ブログランキングが上がって行けば、公開範囲公開時間
拡大をしていこうと考えております!!
今後とも弊社「ミニ日経225先物&FX 桃太郎」のブログをよろしくお願い致します。


桃太郎をクリック↑↑

デイトレの海と風←株取引をご希望の方はコチラ!    

ミニ日経225先物&FX 桃太郎←先物取引をご希望の方はコチラ!   

大引け概況

■日経平均      9,279.65(-58.39)
 
■東証1部出来高    16.62億株
 
■日経平均先物    9,290(-60)
 
■TOPIX        841.51(-5.73)
 
■騰落        上昇 296/下落1,273
 
■日経JQ       1,227.10(-3.50)
 
■ドル円       87.41  
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は4日ぶりに反落しました。連休明けの米国市場の伸び悩みや円高懸念を背景に朝方は利益確定売りに押される展開となりました。小安く寄り付いた後も軟調に推移し、前引けにかけて下げ幅を拡大する動きとなりました。後場はアジア株の軟調推移を受けて戻りの鈍い展開が続きました。中盤には円の高止まりに下げ幅は一時120円へ迫る場面もありましたが、終盤にかけては下げ渋る展開となり、本日の取引を終えました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は空運、証券商品先物、海運。一方、値上がり上位は石油石炭製品、パルプ・紙、電気・ガスとなりました。
  TOPIXは反落、日経ジャスダック平均株価は続落しました。

■釣り人
 朝方書きましたが日足を見ますとTOPIX先物やマザーズ指数は3日続伸であります。3日間上がったのですから本日の押しはリズム的には通常の動きです。下がれば買い場が来るという考え方に変わりはありませんが、このことは安心して買いやすくなるというこであって、今の値段から上昇することを否定することではありません。明日と金曜日の動きを見まして判断していくこととなりそうです。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

30億の便り

まず昨日の彼の話しの続きであるが、まず結論を書き込むことにします。まず彼が出すレンジは確率は非常に高い。これは彼の周辺の友人達の取り巻きがもの凄い金額で動かしているからであり、リーダー各の知人達が参考にしているのだからお分かりだろう。かつ彼の数字に絶大な信用力があるからだ。これはなにせ実績が物語っており彼の数字が曲がるまではしっかりマークする必要があるだろう。そして彼の打ち出すレンジの上と下を突破するときには必ず外部要因があることを忘れないで欲しいと。
例えば、昨日であれば若干の円高方向やロシアの銀行がデホォルトになるとの話しから9210円がついた。しかしみなさん見ていましたか?9270円でかなり抵抗していたのを?そしてロスカットしたなと思われる瞬間。私はこの目でしっかり確認しました。
さて今朝電話すると、ここ数日の展開で云うと、日足は赤三兵で「下髭が邪魔ではあるが抱きの一本立ち」そして昨日のタスキ線と本来なら理想的な展開と今朝お話するはずだったが朝起きたらNY大幅続伸。
みなさんサヨナラ!!いってらっしゃいと見送るのだろう。
それかもしかしたら空売りしていてお向かいに自ら参加するのかもしれない(笑)
ただ私が連日お話するようにSQまではしっかりすると言ったはずだ。
そこでSQ後の展開を聞くのを忘れたので夕方電話してみます。



今日の日経平均先物予想レンジ
9430~9620円としておきます。
そしてもし大引けで9600円を超えて終わるようなら売りではなく必ず私は買って帰る。
売りではない買いだ。

前引け概況

■日経平均      9,527.21(+247.56)
 
■東証1部出来高    8.09億株
 
■日経平均先物    9,530(+240)
 
■TOPIX        861.47(+19.96)
 
■騰落        上昇1498/下落101
 
■日経JQ       1,231.08(+3.98)
 
■ドル円       88.14 

----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。昨晩のNYダウは270ドルあまりの上昇と今年三番目の上昇幅となり、1万ドルの大台を回復。これを受けて日経平均は朝方180円あまりの大幅上昇でスタートしました。商社、総合電気、半導体、機械株など主力所が軒並み買い手配でスタートし、取引開始早々7営業日ぶりとなる9500円台を回復しました。また為替の円安もありほぼ全面高となりました。取引開始前に発表された5月の機械受注統計は市場予想を大幅に下回ったもののネガティブな影響は限られたようです。
 業種別では、33業種すべての業種が値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、証券商品先物、電気機器でした。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は、共に反発しました。

