ブログランキングが上がって行けば、公開範囲公開時間
拡大をしていこうと考えております!!
今後とも弊社「ミニ日経225先物&FX 桃太郎」のブログをよろしくお願い致します。


桃太郎をクリック↑↑

デイトレの海と風←株取引をご希望の方はコチラ!    

ミニ日経225先物&FX 桃太郎←先物取引をご希望の方はコチラ!   

大引け概況

■日経平均      9,844.59(-120.42)
 
■東証1部出来高    16.33億株

■東証1部売買代金   1.15兆円
 
■日経平均先物    9,830(-140)
 
■TOPIX        843.96(-7.74)
 
■騰落        上昇319/下落1,256
 
■日経JQ       1,268.02(-6.74)
 
■ドル円       77.32 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。円高懸念や米景気減速懸念が嫌気されて、前場は売り先行で始まりました。後場に入っても目立った動きはみられず、9800円台前半での小動きに終始しました。日銀による為替介入を警戒して様子見ムードが強まったほか、米国債の格下げリスクが残ることへの警戒感も日本株への重しとなりました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は、空運、機械、倉庫運輸関連。一方値上がり上位は保険、石油石炭製品、水産・農林となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価はともに反落しました。

■釣り人
 前日の上昇がすっかり剥げ落ちた形となりました。前日後場からの失速があり、ちょっと嫌だなという気持ちは持っておりましたが、残念な状況の1日でした。それでは明日を見てみます。お疲れ様でした。

大引け概況

■日経平均      9,637.14(-207.45)
 
■東証1部出来高    18.19億株

■東証1部売買代金   1.31兆円
 
■日経平均先物    9,650(-180)
 
■TOPIX        826.75(-17.21)
 
■騰落        上昇91/下落1,538
 
■日経JQ       1,254.34(-13.68)
 
■ドル円       77.13 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。米国株の急落を背景に朝方は売りが先行。米景気減速懸念や米国債の格下げ懸念、欧州の信用不安や円高懸念などが重しとなり、全面安の様相となりました。日銀によるETF買入れ期待を下支えに後場はやや下げ渋る場面があったものの手掛り材料難の中、積極的に買い進む動きにはならず安値圏停滞となり、終値としては6月28日以来約1カ月ぶりに9700円を割り込み、本日の取引を終えました。
 業種別では全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は空運、石油石炭製品、機械となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に続落しました。

■釣り人
 全体が下がっておりますので上方修正を出した銘柄も上がりきれず良い内容が株価に反映されていません。悪材料に関しては素直に反応するという状況でありますが、そんなに長くこの状況が続くとは思っておりません。それでは明日を見てみます。

前引け概況

■日経平均      9,334.26(-324.92)
 
■東証1部出来高    12.52億株

■東証1部売買代金   0.75兆円
 
■日経平均先物    9,320(-350)
 
■TOPIX        800.26(-26.10)
 
■騰落        上昇22/下落1,627
 
■日経JQ       1,227.88(-27.21)
 
■ドル円       78.66 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。東京市場は前日の米国株暴落を受けて全面安の展開となり、日経平均は3月18日以来の9300円割れとなる場面がありました。アジアの主要株式相場も軒並み安で始まり、世界連鎖株安の様相となっています。政府・日銀による介入でドル・円相場は一時80円台へと円安に振れましたが効果は続かず、再び円高へ傾き輸出関連株の売りに拍車が掛かりました。
 業種別では全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は、鉱業、証券商品先物、石油石炭製品となりました。
 TOPIXは続落、日経ジャスダック平均株価は反落しました。

前引け概況

■日経平均      9,178.03(-121.85)
 
■東証1部出来高    8.12億株

■東証1部売買代金   0.52兆円
 
■日経平均先物    9,160(-120)
 
■TOPIX        787.67(-13.29)
 
■騰落        上昇146/下落1,441
 
■日経JQ       1,216.95(-13.80)
 
