七夕キャンペーン


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

展開 桃太郎(3/11)

先週末の米国市場は、440ドル超急伸した。この日発表された米雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)が30万人超の増加となるなど予想外の強さだった。一方で注目の平均時給は前年比2.6%と予想を下回る内容となっている。労働市場は力強さを増しているものの、インフレ懸念は高まらず株式市場にとっては、ほどよい加減の内容とも言える。

■ 今週のCPIや来週のFOMC、週末はクアドプルウィッチングとなり、リスクオンが続いていくのか見ていきます。ボラも日柄的には収まるようなイメージもあります。

IMM通貨先物3月6日主要国通貨
円 86845枚の売り越し 9806枚の売り越し減
ユーロ 132972枚の買い越し 5005枚の買い越し減
ポンド 5264枚の買い越し 7423枚の買い越し減

■ 米雇用統計後は、ドル安となりましたが、根強いドル買いもあり、円はユーロに比べれば、円安となり106円台後半での推移となった。105円を維持していくのか見る週となりそうである。関税の問題もトランプ大統領は繰り返し中国を直接名指ししていたので、パンドラの箱を開けずに見過ごしてきてるのに刺激はしてほしくないかと思う。
北朝鮮問題は、見てわかる通りに、不信感もあり一時的な材料。

日経ですが、先週も振れる中でも21000円あたりは維持してきている。
為替リンク度も薄いので、大きな下落とはならなかった。
今週も引き続き個別株での様子見となりそうである。個別に落ち着きをとり戻していくのであれば、日柄も経ち始めているので戻りもでてきそうである。

指数は、円高傾向が収まらないと上値は重く推移しそうであり、変化待ちとイメージしてます。持ち合いとなればとは感じる。

今週もよろしくお願いします。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑
スポンサーサイト
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。