FC2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

大引け概況

■日経平均      21,755.84(-123.06)

■東証1部出来高    12.62億株

■東証1部売買代金   2.33兆円

■日経平均先物    21,720(-90)

■TOPIX        1,587.80(-16.45)

■騰落        上昇465/下落1,624

■マザーズ指数    876.00(-5.67)

■日経JQ       3,379.39(-3.41)

■ドル円       107.76

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。前場は売りが優勢となりました。トランプ米政権が中国への証券投資の制限を検討しているとの報道を嫌気し前週末の米国株は下落。これを受け日本株にも売りが先行し、マイナス圏でもみ合う展開となりました。
 後場はアジア株安などが意識され下げ幅を広げてスタート。その後の円の強含みなども投資家心理を弱気に傾け軟調に推移しました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気・ガス業、空運業、鉱業。一方、値上がりしたのは、サービス業のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。

■桃太郎(松田)
後場は、リスクの動きからポイントの21700円割れが出てきた。引けのみ戻る展開となっている。何ともエントリーしづらい展開であった。
ドル換算ベースは、201.69ドル -0.76%でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

スポンサーサイト



ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,694.45(-184.45)

■日経平均先物    21,680(-130)

■TOPIX先物      1,584.50(-12.50)

■騰落        上昇388/下落1,710

■日経JQ       3,379.27(-3.53)

■マザーズ指数    873.11(-8.56)

■ドル円       107.88

■NYダウ夜間先物  +84

■上海総合指数後場の寄り付き 2,922.94 前日比-9.23 -0.31%

■指数大型      現値1,472.51  前日比-19.99

■指数中型      現値1,863.89  前日比-18.26

■指数小型      現値2,930.33  前日比-28.41



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,780.20(-98.70)

■東証1部出来高    5.01億株

■東証1部売買代金   0.87兆円

■日経平均先物    21,780(-30)

■TOPIX        1,591.46(-12.79)

■騰落        上昇465/下落1,614

■マザーズ指数    875.92(-5.75)

■日経JQ       3,377.96(-4.84)

■ドル円       107.89
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続落しました。トランプ米政権が中国への証券投資の制限を検討しているとの報道を嫌気し前週末の米国株は下落。日本株にも売りが先行し、その後はマイナス圏でもみ合う展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気・ガス業、鉱業、空運業。一方、値上がりしたのは、非鉄金属、海運業のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは続落しました。

■桃太郎(松田)
前場は、持ち合いからトレンドレス。下値も限定的で、期末の動きが後場出るか見ていきます。エントリーできずとなってます。
ドル換算ベースは、続落の201.85ドル -0.53%となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

中国9月財新製造業PMI 51.4

中国9月財新製造業PMIは51.4


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

上海総合指数の現在の気配は-0.14%

上海総合指数 2,927.92 前日比 -4.25 -0.14%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

9月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.8

9月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.8


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      21,786.93(-91.97)

■日経平均先物    21,780(-30)

■TOPIX先物      1,594.50(-2.50)

■騰落        上昇545/下落1,519

■日経JQ       3,379.45(-3.35)

■マザーズ指数    879.40(-2.27)

■ドル円       107.88

■NYダウ夜間先物  +66

■指数大型      現値1,481.81  前日比-10.69

■指数中型      現値1,874.26  前日比-7.89

■指数小型      現値2,941.71  前日比-17.03



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。

9月も今日で終わる。
明日から10月。1年が経過するのは早い。
そして2019年の株式市場もラストランに入る。
しかしラグビーW杯での日本の活躍!こちらでもスポーツ紙に掲載されていたぞ!アイルランドを倒すとはと。
2020年オリンピックも盛り上がりそうだ。私も来年は日本でオリンピックを観戦予定で仕事ついでに日本に行き友人宅を泊まり歩こうと計画している。
ここからのマーケット戦略であるが弱気になる必要はないと考えている。
日経平均もしっかり時間軸を決めマーケットを分析していきたい。
特に半導体関連はSELL IN MAYを買っておけば3ヶ月間右肩上がりを継続している。
半導体関連には少し休憩をいれてもらい、内需関連銘柄に目を向けても良いだろう。
時間軸からなら純粋に上昇したのだから、素直に調整をしてもらいその間は個別銘柄勝負を期待しています。
しかし、日経平均も我々が想定している上昇はこんなものではない。


本日の先物レンジ
多少の調整局面!時間軸からの調整と言っても良いだろう。
ここからの押し目はしっかり買っていこう。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ツイッターを始めました

