七夕キャンペーン


ブログランキングが上がって行けば、公開範囲公開時間
拡大をしていこうと考えております!!
今後とも弊社「ミニ日経225先物&FX 桃太郎」のブログをよろしくお願い致します。


桃太郎をクリック↑↑

デイトレの海と風←株取引をご希望の方はコチラ!    

ミニ日経225先物&FX 桃太郎←先物取引をご希望の方はコチラ!   

ご案内

バランス投資顧問からのご案内
メルマガ登録

祭り登録

お問い合わせはメール・お電話、どちらでも受け付けています。

お申し込みはこちらから

14時の概況

■日経平均      20,161.27(-63.82)

■日経平均先物    20,160(+10)

■TOPIX先物      1,617.00(+3.50)

■騰落        上昇582/下落1,265

■日経JQ       3,243.74(-29.48)

■マザーズ指数    1,167.07(-30.64)

■ドル円       112.14

■NYダウ夜間先物  +23

■上海総合指数後場の寄り付き 3,192.80 前日比+1.60 +0.05%

■指数大型      現値1,474.29  前日比+2.62

■指数中型      現値1,957.31  前日比-8.12

■指数小型      現値3,043.21  前日比-22.14



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

お昼のバスケット取引

ランチバスケットは23件、244.39億円。
差し引き20億円の売り越しとの観測。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

前引け概況

■日経平均      20,166.21(-58.88)

■東証1部出来高    9.85億株

■東証1部売買代金   1.16兆円

■日経平均先物    20,120(-30)

■TOPIX        1,618.40(-0.62)

■騰落        上昇660/下落1,171

■マザーズ指数    1,178.69(-19.02)

■日経JQ       3,253.55(-19.67)

■ドル円       112.05
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は反落。朝方から前日の米国株安を嫌気した売りが先行しました。その後は円相場の下落が支えになり主力輸出株に、また欧米長期金利の上昇を受け金融株に買いが入り徐々に下げ幅を縮小。本日は12月期銘柄の権利落ち日で日経平均を下押しする一因となりましたが、一方で配当の再投資に伴う買い期待などが支えとなるなど売り買いの拮抗する展開となりました。

 業種別では、多くの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、銀行業、鉱業でした。一方、値下がり上位は、ゴム製品、電気機器、食料品となりました。
 
 TOPIXは反落、マザーズ指数は続落しました。
 
■桃太郎
前場はボックスの範囲内での持ち合いとなって小幅推移。
後場も見ていきます。

ドル換算ベースは、179.92ドル -0.54%と続落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

上海総合指数の現在の気配は-0.24%

上海総合指数 3,183.63 前日比 -7.57 -0.24%


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

バランス投資顧問からのお知らせ

5月からお伝えしておりました「日経225先物と釣り人」有料会員ページ開設の運びとなりました。
申込も現在から受け付けます。新規開設ページですので7月いっぱいは1万円ぽっきりの値段となります。
8月からは21,000円となります。
なかなか動かない先物市場ではありますが、なんとか利確を目指して道案内が出来るように頑張りたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

会員になりますと書き込みと同時のメール送信により私の売買・考え方を知ることが出来ます。どうぞよろしくお願い致します。

お申込はこちら!「日経225先物と釣り人」


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

10時の概況

■日経平均      20,193.03(-32.06)

■日経平均先物    20,180(+30)

■TOPIX先物      1,620.00(+6.50)

■騰落        上昇810/下落1,008

■日経JQ       3,258.01(-15.21)

■マザーズ指数    1,185.51(-12.20)

■ドル円       112.13

■NYダウ夜間先物  +37

■指数大型      現値1,474.58  前日比+2.91

■指数中型      現値1,963.43  前日比-2.00

■指数小型      現値3,058.31  前日比-7.04



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

30 億の便り ( ヘッジファンドの運用者米国系)