■釣り人
 最近NYダウの週足の話をしました。6月の中旬の安値を切った為三段下げに入ったというものでした。三段下げ目というものは、狼狽売りや追証の投げ売りが大量に発生し、完了します。そして需給は良好となり、上げに転じるという考え方です。ところが昨日の大幅な反発。もう一つ大きな下げがあってスッキリとしたかたちを望んでいましたが、ちょっと中途半端だなという感じは否めません。それでもNYダウ月足で5月と6月二ヶ月連続の陰線となったのは事実であります。ダメ押しは現在無い状況ですが、このまま反発に入ってもそれはそれで肯定することができます。ましてや上海市場、経済の減速や土地のバブルなど多々言われてますが、株価はかなり安いところからの切り返しで面白く感じます。為替にしても安定しようかとの動きとなってます。下がるはずだという固定観念は持たずに柔軟に対応していこうと考えております。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

大引け概況

■日経平均      9,535.74(+256.09)
 
■東証1部出来高    16.42億株
 
■日経平均先物    9,540(+250)
 
■TOPIX        861.02(+19.51)
 
■騰落        上昇1425/下落164
 
■日経JQ       1,229.58(+2.48)
 
■ドル円       88.31 

----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。昨晩のNYダウは270ドルあまりの上昇と、今年三番目の上昇幅となり、1万ドルの大台を回復。これを受けて日経平均は朝方180円あまり大幅上昇してスタートしました。主力株が軒並み買い手配でスタートし、取引開始早々に先月29日以来となる9500円台を回復しました。ただこの水準での高止まりとなり後場からの値幅は50円に届かず、高いところでの小動きとなりました。
 業種別では、33業種すべてが値上がりしました。値上がり上位は、石油石炭製品、空運、精密機器でした。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は、共に反発しました。

■釣り人
 高く寄り付いた後上値を取りに行く動きというのは多くはありませんでした。安く寄った後高く終わる、こういう状態というものは買いで入る個人投資家は儲かりやすい場面です。ところが初めから高く寄り付きその後上昇がほとんどないというのは、売買がやりづらいものであります。さて、昨日大幅高で終わったNY、続伸となるかどうか注目されます。お疲れ様でした。

30億の便り

今朝は朝から面白かった!!
どうすれば先物で儲かることができるのか?そしてロスカットはどうしているのか?聞きました。
すると彼は毎日とは言わないが、自宅のトイレと玄関は常に自分で掃除し綺麗にしなさいと?
意味ある?と聞いた。
トイレは掃除するのが面倒くさいし人が嫌がる場所だ。トイレ掃除はすなわち心を綺麗にすること。また玄関は昔から家の顔と言うだろ。そう自分の顔だよ!朝起きたら顔洗うだろ。内面はトイレで綺麗に、外面は玄関掃除して常に綺麗な心で相場に望むことだよ。
一年やって見ろ!トイレ掃除と玄関の掃除。
また笑ってしまった。
さて彼のロスカットだが。
ロスカットか?
その前になディとロングは別だぞ!今朝はディの話な時間がないからと。ディの分は朝レンジ言っているが必ずレンジの下か上に来たら参加する。途中は遊び感覚でたまにヤル程度。中途半端な値段は基本的にやらない。
まず下のレンジに近付いてきたら情勢を考えて買う。
そしてどうせレンジ通りにはならないと思っているので下があることを想定しながら買う。かつ必ず自分の資金管理能力に応じて買う。また上のレンジに来た場合は情勢を考えて売りに回る。ただ私が大引けの条件をだした場合はそれをよく考えて相場に参加すること。
そして私はディのロスカットは300~500万と金額で決めている。
これを越えるなら必ず一度反対売買をいれる。

30億の便り

さぁ下のレンジに到達から反発してきました。
上のレンジ目指してもらいましょう(笑)

前引け概況

■日経平均      9,542.01(+6.27)
 
■東証1部出来高    8.04億株
 
■日経平均先物    9,540(±0)
 
■TOPIX        858.98(-2.04)
 
■騰落        上昇675/下落787
 
■日経JQ       1,230.33(+0.93)
 