■ドル円       78.05 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。米国債格下げを受け、米株価指数先物が時間外取引で急落したことから売りが先行。3月18日以来の9200円を割り込んでのスタートとなりました。売り一巡後はやや下げ渋ったものの戻りは限定的で再び売りに押される展開となりました。為替動向の警戒感や今晩の米国市場を見極めたいとの向きから様子見ムードが強く、日経平均は9200円を挟んでのもみ合いとなり、前場の取引を終えました。
 業種別では全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は電気・ガス、不動産、金属製品となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に続落しました。

■釣り人
 先週の木金、東京の日本橋にいました。大手証券会社の部長さんと会ったり、著名な投資顧問会社の代表者の方とお会いしたり、忙しい日程をこなしました。話題としたのは下げ相場で活力のなくなった個人投資家がかわいそうではないかということ。市場に対して投資をするということは日本経済を支える行動を行っているということですから、その方達が報われる市場であるべきだということ。この考えに重きを置き、現状がどういう状況なのかということを幾人もの方とお話しました。活力のある市場作り、必要な時に来ているのではないでしょうか?釣り人はそう思います。

大引け概況

■日経平均      9097.56(-202.32)
 
■東証1部出来高    20.41億株

■東証1部売買代金   1.35兆円
 
■日経平均先物    9120(-160)
 
■TOPIX        782.86(-18.10)
 
■騰落        上昇108/下落1521
 
■日経JQ       1207.89(-22.86)
 
■ドル円       77.82 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落し、ほぼ全面安の展開となりました。米国債格下げ後の円高進行の警戒感から朝方は売りが先行。今晩の米国市場動向を見極めたいとの見方から積極的な買いは手控えられ、安値もみ合いに終始する動きとなりました。後場はアジア株の急落を受け下げ幅を拡大。日経平均は一時9100円を割り込み、3月17日以来の安値水準まで下落する動きとなりました。
 業種別では、ほぼ全ての業種が値下がりしました。値下がり上位は不動産、電気・ガス、金属製品。一方、値上がりはゴム製品のみとなりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に続落しました。

■釣り人
 それでは今晩のNYを見て明日の寄り付き値を考えます。いつでもそうですけど真っ暗な時、株価は底打ちを行います。嫌で嫌でしょうがない市場と感じた時はそろそろ反転するかもしれないという思考を片隅に持って市場に向かっていきます。お疲れ様でした。

前引け概況

■日経平均      9,047.05(+102.57)
 
■東証1部出来高    11.26億株

■東証1部売買代金   0.72兆円
 
■日経平均先物    9,040(+40)
 
■TOPIX        776.40(+6.01)
 
■騰落        上昇1,315/下落277
 
■日経JQ       1,208.75(+14.18)
 
■ドル円       76.88 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。米FOMCを受けた米国株の急騰を受け買いが先行し、寄り付きから9100円台を回復してのスタートとなりました。一時上げ幅は200円に迫る場面があったものの円高警戒感から上値は重く、買い一巡後は9100円前後でもみ合いを続け、伸び悩みの展開となりました。
 業種別では殆どの業種が値上がりしました。値上がり上位は電気・ガス、空運、繊維製品。一方、値下がり上位はゴム製品、海運、機械となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反発しました。

■釣り人
 NYの大幅高でもう一度の更なる上昇の可能性もあったわけですがドル円が76.90。再度76円台に入っています。介入があった値段を割り込んでいる状況ですから様子見気分が頭を抑えています。まだまだ不安の種はつきないというところですが少しずつ晴れ間が見えてくることを期待します。先週の下げ過程において、いろいろと解説したわけですがチャートを後で掲載しておきますのでご覧になって下さい。突っ込み狙いというのはどの場面で勝負を行うかということです。中途半端な値段では買わず、買い線が出た時に勝負する、このことをお伝えしています。

前引け概況

■日経平均      8,922.32(-116.42)
 
■東証1部出来高    10.37億株

■東証1部売買代金   0.64兆円
 
■日経平均先物    8,920(-100)
 
■TOPIX        766.97(-9.76)
 
