FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,540.99(+19.46)

■東証1部出来高    13.56億株

■東証1部売買代金   2.22兆円

■日経平均先物    21,500(-50)

■TOPIX        1,567.35(+2.21)

■騰落        上昇978/下落1,062

■マザーズ指数    905.27(+0.35)

■日経JQ       3,479.51(-4.68)

■ドル円       109.18

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前場は安く始まり切り返す展開となりました。米連邦公開市場委員会(FOMC)で市場予想通り0.25%の利下げが決定しましたが、パウエル議長が利下げサイクルの開始を示唆しなかったこと前日の米国株は下落。これを受け日本株は大幅安で始まり、その後は1ドル=109円台前半までの円安ドル高進行を支援材料に下げ幅を縮小する展開となりました。
 後場に入ると小幅な動きに。アジア株安などを嫌気し再度弱含む場面がありましたが、売り込む動きは限られ前日終値近辺でのもみ合いとなりました。

 業種別では、多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は、海運業、化学、空運業でした。一方、値上がり上位は、証券商品先物、銀行業、医薬品となりました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数は続伸、ジャスダックは反落しました。

■桃太郎(松田)
後場は、本日高値付近の小幅推移となった。現物はプラスで引けた。
ドル換算ベースは、197.19ドル -0.54%と続落。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト



ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,509.77(-11.76)

■日経平均先物    21,480(-70)

■TOPIX先物      1,564.50(-1.50)

■騰落        上昇848/下落1,186

■日経JQ       3,480.71(-3.48)

■マザーズ指数    905.71(+0.79)

■ドル円       109.17

■NYダウ夜間先物  +11

■上海総合指数後場の寄り付き 2,909.83 前日比-22.67 -0.77%

■指数大型      現値1,461.76  前日比+4.46

■指数中型      現値1,815.91  前日比-7.10

■指数小型      現値2,926.80  前日比-7.48



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,525.85(+4.32)

■東証1部出来高    6.53億株

■東証1部売買代金   1.14兆円

■日経平均先物    21,480(-70)

■TOPIX        1,567.52(+2.38)

■騰落        上昇902/下落1,104

■マザーズ指数    903.86(-1.06)

■日経JQ       3,479.19(-5.00)

■ドル円       109.17
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。米連邦公開市場委員会(FOMC)で市場予想通り0.25%の利下げが決定しましたが、パウエル議長が利下げサイクルの開始を示唆しなかったこと前日の米国株は下落。これを受け日本株は大幅安で始まり、その後は1ドル=109円台前半までの円安ドル高進行を支援材料に下げ幅を縮小する展開となりました。

 業種別では、値上がり上位は、証券商品先物、銀行業、その他製品。一方、値下がり上位は、電気・ガス業、倉庫運輸関連、化学となり、値上がり数が値下がり数を若干上回りました。

 TOPIXは反発、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。

■桃太郎(松田)
前場は、下げ幅縮小となった。相変わらずトレンドが出にくい相場環境である。
ドル換算ベースは、197.02ドル -0.62%と続落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

中国7月財新製造業PMI 49.9

中国7月財新製造業PMIは49.9


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は-0.40%

上海総合指数 2,920.85 前日比 -11.66 -0.40%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,471.11(-50.42)

■日経平均先物    21,430(-120)

■TOPIX先物      1,564.50(-1.50)

■騰落        上昇780/下落1,201

■日経JQ       3,475.36(-8.83)

■マザーズ指数    900.81(-4.11)

