FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      20,563.16(+144.35)

■東証1部出来高    9.04億株

■東証1部売買代金   1.54兆円

■日経平均先物    20,580(+190)

■TOPIX        1,494.33(+9.04)

■騰落        上昇1,518/下落515

■マザーズ指数    865.52(+13.12)

■日経JQ       3,331.80(+9.20)

■ドル円       106.38
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は買いが優勢となりました。米長期金利の低下を好感し前週末の米国株は上昇。これを受け日本株にも買いが先行しましたが、上値の重さが目立ち次第に伸び悩む展開となりました。
 後場はアジア株の上昇を好感し買い物がちにスタートしましたが、その後は小幅に推移。新たな手掛かり材料に乏しく、もう一段買い上がる勢いはみられませんでした。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、証券商品先物、不動産業。一方、値下がりしたのは、サービス業、ゴム製品のみとなりました。

 TOPIX、ジャスダックは続伸、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎(松田)
後場も小動きとなり推移。上値の重い展開は続いた。
ドル換算ベースは、193.23ドル +0.41%と上昇となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト



ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      20,554.53(+135.72)

■日経平均先物    20,530(+140)

■TOPIX先物      1,492.50(+10.00)

■騰落        上昇1,539/下落515

■日経JQ       3,333.11(+10.51)

■マザーズ指数    864.64(+12.24)

■ドル円       106.33

■NYダウ夜間先物  +159

■上海総合指数後場の寄り付き 2,866.84 前日比+43.02 +1.52%

■指数大型      現値1,394.52  前日比+6.16

■指数中型      現値1,734.55  前日比+12.56

■指数小型      現値2,776.36  前日比+15.48



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

2019年7月首都圏マンション発売戸数、35.3減

不動産経済研究所(東京・新宿)が19日に発表した2019年7月のマンション市場動向調査によると、首都圏の新築マンション発売戸数は前年同月比35.3減の1932戸だった。
契約戸数は1311戸で、月間契約率は前年同月比で0.1ポイント上昇の67.9%だった。19年8月の発売戸数は2000戸前後の見通し。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      20,525.45(+106.64)

■東証1部出来高    4.38億株

■東証1部売買代金   0.75兆円

■日経平均先物    20,500(+110)

■TOPIX        1,491.44(+6.15)

■騰落        上昇1,504/下落541

■マザーズ指数    860.10(+7.70)

■日経JQ       3,332.54(+9.94)

■ドル円       106.28
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。米長期金利の低下を好感し前週末の米国株は上昇。これを受け日本株にも買いが先行しましたが、上値の重さが目立ち次第に伸び悩む展開となりました。

 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、証券商品先物、ガラス土石製品でした。一方、値下がり上位は、サービス業、水産・農林業、陸運業となりました。

 TOPIX、ジャスダックは続伸、マザーズ指数は反発しました。

■桃太郎(松田)
前場は、高寄り後上値重く推移。何とも安定しない相場展開である。
ドル換算ベースは、切り返しですが上値重く 193ドルあたりでの推移である。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.41%

上海総合指数 2,835.52 前日比 +11.70 +0.41%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      20,545.12(+126.31)

■日経平均先物    20,520(+130)

■TOPIX先物      1,491.00(+8.50)

■騰落        上昇1,566/下落472

■日経JQ       3,329.92(+7.32)

■マザーズ指数    859.03(+6.63)

■ドル円       106.36

■NYダウ夜間先物  +137

■指数大型      現値1,392.51  前日比+4.15

■指数中型      現値1,734.65  前日比+12.66

■指数小型      現値2,777.88  前日比+17.00



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

本日の30億の便りはお休みです。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

7月の貿易収支、貿易赤字2496億円 赤字は2ヵ月ぶり

財務省が19日発表した7月の貿易収支は2496億円の赤字となった。
貿易赤字は2ヵ月ぶり。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■19(月)
【国内】
7月貿易収支(8:50)
7月首都圏マンション発売(13:00)

《決算発表》
あいHD、北川精機

■20(火)
【国内】
20年国債入札

【海外】
《米決算発表》
ホーム・デポ

■21(水)
【国内】
7月訪日外客数(16:00)

【海外】
日中韓外相会談開催予定(中国・北京)
米7月中古住宅販売(23:00)