■騰落        上昇403/下落1,129
 
■日経JQ       1,198.39(-9.56)
 
■ドル円       76.66 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反落しました。前日の米国株の急反落や欧州債務不安などを背景に売りが先行。下げ幅は一時200円を超える下落となりましたが、予想を上回った機械受注や円相場がやや円安方向に振れていること受け、売り一巡後は先物主導で下げ幅を縮小する動きとなりました。ただ円が強含むと再び軟化し、方向感の定まらない展開となりました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は保険、海運、ガラス土石製品。一方、値上がり上位は空運、パルプ・紙、電気・ガスとなりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反落しました。

■釣り人
 米国債がどうのこうのとかイギリスという国では紳士の国と言われながら暴動が起こったりしています。隣国では砲撃があったりしています。不安定な市場だからどうしようもない、この考えは私は持ち合わせていません。“右の頬を打たれたら左の頬を差し出す”どこかの賢人の話がありますが日本は米国でもなければヨーロッパでもありません。暴動などまずもって起きないでしょう。先代の方々が作り上げた日本という国の良さはゆるぎないものであります。お伝えしたいのは自信を持って何事もあたっていきたいということです。ふらふらと右や左に流れるほど日本は小国ではないということです。

前引け概況

■日経平均      9,041.90(+78.18)
 
■東証1部出来高    6.53億株

■東証1部売買代金   0.44兆円
 
■日経平均先物    9,040(+80)
 
■TOPIX        772.95(+4.76)
 
■騰落        上昇934/下落543
 
■日経JQ       1,221.28(+9.00)
 
■ドル円       76.90 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前週末の欧米株高や寄り付き前に発表されたGDPが予想ほど悪化しなかったことなどを好感し、買い戻しが先行。9000円台を回復してのスタートとなりました。一時上げ幅は150円を超える場面もありましたが、上値の重さに買い進む動きには至らず、買い一巡後は9100円台手前の水準に押し戻され、伸び悩みの展開となりました。
 業種別では殆どの業種が値上がりしました。値上がり上位はその他製品、輸送用機器、ゴム製品。一方、値下がり上位は電気・ガス、パルプ・紙、銀行となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反発しました。

■釣り人
 何となく株価は安くなってきたけれど、まだまだ不安定であろう。大方の考え方だと思いますし、私もそう思っています。ただ投資する場面というものは、債権ではありませんから安心して買えるということはいつでもありません。何とかこの波乱の中で私や桃太郎や長島和弘、今週も正解を探していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

大引け概況

■日経平均      9,086.41(+122.69)
 
■東証1部出来高    14.95億株

■東証1部売買代金   1.03兆円
 
■日経平均先物    9,060(+100)
 
■TOPIX        777.12(+8.93)
 
■騰落        上昇1,130/下落393
 
■日経JQ       1,222.42(+10.14)
 
■ドル円       76.88 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は8月10日以来3日ぶりに9000円台を回復し、大幅反発しました。前週末の欧米株高などを背景に朝方は買い戻しが先行。一時9100円台を回復する場面がありましたが、戻り売りに上値を抑えられ、その後は上げ幅を縮小する動きになりました。お盆休みで商いが閑散とする中、後場ではアジア株高を支えに、日経平均はやや持ち直す場面があったものの、買い上がる動きは乏しく高値圏もみ合いを続け、本日の取引を終えました。
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位はその他製品、その他金融、輸送用機器。一方、値下がりは電気・ガスのみとなりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反発しました。

■釣り人
 久しぶりに5日移動平均線に乗っかって終わったという気がします。さて週間展望で書きましたとおり3週連続の陰線に対して今週は陽線を作ることができるかどうか?そのことに関して注目する週であります。その後に関してはまたその時考えればよろしい、派手な動きはあまり期待しておりません。しっかりとした根固めが行われることを期待します。

応援クリックお願い致します(なぎさ)→ 人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

大引け概況

■日経平均      9,107.43(+21.02)
 