おはようございます。
日経平均はここからどうなるのか?為替がややドル高となり少なからず恩恵あるのか?
マーケット関係者から私のところに米国株はどうなのか?とここで質問が来ているが。
我々の見解としては多少調整場面もあるだろうが今のところ特に・・・・・まして東京市場と較べられても困る。
確かに世界で通用する企業も沢山あるがマーケット規模や現状の株価位置を比較しても米国市場と較べても困るのが本音。
ただ東京市場の場合少なからず為替がドル高ならぬ円安に向かえば恩恵はある筈だ!極端に弱気になることもないだろうし仮に大きく下がるならば買い場がくるだろう。
また基本スタンスとしては日経平均20800円前後までは買える現状で、為替がここから円安に向かえば対ドル比1円で日経平均230円前後押し上げるだろう。
新興市場も調整しながら次なるステージを窺いそうであるし、東証2部相場もまだまだ始まったばかり。
出遅れ感ある銘柄を狙ってみたらどうだろうか。きっと水準訂正から相場になる銘柄は予想以上の株価形成となるだろう。


本日の先物レンジ
20070~20260円
極端に弱気になる必要はないと思っている。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

釣り人

日経平均先物の現在の気配は20140
前日比10円安のところです。

ドル円112.20
間近安値を更新しています、円安のトレンドです。

ニューヨークダウ98ドル安。
日足を見る限りは二段下げに入ってきたかという感覚を持ちます。幅は小さいですが。

ナスダック100ポイント安。
これは大きな下げです。半値戻しを達成していたのですがそれを否定するような動き、どうやら少し軟調に推移しそうだなという感覚を持ちます。
米国株が少しくらい軟調になったとしても日本株の下げはそれ程でもないだろう、「売り線」が出るまではそのように考えております。
為替が円安の方向に向かい、そして年金の買いや日銀のETFの買い付けが入るからです。

最近信用の買残についてあまり書きませんが、大きく動かないのです。
現在2兆4500億、3兆円になれば少し危険だと思いますがそうではありません。
売り残は1兆円、安定感があります。
本日発表の最低取引の残高においてもおそらく動きがあまりないでしょう。
そんな感じですが日経平均の下振れが大きければ先物は「買い」という判断で本日も向かうと思います。
それではよろしくお願い致します。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

外資系の注文動向

28日の東証寄り付き前段階での主要外国証券経由の注文動向は、「5社ベースで、売り790万株、買い1210万株で、差し引き420万株の買い越し。買い越しは6営業日ぶり。金額(5社ベース)も買い越し。
売りセクターに、小売、自動車、不動産、機械、商社、サービス、食品、その他製品など。
買いセクターに、精密、保険、鉄鋼、サービス、銀行、不動産、ゴムなど」(外資系証券)という。


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

本日の予定

■国内(28日)
6月中小企業景況判断(14:00)

《決算発表》
Jフロント、ミルボン、ニトリHD

■海外(28日)
米5月中古住宅販売仮契約(23:00)
米7年国債入札

《米決算発表》
モンサント

※記載された予定は、予告なく変更される可能性があります
※経済指標は(予定発表時間/予想数値)


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

ドル建て 日経225



おはようございます。

現在、日経CFD 20156円 -69円

NYは、ダウ平均は98.89ドル安の21310.66、ナスダックは100.53ポイント安の6146.62で取引を終了した。欧州中銀のドラギ総裁が欧州のデフレ圧力はリフレに変わったとの見解を示したほか、米6月消費者信頼感指数、地区連銀製造業指数、住宅価格指数が軒並み予想を上回ったことで長期金利が上昇、株式市場では売りが先行した。日中小幅上昇に転じる場面もあったが、共和党上院がオバマケア代替法案の採決を独立記念日(7月4日)以降に持ち越すことを明らかにすると、下げ幅を拡大する展開となった。

日経ですが、昨日も下値は限定的の高値持ち合いとなりボラの低い展開となった。
本日もユーロ高からドル円も112円台前半となり指数の下支えから上値は重いと思うが下値も限定的の持ち合いとなりそうである。先物の仕掛け的な売買が入らないと仮定してますが。

想定レンジ、為替、112.21円 178ドルから181ドル

 19971円から20308円


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

おはようございます

■NYダウ
 21,310.66 -98.89
■ナスダック
 6,146.62 -100.53
■CME225(円建て)
 20,145 -5(大証比)
■ドイツDAX
 12,671.02 -99.81
■上海総合指数
 3,191.20 +5.75
■ドル円
 112.24