■ドル円       88.52 
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続伸しました。前日の米国株高や円安進行を背景に買いが先行し、約1週間ぶりに9600円台を回復してのスタートとなりました。ただ週末要因や参院選を控え、様子見ムードの強いなか次第に売りに押され、前日終値を挟んでのもみ合いとなり前場を終えました。
 業種別では多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は鉱業、石油石炭製品、ガラス土石製品。一方、値上がり上位はゴム製品、証券商品先物、その他金融となりました。
 TOPIXは反落、日経ジャスダック平均株価は続伸しました。

■釣り人
 今週の見方はもう一段の下振れがあれば安値到達感が出てきて、その瞬間は厳しいでしょうが買いやすい相場になるかもしれない。このような見方でしたが、じりっとした安値で止まり、反発の週となってしまいました。不安定さが上昇において残るわけですが、NYや上海がしっかりしてくれれば指数からの上げという形で上昇するかもしれない。この考えを否定するものではありません。個別銘柄の力強くて面白い相場を渇望しますが…、今は残念ながらという感じです。相場というものはいつ何時、急変するか分かりませんので突如として良い相場が始まる可能性もあります。無理をせず、辛抱していようと思っております。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

大引け概況

■日経平均      9,585.32(+49.58)
 
■東証1部出来高   16.65億株
 
■日経平均先物   9,580(+40)
 
■TOPIX         861.21(+0.19)
 
■騰落         上昇818/下落683
 
■日経JQ       1,231.82(+2.42)
 
■ドル円        88.54
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前日の米国株高などを背景に朝方は買い先行のスタートとなりましたが、買い一巡後は戻り売りに押され、前日終値を挟んでもみ合いが続いていました。後場にはアジア株高や円安の進行で持ち直す動きも見られましたが、週末要因や参院選を控えて様子見ムードが強く、上げは限定的なものとなりました。
 業種別では、値上がり上位は機械、ゴム製品、電気機器。一方、値下がり上位は鉱業、銀行、パルプ・紙となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に続伸しました。

■釣り人
今週は私にとってはしんどい流れとなりました。週末の日曜日にはまた週間展望を書いておきます。何度も何度も岸辺に波が寄せるがごとく当てることに挑戦していきます。それでは来週よろしくお願い致します。

30億の便り

皆さん選挙結果はどうでしたか?自分がこの人と決めて投票した人は当選しましたか?
私は今回は誰に投票したらいいのかよく分からない中。一応、選挙には参加してきました。そして結果はどうであれ現状組織図はまだまだ民主党!!まだたった、僅か1年しかやっていないお子ちゃま党と政治巧者の自民党の一騎打ちだなと思っていたが正にその通りとなり、そこに新しい風である「みんなの党」が割り込んできた形となった。
まぁ今はまだまだ民主党政権です。これは一年前に国民が選んだのです。そしてここで消費税を上げるから指示をヤメるとか、普天間問題や政治と金にガッカリしたのかよく分からないが結局自分が投票した党がガッカリさせたことを重く感じたのか、それとも今後の日本を変えてくれという願望が少し見えたのが今回の参院選だったような気がする。
さぁ相場にはご祝儀買い入るかな?それともダメダメ売りが飛んでくるか?
非常に楽しみです。
そんな事より、我が友人代表のリーダー各の情報である日経平均の終値9730円以上で引けてきたら買い戻しが入る助言を忘れないで相場に取り込もうではないか。9730円だ。
10000円までは早いかもと語っていたから。そっちの方が楽しみですね。

今日の日経平均先物予想レンジ
とりあえず9730円が当面の目標だね。9550~9730円としておきす。
そしてもし大引けで9730円以上で終わるようなら信じる者が勝つを信じて必ず私は買って帰る。間違いない一時的な転機がスグそこまで来た!!
ここは条件に満たそうという力を信じようではないか!! ダメなら捨ててやれ。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

前引け概況

■日経平均      9,592.11(+6.79)
 
■東証1部出来高    7.31億株
 
■日経平均先物    9,590(+10)
 
■TOPIX        862.80(+1.59)
 
■騰落        上昇822/下落605
 
■日経JQ       1,231.92(+0.10)
 
■ドル円       89.09 
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続伸しました。先週末の米国株は上昇したものの、前日の参院選で民主大敗の結果を受け、政局不安から売り先行のスタートとなりました。売り一巡後は円安を支援材料にプラス圏を回復する動きとなりましたが、引けにかけてはポジション調整から上げ幅を縮小し、全般的に方向感の乏しい展開となりました。
 業種別での値上がり上位はその他金融、鉄鋼、鉱業。一方、値下がり上位は空運、銀行、保険となり、東証一部において値上がり数と値下がり数はほぼ半々となりました。
 TOPIXは反発、日経ジャスダック平均株価は続伸しました。