■東証1部出来高    16.73億株

■東証1部売買代金   1.06兆円
 
■日経平均先物    9,070(+10)
 
■TOPIX        779.06(+1.94)
 
■騰落        上昇932/下落569
 
■日経JQ       1,223.18(+0.76)
 
■ドル円       76.77 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅続伸しました。前日の米株上昇を好感し輸出関連株中心に買い先行で始まりましたが、買い一巡後は次第に上値の重い展開となりました。後場にかけてはマイナス圏に転じる場面が見られました。円相場の高止まりが上値圧迫要因とされるほか、米景気の先行き不安が意識され、積極的に買い進む動きは限られました。
 業種別では多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、ゴム製品、不動産、化学。一方値下がり上位は、海運、電気・ガス、その他製品となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価はともに続伸しました。

■釣り人
 NY高によって高く始まってはザラ場たらたらとした売り物が出る、上値を買っていこうとする投資家に乏しい現状であります。今日は少し強張ってくれるのかと考えていましたが、ちょっとがっかりな先物の終値となりました。
 個別株の物色はぼちぼちと出始めています。横に広がることを期待して、もし明日安寄りすれば、買い先行で向かってみたいと考えております。

前引け概況

■日経平均      9,015.54(-91.89)
 
■東証1部出来高    6.90億株

■東証1部売買代金   0.42兆円
 
■日経平均先物    9,010(-60)
 
■TOPIX        772.08(-6.98)
 
■騰落        上昇445/下落1,042
 
■日経JQ       1,221.53(-1.65)
 
■ドル円       76.68 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株安や円の高止まりを嫌気し、売り先行のスタートとなりました。売り一巡後は押し目買いを拾う動きも見られましたが、お盆休み期間で見送り気分が強いなか積極的な売買は手控えられ、小安い水準でもみ合いを続けました。前場中頃からは戻り売りに押される動きとなったものの日経平均はかろうじて9000円台を維持し、前場の取引を終えました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は鉱業、輸送用機器、石油石炭製品。一方、値上がり上位は海運、パルプ・紙、その他製品となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反落しました。

■釣り人
 現在の日経平均先物の気配は9010-60 日経平均が上昇しないと信用の買い残の多い銘柄は売りもの勝ちとなってしまいます。たくさんの方が信用で保有しているわけですから、嫌気売りが出やすい状況となります。日経平均が上昇すれば、信用の買い残の多い銘柄でも下値を売り叩く動きは減り、売り指値という形で上に並んできます。
 さて本日、東証の信用残が発表されておりますが、先週の大幅下げにおいても買い残が減っていない状況です。この買い残がある銘柄が上昇するためには日経平均という指数の上昇が不可欠であります。その日経平均は相変わらずの微妙なところでの推移となっています。それでは後場を見ていきます。

大引け概況

■日経平均      8,733.01(+104.88)
 
■東証1部出来高    20.90億株

■東証1部売買代金   1.41兆円
 
■日経平均先物    8,740(+120)
 
■TOPIX        750.39(+7.55)
 
■騰落        上昇1,295/下落280
 
■日経JQ       1,193.86(-0.60)
 
■ドル円       76.79 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反発しました。前日の欧米株の反発を手掛りに、前場は買い優勢で始まりましたが一巡後は伸び悩みました。後場に入ると、アジア株高や先物主導で切り返しました。前日終値で3月15日の年初来安値に急接近していたことも値ごろ感からの買いにつながり、日経平均は上げ幅を拡大。高い水準を維持し本日の取引を終えました。
 業種別では殆どの業種が値上がりしました。値上がり上位は、その他製品、精密機器、鉱業。一方値下がり上位は、石油石炭製品、情報・通信、鉄鋼となりました。
 TOPIXは反発、日経ジャスダック平均株価は続落しました。