新たに桃太郎(松田)、風の丸山がツイッターを始めました!
ツイッターをご利用の皆様、ぜひフォローしてご覧ください。

■桃太郎(松田)のツイッターはこちら

■風の丸山のツイッターはこちら

■バランス投資顧問のツイッターはこちら


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

8月の鉱工業生産は前月比1.2%低下

経済産業省が30日に発表した8月の鉱工業生産指数の速報値は前月比1.2%低下の101.5だった。
2か月ぶりの低下。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

展開 桃太郎(9/30)

先週末の米国市場は下落。ダウ平均は70.87ドル安の26820.25、ナスダックは91.03ポイント安の7939.63で取引を終了した。米中高官協議が10月10日に再開されるとの報道を受け、買いが先行。しかし、トランプ政権が中国企業の米株式市場での上場廃止や、政府年金基金を通じた中国市場への投資制限を協議していることが伝わると午後にかけて下落に転じ、軟調推移となった。

■ 先週末も米中貿易摩擦関連での下落となり、3指数は2週連続下落となった。世界景気減速懸念からとは思うが、米国市場も短期資金供給も日々続けてますが、イールドカーブは逆イールドで下落傾向は先行き不透明の増幅やトランプ大統領の弾劾が大きくなれば、短期調整もあるイメージの先週末となった。米中問題の解決は長引くでしょう。

IMM通貨先物9月24日主要国通貨

円 12783枚の買い越し 11079枚の買い越し減
ユーロ 60722枚の売り越し 7837枚の売り越し減
ポンド 80795枚の売り越し 5329枚の売り越し減

■ 先週前半はリスク回避から107円台を割り込む場面もありましたが、期末動向から円は安定、ユーロ安のドル高から107円台後半は維持した。今週は、米重要経済指標が多く、ISM製造業から週末は雇用統計となる。リスクの動きが無ければ、ドル円も200MA付近までドル高とイメージはしている。今週は、107円台中盤から109円台前半。

■ 先週末の日経平均は、配当落ち分を埋めず残念であった。
何とも権利付き最終まではしっかりな展開から頑張れるかと思いましたが、2000円強短期上昇はしているので、仕方は無いのかもしれません。微調整で終わるのか、米中リスクから米国調整となれば、日経も日柄整理から値幅調整に移行してしまうのか見ていく段階。為替リンク度は薄いので、先週末も為替安定しているものの指数の下落値幅出てきてる。
9月第3週、海外勢による現物・先物合算の4週合計買越額が1兆8270億円に膨らみ、上昇相場を牽引。個人投資家は5週連続で売り越し、売越額は2566億円。海外勢の買戻しが終われば、動きは小さくなのか見ていく段階となった。
個別株は、バリュー株も調整入りとなれば、グロース株と流れが変わって欲しいが見ていく段階なのかもしれない。

何とも再度難儀な展開にはなりそうである。
日々見ていきます。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

今週の予定

■30(月)
【国内】
日銀金融政策決定会合の主な意見(9/18~9/19開催分)
8月商業動態統計(8:50)
8月鉱工業生産(8:50)
8月住宅着工統計(14:00)

《決算発表》
しまむら、タキヒヨー、象印、ソーバル、アダストリア、トシンG、テクノアルファ、大光、パイプドH、ERIホールディングス、ストライク、宝印刷、オークワ、ヤマシタヘルケア、日プロセス

【海外】
中国9月製造業PMI(10:00)

■1(火)
【国内】
8月完全失業率(8:30)
8月有効求人倍率(8:30)
9月日銀短観(8:50)
9月新車販売台数(14:00)
9月軽自動車新車販売台数(14:00)
10年国債入札
消費税率を10%へ引き上げ実施

《決算発表》
キユーピー、ダイセキ、ダイセキソリュ、アヲハタ、日フイルコン、フロイント、キユソー流通

【海外】
中国建国70周年祝賀行事
米9月ISM製造業景気指数(23:00)
米8月建設支出(23:00)

休場:中国(~10/7)、香港

■2(水)
【国内】
9月マネタリーベース(8:50)

《決算発表》
ニトリHD、カネコ種、サムティ、TSI HD、瑞光、ニューテック、タカキュー

【海外】
米9月ADP全米雇用リポート(21:15)

休場:インド

《米決算発表》
レナー

■3(木)
【国内】
《決算発表》
不二越、平和堂、アオキスーパー、トライステージ、エスプール、KTK、バイク王、東海ソフト、クリーク&リバ、放電精密、ナガイレーベ、マルカ、毎コムネット、北恵

【海外】
米8月製造業受注(23:00)
米9月ISM非製造業指数(23:00)