■ドル円       109.24

■NYダウ夜間先物  -32

■指数大型      現値1,461.94  前日比+4.64

■指数中型      現値1,815.85  前日比-7.16

■指数小型      現値2,924.28  前日比-10.00



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

米国市場はFRBからの利下げは予想通りの結果であった。我々とすれば現状やらなくても良さそうな利下げあったが・・・・・・・・・。
そしてマーケットは出尽くしと(笑)
相変わらず馬鹿げた話です。
まぁ東京市場だってふざけた銘柄は多いが。
決算悪くても出尽くし、良くても出尽くし。
ある程度サプライズがなければ素直に反応しない事実。
経営者から見た株価はいつも想定を超え!
可哀想に思えるが事実だろう。
実際、よく聞く話に経営者は今の株価に驚いているとか・・・・・「こんなに高くなって良いのか?またここまで安くならなくてもと」。
こんな話は日常茶飯事だ!
どちらにせよ個別銘柄で売りか買いを判断するなら絶対軸として「トレンド重視」で攻めた方が良い。
ダメなら切る!諦める。
諦めても自分が予想した通りに動くようなら再度IN。
これくらいの軽い気持ちもマーケットで戦うには重要だ。
さて、我々は米国市場の分析をここから下がる過程は諸事情により会社方針としてBUYサイドに回る。
ただ当初の予定からだと。
これ以上書き込みすることは止めておくが・・・・・・
多少、注意は必要だ。
トレンドに逆らわないように。
これは私個人としての見解だ。
後はまた、丸山くんに聞いてくれ。



本日の先物レンジ
どうせ東京市場は安いんだろ。
米国安からのJAPAN安。
そんなもんだろ。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(1日)
7月新車販売台数(14:00)
7月軽自動車新車販売台数(14:00)
10年国債入札

《決算発表》
太陽HD、アーク、双日、小野薬、千代建、王子HD、東ソー、三井化学、ダイセル、科研薬、CTC、大和工、三菱商、相鉄HD、山崎パン、アサヒ、日東紡、TIS、協和キリン、参天薬、大塚商、板硝子、日本製鉄、UACJ、古河電、フジクラ、三井海洋、シャープ、日光電、カシオ、ローム、NOK、マツダ、ヤマハ、日ユニシス、デサント、東邦HD、群馬銀、西武HD、TBS、KDDI、カプコン、コナミHD、ヤマダ電、ミライトHD、イビデン、第四北越、あおぞら、タカラスタン、カカクコム、アウトソシング

■海外(1日)
米7月ISM製造業景気指数(23:00)
米6月建設支出(23:00)

《米決算発表》
デュポン、ゼネラルモーターズ、ケロッグ、ベライゾン・コミュニケーションズ、ヤム・ブランズ、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、モトローラ・ソリューションズ、アリスタネットワークス

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 21356円 -165円
NYCFD 26809ドル -55ドル
ドルインデックス 98.56
原油 57.90
金先 1413.90ドル
VIX 16.12
米10年債 2.0144 -2.12%

NYは下落。ダウ平均は333.75ドル安の26864.27、ナスダックは98.19ポイント安の8175.42で取引を終了した。朝方は、FOMC発表を午後に控えて小動きとなった。注目のFOMCでは大方の予想通り、政策金利が引き下げられた。パウエルFRB議長は、世界情勢の不透明感やインフレ圧力の緩和を背景に利下げを実施したものの、今回の利下げは下方リスクに対する保険であり、長期にわたる利下げ開始を意味するものではないとの認識を示した。同議長の発言を受けて株価は下落した。

日経ですが、昨日は買い支えから21500円台は維持した。
本日は、米国利下げが予想通りに0.25%でしたが、パウエルさんの発言がタカ派的となり利益確定の動きが強まり大きく下落となった。
本日は、先日安値付近から始まりそうであり調整色が濃くなるのか見ていきます。

想定レンジ 為替 108.75円 195ドルから198ドル

 21206円から21532円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2019/8/1  7時38分現在

         10年債                      2年債
米国     2.014% (前日比-0.044%)     1.872% (前日比+0.026%)
英国     0.611% (前日比-0.023%)     0.437% (前日比-0.012%)
ドイツ     -0.440% (前日比-0.041%)     -0.778% (前日比-0.021%)
ポルトガル 0.344% (前日比-0.066%)     -0.554% (前日比-0.010%)
イタリア    1.542% (前日比-0.044%)     -0.030% (前日比-0.037%)
ギリシャ   2.037% (前日比-0.025%)       -
スペイン    0.284% (前日比-0.068%)     -0.493% (前日比+0.005%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

07 ≪ 2019/08 ≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。