■釣り人
 昨日、今日と、日経平均先物に関して「イルカのジャンプ」という名称を用い、色々と解説しました。結局、後場寄り直後の8640円という値段のとき先物の買い紹介、そして余力のある方は個別株のこの辺りはどうでしょうか?ということで買い紹介をしました。個別銘柄もそれなりに上昇し、日経平均先物は100円上昇してくれました。
 さて明日から本日においてコツンと来たものなのか?トレンドを考えていきたいと思います。100円くらい上がったからと言って安値が確定したとはまだまだ言えません。明日を見ていきます。

前引け概況

■日経平均      8,763.16(+123.55)
 
■東証1部出来高    8.43億株

■東証1部売買代金   0.50兆円
 
■日経平均先物    8,770(+110)
 
■TOPIX        752.81(+10.57)
 
■騰落        上昇1,336/下落215
 
■日経JQ       1,197.06(+6.60)
 
■ドル円       76.88 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前日の欧米株高や円高一服を背景に買いが先行し、8700円台を回復してのスタートとなりました。ほぼ全面高となる中、上げ幅は一時160円超に拡大し、8800円台のに乗せる場面がありましたが上値を追う動きには至らず、前引けにかけてはやや伸び悩みの動きとなりました。
 業種別では、ほぼ全ての業種が値上がりしました。値上がり上位は機械、不動産、輸送用機器。一方、値上がり上位は食料品のみとなりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反発しました。

■釣り人
 現在のところ、ドル円が77円台に入った9時過ぎから見ますと76.88ですから少し円高です。それでも先物は8790+130と本日の高値近辺でしっかりとしています。さて8610円が安値の起点となり、じりじりとした上げの流れがスタートするのか?後場も見ていくこととなります。

大引け概況

■日経平均      8,772.36(+132.75)
 
■東証1部出来高    20.58億株

■東証1部売買代金   1.28兆円
 
■日経平均先物    8,780(+120)
 
■TOPIX        751.82(+9.58)
 
■騰落        上昇1,092/下落458
 
■日経JQ       1,197.89(+7.43)
 
■ドル円       77.08 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅反発しました。前日の欧米株高や円高一服を背景に朝方は買いが先行。明晩のFRB議長講演を前に様子見姿勢が強まる中、前場では高値圏もみ合いとなりました。後場に入ると日経平均は上げ幅を拡大。アジア株高を支えに主力銘柄が買い戻され、一時200円を超える上げ幅となり、8800円台を回復する場面がありました。ただ上値追いの動きにはならず、大引けにかけては利益確定売りに押され、やや伸び悩みの展開となり本日の取引を終えました。
 業種別では殆どの業種が値上がりしました。値上がり上位は機械、輸送用機器、ガラス土石製品。一方、値下がり上位は電気・ガス、パルプ・紙、食料品となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反発しました。

■釣り人
 8800円以上では終わりませんでしたが、まずまずです。明日もしっかりすることを期待します。お疲れ様でした。

大引け概況

■日経平均      8,851.35(+53.57)
 
■東証1部出来高    19.54億株

■東証1部売買代金   1.18兆円
 
■日経平均先物    8,870(+80)
 
■TOPIX        758.83(+2.76)
 
■騰落        上昇1,156/下落355
 
■日経JQ       1,203.98(+3.91)
 
■ドル円       76.69 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前週末の米国株高を背景に朝方は買いが先行。ただ円相場の高止まりや民主党代表選の結果を見極めたいとの思惑から、前場では上値の重い展開となりました。後場寄りは買い戻しが入り、一時上げ幅を120円超に拡大し、8900円台に乗せる場面がありました。ただ民主党代表選の結果、野田新代表が誕生すると復興増税への警戒感が高まり、日経平均は戻り待ちの売りに押され、伸び悩みの展開となりました。
 業種別では多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は空運、パルプ・紙、不動産。一方、値下がり上位は石油石炭製品、ゴム製品、輸送用機器となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に続伸しました。

■釣り人
 民主党の代表が決まりました。望むことはいつも同じです。平和で豊かな国であるということ。それでは明日よろしくお願い致します。

前引け概況

■日経平均      8,918.50(-35.40)
 
