FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      20,455.44(-229.38)

■東証1部出来高    12.82億株

■東証1部売買代金   2.18兆円

■日経平均先物    20,350(-300)

■TOPIX        1,486.57(-17.27)

■騰落        上昇444/下落1,655

■マザーズ指数    862.84(-8.90)

■日経JQ       3,357.79(-21.37)

■ドル円       105.37

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は売りが優勢となりました。米中貿易摩擦問題やアルゼンチンの政局不安などが嫌気されリスク回避の売りが先行。円高基調の継続やアジア株安も投資家心理を弱気に傾け、幅広い銘柄に売りが広がりました。
 後場は前引け値を挟み小幅に推移。日銀のETF買い期待が支えとなるものの買い進むには至らず、動意に乏しい展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、鉄鋼、鉱業。一方、値上がりしたのは、繊維製品のみとなりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。

■桃太郎(松田)
後場も上値重くトレンドレス、小動きとなった。
ドル換算ベースは、193.96ドル -0.67%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト



ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      20,436.56(-248.26)

■日経平均先物    20,410(-240)

■TOPIX先物      1,485.00(-13.50)

■騰落        上昇437/下落1,657

■日経JQ       3,357.14(-22.02)

■マザーズ指数    865.08(-6.66)

■ドル円       105.41

■NYダウ夜間先物  +35

■上海総合指数後場の寄り付き 2,793.77 前日比-21.22 -0.75%

■指数大型      現値1,390.94  前日比-15.51

■指数中型      現値1,723.57  前日比-18.81

■指数小型      現値2,754.69  前日比-37.34



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・6月第三次産業活動指数:前月比0.1%の低下

13日に発表された6月の第三次産業活動指数は前月比0.1%の低下の106.9だった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      20,440.51(-244.31)

■東証1部出来高    6.39億株

■東証1部売買代金   1.03兆円

■日経平均先物    20,410(-240)

■TOPIX        1,486.62(-17.22)

■騰落        上昇394/下落1,704

■マザーズ指数    865.04(-6.70)

■日経JQ       3,358.65(-20.51)

■ドル円       105.40

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。米中貿易摩擦問題やアルゼンチンの政局不安などが嫌気されリスク回避の売りが先行。円高基調の継続やアジア株安も投資家心理を弱気に傾け、幅広い銘柄に売りが広がる展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、石油石炭製品、ゴム製品、鉄鋼。一方、値上がりしたのは、繊維製品のみとなりました。

 TOPIXは反落、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。

■桃太郎(松田)
前場は、安寄り後は相変わらずトレンドレス。
ドル換算ベースは、193.79ドル -0.79%と下落となったが水準的にはしっかりである。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は-0.60%

上海総合指数 2,798.05 前日比 -16.94 -0.60%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      20,388.07(-296.75)

■日経平均先物    20,360(-290)

■TOPIX先物      1,480.50(-18.00)

■騰落        上昇310/下落1,793

■日経JQ       3,355.71(-23.45)

■マザーズ指数    865.50(-6.24)

■ドル円       105.38

■NYダウ夜間先物  +41

■指数大型      現値1,386.20  前日比-20.25

■指数中型      現値1,719.01  前日比-23.37

■指数小型      現値2,744.04  前日比-47.99



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

荒れるマーケット!
米国市場も荒れている。
ただ米中貿易問題をここまで意識するには貿易量からするとどうなんだろうか?
さて、我々は計画通りに着実買い進んでいる
まだまだマーケットは不安定ではあるだろうが。
「今週は重要な時間軸」だ。
多少の誤差はあるだろうがこの下落局面は我が社はしっかり買いの指示。
ただ皆様は真似る必要はない。
ダメなら諦められる方はチャレンジしても(笑)

ここからは個人的な投資戦略であるが、ここまでは当初の予定通りに株価は下落している。
我々はマサカの半導体セクター上昇により大きな利益がでたことからこの押し目を買っているが。
皆様は我々と同じとは思っていない。
そして、ここでの更なる下落により投資マインドは冷え込んでしまっているかもしれないが。
大きい流れからすると世界的な金融緩和の到来となったことを考えると「世界的にバブル相場の発生」を起こさせようとしている・・・・・・・・・・・

そろそろ日銀も新たな手を考えねばならない時間軸に来たことだしな。
現状維持の言葉はそろそろ飽きられるぞ。


本日の先物レンジ
今朝は安く始まるだろうが怯える必要はない。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

日・7月国内企業物価指数:前年比0.6%低下

7月国内企業物価指数は101.2で前年同月比で0.6%低下、前月比で横ばいだった。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CFD 20296円 -381円
NYCFD 25919ドル +19ドル
ドルインデックス 97.40
原油 54.75ドル
金先 1512.70ドル
VIX 21.09
米10年債 1.6454 -6.59%

NYは下落。ダウ平均は391.00ドル安の25896.44、ナスダックは95.73ポイント安の7863.41で取引を終了した。中国人民銀行が人民元売買の基準値を元安に設定したことで、米中貿易摩擦への懸念が再び強まり、売りが先行。米長期金利の低下で金融セクターを中心に売りが広がり、終日軟調な展開となった。空港内での大規模デモを受けて、香港国際空港への発着便が全便欠航となったことも嫌気された。

日経ですが、休場明けとなる。
米国市場もリスクの動きが強まり大きく下落となり、本日は、ギャップダウンから始まります。為替推移もリスクの動きから105円前半。
何とか、20500円の持ち合いを維持するイメージであったが、下値を試す動きとなるのか見ていく段階と感じます。