■釣り人
 今週号のヴェリタスで2008年の4月号、今から2年前の話ですが56人のファイナンシャルプランナーに対して“嵐の中で何を買う?”という質問をしたところ、オススメの一番は日本株。次に日本株インデックス投資、そして日本株バリュー型投資。次は商品ファンド。結果は当時、日経平均は14000円どころにありましたから散々たる状況であります。
 それでは海外に投資していたらどうだったか?これまた良い結果とはなっておりません。まだ世界同時株安の下落に対しての傷が癒えていないというところでしょう。団塊の世代の方々が一生懸命働いて退職なさる時が近づいております。なんに投資すれば緩やかな右肩上がりの利益を享受できるのか?今が底値かどうか分かりませんが日本株の安いところ、私は捨てたものではないと思います。それでは後場です。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

釣り人

日経平均先物、ミニ現値630
625利確です。580からの安値から見ますと ~あとは会員ページに掲載~

大引け概況

■日経平均      9,548.11(-37.21)
 
■東証1部出来高    15.95億株
 
■日経平均先物    9,550(-30)
 
■TOPIX        857.70(-3.51)
 
■騰落        上昇524/下落984
 
■日経JQ       1,232.26(+0.44)
 
■ドル円       88.90 
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は小反落しました。前日の参院選での民主大敗を背景とした政局不安から朝方は売り先行のスタートとなりましたが、一巡後は円安が支援材料となり、その後は上昇に転じる動きとなりました。後場は前半は高値圏で小動きを続けましたが、その後は円安一服や米国企業決算の本格化を前に模様眺めとなり、薄商いの中、引けにかけて売りに傾く展開となりました。
 業種別では多くの業種が値下がりしました。値下がり上位は空運、銀行、パルプ・紙。一方、値上がり上位は鉱業、鉄鋼、証券商品先物となりました。
 TOPIXは反落、日経ジャスダック平均株価は続伸しました。

■釣り人
 NYはしっかりしていたけれど、寄り付きは安く始まりました。それでも10時前から買ってみようという気運が出てじり高の展開。結局、終値は円が89円を割り込み、円高となりましたので失速という形となりました。それでも私は自主的に動こうとした日本市場が本日あったような気がします。
 それと先週までの見方はもっと下振れすれば良いという見方だったんですが安値の時期としては7月の中旬ということでお話しておりました。みずほ銀行の公募増資のあたりが最も安いのではなかろうか?こんな見方だったんですが1週間早く上がっています。とりあえず週半ばにおいて下振れがあったとしても買いの目で見てみようと思っております。

30億の便り

昨日はSQ値にて失速だの、インテルやアルコアの決算を見たいだとか全く情けない相場だよ。
インテル、アルコアの決算良かったらみんな買うのかい?
どうせ買う勇気なんか無いくせにと(笑)と彼は笑いながら話していた。
それより需要と供給論でリーダー各の周りのヘッジファンド組みの買い戻しに期待しようではないか!こんな中途半端な位置では気が済まない攻めの心を持ちたいと今朝彼は語っていた。
ともかく数少ないチャンスが目の前なのだ。
みんなどうするあと1つしかないパンが目の前に。
このパンを今買っておかなけば2日間食事が無いとしたら?
走るだろ。走って買うはずだ。
マーケットも一緒。
チャンスが少なくなる前に走れ!!9730円に向けて。


今日の日経平均先物予想レンジ
とりあえず9730円が当面の目標は変わらない。
今朝もレンジは9550~9730円としておきす。
そして今日も大引けで9730円以上で終わるようなら信じる者が必ず勝つを信じて必ず私は買って帰る。
とりあえず9600円台で終わらないと話にならん。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

前引け概況

■東証1部出来高    7.11億株
 
■日経平均先物    9,580(+30)
 
■TOPIX        858.14(+0.44)
 
■騰落        上昇737/下落723
 
■日経JQ       1,230.71(-1.55)
 
■ドル円       88.74 
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の米国株高や円高一服を受けて買い先行のスタートとなりました。寄り付き後、一時9600円台を回復する場面があったものの、円高懸念や中国株が軟調なことから上値は限定的となり、買い戻し一巡後は伸び悩む展開となりました。
 業種別では多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は鉱業、その他製品、保険。一方、値下がり上位はパルプ・紙、鉄鋼、銀行となりました。
 TOPIXは反発、日経ジャスダック平均株価は反落しました。