■東証1部出来高    7.92億株

■東証1部売買代金   0.41兆円
 
■日経平均先物    8,920(-30)
 
■TOPIX        766.78(-0.52)
 
■騰落        上昇611/下落824
 
■日経JQ       1,261.01(+2.39)
 
■ドル円       76.63 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落しました。前日の米国株は上昇したものの、連日高の反動で利益確定売りが先行。ただ下値は限定的で、一巡後は8900円台前半で膠着感を強め、動意薄の展開となりました。
 業種別では多くの業種が値下がりしました。値下がり上位はガラス土石製品、海運、空運。一方、値上がり上位は卸売、その他製品、鉱業となりました。
 TOPIXは反落、日経ジャスダック平均株価は続伸しました。

■釣り人
 寄り付き前、下がってもおかしくないしプラスに転じたら強気の見方が台頭してきて意外としっかりしてもおかしくないと本日はどっちつかずのコメントでしたが結局まったく動かない日経平均先物でした。さて後場からどう動くのか?考えてご連絡致します。 

大引け概況

■日経平均      8,955.20(+1.30)
 
■東証1部出来高    18.57億株

■東証1部売買代金   1.12兆円
 
■日経平均先物    8,960(+10)
 
■TOPIX        770.50(+5.00)
 
■騰落        上昇773/下落754
 
■日経JQ       1,218.87(+5.25)
 
■ドル円       76.60 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は小幅ながら5日続伸しました。連日高の反動で朝方から利益確定売りが上値を押さえる展開となりました。今晩発表のADP雇用統計を前に全般模様眺めとなる中、方向感の欠ける値動きとなりました。後場寄りではアジア株高や月末のドレッシング買いなどを支えに一時プラス転換する場面があったものの買いの勢いは続かず伸び悩みの展開となりました。その後大引けにかけてバスケット買いが観測されると日経平均は辛うじてプラス圏を維持し、本日の取引を終えました。
 業種別では多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は卸売、陸運、その他製品。一方、値下がり上位は海運、ガラス土石製品、精密機器となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に続伸しました。

■釣り人
 久しぶりに月末のドレッシング買いというのでしょうか、それがちょっと入ったなっという感じを受ける大引けでした。さて8月も終わりました。前半は大きな下げに見舞われた東京市場でした。ぼちぼち上手くいったという方は明日からの9月、更に高いところを目指して頑張りましょう。8月はダメだったという読者の方は9月という月を良い月にするために頑張りましょう。バランス投資顧問スタッフ一同、応援致します。それでは明日よろしくお願い致します。

大引け概況

■日経平均      8,784.46(-166.28)
 
■東証1部出来高    15.95億株

■東証1部売買代金   1.00兆円
 
■日経平均先物    8,770(-170)
 
■TOPIX        755.82(-13.96)
 
■騰落        上昇311/下落1,236
 
■日経JQ       1,216.81(-5.17)
 
■ドル円       76.72 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は大幅続落しました。前週末の米国株の大幅安を背景に、朝方は売りが先行。米国8月雇用統計の予想下振れや世界的にリスク回避ムードが高まる中、反発力は乏しく、安値圏で膠着商状となりました。後場寄りは一時戻す場面が見られたものの、アジア株の下落や円高進行が重しとなり、先物主導で下げ幅を拡大。日中安値を更新し、下値模索の展開となりました。
 業種別では殆どの業種が値下がりしました。値下がり上位は鉱業、鉄鋼、証券商品先物。一方、値上がり上位は電気・ガス、パルプ・紙、陸運となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に続落しました。

■釣り人
 安寄りした後、戻す場面も殆どなく、軟調に終わってしまいました。先週末まで6日続伸ということだったわけですが、あっさりと2日間でその上げを消してしまいました。さて、明日もし下がりますと3日目の下げとなります。明日夜のNYは気がかりなところでありますが、下げに対する買いの抵抗が出てくるかどうか気にする1日となります。反発するとすれば一つのポイントの日となる可能性がありますから今日よりも遥かに大事な1日となります。それでは明日、よろしくお願い致します。

