fc2ブログ


ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします!!



桃太郎をクリック↑↑


桃太郎のFX・先物取引(ロングもあります)をご希望の方はコチラ!
↓ ↓ ↓

ミニ日経225先物&FX 桃太郎
   

デイトレの海と風←株取引はコチラ! ミニ日経225先物&FX 桃太郎←釣り人の先物取引はコチラ!

日経平均株価

日経平均株価、日足
日経平均株価、週足

上段の日足は日経平均株価です。先物のチャートではありません。現在日経平均先物の中心限月である12月限は配当がありませんから、日経平均株価の方が連続性があります。連続性というのは9月9日のSQ後の値動きに対してのことです。それで日経平均株価のチャートを掲載しております。
昨日の下げは桃さんにとっては予定通りの下げだったでしょうし、私にとっては厳しい下げでありました。日経平均株価でいいます8600円どころをすんなりと切った為、二段下げに入ったということ。そしてそれは三段下げの可能性を表すものになったということ。大体こういうことです。30億の便りの内容を見ましても、昨日の下げが大きなポイントを下回ったという意味で残念がっていたことが読み取れます。
それでは、もしどんどん下がった場合、どれ位までを覚悟するべきなのか?大胆な予測をしておきますと、まずは日足での三段下げを見ることとなり、週足チャートで少なくとも3月18日の安値8227円(震災時の安値)に近付くことが考えられます。
私が常日頃嫌だなと思っていることは、3市場の信用の買い残がまだ1兆6500億もあるということです。この買い残が上値を重くしてますし、指数が弱含みとなれば売り方に回ってきます。この買い残がすっきりと整理される為には、相当な投売りが観測される必要があります。もしそのような投売りに遭うとすれば、8000円は割り込んでいくでしょう。ただその投売りが出来た後は、文句ない上げ相場が発生するものと考えられます。
そうなると、現在株式を保有の方はその過程が厳しくなります。先物に関しては桃さんが売り姿勢を崩さないでしょうから、下がった場合利益となる可能性が高いと思われます。そういうわけで個別株、信用の買い残が少ない材料株を選んでいこうという考えでありますが、日経平均の急落が行なわれた場合、果たしてどれだけ値段を保てるのか?分からないところであります。今現在、そのような想像をしております。
今の下げのリズムで行きますと、ポイントは連休の谷間の9月下旬となるでしょうか。あと10日間位の辛抱と言えば辛抱かもしれません。
スポンサーサイト



カレンダー

04 ≪ 2024/05 ≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
リンク
日経平均先物
twitter
twitter ↑株のこともたくさん書かれています。
無料メルマガ購読・解除
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

桃太郎

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。