休場:韓国

《米決算発表》
ペプシコ、コストコ

■4(金)
【国内】
《決算発表》
壱番屋、オンワードHD、サカタのタネ、イーサポート、サンエー、サーラ、わらべや、ネクステージ、フェリシモ、クラウディアH、システムインテ、大有機、川口化、エクスモーション、トーセ、京進、ダイケン、三協立山、マルゼン、キャリアリンク、岡野バル、リヒトラブ、ワキタ、パルコ、インテリックス、丸八倉、日本BS放、天満屋ス、アルテック、ベルク

【海外】
米9月雇用統計(21:30)
米8月貿易収支(21:30)

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

日経CME円建て 21735円 -75円
NYCFD 26873ドル +55円
ドルインデックス 99.09
原油 56.12ドル
金先 1498.10ドル
VIX 17.22
米10年債 1.6801 - 0.71%

NYは下落。ダウ平均は70.87ドル安の26820.25、ナスダックは91.03ポイント安の7939.63で取引を終了した。米中高官協議が10月10日に再開されるとの報道を受け、買いが先行。しかし、トランプ政権が中国企業の米株式市場での上場廃止や、政府年金基金を通じた中国市場への投資制限を協議していることが伝わると午後にかけて下落に転じ、軟調推移となった。

日経ですが、朝の段階も香港デモ激化もあり為替推移はリスクの動きから107円台後半。
期末最終の動きから下値は限定的なのか見ていきます。

想定レンジ 為替 107.89円 200ドルから204ドル

 21578円から22009円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2019/9/30  7時30分現在

         10年債                      2年債
米国     1.680% (前日比-0.012%)     1.632% (前日比-0.024%)
英国     0.499% (前日比-0.020%)     0.396% (前日比-0.047%)
ドイツ     -0.573% (前日比+0.009%)     -0.770% (前日比-0.020%)
ポルトガル 0.167% (前日比-0.007%)     -0.592% (前日比-0.009%)
イタリア    0.824% (前日比+0.000%)     -0.261% (前日比-0.021%)
ギリシャ   1.332% (前日比-0.012%)       -
スペイン    0.150% (前日比+0.001%)     -0.515% (前日比-0.013%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      21,878.90(-169.34)

■東証1部出来高    13.53億株

■東証1部売買代金   2.36兆円

■日経平均先物    21,810(-50)

■TOPIX        1,604.25(-19.02)

■騰落        上昇418/下落1,677

■マザーズ指数    881.67(-4.57)

■日経JQ       3,382.80(-11.73)

■ドル円       107.74

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前場は売りが優勢となりました。前日の米株安や9月末の配当権利落ちの影響で下げて始まり、その後は円安一服やアジア株の軟調推移が意識され下げ幅拡大の動きとなりました。
 後場もマイナス推移が継続。時間外取引の米株価指数先物が切り返し、為替がやや弱含むと大引けにかけて下げ渋る展開となりました。

 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気・ガス業、その他金融業、空運業。一方、値上がりしたのは、精密機器、鉱業のみとなりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。

■桃太郎(松田)
後場は、買い支えから買戻しの動きとなってしまいました。下げたくない動きが来週も続くのか見ていきます。本日のポイント21850円をクリアしながら上で引けそうです。
ドル換算ベースは、202.78ドル -0.98%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      21,756.38(-291.86)

■日経平均先物    21,750(-110)

■TOPIX先物      1,592.00(-14.00)

■騰落        上昇247/下落1,856

■日経JQ       3,380.63(-13.90)

■マザーズ指数    877.96(-8.28)

■ドル円       107.67

■NYダウ夜間先物  -16

■上海総合指数後場の寄り付き 2,928.95 前日比-0.13 +0.00%

■指数大型      現値1,482.51  前日比-28.11

■指数中型      現値1,867.06  前日比-35.60

■指数小型      現値2,938.70  前日比-58.58



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      21,779.99(-268.25)

■東証1部出来高    6.07億株

■東証1部売買代金   1.02兆円

■日経平均先物    21,770(-90)

■TOPIX        1,597.52(-25.75)

■騰落        上昇303/下落1,792

■マザーズ指数    881.35(-4.89)

■日経JQ       3,379.82(-14.71)

■ドル円       107.70

-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米株安や9月末の配当権利落ちの影響で下げて始まり、その後は円安一服を嫌気し軟調な展開に。アジア株の軟調推移も重しとなり安値圏で前場取引を終えました。

 業種別では、全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、電気・ガス業、その他金融業、銀行業となりました。

 TOPIX、マザーズ指数、ジャスダックは反落しました。

■桃太郎(松田)
前場は、配当分は埋められず利益確定の動きが強まった。昨日権利付き最終日までとは少し出来過ぎなイメージである。
ドル換算ベースは、202.09ドル -1.31%と大幅下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は+0.01%

上海総合指数 2,929.49 前日比 +0.40 +0.01%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
カレンダー

08 ≪ 2019/09 ≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。