前引け概況

■日経平均      8,714.59(+124.02)
 
■東証1部出来高    7.76億株

■東証1部売買代金   0.47兆円
 
■日経平均先物    8,710(+100)
 
■TOPIX        750.54(+9.34)
 
■騰落        上昇1,130/下落333
 
■日経JQ       1,207.48(+3.18)
 
■ドル円       77.40 
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は4日ぶりに大幅反発し、8700円台を回復してのスタートとなりました。3連休空けの米国株式市場は下落したものの、対ユーロでの円安をきっかけに朝方は買い戻しが先行。ただ欧州債務懸念などが上値の重しとなり、買い一巡後は8700円台前半の狭いレンジでもみ合いを続ける展開となりました。
 業種別では殆どの業種が値上がりしました。値上がり上位は海運、ゴム製品、不動産。一方、値下がり上位は水産・農林、電気・ガス、空運となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反発しました。

■釣り人
 欧州問題はずっと続いていく問題でしょう。国力がまったく違う国々が同一通貨で経済を運営していこうということに関して、何らかの無理が働いてくのは当然です。軟着陸となってくればそれにこしたことはないですが…。さて諸外国はともかく、日本市場、新しく台頭しようとする元気な国々に隣接しています。日本の良さを更に発揮していき、将来の展望が見える政策の具体化を期待します。それでは後場を見ていきます。

大引け概況

■日経平均      8,763.41(+172.84)
 
■東証1部出来高    17.59億株

■東証1部売買代金   1.10兆円
 
■日経平均先物    8,780(+170)
 
■TOPIX        753.63(+12.43)
 
■騰落        上昇1,185/下落342
 
■日経JQ       1,210.73(+6.43)
 
■ドル円       77.24  
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は4日ぶりに大幅反発しました。対ユーロでの円安をきっかけに朝方は買い戻しが先行。寄り付きで8700円を回復したものの欧州債務懸念などが上値の重しとなり、伸び悩みの展開が続きました。ただ後場に入るとアジア株高や米株先物の堅調推移を背景に上げ幅を拡大。買戻しが加速しましたが、週末のSQを前に上値を取る動きにはならず高値圏で一進一退の動きを続け本日の取引を終えました。
 業種別では殆どの業種が値上がりしました。値上がり上位は不動産、証券商品先物、海運。一方、値下がり上位は水産・農林、電気・ガス、倉庫運輸関連となりました。
 TOPIX、日経ジャスダック平均株価は共に反発しました。

■釣り人
 海と風のページで恐らくあるお客さんがオーイズミ(東1:6428)310+36で大物を釣り上げたのではなかろうか?とお伝えしましたが、弊社は単なる株式情報ページとは違い、投資顧問会社であります。ページで情報を羅列して流すだけでなく、大物を釣り上げていただきたいと常日頃考えております。それで時折、私の方から電話「可」のお客様には「釣れてますか?」と電話したりします。
私はご存知のように魚釣りが好きで夏は休んでいましたが、秋磯となれば出かけようと考えています。船頭さんが見回りに来ては「どうですか?釣れてますか?」と私が乗っている磯へ見回りに来てくれます。その場所で釣れてなかったら場所交替ををお願いしたりします。私は船頭さんが見回りに来て様子見伺いをしてくれることをありがたいと思います。こんな感じでバランス投資顧問、運営していきますので様々なこと、メールや電話でお問い合わせ下さい。そしてぜひ大物を釣っていただきたいものです。スタッフ一同、応援致します。
カレンダー

04 ≪ 2017/05 ≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
RSS / QRコード
RSS
QR
リンク
日経平均先物
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

釣り人

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。



釣り人画像

【釣り人】原徳久

証券会社歴20年。1984年三洋証券入社。その後泉証券、光世証券、室清証券、平岡証券(現あいざわ証券)。元・日経平均先物のディーラー。株式新聞講師をつとめた過去も。仕手材料株が得意。

無料メルマガ購読・解除