 27日のNY市場は下落しました。欧州中銀のドラギ総裁が金融緩和策の縮小に前向きな姿勢を示したとして、欧州主要国の株式市場では売りが先行、米国株にも売りが及びました。小幅上昇に転じる場面もありましたが、米共和党上院が医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の採決を独立記念日(7月4日)以降に先送りすると発表すると下げ幅を拡大する展開となりました。
 セクター別では、銀行や各種金融が上昇する一方で半導体・半導体製造装置やソフトウェア・サービスが下落。
 ADRの日本株は三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>がしっかり。一方でトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ホンダ<7267>、ソニー<6758>が小安いなど、対東証比較(1ドル112.32円換算)で高安まちまちでした。



人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

各国債券利回り

2017/6/28  7時0分現在

         10年債                      2年債
米国     2.205% (前日比+0.068%)     1.369% (前日比+0.037%)
英国     1.090% (前日比+0.079%)     0.267% (前日比+0.034%)
ドイツ     0.370% (前日比+0.125%)     -0.559% (前日比+0.061%)
ポルトガル 3.070% (前日比+0.139%)     0.224% (前日比+0.096%)
イタリア    2.060% (前日比+0.161%)     -0.119% (前日比+0.065%)
ギリシャ   5.487% (前日比+0.069%)       -
スペイン    1.495% (前日比+0.118%)     -0.244% (前日比+0.041%)

※ギリシャ2年債はデータ取得不可のため掲載せず


人気ブログランキング
↑ 応援クリックお願いします ↑

大引け概況

■日経平均      20,225.09(+71.74)

■東証1部出来高    15.73億株

■東証1部売買代金   2.14兆円

■日経平均先物    20,150(+30)

■TOPIX        1,619.02(+6.81)

■騰落        上昇1,215/下落654

■マザーズ指数    1,197.71(-4.69)

■日経JQ       3,273.22(+13.65)

■ドル円       111.70
-----------------------------------------------------------
 日経平均株価は続伸しました。前場は為替が円安に振れたことを好感した買い先行。本日は6月・12月期決算企業の権利付き最終売買日とあって権利取り狙いの買いも入り、一時は20日に付けた年初来高値の2万230円を上回る場面も見られました。
 後場は前場終値から上昇するも買い進む動きは鈍く、こう着感の強い値動きとなりました。高値圏でのもみ合いが続き、目立った動きがないまま本日の取引を終えました。
 
 業種別では、ほとんどの業種が値上がりしました。値上がり上位は、鉄鋼、石油石炭製品、ゴム製品でした。一方、値下がり上位は、サービス業、陸運業、空運業となりました。
 
 TOPIXは続伸、マザーズ指数は反落しました。
 
■桃太郎
後場は、持ち合いでの推移で動きませんでした。
引けにかけては利益確定の動きも見られました。相変わらず為替推移にはリンク薄です。

ドル換算ベースは、180.90ドル -0.10%と下落となった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
元証券会社20年勤務の桃太郎が、日経平均先物の動きとFXについて解説をしていきます。
無料ですので、ぜひ登録してみてください! ↓

カレンダー

05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
LINK
ファン.ゴルフ.スクール溝口校
 桃太郎の実弟が経営
商品とリスク説明
FC2カウンター
RSS / QRコード
RSS
QR
リンク
日経平均先物
ブログランキング
ミニ日経225先物&FX 桃太郎とは

釣り人

【桃太郎】松田裕和


兜町出身
証券会社暦22年。1984年室清証券入社。その後スターフューチャーズ証券、トレイダーズ証券、アジア証券、ブライト証券。個人営業、法人営業、証券会社個別株ディーラーに。



釣り人画像

【釣り人】原徳久

証券会社歴20年。1984年三洋証券入社。その後泉証券、光世証券、室清証券、平岡証券(現あいざわ証券)。元・日経平均先物のディーラー。株式新聞講師をつとめた過去も。仕手材料株が得意。

無料メルマガ購読・解除