■釣り人
 インテルの決算は過去において大きな相場変動要因となっておりますから気になるところであります。半導体の会社で半導体は産業の米と言われています。そしてみずほの公募価格、今日、明日と動きづらいのも致し方ないでしょう。後場も小康状態となるのか?或いは「見切り」が上か下かに相場を動かすのか?後場を見ていきます。

大引け概況

■日経平均      9,537.23(-10.88)
 
■東証1部出来高    18.77億株
 
■日経平均先物    9,530(-20)
 
■TOPIX        854.39(-3.31)
 
■騰落        上昇334/下落1,201
 
■日経JQ       1,229.31(-2.95)
 
■ドル円       88.55 
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続落しました。前日の米国株高や円高一服を受けて朝方は買い先行でスタートしたものの、買い戻し一巡後は伸び悩む展開となりました。後場は円高傾向や中国株の下落などが重しとなり売りに傾く展開となりました。米インテルの決算発表を前に手控え気分の強いなか、大引けにかけて安値圏で膠着感の強い相場展開となり、本日の取引を終えました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は鉄鋼、石油石炭製品、陸運。一方、値上がり上位はその他製品、保険、空運となりました。
 TOPIXは続落、日経ジャスダック平均株価は反落しました。

■釣り人
 日経平均先物は後場、膠着状態でしたが先物がマイナス圏で推移しますと徐々に個別株の値段はぱらぱらとした売り物に押され、相変わらずの元気の無さが露呈しています。目立ったところでは、みずほFG(東1:8411)135円の安値引け。高値での高値引けは下落の暗示、安値での安値引けはさも弱そうに見えますが反発の暗示とよく以前は先物で書いたものです。みずほ銀行の安値引けが意味するものはあるのでしょうか?明日を見ていきます。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

釣り人

 NYダウ、6日続伸となり昨日は大幅高となっています。為替は88.79 気持ち円安です。ユーロ112.97 これも円安。それを受けて日経平均先物の現在の気配は9670となっています。戻り高値更新の寄り付きが発生します。上潮の波がまだ寄せているということです。
 しかし昨日の失速はげんなりでした。先物は買い向かっていたのですが良いとこなしで終わっています。良い感じでしたらオーバーナイトもあったんでしょうが、その気も失せる状況でした。10時半からの上海が本日どうなるのか?気がかりなこととなります。大胆なことを言いますと日足を見ますと昨日の上海の下げは二段上げの押し目。三段上げが残っていると考え、上海指数もしっかりすることを期待しています。

 今日の日経新聞からは日本の投資マネーの欧州離れが急速に進んでいると載っています。あと3市場の信用の買い残、若干減っておりますが10000円前後からは売り圧力が強くなると書かれています。2兆円という信用残はべらぼうに大きい数字ではありません。ただ売買高が低迷しているから問題であるわけです。
 さて、みずほの公募価格も130円に決まりました。高いか安いかはさておき、少なくとも高値圏の株価ではないでしょう。それでは本日もよろしくお願い致します。

30億の便り

まったく情けないな。なんなんだ日本株は。多少の円高は気にするなよ。まして上海株安なんてもっと気にするなよと(笑)
せっかくのチャンスを逃すのか!日本はよ。少しの間くらいさ株買ったら売るな。先物も買ったら売るなよ!と笑いながら怒っていた。
まぁ今朝電話すると俺は昨日760万負けたけどなと。
車買えたな!だって。
そして今朝は私にこう語っていた。お前の周りの投資家に言っておけ!!
俺等も買うからみんな買えと。
9730円の旅は今日からだと。また今日SQ値だとかほざいたら許さんだって。
チャンスが遠のくのを指をくわえて見ているのが辛いと。
ラストチャンスかもしれないのに…………。


今日の日経平均先物予想レンジ
今日も目先目標は、9730円と目標は変わらない。
今朝のレンジは9540~9680円としておきすが希望は9730円により近く終わること。
そして今日も大引けで9730円以上で終わるようなら必ず私は買って帰る。
そして9540円以下でも必ず買って買える。

前引け概況

■日経平均      9,807.36(+270.13)
 
■東証1部出来高    12.41億株
 
■日経平均先物    9,800(+270)
 
