回避の売りが続く展開となりました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉱業、医薬品となりました。

 TOPIX、ジャスダックは反落。マザーズ指数は続落しました。

■桃太郎(松田)
前場は、下落幅拡大となった。後場から戻せるのか見ていく段階。
ドル換算ベースは、190.98ドル -2.15%と下落転換となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-1.46%

上海総合指数 3,058.80 前日比 -45.35 -1.46%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      20,956.11(-671.23)

■日経平均先物    20,750(-590)

■TOPIX先物      1,553.50(-43.00)

■騰落        上昇55/下落2,059

■日経JQ       3,429.89(-29.69)

■マザーズ指数    919.90(-20.03)

■ドル円       109.79

■NYダウ夜間先物  -101

■指数大型      現値1,446.06  前日比-38.93

■指数中型      現値1,887.64  前日比-53.07

■指数小型      現値2,920.01  前日比-80.32



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

本日の日経平均は大きな下げからのスタートとなりそうだ。
この便りを読まれている方で丸山くんのセミナーに参加した方々は我々の投資戦略が今後どう考えているかはお聞きになったと思う。
そして、今後をどう予想しているかも・・・・・・・
我々も本音としてはそうなって欲しくはありません。
予想は予想として、何らかの早期対処が行われるかもしれませんし。
あくまで予想であります。
さて、週末の米国市場では債券市場で「逆イールド」が発生した。
これがマーケットをどの位揺るがすのか?
そして我々が撒いた種は芽が出たがどうなるのか?
しっかり花を咲かせ、実を結び収穫となれるのか?
これについても不安が頭を過るのでは・・・・・
そして週明けの東京市場も大きな不安が頭を過るスタートとなりそうだ。
ただ肝心な時間軸からだと本来ならこのタイミングでの変化はやや想定外!
マーケットの世界では1日で流れが変わることも分かっている。
ただ時間軸からここでの売却が正解なのか?は数日みないと分からない。
ただリスク管理するならば仕方がないゆがみが発生したことは事実である。


本日の先物レンジ
少し残念な週明けとなりそうです。
ここはマーケットを少し素直に分析する必要がありそうだ。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CME(円建て)20995円
NYCFD 25556ドル +53ドル
ドルインデックス 96.63
原油 58.79ドル
金先 1312.40ドル
VIX 16.48
米10年債 2.4390 - 3.86%

NYは下落。ダウ平均は460.19ドル安の25502.32、ナスダックは196.29ポイント安の7642.67で取引を終了した。ユーロ圏、フランス、ドイツの3月製造業PMIがいずれも予想を下回る低調な内容で、欧州株が全面安となり、米国株も売りが先行。先日のFOMCの影響もあり、米国債イールドカーブ(長短金利差)が再び逆転したことから世界経済減速への警戒感が広がり、終日大幅下落となった。

日経ですが、本日はギャップダウンから始まります。
現在は、為替推移は、110円台前半での推移と少し戻してます。
寄り後落ち着いてくるのか見ていきます。ドル換算ベースも週末とあまり変わらず高値持ち合いとなるのか見ていきたい。

想定レンジ 為替 110.06円 191ドルから194ドル

 21021円から21351円(現物)

人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■3/25(月)
【国内】
1月全産業活動指数(13:30)

《決算発表》
アークランド、大光

【海外】
独3月Ifo景況感指数(18:00)
米2月シカゴ連銀活動指数(21:30)

《米決算発表》
レッドハット

■26(火)
【国内】
日銀金融政策決定会合の主な意見(3/14~15開催分)
2月企業サービス価格指数(8:50)
配当・優待権利付き最終売買日
40年国債入札

【海外】
米2月住宅着工件数(21:30)
米2月建設許可件数(21:30)
米1月FHFA住宅価格指数(22:00)
米1月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
米3月消費者信頼感指数(23:00)

《米決算発表》
IHS、マッコーミック・アンド・カンパニー

■27(水)
【国内】
《決算発表》
ニイタカ、ヒマラヤ

【海外】
米1月貿易収支(21:30)
米10-12月期経常収支(23:00)