想定レンジ 為替 105.27円 190ドルから193.5ドル

 20001円から20369円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■13(火)
【国内】
7月企業物価指数(8:50)
6月第3次産業活動指数(13:30)
7月工作機械受注(15:00)

《決算発表》
そーせい、サイボウズ、ラクス、ヨコレイ、オイラ大地、ハウスドゥ、FFRI、カルナバイオ、QBネットHD、WSCOPE、ベルトラ、ワタミ、パンパシHD、Wismetac、クラウドワクス、ユーザベース、アドベンチャ、ウェルビー、レスターHD、イーレックス

【海外】
独8月ZEW景況感指数(18:00)
米7月消費者物価指数(21:30)
米国防権限法に基づき政府機関によるファーウェイなど中国企業5社からの部品調達禁止

■14(水)
【国内】
6月機械受注(8:50)

《決算発表》
サイバダイン、エボラブルA、ジーエヌアイ、光通信、すかいHD、オープンハウス、AMBITION、ファインデクス、オプティム、セレス、チェンジ、アミューズ、ソレイジア、出光興産、フリークアウト、メドピア、フェローテック、MTG、トリドールHD、カオナビ、FRONTEO、アルテリア

【海外】
中国7月固定資産投資(11:00)
中国7月鉱工業生産(11:00)
中国7月小売売上高(11:00)
米7月輸出入物価指数(21:30)

《米決算発表》
シスコシステムズ

■15(木)
【国内】
5年国債入札

【海外】
米8月ニューヨーク連銀景気指数(21:30)
米8月フィラデルフィア連銀景気指数(21:30)
米7月小売売上高(21:30)
米7月鉱工業生産指数(22:15)
米8月NAHB住宅市場指数(23:00)

休場:韓国、インド

《米決算発表》
ウォルマート、アプライド・マテリアルズ、エヌビディア

■16(金)
【国内】
《決算発表》
総医研、環境管理

【海外】
米7月住宅着工件数(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(8/11)

先週末米国市場は下落。ダウ平均は90.75ドル安の26287.44、ナスダックは80.02ポイント安の7959.14で取引を終了した。中国が国有企業に米農産物輸入停止を要請したことへの対抗措置として、トランプ政権が同国通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)との取引再開許可を先送りしていることが伝わり、売りが先行。トランプ大統領が9月に予定される米中首脳会談が中止となる可能性を示唆するなど、米中対立の長期化懸念から軟調推移となった。

■ 8月に入り米中貿易摩擦の激化からダウは、2000ドル下落下落から戻りも弱く一日のボラも高く乱高下している。フィラデルフィア半導体も下落、ラッセル2000も下落傾向と不安定な動きが続いている。今年は、ラッセル2000の戻りも弱かったが、ここにきての下落は、新興銘柄(小型銘柄、ジャスダックやマザーズ)に弱さが目立つイメージとなってしまう。
米中交渉も長引くのはわかるがもう少し軟着陸かと考えていたが、読み違いなのかもしれないと思い始めているが・・・

IMM通貨先物8月6日主要国通貨
円 10561枚の買い越し 14779枚増加し買い越しに転じる
ユーロ 44010枚の売り越し 9973枚の売り越し減
ポンド 102702枚の売り越し 12552枚の売り越し増

■ 今週は、元安、1ドル7元台となりドル円も仕掛け的な円買いから今週は105円台となってしまった。フラッシュクラッシュの高値までは届いていないが今週も仕掛け的なことがあれば、可能性は出てきてる。元安は中国も自国を苦しめることになり直近の外貨準備は3.1兆ドル(約328兆円)でそれを上回る水準が実際の債務残高最大3.5兆ドル(371兆円)と超えることにより不動産下落となれば対外債務多いことから大きな世界経済下落につなっがてしまうことから、和解も必要であろうと考えているが、過剰に進行し待っている。今週は、105円から108円

■ 日経ですが、先週は乱高下となりボラの高い展開となっている。
決算動向もほぼ終わり好決算のみ当たり前であるが高値更新銘柄も多くある。
トランプさんの発言も米中貿易摩擦に対しては激化からダウも乱高下も日経指数に影響しての乱高下、週末のSQ値も下落の半値あたりで7月に続き付けるまで時間がかかりそうである。個人的には米中貿易摩擦は長引くであるが今回の第4弾は延期になるであろうと考えていたが読み違いとなりそうな雰囲気激化がある。残念であるが相場には前向きに対処していきたい。明日も日経は休場となりますが海外動向を見て、火曜日にまた連絡します。今週もよろしくお願いします。
良いニュースとすれば、MSOL(7033)一部指定替えを発表してます。
ジャスト(4686)も日経新聞に載るほど先週は良い相場でした。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2019/8/13  6時59分現在

         10年債                      2年債
米国     1.645% (前日比-0.099%)     1.584% (前日比-0.063%)
英国     0.490% (前日比+0.006%)     0.443% (前日比-0.001%)
ドイツ     -0.592% (前日比-0.016%)     -0.878% (前日比-0.016%)
ポルトガル 0.241% (前日比-0.051%)     -0.588% (前日比-0.016%)
イタリア    1.703% (前日比-0.103%)     0.244% (前日比-0.106%)
ギリシャ   2.161% (前日比+0.024%)       -
スペイン    0.230% (前日比-0.031%)     -0.500% (前日比-0.010%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

07 ≪ 2019/08 ≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。