■TOPIX        874.19(+19.80)
 
■騰落        上昇1,550/下落70
 
■日経JQ       1,232.34(+3.03)
 
■ドル円       88.84 
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前日の欧米株高や円安に加え、朝方発表された米インテルの好決算などを背景に買い一色のスタートとなりました。寄り付きで25日移動平均線を上回ったあとも上げ幅を拡大し、約2週間ぶりに9800円台を回復する動きとなりました。
 業種別では全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は海運、輸送用機器、空運となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反発しました。

■釣り人
 昨日の後場の解説でみずほ銀行の安値引け、安値で出た安値はさも弱そうに見えるけど反発の暗示と書いていましたが、全体市場、しっかりと反発しました。この上昇はどこまで行くのか?探していくこととなります。一番大きいのはドル円の為替です。上値は重いと書いている新聞においても上がってくればまた違ったことを書いたりします。縦横無尽に頑張っていきましょう。主体性のある上げ下げが始まれば面白くなります。

釣り人のコーヒータイム

会員さんから立派な息子さんが大学の修士課程で勉強されていて、JPモルガンとかゴールドマンとかの面接に行ったりして金融機関への就職に興味があるみたいだけどどうでしょうか?との問い合わせがありました。厳しい世界であったとしてもチャレンジしてみたいとの内容でした。
外資系の金融機関、これまた厳しいです。もっとおおまかに言えば金融機関というのはどの商売もきついのですが精神的にきつい業種です。例えば地方の国内の銀行さんでも最近では投資信託を扱っています。親しいお客さんにどこどこの投資信託が良いとか悪いとかいろいろと話をすることも多くなるでしょう。
ご存知のように投資信託というのは元本が保証されない変動商品です。一生懸命勉強して良かれと思っておすすめしたことが裏目に出ることが多々あります。何十回も或いは何百回もその様な事態に陥ります。そのたびに落ち込んでいたら金融機関でのお仕事は辞めた方がよいでしょう。精神的にかなりきつくなります。
かく言う僕なんかも一生懸命頑張れば必ず喜ばれる商売、やってみたいなと過去に何度も思ったりします。
それでもこの商売が続けられるのは嫌なことが即座に忘れられる人間だからでしょう。忘れられない人間だったら嫌なことは蓄積されて押しつぶされます。その点、自分はどうやら忘れることが得意の人間みたいです。いつもぐっすり寝て、翌日あっけらかんとして、ページを書き続けております。
さて冗談は置いといて、収入の面から見ますと昔とだいぶん変わっているみたいですよ。まあ、最も今は高額収入に対して一番批判の多い時代となっていますが…。そうはいっても本当に実力の世界です。外資系は特にまずもって年功序列はありません。そして一つの大きなミスが致命傷になったりします。長々と話せばいろいろとありますが、こんな感じだと思います。

大引け概況

■日経平均      9,795.24(+258.01)
 
■東証1部出来高    23.02億株
 
■日経平均先物    9,790(+260)
 
■TOPIX        870.73(+16.34)
 
■騰落        上昇1,418/下落162
 
■日経JQ       1,234.90(+5.59)
----------------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前日の欧米株高や円安、米インテルの好決算などを背景に朝方は買いが先行し、大幅高で寄り付いた後も堅調推移となりました。ただ後場に入ると手掛り材料難のなか、利益確定売りに上値を抑えられ、9800円割れ水準でもみ合い、終始膠着感の強い相場展開となり本日の取引を終えました。
 業種別では全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は海運、輸送用機器、空運となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反発しました。

■釣り人
 下落しても上昇してもいろんなところに節というのが存在します。半値戻しや移動平均線とかいろいろあります。さて、これから更に上昇していくとすれば、出来高の伴った状況となっていきます。信用で買い持ちの方々のヤレヤレ売りをこなし、どこまで上昇するのか?或いは持続的好回転となっていくのか!?希望としては日本経済の根性のあるところ、見せてもらいたいものです。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
カレンダー

04 ≪ 2017/05 ≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
RSS / QRコード
RSS
QR
リンク
日経平均先物
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

釣り人

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。



釣り人画像

【釣り人】原徳久

証券会社歴20年。1984年三洋証券入社。その後泉証券、光世証券、室清証券、平岡証券(現あいざわ証券)。元・日経平均先物のディーラー。株式新聞講師をつとめた過去も。仕手材料株が得意。

無料メルマガ購読・解除