《米決算発表》
レナー、ペイチェックス、PVHコープ

■28(木)
【国内】
2年国債入札

《決算発表》
夢の街、ハピネス&D、ストライク、GameWith、NaITO、セキチュー、タキヒヨー

【海外】
閣僚級の米中貿易協議(~3/29)
米10-12月期GDP確定値(21:30)
米2月NAR仮契約住宅販売指数(23:00)

《米決算発表》
アクセンチュア

■29(金)
【国内】
2月完全失業率(8:30)
2月有効求人倍率(8:30)
3月都区部消費者物価指数(8:30)
2月鉱工業生産指数(8:50)
2月商業動態統計(8:50)

《決算発表》
トシンG、YE DIGIT、パレモ・HD、ハニーズHLD、スター・マイカ、クラウディアH、岡山製紙、日本エンタ、ERI HD、マルマエ、宝印刷、ヤマシタヘルケア、日プロセス、ジャステック

【海外】
米2月個人所得(21:30)
米2月個人支出(21:30)
米3月シカゴ購買部協会指数(22:45)
米2月新築住宅販売(23:00)

《米決算発表》
カーマックス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(3/24)

先週末の米国市場は下落。ダウ平均は460.19ドル安の25502.32、ナスダックは196.29ポイント安の7642.67で取引を終了した。ユーロ圏、フランス、ドイツの3月製造業PMIがいずれも予想を下回る低調な内容で、欧州株が全面安となり、米国株も売りが先行。先日のFOMCの影響もあり、米国債イールドカーブ(長短金利差)が再び逆転したことから世界経済減速への警戒感が広がり、終日大幅下落となった。

■ 米10年債も昨年3.23%をピークに下落、26951ドルから昨年末には株価も21700ドルまで下落。今年に入りFRBはハト派となり株価も切り返しから85%戻る展開となった。先週末は、10年債と3か月債が逆イールドとなり、リセッションシグナルから1月以来の大幅下落となった。調整は出てきそうではある。トランプ大統領は再選を強く望むことからインフラ投資は続け、他国には強い姿勢を崩すことなく進むことから景気下支えから持ち直す場面は出るであろうとは感じますが債務上限問題も大きなリスクとはなりそうである。4期を目指すであろう。

IMM通貨先物3月19日主要国通貨 
円 59221枚の売り越し 440枚の売り越し増
ユーロ 77704枚の売り越し 1959枚の売り越し増
ポンド 13774枚の売り越し 22922枚の売り越し減

■ ドル安の動きやリスクの動きも強くなり、109円台後半まで下落してきた。
日本の金利も下落から金利差は開いたままでの推移であるが、月末動向から円買いも増えると今週は、109円前後もありそうである。

日経ですが、先週末は、引けはプラス圏まで戻る展開となっていた。
昨年からの下落幅の半値は戻ったが、上値重く推移。
今週は、期末であるが、海外動向安から下値を探る展開となるであろうが、買い支えから限定的なのか見ていきたい。週末には、上値が重いことから紹介銘柄は絞りETF(1570)の売りを一考とコメントした。先物もイブニングでは売り持ちとなっている。
年初の600円強安から3か月経ち戻りも限界なのか見ていく週となりそうである。

今週もよろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2019/3/25  7時42分現在

         10年債                      2年債
米国     2.439% (前日比-0.098%)     2.317% (前日比-0.092%)
英国     1.014% (前日比-0.050%)     0.659% (前日比-0.040%)
ドイツ     -0.015% (前日比-0.056%)     -0.565% (前日比-0.016%)
ポルトガル 1.263% (前日比-0.019%)     -0.268% (前日比-0.001%)
イタリア    2.448% (前日比-0.008%)     0.214% (前日比+0.025%)
ギリシャ   3.764% (前日比+0.032%)       -
スペイン    1.072% (前日比-0.029%)     -0.352% (前日比-0.013%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

02 ≪ 2019/03 ≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。