休場:フィリピン

《米決算発表》
ノードストローム、ターゲット

■22(木)
【国内】
6月全産業活動指数(13:30)

【海外】
米7月景気先行指数(23:00)
米カンザスシティー連銀主催のジャクソンホール会合(~8/24)

《米決算発表》
セールスフォース・ドットコム

■23(金)
【国内】
7月消費者物価指数(8:30)

《決算発表》
キタック

【海外】
米7月新築住宅販売(23:00)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CME円建て 20655円 +265円
NYCFD 26032ドル +145ドル
ドルインデックス 98.17
原油 55.05ドル
金先 1510.70ドル
VIX 18.47
米10年債 1.5538 +1.76%

NYは上昇。ダウ平均は306.62ドル高の25886.01、ナスダックは129.38ポイント高の7895.99で取引を終了した。米長期金利の低下が一服し、ハイテク株を中心に買い戻しの動きが先行。中国が今年と来年の可処分所得を押し上げる景気刺激策を検討していることも報じられ、投資家心理の改善から終日堅調推移となった。

日経ですが、先週末は安寄り後は小幅プラスまで戻る展開となった。
本日は、ドル高傾向からギャップアップから始まりそうであり、買戻しが続くのか見ていきます。香港問題も長引きそうであり拡大懸念もありリスクの動きが出れば上値は重そうである。

想定レンジ 為替 106.46円 191ドルから195ドル

 20333円から20759円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2019/8/19  7時35分現在

         10年債                      2年債
米国     1.554% (前日比+0.027%)     1.476% (前日比-0.019%)
英国     0.466% (前日比+0.058%)     0.520% (前日比+0.070%)
ドイツ     -0.685% (前日比+0.028%)     -0.911% (前日比+0.003%)
ポルトガル 0.112% (前日比+0.041%)     -0.601% (前日比+0.005%)
イタリア    1.395% (前日比+0.062%)     0.087% (前日比+0.095%)
ギリシャ   1.968% (前日比-0.056%)       -
スペイン    0.081% (前日比+0.046%)     -0.555% (前日比+0.027%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(8/18)

先週末のNYは上昇。ダウ平均は306.62ドル高の25886.01、ナスダックは129.38ポイント高の7895.99で取引を終了した。米長期金利の低下が一服し、ハイテク株を中心に買い戻しの動きが先行。中国が今年と来年の可処分所得を押し上げる景気刺激策を検討していることも報じられ、投資家心理の改善から終日堅調推移となった。

■ 今週は、ジャクソンホール(22日~24日)のパウエルさんの発言に大きな注目が集まっている。先週末の動きも確かにSQであったが、買戻しも多くみられ一時夏休みの薄商いの中ショート筋のポジション整理が進んだイメージである。
発言での金利次第では波乱も予想されている。

IMM通貨先物8月13日主要国通貨
円 24742枚の買い越し 14181枚の買い越し増
ユーロ 46649枚の売り越し 2639枚の売り越し増
ポンド 95820枚の売り越し 6882枚の売り越し減

■ 今週は、先週に引き続きドル安警戒は続きそうではある。
9月FOMCでは世界景気減速懸念から0.5引き下げ予想となっておりジャクソンホールでのパウエルさん発言からヒントが出るではとのコメントが多い。
逆イールドから2021年に米国経済も落ち込むレポートなど出始めており、貿易戦争の拡大となれば、今週も波乱もある。先週はドル円も一時105円から107台まで買戻しも入ったが、上値は確かに重い展開である。今週も106円中心の上下1円あたりか。

■ 先週の日経ですが指数は米国に左右され鯨幕相場となり上げ下げを繰り返す相場展開から週末も20500円は維持できずに推移した。(連続トレンドが出にくいが、ダウントレンドは継続している)
売買動向も8月第1週は、個人と自社株買いに対して海外勢が現物・先物合算で1兆1122億円売り越しとなり大きな売りも続いている。ヴェリタスにも株・先物・FXもアルゴ取引が多くなりAIでの一方通行の取引が多く、個別株も売られて来るとじりじりダウントレンドになってしまう危険性も出てきた。
今週も十分注視しなの展開であり、慎重に行きたい。
よろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

07 ≪ 2019/08 ≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。